締切済み

保険の必要性について??教えてください

  • すぐに回答を!
  • 質問No.260910
  • 閲覧数49
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0

お礼率 94% (1949/2052)

 保険のことを知らないまま、誘われるままに、入るのが当然のように高い保険に加入していました。そして、更新時期がきたから また切り換えをと・・・よく知らないまま保険の担当の人の言われるままに”支払い”をしてきました。周りの人もそんなものだと思っていたのです。あるとき自分のかけている保険の定期部分が非常に大きなものだと知りました。知らなかったとはいえ・・・信頼してきた担当の人に対して原が立ちましたが 自分の保険に対する無知さにも腹が立ちました。
とりあえず、これ以上続けるのもいやでしたので ”解約”しましたが解約金もほとんど戻らず・・・いい勉強をしたと今では思っています。それから 保険と聞くと”NO”と思ってしまうのですが・・実際のところ、病気などの入院等にどのくらいの自己負担がくるのでしょうか?高額医療は戻りもあると聞いたことがあるのですが、保険ではなく、貯蓄でまかなうことは不可能なのでしょうか??
保険について 必ずしも、必要なのかどうか 参考意見などお聞かせください。
夫婦2人で共稼ぎです。 よろしく お願いします。 また、40代過ぎ、健康について考えるようになり、医療保険は、はいっておくべきなのかとは思っていますがその必要性は本当にあるのか?教えてください。お願いします。

回答 (全6件)

  • 回答No.6

ベストアンサー率 33% (1/3)

 みなさんのご意見に同感です。
 
 保険を売る方々は、「保険に入ってないと何かあったとき困りますよ!」とか、「保険に入っていれば万が一何かあっても安心!」というスタンスで商品を勧めてくることが多いのではないでしょうか。そうしないと売れませんから、仕方ない部分もあると思います。
 
 しかし、保険は、あるリスクに対処する手段の一つであって、それがすべてではないですよね。保険料を削って貯蓄に回すほうがより良くリスクに対処することになる人もいれば、多少無理しても保険料を払ったほうがいい人もいる。また、保険に入るのも大事だけど、健康管理に気をつけて、病気のリスクを減らす、ということも当然大事ですよね。また、このご時世だと、保険会社が潰れるリスクも考えなくてはなりませんしね。
 
 これらのことを判断するのが「自己責任」ってことでしょうが、言うは易く行うは難し、というのが私の実感です。binmichikoさん、お互い様悩みながら、でも、自分の判断に自信と責任を持てるよう、少しずつでも勉強していきましょう。
 
お礼コメント
binmichiko

お礼率 94% (1949/2052)

ありがとうございます。通販の保険のメールが良く届き、テレビのCMでも流され 保険保険の声を聴かない日はありません。自分自身、数年前までは、無知がゆえ、勧められるまま、言われるまま、定期部分が大きな保険に加入していました。
ある時、それは 本当にもったいない話と知り、相談しましたが・・・入る時は親切だった保険の方も態度が煮えきらず、不信感を抱き、損を承知で解約してしまいました。 いい授業料(高い~)を払ったと思いあきらめました。 そして、今は共済のみです。 今は、医療保険には入った方がいいかなって~思っていますが、検討中です。それで 皆さんのご意見をと思い、投稿してみました。 有難うございます。  (*^_^*) 
投稿日時 - 2002-05-04 10:57:56
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる
  • 回答No.5

ベストアンサー率 50% (57/113)

>病気などの入院等にどのくらいの自己負担がくるのでしょうか?

http://www.e-doctors-net.com/e-info/iryouhi.html
目安にはなると思います


>保険ではなく、貯蓄でまかなうことは不可能なのでしょうか?

