• ベストアンサー
  • 困ってます

特別支給の老齢厚生年金とは

年金制度の複雑かつ不確かさにいつも悩まされています。 今日「公的年金加入者経歴調査票」が送られてきて、 「現在、特別支給の老齢厚生年金が裁定されている方(請求中の場合や在職中による支給停止の場合も含まれます)」に該当するかどうか、問い合わせがありました。現在64歳で60歳から「厚生年金 老齢厚生 年金」(社会保険庁からの年金振込み通知書の記載による)を偶数月に受け取っています。「特別支給のーーー」という言葉はどこにも記入されていないのですが、 これは特別支給の老齢厚生年金と同じですか? よろしくお願いします。    

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数4661
  • ありがとう数34

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

65歳未満で受け取っている老齢厚生年金は,すべて「特別支給」です。というのも,「老齢=65歳」と決められていて,それより若いから「特別」なのです。 ただし,aiioさんが厚生年金に加入された頃は60歳から受け取るのが当然でしたので,なんにも「特別」ではないんですけどね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 特別支給の老齢厚生年金の停止分について

    母(昭和13年生まれ)は、昔会社で厚生年金に入っていたことがあり、60歳から特別支給の老齢厚生年金をもらっていました。 しかし、61歳のときに、国民年金の繰り下げを実施したところ、厚生年金かどちらかしか選択できないと言われたそうです。そのとおり、その後の厚生年金の金額は支給停止となっていました。 65歳になり、特別支給の老齢厚生年金は消滅したため、金額を裁定して、60歳のときにもらった厚生年金額の1/3程度の金額が国民年金に上乗せされていました。(微々たる金額です) ここで、母からの質問です。 61歳~65歳まで停止された特別支給の老齢厚生年金は、もうまったく戻ってこないのでしょうか?母は厚生年金も国民年金もせっかくかけたお金なのに理解できないと言っています。よろしくお願いします。

  • 特別支給の老齢厚生年金って?

    父が昭和22年生まれで今年60歳を迎えます。そこで年金の事で質問なのですが、『特別支給の老齢厚生年金』というのがありますがこれは受け取りを遅らせたら(繰り下げ?)今後の年金受け取りに有利になったりしますか?また、仮に特別支給の老齢厚生年金を受け取る場合にアルバイトしたら支給額を減らされたりしますか?もしあれば年収いくらまでか等教えてください。社会保険庁のHPをみたのですが、あえて貰わない措置をとる理由が見当たらなかったので60歳になったらすぐに貰っても構わないのかなと思ってしまったのですが、とにかくややこしくて理解が出来ないので、ご教授ください。また、過去にも似たような質問がありましたが数年前で制度が変わっていたらと不安に思い質問させていただきました。社会保険事務所に行けば良いのでしょうが、父は勤めているためなかなか叶わないのでこちらで教えていただければと・・。

  • 特別支給の老齢厚生年金はこの期間もらえるか?

    現在63歳で在職しています。3月10日で64歳になります。退職後の家計について教えてください。現時点では特別支給の老齢厚生年金は支給停止になっています。そこで(1)例えば3月10日に自己都合で退職した場合すぐに求職手続きをすれば失業給付は6月16日から開始されると思いますが、その間(3.10~6.16)年金は給付されるのでしょうか?(2)また求職手続きを10.01に行なった場合3.10~10.01の間の年金は支払われるのでしょうか?宜しくお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#24736
noname#24736

昭和61年の年金改正で、本来の老齢厚生年金が65歳から支給されることになりました。 この経過措置として、60歳以上65歳未満の間は特別支給の老齢厚生年金を、65歳以後は本来の老齢厚生年金の支給が行われています。 通知書には特に「特別支給」との記載はありませんが、現在受給されているのは「特別支給」の年金なのです。 65歳になると、特別支給ではなく、本来の年金に変わりますが、制度が変わらない限り受給金額などに変更はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のお返事ありがとうございました。 了解しました。そのように記入してハガキをだしました。

  • 回答No.2
  • hanbo
  • ベストアンサー率34% (1527/4434)

 特別支給の老齢厚生年金は、基礎年金の受給資格があり、厚生年金の加入期間が1年以上ある方が、60歳から特別支給の老齢厚生年金が受けられる制度です。  65歳からは老齢基礎年金と老齢厚生年金が支給されますが、経過措置として子厚生年金や共済年金に加入していた期間が1年以上ある方については、60歳から報酬の比例部分の年金を受給することが出来ます。このことを「特別支給の・・・」と呼んでいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お返事ありがとうございました。 早速記入して投函しました。

関連するQ&A

  • 特別支給の老齢厚生年金を受給しない場合について

    私の母が、特別支給の老齢厚生年金を受ける資格要件を満たしています。この特別支給老齢厚生年金を60歳~64歳の間に受け取らなかった場合、65歳から受け取る年金に、60歳~64歳に受け取るはずだった年金総額が上乗せされるのでしょうか?それとも特別支給なので今貰っておかないといけない(損する?)ものなのでしょうか?よろしくお願いします。

  • 老齢厚生年金の支給停止額について

    昨年の12月で44年間勤めた会社を止め、今年1月に64歳の誕生日を迎えました。 昭和23年生まれのため、64歳から老齢厚生年金が満額受給できると思っていましたが、 本日年金機構から年金決定通知書が届き、内容を見たところ支給停止額が84万円もありました。 妻は59歳の専業主婦なので加給年金を含め、270万円程度を予定していたため大きな誤算です。 この支給停止額はどのようにして決まるのでしょうか?

