解決済み

尿意と男女の解剖生理の違い

  • 暇なときにでも
  • 質問No.264878
  • 閲覧数4750
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 69% (18/26)

今まで私は女性は尿道が短いから尿意を我慢できないと思っていたのですが、医者に聞いたところ、女性は子宮があって、膀胱容量が少ないからだと言いました。でも、ずーっと尿道の長さが関係あると思い込んでいた私としては納得いかない所があって...。
どなたかコメントお願いします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

膀胱容量に関しては男女差があるのは事実です。
平均で400ml~500ml(これは極限まで我慢した場合であって必ずしも普段の尿量を示すものではありません)と言われますが、女性は男性の8割強とされていて主に骨盤腔内の容量:つまり子宮の有無による差と説明されています。
尿意の上昇は単純なものではありませんが、第一義的には『膀胱の広げられる刺激』です。つまりコンプライアンスの違い(容量の違い)と説明されます。
尿意が上昇した際我慢しきれず排尿をしてしまうことは『膀胱への刺激による排尿命令の刺激の大きさ』と『膀胱平滑筋の弛緩命令および括約筋への収縮指令』(←※)の兼ね合いで決まっています。神経学的な異常があったり脆さがあれば個人差として我慢が出来なくなります。また膀胱炎など他の環境によっても膀胱へ加わる刺激の入力は大きくなります。

一方、腹圧性尿失禁にみられるような腹圧が過度にかかったときの漏れに関してはおっしゃるとおり括約筋の影響/尿道抵抗の問題です。
しかし排尿の我慢に関しては※の問題ですので漏れる以前のことつまり膀胱への刺激が大きくなるのは何故?というところで厳密に膀胱容量の問題を言われたのだと思います。こちらは同じ失禁で例えれば切迫性尿失禁の機序に近い考え方です。

話しをまとめると
『尿意を我慢できない』というのと『腹部圧迫による漏れ(腹圧性の尿失禁)』というのは似て非なるものだということです。
そしてそのお医者さんの説明は事実です。
お礼コメント
2bugakusei

お礼率 69% (18/26)

なるほど....
どちらも正しいということでいいですね、きっと。
ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-05-09 17:30:42

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.1
レベル8

ベストアンサー率 44% (13/29)

女性は尿意を我慢できないんですね
知りませんでした
でもそれが膀胱容量だけの問題かというと疑問がわきますよね
俺も尿道の長さには関係がある気がします
その分尿道の平滑筋量が多いから、収縮する力が大きそうですもん
それに男性の方が前立腺が発達している気もしますし
全然回答になってませんね
ごめんねさい
お礼コメント
2bugakusei

お礼率 69% (18/26)

ありがとうございました
投稿日時 - 2002-05-09 17:29:38
  • 回答No.3

厳密に言えば
尿道の長さは「尿意の近さ」にはかかわりないですよ。
(確認のための追加記載)
膀胱のコンプライアンスが全てを決めます。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