-PR-
締切済み

オーケストラのバイオリンの弓の動き

  • すぐに回答を!
  • 質問No.297159
  • 閲覧数1258
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数11
  • コメント数0

オーケストラの演奏を見ていると、弓の上下の動きが皆そろっていますよね。打ち合わせをしなくてもそろうのですか??それとも楽譜か何かに書いておいて合わせるのですか??
ひじょーに気になります!!
通報する
  • 回答数11
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全11件)

  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 27% (45/163)

わたしもオケイロイロやってます。けど金管楽器。

「普通」と言うのが存在するのか分かりませんが、私がイロイロと見てきた中ではやはりコンマスやパートリーダーが主導となって核となるような面子を集めて決め方してるようですよ。もとから作曲者がアップダウンを指定しているのもあります。友達のVnひきの子が、そのせいでわざわざ難しい!(マーラーの9番)とか嘆いてました。

指揮者がパートトップたちと「そこアップで弾こうよ」とかの会話もしばしば見られます。


  • 回答No.3
レベル13

ベストアンサー率 54% (733/1334)

今晩は。ただの音楽好きですが、一言。
 NHKのFMクラシック番組でゲストを呼んだりすると、色々な話題が出てきます。確か今年3月まで8年間続いた「お喋りクラシック」(金曜午後。現在は類似の後継番組に切り換え)でこの件について話が有りました。
 それによると演目が決まると、コンサート・マスターがボウイングと呼ぶ弓遣いを楽譜に合わせて決めて行くのだそうです。もちろん歴史の有るオーケストラならば当然それは過去のものの記録も残っていて、それを踏襲することもあるようです。
 しかしコンサート・マスターはそれぞれの考えも持っているので、やはり交替すると自分なりのボウイングを付けるのが通常とか。他の弦楽セクションのメンバーはこれに従って練習を繰り返しているわけです。
 コンサート・マスターはリハーサルの際にも指導的な立場にあるといいます(指揮者、副指揮者に継ぐ地位)。場合によってはリハーサルの中心にもなるそうですし、単なる名誉職というわけではないのですね。それでは。
  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 17% (1827/10269)

当方、オケの団員です。ただし合唱を担当していますので、100%の自信があるというわけではありませんが。

弦の楽譜を見ると必ず弓のアップダウンの記号が書き込まれているので、とり決めがあることは確かです。
ただ誰が決めているのかとなりますと・・・
考えられるのは
(1)コンサートマスター(指揮者の左側、客席側最前列に座っている人)
(2)各パート(1stヴァイオリン~コントラバス)パートリーダー
このあたりではないでしょうか。
あと、アップとダウンでは音色が違いますので、指揮者が「ここはダウンで弾いて」等の指示を出す時もあります。

後は経験者の書き込みを待ちましょう(^^;)
  • 回答No.1
レベル13

ベストアンサー率 46% (609/1318)

オーケストラには「コンサートマスター」というバイオリンの第一奏者がなる役割があります。カンタンに言ってしまえばオーケストラをまとめる役目です。指揮者に一番近くて一番客席に近いところに座ります。
バイオリンなどの弦楽器の弓はコンサートマスターの動きを見ながら揃えるんだそうです。
ただしコンサートのその現場だけでなく、指揮者のもと練習に励むわけで、そのときから曲ごとに大体の動きは決まるんじゃないでしょうか。
  • 回答No.5
レベル14

ベストアンサー率 31% (726/2280)

弦楽器(ビオラ)経験者です。
ボーイングといってアップとダウンを曲の節目やフレーズに合わせていろいろ試行錯誤しながら決めています。
作曲家の指示ではじめから決まっているものもあります。
ですのでオケによっていろいろなボーイングがありますが、だいたいは一緒です。一応基本的にバイオリン(第一、第二)、ビオラ、見えないけれどチェロやコントラバスも上下を合わせるようにはしていますが、旋律の関係でどうしても合わないところはしょうがないのでパートごとでばらばらの時もあります。
演奏会の前に最終的な打ち合わせを行いますが、練習ごとにころころかわります。パートリーダーとコンサートマスターとで打ち合わせをして、楽譜に記入していきます。
  • 回答No.6
レベル9

