• 締切済み
  • 困ってます

2サイクルエンジン用(農機具)イグニッションコイルの点検について

チェンソー、刈払機等のイグニッションコイルの点検について教えてください。ご教授いただくコイルは、通称マグネット点火装置に組み入れられているもので、永久磁石をフライホイル等で回転させて電源コイルに交流を発電させ、この電気をポイントの断続でイグニッションコイルに流して高電圧を誘発させる方式のコイル内蔵式の装置です。 このコイルは、一次と二次が同じ鉄心に巻かれ小型です。 但し、コイルはフライホイルの内側にあるものと、外側にあるものがあります。 点検方法としては、バイク等のコイルと同様に以下を行なっていますが、どうも要領を得ません。 1)一次側の導通と抵抗値を見る ポイント(CDI)またはコンデンサーに繋がっている線とアースの鉄心 にラジオテスターをあてて計測する。 2)二次側の導通と抵抗値を見る プラグに繋がっている線と鉄心にラジオテスターをあてて計測する。 一次側は導通が確認出来るのですが、二次側の導通が無い場合はコイルの断線が疑われ、イグニッションコイルの交換かと考えますが、 しかしながら、実際点火している良品のチェンソーのコイルで同じ計測をしても二次側の導通がありません。 このことから以下の疑問(教えて)が出てきます。 1)この種のイグニッションコイルは、二次側のコイルの導通は無いのかを機械屋さんに確認しましたが、製品により導通があるものと無いものがあり、テスターによる判断は難しい・・・との回答を得ました。 本当にそうなのでしょうか? 2)コイルの検査は、本体に組み込みスターターを引いて、プラグの火花を確認するしか方法はないのでしょうか?(機械屋さんにはこの様に言われました)他に三針火花試験器等がありますが(?) 3)コイル部品単品での簡易的な検査方法はあるのでしょうか? 4)この種のコイルは、どの様な構造になっているのでしょうか? バイクや車などのイグニッションコイルと、どの様に違うのでしょうか? 5)仮に、一次は導通があり、二次側が導通が無くても良品とし、スパークしない場合は、コンデンサー(古い機種の場合)や他の部分(ポイント、CDI等)を疑うべきでしょうか。 6)スパークしても、起動してコイルが暖まると調子がおかしくなると疑われる場合もあります。 単純に鉄心とエナメルコイルだけなのに、何故この様なことが起きるのでしょうか? 以上ですが、ご教授戴きたくお願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数21976
  • ありがとう数12

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#45918
noname#45918

すみません、補足の修理内容はどうしたいのかよくわかりません。(´(ェ)`;) 良品のIGコイルがあるならそれを使えばいいだけでは? コンデンサーとはどこのコンデンサーでしょう? CDIのですか? 普通、メーカーから部品としてでるものを使うだけで、CDIユニット自体はブラックボックス化されていますから、CDI自作経験がある人でもなければ判らないのでは? そもそも、それはCDI方式ですか? ポイント式の安定コンデンサでしょうか? CDIは無接点式。ポイントはありません。 たぶん、あまり難しく考えなくても単純修理で直ると思いますが。 変に知識があると深入りして考えてしまうために、単純な故障に気付かないというのはよくあることです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

Lupinusさんありがとうございます。 最近のCDI系の製品でサービスパーツがあるものは、機械屋さんから部品入手し、部品交換を迷わず行うのですが、70年代後半に活躍していた古いドイツのDOLMAR122(60cc)というチェンソーを何とか復活させたいと思い皆さんからアドバイスを戴いている次第です。(この60ccのエンジン音を聞いてみたいの一心です) このチェンソーは、フライホイルの中に、電装系があり、ポイント、コンデンサー、GIコイルの三つによる非常に単純な初期型の構成です。サービス部品は、海外では幾つか確認出来ましたが、入手が大変であきらめました。今回試みようとしているGIコイルは違う製品(刈払機)のコイルで、試案構成は、コイル別体式でチャレンジしようと考えています。また、うまく動けば、固定式の縦引きで数年使用出来ればと思っています。

