• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

「白い巨塔」のモデルは?

数年前、唐沢寿明、江口洋介主演でリメイクされていたテレビドラマ「白い巨塔」。原作は山崎豊子さんの同名小説ですが、この小説に出てくる医療ミスの裁判は実際にあったことだと聞きました。そこで質問ですが、この医療事故や裁判はいつごろあったことなのですか?そして主人公財前教授のモデルとなったのは大阪大学の(この小説に出てくる大学は大阪大学をモデルにしたものと聞きました)何教授だったのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数18800
  • ありがとう数12

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

どうもこんにちは! 下記サイトにモデルとなった大阪大学第一外科教授の名前が出ています。 http://campus.milkcafe.net/test/read.cgi/handai/1074438409/l50 ご参考まで

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。リンク先のサイトがとても参考になりました。それにしてもモデルになった教授は「阪大の第一外科の神前五郎」とは。あまりにも作中の名前とよく似ていて驚きです。

関連するQ&A

  • 「白い巨塔」(俳優さんについて等)

    ドラマ「白い巨塔」の昔の版の俳優さんたちが、誰が誰であったか知りたいのですが。 財前助教授(唐沢寿明)→ 田宮二郎 里見助教授(江口洋介)→ 山本學 は、わかるのですが、それ以外をご存知の方、教えて下さい。 また、ストーリーは、昔版に忠実に沿って作られて(進行して)いるのでしょうか?

  • 白い巨塔。

    白い巨塔の、原作者の山崎豊子さんが、亡くなられました。当方は、白い巨塔しか見ていませんが、一度目の【田宮二郎】の白い巨塔も、何となくですが、覚えています。ただ、当時、小学生か?その前の当方には、縁もゆかりも無い世界の話で、判るはずもありませんでした。が、その後クイズ番組の司会をしていた田宮二郎は、よく覚えており、自殺と聞いた時には、多少なりとも衝撃はあったように思います。二度目の白い巨塔は、当方からすれば、つい最近で、田宮二郎の財前役は唐沢寿明になりますが、その唐沢が、山崎豊子さんに挨拶に行った際、『いい度胸してるわね』と言われたと、報道で、流れていますが、ひょっとして、【白い巨塔】のリメイクの話は、それまでにも、何度もあり、田宮二郎の亡くなり方が亡くなり方でしたので、引き受け手の俳優が、いなかったのでしょうか?だから、受けた唐沢に『いい度胸』と言ったのでしょうか?

  • なぜ、私はドラマ「白い巨塔」が好きなのか?

    唐沢寿明主演の白い巨塔が大好きです。 しかし、そう思うようになったのはなぜか? 1、(第1話) 財前又一さんの訓示 「五郎くん、教授になってくれ!」のシーン 2、財前教授 選出後の料亭での祝勝会 とにかく、主人公 財前五郎が登りつけていくところが面白い。 将来性が怪しい私にとってはうらやましい。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • yuyuyunn
  • ベストアンサー率41% (20356/48645)

こんにちは 過去質問にもあるようです http://oshiete1.goo.ne.jp/qa873929.html http://www.eigaseikatu.com/imp/4725/75988/ こちらも参考までに

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。過去質問も読ませていただきました。 今まで知らなかったことがよくわかり、目から鱗が落ちるようです。

関連するQ&A

  • 白い巨塔について

    久しぶりに唐沢寿明の白い巨塔をレンタルして観ました。疑問に思ったんですが、ドラマの最初に東教授の総回診って毎回ありますよね? 教授が何人も引き連れて廊下を歩いてるシーン。あの総回診って実際の大学病院ではあるんでしょうか? 本当にあんな人数を引き連れて各病室を回診していくんですか?

  • 白い巨塔 (唐沢寿明主演)

    今さらなんですけど白い巨塔について。 (1)唐沢寿明が演じる財前五郎はガンで亡くなりましたが、東教授が手術して開いたらハシュ?してたことが分かり、鵜飼教授が言ってた『ハシュはCTでは映らないことがある』というのは実際にあることですか? (2)財前五郎の遺体は本人の希望により病理解剖されて、その病理解剖によって何らかの新しい発見はできたのでしょうか? (3)原作は読んでないのでそちらにあるのか不明ですが、財前五郎は元々どんな生い立ちだったのでしょうか? (4)財前五郎の医師としての姿をどう思いますか?自分が患者で、財前と里見のような医師が実在していたらどちらに主治医を任せますか? (5)薬剤師や医師の知人に聞いたところ、昔は本当に白い巨塔(もしくはもっと汚い)が医学部内にあったけど、今はそんなことやってたら大変なことになるから無くなったと聞きましたが、実際にはどうなのでしょう? 長くなりましたが、どれかを除いて一部の回答でもいいのでたくさんの回答をお願いします。