  • 「在職老齢厚生年金の支給停止と共済年金の違いについて」

    「在職老齢厚生年金の支給停止と共済年金の違いについて」 60~65歳未満で、厚生年金保険の適用事務所に再就職し収入があり、特別支給の老齢厚生年金との合計が月額28万円以上になると、計算式に応じて老齢厚生年金が「支給停止」(カット)されます。 この制度の適用は「共済年金」受給者も同じように適用されるのでしょうか? 60歳まで公務員だった人と話をすると、どうも話の内容が噛み合わないので、違うように思うのですが… 知識として知っておきたいので、お教えください。

  • 年金支給額変更

    私の父は66歳、生年月日は昭和17年4月です。母は61歳昭和22年5月生まれです。父は61で退職し、厚生年金を支給されています。母は60から年金を支給されています。今日、突然父の元に社会保険庁から、年金支給額変更の紙がきました。年間40万近く減額されていました。老齢厚生年金の支給停止です。社会保険庁に問い合わせすると、母親が60歳で年金をもらい始めたからだと言われました。ですが通知は今年の2月から老齢厚生年金の支給停止となっていて、60歳からもらったから停止というのであれば、何故今の時期なのかわかりません。それに、専業主婦の為の老齢厚生年金なんです、奥様が65歳になると停止になるんですよ。といわれました。私の母は、厚生年金は20年以上掛けていません。60歳でもらったといっても、月に2万で61歳では4万円です。かなり落ち込んでいます。それと、社会保険庁の電話の相手が言っていましたが、生年月日も関係があるといいました。そういう通知って突然くるものなのでしょうか?事前にないのでしょうか?その支給停止はなんとかならないのでしょうか? 詳しい方色々教えて頂けないでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 老齢年金の特別支給の手続きについて

    昭和16年8月生まれの父の年金についてです。 老齢厚生年金の特別支給の定額部分が61歳から支給されるとありますが、61歳時点であらためてなにか手続きが必要なのでしょうか? 社会保険庁のホームページには、現在は、65歳時点に裁定請求を行うとあります。父によると、61歳の時も65歳のときも裁定請求の書類は届いてないそうです。 というのも、年金もれの手続きをしてた過程で、社会保険庁から年金額の訂正書類が送付されてきました。すると、書類中に記載されていた現在の支給額と実際の支給額に40万円近い開きがあったようなのです。 社会保険庁の窓口に行けばいいのでしょうが、年金もれ手続きでも、何回も何時間もかかったようで、確証をもっていきたいそうです。私も恥ずかしながら、いろいろホームページを見ましたが、年金システムを理解できませんでした。 すみませんが、教えていただけないでしょうか?よろしくお願いします。

  • 老齢厚生年金と障害年金どちらを選んだらいいのでしょうか?

    障害年金受給者です。60歳になり、仕事をやめました。38年勤めました。社会保険庁から老齢厚生年金と老齢基礎年金の申込書が送られてきました。厚生年金の加入期間が障害年金の方は190月、老齢年金の方は440月です。ちなみに私は、身体障害者手帳は2級です。どちらを選べばいいのか? よくわかりません。教えてください。

  • 特別支給の老齢厚生年金について

    S26年の7月うまれの父がいます。 昨日のスマステーションの年金の企画を見てて、 ことしの3月31日時点で、54歳以上の男性には60歳から年金をもらえる特別支給の老齢厚生年金があることをしりました。 でもネットで調べてみると、26年生まれの男性は 65歳から支給となるんですが、ということは特別支給の老齢厚生年金はもらえず、普通の年金がもらえるだけなんでしょうか? ちなみに、厚生年金には18からかけているそうです。 ド素人なので、できるだけわかりやすく教えていただけると幸いです

  • 特別支給老齢厚生年金

    昔の人は何故、特別支給老齢厚生年金を支給できてたのですか?年金についてあまり知らないので、詳しく教えて下さい。

  • 特別支給の老齢厚生年金について

    お世話になります。 何となくしか分からないため、確認させてください。 私の妻ですが、今年60歳になります。 この度、年金機構から「上記の請求をしてください」との通知が来ました。 コレについてですが、 老齢基礎年金や老齢厚生年金は基本的に65歳からの支給となり、 繰り上げも繰り下げも可能、但しそれに伴い支給率が増減される。 ただ、この度貰った案内は、 「特別支給の」とあり、過去に厚生年金を払っていた者が受けられる年金で、 60歳から貰い初めても基礎老齢年金や、基礎厚生年金の支給額には影響しない。 と解釈しています。  質問1;これで合っていますでしょうか。 次に、 老齢基礎年金は国民年金を払っていた者、老齢厚生年金は厚生年金を払っていた者、 が貰える。よって、両方掛けていた者は両方貰える。 (我妻は独身時代は勤務しており会社の厚生保険に加入、 結婚してからは配偶者として私の厚生保険の第X号?、 私が退職後は自分で国民年金を掛けていました。) と解釈しています。  質問2;これで合っていますでしょうか。 以上、2点、ご指導下さい。 年金機構にも照会の機能はありますが、何時の回答になるやら、 また回答を貰っても具体的ではなく足しにならないと思い、 こちらで相談しております。 宜しくお願いいたします。

  • 厚生年金保険(老齢厚生年金)とは?

    社会保険庁のホームページ http://www.sia.go.jp/seido/nenkin/shikumi/shikumi02.htm において 国民年金(老齢基礎年金)と厚生年金保険(老齢厚生年金) がありますが、このページでの厚生年金保険は定額部分(老齢基礎年金)と 報酬比例部分(老齢厚生年金)と理解すれば良いのでしょうか? すると、老齢基礎年金部分の計算方法は国民年金と厚生年金では異なるので計算値が少し変わるのですか?(大差ないと思いますが) またホームページでの厚生年金保険(老齢厚生年金)の表記は厚生年金保険(老齢基礎年金+老齢厚生年金)とした方が良いのではないでしょうか?

専門家に質問してみよう