  • 回答No.1
noname#45918
noname#45918

1、抵抗値が大きいので導通なしと出るのではないでしょうか。 レンジを変えても無限大ですか? 2、IGコイルテスターという機械があります。 認証工場なら持っていると思います。 3、それが抵抗測定です。 4、巻き数の少ない一時側と巻き数の多い二次側を一緒に巻いてあるんだったかな? CDI(キャパシターディスチャージイグニッション)ならコンデンサに貯めた電気を一次側に流し、電磁誘導で高電圧を二次側に発生させています。 ポイントが付いているならCDIではなくポイント式だと思いますが。 ポイント式は流している電流を遮断することで誘導しています。 CDIとは電気の流れが違います。 5、良品ならまったく絶対導通なしということは無いと思いますが。 6、断線しかかってます。 大気圧中でプラグに火が飛んでも、圧縮された混合気の中で火を飛ばすには10倍くらいのギャップに火花が飛ばないとダメです。 高圧の方が電気は通りませんから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速のご回答ありがとうございます。 1)恥ずかしいことに単純ミスでした、レンジを変えたら導通確認出来ました。・・・と言う事は、一次、二次ともに導通無いコイルは、断線していると判断します。 何故、機械屋さんは、導通あるものと、無いものが有るのでテスターでの確認は無理だと言ったのでしょうか?(不明) 2)専門測定器なのであきらめます。 3)やはり導通と抵抗値の測定で判断します。 4)一次、二次とも抵抗値で確認できるのであれば、構造は理解出来ます。 5)良品なら絶対導通があることで了解しました。 6)やはり断線ですね。これも了解しました。 通常プラグ電極部は0.5~0.6mm程なので、その10倍となると約5~6mm程のギャップを設け火花を飛ばし、能力を見てみます。 そこで大変申し訳ありませんが、次に以下のアドバイスをお願いします。 実はポイント式の古いチェンソーを保有しており、このイグニッション コイルの二次側が断線しています。 部品が無いので、以下のコイル別体式の方法でエンジン始動を試みようと思います。 1)現状の電装系はそのままで、二次コイルからプラグへ出ている線を遮断します。このコイルの一次を電磁誘導のソースコイルとして使用します。 2)良品のイグニッションコイル(中古ですが)を外付けにして一次を自己誘導コイルとして使用します。 3)同上の二次側を相互誘導コイルとして使用します。 4)この時の配線は、ソースコイルとして使用する一次側の線から、外付けのコイルの線と結合し、鉄芯をアース、もう一つの太いケーブルはプラグへ接続します。 使用する外付けのイグニッションコイルは、刈払機のコイルです。 この様に異なるイグニションコイルを2個使用し、電磁誘導→自己誘導→相互誘導として交流を誘発、誘起可能でしょうか? ちなみに、チェンソーは60ccです。 また、この種の排気量でコンデンサー容量(μF)は、どのくらいが適正なのでしょうか?

関連するQ&A

  • イグニッションコイル??

    レストア中のfzr400ですが、どうも点火系の状態が悪いようでスパークプラグの火花が弱いようです。 20年前のバイクなのでどこか悪くなっていると思うのですが、電気系は弱くどこが悪いのか突き止められないでいます。 テスターなどでチェックする方法を教えてください。 一応、レグレーター-CDI-コイル-プラグコードは中古で手に入れてあるのですがそれが正常なのかどうかの判断をしかねています。 よろしくお願いいたします。

  • 旧車のマグネット点火について教えて下さい

    私はDSK(BMW R51/3コピー車)に乗っていますが、先日突然2発同時に点火スパークしなくなってしまいました。年式も古く(1955年)疑わしい(1)イグニッションコイル(2)コンデンサ(3)ポイント3点セットを新品純正に交換しましたが、やっぱり火が飛びません。プラグコード及び、キャップは点検済みです。ポイント周りでの短絡もありません。ギャップは0.4mm 原因究明する上での点検方法が分かりません。何方か助けてください。又、下記疑問も併せて教えて下さい。 1、コイルの1次側は導通していますが、2次側の抵抗が測定不能(導通なし、高抵抗?)これは正常? BMW専門業者にも確認しましたが、正常との事でした。・・ ※アースは鉄心でとりました。

  • ピックアップコイル、パルサーコイル、シグナルジェネレーターの点検方法について

    カタナ250ccに乗っています。 プラグから火花が飛ばなくなりましたので、イグニッションコイル、イグナイターを他のに交換しましたが、火花は飛びませんでした。そこでピックアップコイル(パルサーコイル、シグナルジェネレーター)の点検を行いたいのですが、良否判定はどうすればわかりますか?現在、コイル間の抵抗は334Ωで、クランキング中の電圧は1V位です。(ピークホールドアダプターは付いていないテスターで測定しました。) どなたか教えてください。