  • 山崎豊子氏死去と白い巨塔の映画・ドラマについて

    作家の山崎豊子さんが亡くなられました。 ご冥福をお祈りします。 さて、「山崎豊子氏といえば白い巨塔、白い巨塔といえば山崎豊子氏」というぐらい、白い巨塔は山崎氏の代名詞的代表作です。 今まで数々の映像化がなされてきましたが、今回の死去のニュース、および今までの山崎氏に関する話題では、白い巨塔の映像化については 1966年の映画版 1978年のフジテレビ版(主演 田宮二郎) 2003年のフジテレビ版(主演 唐沢寿明) ばかりが取り上げられます。なぜ1990年のテレビ朝日版はめったに取り上げられないのでしょうか?(というか、取り上げたところを見たことがありません。あと、他の映像化作品は1967年のNET版(現在のテレ朝)(主演 佐藤慶)もありますが、これもあまり取り上げられません。) 1990年のテレ朝版は村上弘明が主演を務め、東教授は二谷英明、鵜飼教授は丹波哲郎、里見助教授は平田満、ケイ子(財前の愛人)は池上季実子、財前の義父に藤岡琢也、という大御所・ベテラン勢が並び、同時に安西はそのまんま東(現国会議員、前宮崎県知事)、婦長の亀山君子の夫に西川のりお、という妙味のあるキャスティングでした。 また、後半のキーマンとなる柳原医局員(トカゲの尻尾きりにされる)には堤真一が起用されました。堤はこの作品で好演したことがきっかけで、そののち、医師役や、上級公務員役、そのほか巨大組織内で奮闘する熱血漢役の路線へ進んでいったように思います。 このドラマは週一の連続ドラマではなく、前後編で2回に分けてそれぞれ2時間ドラマを放送する、という変則的な物でしたが、あの長い白い巨塔、続白い巨塔をコンパクトに、しかも余すところなくまとめた内容で、非常に面白かったと思います。(カットされたところは、柳原の口封じのために、美人で金持ちの見合い相手をあてがわれるところと、平田助教授の兄が登場するところぐらいでしょうか) なぜ白い巨塔、山崎豊子氏を語るとき、このテレ朝版白い巨塔が取り上げられることはないのでしょうか? 生前、山崎氏が 「1990年のテレ朝版は、あんなもの白い巨塔とは認めません!」 というような発言でもしていたのでしょうか? 詳しい方、お願いします。

  • 財前五郎の口ずさむ曲は?

    フジテレビの平成版「白い巨塔」で唐沢寿明さん主演の財前五郎が、手術のシミュレーションをしながら口ずさんでいた曲名をご存知でしょうか。 できれば、この曲で秀逸の演奏をされた指揮者・オーケストラも教えていただければありがたいです。

  • 「白い巨塔」の最後を教えて欲しいのですが…

    カテゴリーは別に[本]でもよかったのかもしれませんが、今ドラマで放送中の「白い巨塔」、昔にもドラマで放送されていたり、山崎豊子さん原作の本が既に有名であったりするので、物語の最後はどうなるのか気になって気になってしょうがないのです。 「そんなこと訊かずに自分で本を読め」 というお叱りもごもっともなのですが、知りたいのです! 私は推理小説も最後から読むタチで(犯人が誰なのか知りながら物語を読み進んでいく)、主人公(財前)はラストでどうなるのか、どうしても知りたいです。 ご存知の方、教えてください。 くれぐれも、このドラマの今後の展開を楽しみにしている方はこれ以降の私への回答は読まないで下さいねぇ~!

  • 白い巨塔(唐沢寿明ver.を観)の財前は悪者なのか

    白い巨塔原作を読まずに、唐沢寿明主演ドラマを観た上での感想です。が、様々な方からのご意見をお願い致します ドラマでは医療裁判が主な内容となっています。単純に正義か悪か善悪では片付けられるものではないことを前提としないならば、私は財前が責められることは善とは言えないと感じました。 確かに患者やその家族から見ると10人いれば9人が財前ではなく里見に診てもらいたいと思うでしょう。しかし、病気に向き合う熱意と技術が優位であれば財前の方が医者として優秀だと私は考えます。私の母は病気のためこの10年間病床にあり、まともな生活を送ることができていません。例えどんなに独断的であり親身に接してくれなくても、患者や家族に信頼されるような姿勢信念を持った人格者より、病気を治すことに長けた医者を望みます。今回のケースは研修医の見解をもみ消したことが云々という論点にすり替えて、患者に寄り添う医者が正しいと言っているようで釈然としません。 皆さんはどのようなご意見をお持ちか、回答頂けると嬉しいです

