-PR-
締切済み

NBTSTATの-Rと-rと-RRの違いについて

  • 暇なときにでも
  • 質問No.30999
  • 閲覧数839
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 10% (1/10)

NBTSTATの使い方を教えて下さい。

NBTSTAT -Rと-rと-RRの違いを教えて下さい。
通報する
  • 回答数1
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

-r パラメータ(resolved)は、名前解決の統計情報の一覧表示です。
ブロードキャストやWINSで解決(resolved)・
登録(registered)した名前の数を表示します。

-R パラメータ(Reload)は、キャッシュテーブルをクリアして、
LMHOSTSファイルの内容を分析してキャッシュテーブルに読み込
ませることができます。ただし、LMHOSTSファイルを特に使用し
ていない人は、Failed to Purged the NBT Remote Cache Table.
と表示されるだけです。
ちなみにキャッシュテーブルの内容は -c パラメータで見ること
ができます。

-RR パラメータ(ReleaseRefresh)は、WINSサーバで名前の登録が
消えたときに、マシンを再起動しなくてもWINSサーバに再登録さ
せることができます。(参考URL)

いずれにしてもあまり使用頻度は高くありません。普通は -a と
-A だけ知っていれば十分だと思いますが。。。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
あなたが体験したトラブルや解決方法を共有しませんか?
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