• ベストアンサー
  • 困ってます

VirtualServerの接続

WindowsServer2003R2SP1STDにVirtualServer2005R2SP1を入れて運用中です。 ドメイン(AD)は使っていません。 serverのremotedesktopからIE6.0で管理サイト・VMRCサイトの両方が見れる状態です。VMRCクライアントでも接続出来ます。 ところが他のPC(セグメント内外問わず)からは、IEなら管理者サイト・VMRCサイトのどちらも見れるのですが、VMRCクライアントでVMRCサイトを開こうとすると「サーバーへの接続は失われました」と出て開く事ができません。 管理者サイトのログを見ると、一度VMRCへログオンして、直後にログオフしているようです。アカウントはサーバーのローカルのadministratorが使用されているようですが、VMRCクライアントでは指定していませんし、入力ウィンドウも出ません。IEの接続ではadminグループに属した別名のアカウントを使用していますが、こちらでは問題なくログオンできます。 どうすれば正常にログオンできるようになるでしょう。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数238
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

投稿者さまと似たような状況を経験した事があります。 私の場合、VMRCで接続できる物理サーバと接続できない 物理サーバがありました。 対応方法としましては、CD から VMRC.EXEを最新に置き 換える事で復旧しました。 よって私からの提案方法としては、VMRC.EXE を最新の物、 もしくは、 運用しているバージョンにあった物を上書き することを提案します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

申し訳ございません、お礼を忘れておりました。 この件は無事解決できたように記憶しております。 ありがとうございます。

関連するQ&A

  • 特定ログオン先の削除

    Windowsserver2003の体験版でサーバーを運用してみました。クライアントパソコンに接続して、ドメインに参加させました。 試しにやってみただけなので、サーバーも削除し、クライアントを使用してみると、ログオン先が2つあります。 ドメインのログオン先を削除するにはどのようにすればいいでしょうか? クライアントPCはXPproです。 ご教授お願いします。

  • ドメイン(ActiveDirectory)のクライアント自体のCALライセンス(接続数)

    WindowsServer2003(サーバー1台)をActiveDirectoryで運用しています。 クライアントPC(20台)のOSはWinXPproです。 サーバーがライセンスCALを現在20CAL持っています。 WinXPpro自体は同時接続PC台数は最大10台ですが、ドメイン内のクライアントPC(うち1台)の接続数を10台以上にしたい場合、どうすればいいのでしょうか? クライアントPCのOSをWindowsServer2003にしてADコントローラーとして運用せずに現在のADにクライアントとして参加させて、(クライアントPCのWindowsServer2003の)ライセンス数を増やせばいいのでしょうか? それとも、サーバーをもう一台たてるのでしょうか? ちょっとわかりにくいかもしれませんが、どなたか教えて下さい。

  • MACにインストールしたExcelからADO接続

    WindowsServer2008にSqlServer2008R2ExpressEditionをインストールしてクライアントPCのExcelからADO接続でDB参照を行っています。 これまではWindows7や8などのクライアントPCはWindowsのみでしたが、MacOSにインストールしたExcelからADO接続すると、接続できません。 そもそもMacOSから接続はできないのか、特殊な方法を使えばできるのか、わかる方がいらっしゃいましたら教えてください。 宜しくお願い致します。

    • ベストアンサー
    • Mac

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • yasu147
  • ベストアンサー率78% (100/128)

具体的な回答ではなくてごめんなさい・・・ この質問については、トップ画面から[技術者向] コンピューターのカテゴリを選択して そこに質問されてはどうでしょうか? 自分を含めてこのあたりにはVirtual Serverを使うことがないような人がほとんどだと思います。 解決にはなっていませんがご参考にどうぞ

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり申し訳ございません。 ありがとうございます。

関連するQ&A

  • WindowsServer2003への接続について

    Windows2000Serverの時は、クライアントライセンス数が不足していても共有フォルダに接続出来ていました(例えば5クライアントライセンスしか保有していないのに20台のクライアントから接続出来ていた)。しかしWindowsServer2003になってからはそういうことが出来ないんでしょうか? 現在MCPの勉強中なのですがそのよう問題がありまして…

  • ubuntuからWin2003へのリモート接続

    お世話になっております。 環境は WindowsServer2003StandardEdition ubuntu10.10 です。 WindowsServer2003へWinXPからリモートデスクトップ接続を しております。 同じリモート接続用のアカウントを使ってubuntuのtsclientで リモート接続しようとすると、以下のメッセージが表示されます。 To log on to this remote console session, you must have administrative permissions on this computer 同じリモート用のアカウントを使っているのですが、XPからは 接続できて、ubuntuからはできない理由がよくわかりません。 お分かりのかたがおられましたら、ご教示をお願いいたします。

  • system event notification serviceに接続できない?