  • 山崎豊子さんの「白い巨塔」を観て

    こんにちは 先日、五日間に渡り山崎豊子さん原作の「白い巨塔」が放映されており 私も録画しながらストーリーは承知しているのですが 観てしまいました 岡田准一でしたか?野心家の財前五郎を演じて中々上手でした 山崎さんの原作は噴門癌であるやら学術用語を使われて 作家と言うのはここまで勉強するか? 感心した記憶があります 吉本せいをモデルの「花のれん」、あるいは「華麗なる一族」、 骨太な社会派作家でしたでしょう 質問は「白い巨塔」をご覧になった方 感想なりあれば少しお話しさせていただければ よろしくお願いいたします

  • 「白い巨塔」なんですが、

    どのカテゴリが適当か判断しきれず、こちらで質問させていただくことにしました。 現在放送中のドラマにすっかりはまってしまい、平行して原作も読み進めています。 医学の世界の複雑な一面を垣間見て、興味を持った次第です。 このドラマでは医療現場もさることながら、国立大学医学部の複雑な人間関係の今後の展開も気になる所です。 ところで現実の国立大学の医学部でも、このようなドロドロな人間模様は繰り広げられているのでしょうか? 原作者の山崎豊子さんは綿密な取材に基づいた、よりリアリティのある小説を書く事で定評がありますよね。 と言うことは、日本の医学界のこれ常識なのでしょうか? まあどの世界でもかなりの駆け引きがあるとは思いますが、これほどとなると政治家もびっくりです。 興味本位で申し訳ないのですが、その辺りの事情に詳しい方がいらっしゃったら、ぜひ内情を教えていただきたいと思います。 よろしくお願いします。

  • 白い巨塔、沈まぬ太陽を読みました。次のオススメは?

    白い巨塔、沈まぬ太陽を読みました。次のオススメは? お世話になります。 先日、TV放映された映画「沈まぬ太陽」に触発されて小説版「沈まぬ太陽」を読みました。 3篇5巻におよぶ大作は骨があり読み応えがありました。 最後に主人公の恩地が報われるかと思ったら、なんとまた地球の果てに逆戻り。 せめて東京地検特捜部に呼出された行天の野郎が告訴されればいいのに・・・ 山崎豊子作品は、ほかには白い巨塔(続編含む)を十数年前によみました。 こちらもかなり読み応えがありました。 続編で財前教授がガンに冒され、上告を前に死去する姿は果たしてハッピーエンドなのか否か、今でも読み返すことがあります。 さて、このようなドキュメントを小説仕立てにした作品や、社会問題を題材にしてフィクションと銘打ってはいるが、実際のところは登場人物や団体名を書き換えただけでほぼ実話どおりにストーリーを運ぶものでこの2作品のほかに 「これがオススメ!」 「これを読まずして死ねるか!!」 というのがあったら教えてください。 できれば、この2作のように現代モノがいいです。(時代物、戦国物は興味ありません) また現代モノであってもヤクザモノは結構です。 企業、大学などを舞台にしたものがいいです。 それから、作者は忘れましたが、三越百貨店の乱脈経営を描いた小説はすでに読みました( 社長が取締役会で解任動議を出されて”なぜだ!!”と叫ぶヤツ)ので他の作品をお願いします。

  • 「太陽にほえろ!」を今の俳優でリメイクするならキャストは?

    「太陽にほえろ!」を今の俳優でリメイクするとしたら、誰にどの役をやって欲しいですか? とりあえず自分が思いついたのは ボス→舘ひろしか渡哲也で迷った 山さん→江口洋介 ゴリさん→唐沢寿明 長さん→元ジプシー三田村邦彦 殿下→徳重聡 マカロニ→大泉洋かオダギリジョーで迷った ジーパン→速水もこみちかTOKIO長瀬で迷った ボン→ユースケ・サンタマリア スコッチ→及川光博 ロッキー→TOKIO長瀬 スニーカー→TOKIO松岡 ドック→TOKIO城島(ダジャレと言ったら彼しか思いつかない。刑事役やったこともあったし) ラガー→TOKIO達也 ジプシー→藤木直人 ボギー→反町隆史 シンコ→山口智子 マミー→常盤貴子 滅茶苦茶なキャスティングですがこんな感じです。 皆さんだったら誰が良いですか? よろしくお願いします。