ベストアンサー率 49% (34/69)

昔、オケにいました。ただし、パーカッション。

長年ビオラをやってた人が言っていたのですが、
打ち合わせをしなくても、ベテランになると、
結構そろうものだそうです。

もちろん、多少の違いは出てきますので、
調整してそろえるそうですが。
  • 回答No.9
レベル5

ベストアンサー率 0% (0/2)

昔からバイオリンをやっていて、今はアマチュアオケで弾いています。
基本的にコンサートマスター(orミストレス)がある程度のボーイング(弓の動き)を決めます。しかし、決めた弓で弾いても、指揮者によって気にくわないなどがあるので、もめることがよくあります。ボーイングひとつで音楽がすごくかわるので楽しみもありますが、なかなか大変です。
こんな感じでよろしいでしょうか?
  • 回答No.11
レベル9

ベストアンサー率 34% (12/35)

打ち合わせする場合としない場合があるでしょうね。
指揮者なしの時はコンマスさんが大体のことを中低弦のリーダーさんとああだ、こうだと打ち合わせますね。旋律の進行も大切だけど、リズムが弓の不揃いでアウトになったんじゃやってられないですよ。ということは、最低でもこのコンマスさん達が決めた弓ルールに付いて行けることが後ろの方の方たちにも(できれば絶対)必要です。あっこれは概ね弦合奏の曲のときの話です。管弦楽の時、管の連中はそのやり取りを上から(!?)覗いてますからね。
棒付のときは棒振りさんによって弓に神経質な人と大らかな人(ワシの棒をよー見ときゃエエという)があります。後者には、しかし本番中にありゃりゃドキドキと思わせてくれる人、本当に見事におまかせできる人がありますねえ。凡的と天才的が一目(一振り?)で・・・・
大指揮者であったブルーノ・ヴァルターさんの持ち物だったスコアとパート譜を調べたことがあるんですが(多分アメリカでの活躍中のものか?)そりゃあ沢山沢山、弓使いをああか、こうかと書き込んでおられましたよ。
  • 回答No.8
レベル8

ベストアンサー率 56% (17/30)

中学からずっとコントラバスをやっている者です。

皆さんがお答えのように、弦楽器にはボウイング(弓のことをボウと言います)と呼ばれる弓の運び方がありまして、非常に重要なものです。

弓が下から上へ行くアップと、上から下に行くダウンがあります。誰が指定するかはそれぞれだと思いますが、指揮者(弦楽器をやっていた指揮者はよく指示します)やコンサートマスター、パートリーダーが指定します。
私のいたオーケストラの場合、音符の上に、アップの場合は『V』の記号、ダウンのときは『Π』(コの字を90度動かしたもの)の記号を書いて判別していました。
また、作曲者の指定で元から書いてある譜面も有りますし、古い譜面だと先輩の指定が残っていることもありました。

アップとダウンでは音や見た目も変わりますし、次のフレーズのことも考えてアップ・アップなどの場合も有ります。

弦楽器を始める前は気にもならなかったのですが、いざ始めてみると音は出るのにボウイングが揃わなくて苦戦したこともあります。

他の皆さんと重なることが多いですが、参考になれば幸いです。
  • 回答No.7
レベル10

ベストアンサー率 40% (27/66)

私もbari_sakuさん他皆さんの回答だと思います。私も弦楽器奏者ではありませんが。

>アップとダウンでは音色が違いますので、

本当に全然違いますよね!
指揮者の指示が一番ですから、オケのVn奏者がもし違う解釈でアップにしたくても
ダウンという指示が出ればダウンするのですよね。

大きく小さくだけでなく音楽は抑揚(上手く表現できませんが)がとても大事ですから。

指揮者が違うと同じオーケストラで同じ曲でも弓の動きが変わると思います、
音楽も全く違ったものになりますよ。
そういうのを観る機会があると面白いでしょうね。
11件中 1~10件目を表示
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
アーティストやジャンルについて知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