    Windows Vista Home Premiumで複数のアカウントを作っています。今まではなんでもなく使うことができたのですが、今日、管理者ではないアカウントでログオンしようとすると、「system event notification serviceに接続できないので管理者に連絡してください」というようなコメントが出てきて、ログオンを拒否されました。どうすればよいのか教えてください。

  • 接続しますか画面が出てこない。

    未だですが、ISDN接続で使用しています。 今までは、まったく問題なく動作していたのですが、以下のような状況が出ています。教えてください。 ・Windows XP(SP1)アップデートしていない。 ・ISDNでダイヤルアップ接続ですが、今まで問題なく動作していた。 ・ユーザーアカウント設定無で使用していた。 ・ユーザーアカウントの管理者、個人を設定してそれぞれで使用できるようにしたが、管理者(内容は今までと同じ設定)ではIEまたはoutlookを立ち上げると「ダイヤルしますか?」画面が出て「ダイヤル」をクリックしてネットにつながるが、個人アカウントの方をやると「ダイヤルしますか?」画面が出てこない。 ・事前に接続をしておいて、IEまたはoutlookを立ち上げるとつながる。 なぜ、個人アカウントだけ接続画面が自動で出てこないのでしょうか。 接続先は、管理者も個人も同じで事前に接続しておくと問題ないので、接続画面が出るかでないかだけの問題ですが。 宜しくお願いいたします。

  • WindowsServer2008R2への移行。

    ActiveDirectory環境でファイルサーバとセキュリティソフトのサーバとして使っている場合で WindowsServer2003R2からWindowsServer2008R2の新しいサーバに移行する際に 何か注意点があれば教えてください。

  • リモートデスクトップの最大接続数の関して

    WindowsServer2003を建て、クライアントからのリモートデスクトップ接続も 可能にしたのですが、同時に2台か3台からしかアクセスできません。 「ターミナル最大接続数を超えています」みたいなメッセージで。 この最大接続数はどうやって変更するのでしょうか?! お願いいたします!!

  • WindowsXPからWindows7移行について

    お世話になります。 WindowsXPからWindows7移行について教えてください。 現在、弊社ではサーバーはWindowsServer2003 R2、クライアントはWindowsXPを使用しています。 またユーザー管理はアクティブディレクトリを使用して行っています。 今後、クライアントをWindows7に移行しようと考えているのですが、サーバーもWindowsServer2008などへ移行したほうがよろしいのでしょうか。 ご経験のある方、知見のある方よろしくお願いします。

  • Windows2000とWindowsServer2003でプリンタ共有すると

    よろしくお願いします。 WindowsServer2003上のプリンタを共有で使う場合の質問です。 Windows2000のユーザー権限:Guestでログイン中のPCから プリンタ追加でServer上のプリンタに接続した場合、 「権限がありません」と出てしまいます。 一度、「ファイル名を指定して実行」でIPを打ち、 Windowsサーバーにログインすると当然でないのですが、 Windows2000クライアントは共有PCとして使っているので、 なんとかログインをせずにWindowsServer上の共有プリンタを 使用できるようにしたいのですが、できますでしょうか? Windows2000のクライアントは、WindowsServerのドメインには ログインしておりません。 当方、WindowsServerの知識はあまりありません。 よろしくお願いいたします。

  • Oracle10g for Solaris への接続で ORA-12154 エラー

      お世話になります。 仮想環境(VMware)上にある Oracle10g for Solaris へクライアントPC(WinXP SP2)からSQL*Plusで 接続を行ったところ問題なく成功するのですが、サーバー機(WindowsServer2003 R2)から接続を行うと ORA-12154 TNS:指定された接続識別子を解決できませんでした というエラーが出て接続できませんでした。 クライアントPCで接続に成功した時と同じユーザー名、パスワード、 ホスト文字列を入力していますのでその辺の間違いではないようです。 サーバー機からOracleがインストールされている仮想環境へのpingは通っています。 サーバー機のブラウザ(IE6)からOracle Enterprise Managerへのログインも成功します。 ※IEのセキュリティ設定の「信頼済みサイト」に追加後に成功。 ちなみにサーバー機は WindowsServer2003 R2 をインストールしたまま (セキュリティ関係の設定は特に変更していない)の状況です。 Windowsファイアウォールも無効になっています。 何か WindowsServer2003 のデフォルトのセキュリティ設定が影響して 接続できないのかと思っているのですが・・・何が原因なのでしょうか? よろしくお願いいたします。 【環境】 クライアントPCが1台、サーバー機が1台、サーバー機上にVMwareでの仮想環境構築。 仮想環境にはSolaris10、Oracle10g for Solarisがインストール済み。 ●クライアント :PC_A cpu :Intel C2D(32bit) os :WinXP SP2 .net framework :1.1、2.0 Oracle Client for Win(32bit)導入済み ●サーバー機 :SVPC_A cpu :Intel (64bit) os :WindowsServer2003 R2 .net framework :1.1、2.0 Oracle Client for Win(32bit)導入済み Windowsファイアウォール無効 ●VMwareでの仮想環境(SVPC_A上に作成) 仮想サーバー :VMSVPC os :Solaris10 database :Oracle10g for Solaris(64bit) 【状況】 クライアントPC(PC_A)のウェブブラウザ(IE6)からOracle Enterprise Managerへのログイン可能。 SQL*Plus での接続も問題なし。 (ログオン時の入力例)   ユーザー名:system   パスワード:xxxxxxxxxx   ホスト文字列:ORCL_VMSVPC サーバー機(SVPC_A)のウェブブラウザ(IE6)からOracle Enterprise Managerへのログイン可能。 SQL*Plus での接続でエラーが発生。 (ログオン時の入力例)   ユーザー名:system   パスワード:xxxxxxxxxx   ホスト文字列:ORCL_VMSVPC

  • WindowsServer2012のDHCP

    仕事でWindowsServer2003EOLに備えてDHCPサーバの 入替え計画を立ててます。 クライアントは  Windows8:5台  Windows7:約1000台  WindowsVista:約300台 WindowsServer2008のRDSライセンスは200所有 入替のDHCPサーバは、WindowsServer2012R2で考えていますが DHCPサービスでCALライセンスは必要でしょうか? MSサイトのCALライセンス考え方など調べてはいるものの なかなか理解できず悪戦苦闘中です。 どなたかご教授ください。