可能だと思います。公的に年金に加入していれば、遺族年金や傷害年金の受給と貯蓄により、高度傷害となったご自身やご家族の生活に問題がない貯蓄を所持していることが必要だと思います。多くの人はその水準に到達していない為、保険を必要となると思います。


しかし、私は生命保険に否定的です。
最も大きな理由は、日本の生命保険会社が構築してきた相互援助の方式に大きな欠陥があったことにあります。東邦生命と第百生命の更正手続きにより、生命保険保護機構の資金が枯渇いたしました。これらの会社が破綻する前と後ろでは、保険会社の破綻時の処理で不利になるリスクが格段に上昇しています。

現時点においては、私自身が事故や病気となる可能性よりも生命保険会社が破綻に陥る可能性の方が高いのではないかということを問題としています。

勿論、生命保険に加入しなかったり、補償額を抑えることは万一の場合のリスクを背負うこととはなります。入っても入らなくても何らかのリスクを負うということを考慮し、『生命保険の加入は最低限必要な保証に留めることが最もリスクが少ない』ということを結論付けています。

リスクを軽減できる為に、できることは色々あります。
格付の高い(信用リスクの低い)保険会社の選択、たばこを辞める・運動をするなど健康に気を付ける、定期的な健康診断で病気の早期発見に努力する、その他色々考えられると思います。これらを行うことで、病気になるリスクを低下することができると思います。

私の家族の保険では、高度障害などになった場合に貧困となるでしょうし、それは覚悟していることです。しかし、それなりに生きていけるレベルだと思います。そのリスクを回避することよりも、貯蓄を少しでも積み上げて、失業時に備える事の方が優先順位が高いと思っています。

長文失礼いたしました。また、ご参考になる部分が少しでもあれば幸いです。
お礼コメント
binmichiko

お礼率 94% (1949/2052)

大変参考になりました。
ありがとうございました。(*^_^*)

昔、生命保険の人に知らない間に契約されていたという苦い経験があり、生命保険っていうと生命保険って聴くと” わぁ~”と拒否反応が起きる私です。

皆さんのお話参考にして 自分なりに考えてみたいと思います。
投稿日時 - 2002-05-02 13:43:22
  • 回答No.4

ベストアンサー率 27% (100/365)

できれば、保険など入らずに蓄えで全てを賄えたらいいのですが、無理な話です。

生命保険は、蓄えで賄えない分を補填すると考えてください。いま、全ての保険会社で医療保険を販売できるようになり、医療保険の重要性が言われるようになってきました。

私は、入院保障を必要とする人に このようにいったことがあります。
将来、お金が必要になり、借入をおこなったり、保険料の支払が危なくなるようなことがあるのなら「終身保険に入院特約をセットにする。」・確実に保険料が支払えるのなら「終身の医療保険。」
終身保険なら、借入もできお金の工面もできます。しかし、医療保険では、工面もできず保険料の未払いが2ヶ月あると保障がなくなってしまいます。

ただ、医療保険と終身保険にセットした入院特約とは、見た目には良く似たものですが、細部は大きく異なっています。特に夫婦で加入した場合には、ご主人が先になくなられた場合に奥様の保障が残るか、残らないかなど違いますので注意して加入してください。
お礼コメント
binmichiko

お礼率 94% (1949/2052)

>特に夫婦で加入した場合には、ご主人が先になくなられた場合に奥様の保障が残るか、残らないかなど違いますので注意して・・・

ありがとうございます。 保険もいろいろなところに落とし穴があるのかもしれませんね。私の近くに to32さんのような方がいてくればいいのですが??なかなか・・・。 

素人の私でも ”医療保険の重要性”をかんじています。 真剣に検討したいとおもいます。 有難うございました。
投稿日時 - 2002-04-29 10:50:19
  • 回答No.3

ベストアンサー率 28% (67/237)

もう10年以上前ですが、生命保険会社に就職し、入院給付金の査定をしていた者です。
現在は30代、専業主婦です。
binmichikoさんを担当した営業さんは自分の成績しか考えてない人だったのかもしれません。
このようにして保険が、契約者・被保険者の気持ちや目的を考えずに、営業担当者の都合で悪用されている現実を知ると憤慨を感じます。

私の個人的な意見なのですが、医療に関しては掛けておいた方がいいと思います。
支払いの負担の軽い、定期の掛け捨て(共済や郵便局もいいかもしれません)で保障を重視するのはどうでしょうか。

誰でも突然の病気の宣告・ケガで働けないという状況が生じかねません。
病院に支払う治療費だけでなく、前の方がおっしゃるようにタクシー代などの付随する費用もかかります。
退院後、翌日から職場復帰できることは少ないでしょうから、自宅療養・通院がしばらく必要となるでしょう。
退院後、ご自身の医療保険で少しでもお金が入ると安心して養生できると思います。

