解決済み

化粧水・乳液の後に顔洗っても問題ないですか

  • 暇なときにでも
  • 質問No.3245870
  • 閲覧数2091
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 31% (1506/4719)

もともと乾燥肌だったんですが、最近乾燥がひどく乳液・化粧水を購入しました。わりと高い化粧水で浸透力もあるみたいです。洗顔後に化粧水、乳液をつけています。しかし最近暑くて、汗が不快ですぐに顔を洗ってしまいます。例えばお風呂上がりに化粧水・乳液をつけた1時間後くらいに顔を洗ったら乳液とか化粧水はとれてしまいますか?化粧水は肌に浸透しているので、とれないような気もしますが、乳液はとれてしまうと思います。この場合、また乳液・化粧水をつけなおした方がよいのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3

洗顔のし過ぎは返ってお肌を乾燥させてしまいます。
洗顔でお肌に必要な水分まで奪ってしまうと、お肌はそれを守ろうとして余計に皮脂を分泌させるようになるからです。
朝1回水洗い、夜1回洗顔にしましょう。(その後はちゃんとお手入れを。。)
汗をかいたら油取り紙を使わずにティッシュオフ。

そして、酷く乾燥している時期だけ一時的に夜のお手入れは化粧水と乳液を逆に使ってみて下さい。(洗顔→乳液→化粧水→クリーム)
お肌自体の改善が必要です。

どうしても気持ち悪くて顔を洗いたければ水洗いのみにして、洗った後は必ず化粧水と乳液で保湿しなければなりません。
そもそも化粧水は水分補給、乳液はフタをする役割があるので、化粧水はケチらずにガンガン使う事です。

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 51% (323/624)

そのときの肌状態で決めてください。
突っ張る感じがあれば、もう一度つける。
なんともないならそのままでも大丈夫です。
ただし、日焼け止めは落ちますので、塗りなおしてください。

私は洗顔しなくてもあっさり乾燥するので(笑)、冬なんかは気が向いたら何か塗ってますねえ。
乳液の上からだろうと、もう1回化粧水からやり直したり、美容液かクリームだけ塗ってみたり。

汗が不快で、というお気持ちはとてもよくわかりますが、乾燥肌さんの場合、洗顔が刺激になり、乾燥が進む場合があります。
今はどうですか?
洗顔後、つっぱり感がありますか?
あるならば、毎回ケアしたほうがいいでしょう。
洗顔にしても、洗顔料は使わず、水だけでシャバシャバするくらいならいいかもしれませんが、私はそれでもだめなので、汗をぬぐうくらいにしています。

お肌とちゃんと向かい合い、相談して、調整(スキンケア)していってくださいね。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 38% (220/570)

こんにちは。
この時期は、シャワーの直後からすぐ汗をかきますから、すごくわかります!汗をかいては洗うを繰り返すうち毛穴を行き来?する成分が、肌にどう影響するのか~専門的なことはわかりませんが。

私の乾燥対策の方法は、
第一に「洗顔後、即刻!20秒以内に必ず化粧水をたっぷり」です。お風呂場で一度つけて、あとで汗が引いてからもう一度コットンで押さえつけながらパッティングします。
あとは化粧水自体の浸透力次第ですよね。

時間を置いてまた水洗いだけをするなら、クリームを特に乾燥が気になる箇所に薄く塗りますね。(乳液はカバーするものだからやはり落ちるんではないでしょうか。)
雑菌などが心配でめんどうでなければ、もう一度洗顔剤を使った「洗顔」をして化粧水などをつける~を繰り返す方が、かえって気持ちいいし効果的ではないでしょうか。(その回数だけ肌には負担をかけますので、むつかしいところですが)それから化粧水パックも気持ちいいですね。

乳液(美容液という方が当たっているかも)というのはクセモノで、実は化粧水の前につけるのが正解~という話もあります。私はそれまでもあまり好きでなかった乳液の役割りを見切ってからはやめて、クリームだけに変えました。
メーカーによって効果的なつけ方もいろいろだと思いますので、相談室などで積極的に教えてもらうのもいいかもしれません。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