  • CDIが悪いのか点火コイルが悪いのか教えて

    DIO AF28ですがエンジンがかからないのでプラグをみると発火していませんので、点火コイルを外しCDIの出力線にテスターであたると、キックしながら計りましたがDC10Vのレンジで2V位しか電気が発生していません。どのように計れば良否がわかるでしょうか? CDIの良否もどのようにテスターをあたれば正常なのでしょうかどうぞ教えて下さい。また純正部品のCDI、点火コイルの値段も分かれば教えて下さい。よろしくお願いします。

  • エンジン発電機の点火系について

    激古のエンジン発電機ホンダE300のエンジンがかからなくなってしまいました。点検したところ、プラグから火花が出てないようです。オン、オフのスイッチは正常でした(テスターで確認)。次にポイント点検し、接点を磨き、再始動を試みましたがやはりだめでした。次にポイントが開いた状態で両接点の導通を確認したところなんと導通があるのです。やはりこれが原因でしょうか?また導通がある原因はなにが考えられますか?

  • リレーコイルの導通チェックについて

    リレーのコイル両端子をテスターの導通チェックで確認しても、導通が無いのはどうしてでしょうか。 コイルなので導通があっても良いと思うのですが。 (ちなみに、抵抗レンジで計測すると約1kΩとなります) よろしく、お願い致します。

  • 中華バギーの電気系トラブルで

    中華バギーの電気系トラブルで お聞きしたいことがあります。先日、セキュリティーが不要では、はずそうとしたところ、ショートさせてしまい、その後エンジンがかからなくなりました。ネットでいろいろ調べましたら、断線の疑いがあるかもということで調べてみましたが、導通には問題ありませんでした。そこで疑われるのは、CDI・レギュレター・ジェネレーターかあとイグニッションコイルあたりかと思われますが、それぞれの不良かどうかのチェックの仕方がわかりません。CDIは5ピンですが、それのどことどこのピンをテスタで計ればいいのか。テスタが反応しないのが正常なのか正常ではないのか。また、あと考えられる 原因なんかも教えていただけませんでしょうか。よろしくお願いいたします。

  • エンジンがかからない

    こんにちは。平成元年式ホンダのアクティなのですが、急にエンジンがかからなくなりました。燃料ポンプの作動音もするしプラグも濡れるのですが、プラグコード抜いてセルを回しても火花が飛ばないのですが、やはり点火が原因でしょうか。コイルはテスターで調べてみたところ通電してます。プラグコード、プラグ、燃料フィルター、バッテリーは昨年に交換してます。走行距離は74000です。デスビの予備があるので取り替えてみようかとも思うのですが、どこがダメなのでしょうか?詳しい方よろしくおねがいします。あとかからなくなる一時間位前は普通にかかっていました。

  • 続・ジョルノが点火しない

    QNo.3989028ジョルノが点火しない、の続編です。 コイルの点検方法など教わり車両で試したところ、ピックアップコイルの信号が来ていませんでした。 そこでふとCDIのカプラーの点検をしたのですが CDIカプラーの「ピックアップコイルへのライン」と「アース(エキパイ取り付けボルト又はバッテリマイナス端子)」が導通しました。 確かこれって導通してはいけないと思ったのですが・・・ どなたか教えて下さい。 また、この状況からどのように点検していけば良いか回答お願いします。

  • 変圧器について

    今、変圧器を用いて実験を行っています。 N1≒N2、二次側を開放状態にし、一次側に電圧をかけ、二次側の出力をオシロスコープを用いて観察しました。 すると、二次側の出力は一次側のおよそ3/100ととても小さな値でした。 これは鉄心材料の透磁率の大きさにも原因があるのではないかと思い(鉄損、巻き線抵抗の影響も受けていると思いますが)、これから以下のような実験を行いたいと思います。 LCRメーターを用いてコイルのインダクタンスを測定し、 L=(μSN1I1)/l (S:鉄心材料の断面積 N1:一次コイルの巻数 I1:一次コイルの電流値 l:鉄心材料の長さ) の式を用いて透磁率の計算を行う。 ここまでの行程で何かおかしな点などがありましたら、指摘のほうをよろしくお願いします。