貯蓄・死亡保険金は、掛け金が家計の負担にならないようにすることを私は第一に考えます。

私も結婚して保険をどうしようか・・・と悩んでおりました。
独身の頃は医療をメインに負担の軽い掛け捨てに何本か入っていました。
(ちなみに今もそのままです。)
私は虚弱体質なので今まで2回入院を経験しました。(そのうち1回は手術あり)
病気を経験すると新たに保険に入るのが難しくなりますし、年齢も上がってしまうので掛け金も上がり不利になってゆきます。
ですから、入れる時に入っておくのが賢いと思います。

医療費にしても死亡保険金にしても「貯蓄でまかなう」という考えでも構わないと思います。
実際、そのようにしている方もいらっしゃいます。
保険というのはいざという時の助け合い制度なのですから、充分なお金があると考える人は入る必要はないのです。

しつこいようですが、私は保険会社への支払いで生活を圧迫しないことが大切だと思います。
解約返戻金も、資金の運用の難しい現在ではあまり期待しない方がいいのではないでしょうか。

元気で保険を請求しないで済む生活をしたいものです。
お礼コメント
binmichiko

お礼率 94% (1949/2052)

ありがとうございます
残念ながら 私の中の保険勧誘員の方のイメージは 最悪です。
ponponchanのような方が私の周りには見えませんでしたので残念でたまりません。

いろいろなアドバイスをありがとうございました
投稿日時 - 2002-04-29 01:24:03
  • 回答No.2

ベストアンサー率 31% (9/29)

こんにちは。30代の主婦です。私も若いころに薦められるがままに加入しました。幸いにもいい保険だったらしく、更新のない終身保険でした。更新がなければ最後まで一定額掛金なので安心ですよね。
でも今は他にお金のかかることが発生してきたので、一度保険について見直しをしました(兄弟に保険会社に勤めているものがいるので相談しました)。結局「払い済み」にしたのですが、これは平らく言えば、今後支払いは打ち切ってしまうが、今まで支払ってきた分だけの「保険」は残しますよ。と、いうものです。ただ、医療保険(特約)は消失してしまいます。今すぐにお金が必要とういのでなければ「安心」をとっておくと言う意味でいいシステムですね。解約してもお金なんてそんなに戻ってきませんしね。私の場合1000万円の保険が10年間支払ってきた分で500万円になってました。
今は、医療保険&ガン保険んのみ加入してます。

さて必要性ということになりますが、夫婦どちらかが先に亡くなりますよね。その時またはそれ以降、お金に困らないか否か、という点が重要だと思います。私の場合そうでした。

今、いろんな保険会社が色々な商品をだしています。○○特約などオプションもいっぱいあります。聞いているとどれもこれも必要なのでないか?と思えてきます。でも本当に必要なのでしょうか?よく吟味することが大切です。あれこれ特約をつけてもどんな内容なのか把握していなくては意味がありません。シンプルで分かりやすい保険が良いと思います。
保険にも「貯蓄型」「資産運用型」などありますので「保険に入る目的」をご自分の中で明確にしておくことが大切です。「安心」をとるか「貯蓄」をとるかです。
今の御時世、会社の将来性もよく研究すべきかと思います。

医療保険は、やはり入っておくべきだと思います。
以前、うちの母がちょっと転んだだけで人工骨を埋め込むほどの重傷になって、入院したことがありますが色々とお金がかかりました。その後も通院を1年くらいしましたがタクシー代など思いのほかかかりました。
医療費は本当にばかになりません。

共済保険は身近で低料金ですし、良い保険だと思います。もちろん終身ではないし、掛捨て等デメリットもあります。また「割戻金」という制度(決算後、余剰金を何%か返金する)もあるので、折り込みチラシでよく入ってきますので一度ご覧になってみてはいかがでしょうか。

「sofia」というサイトがありますが、保険も含め「マネープラン」について勉強になりますし、相談もできます。ご参考まで ↓↓
お礼コメント
binmichiko

お礼率 94% (1949/2052)

時間をさいて いろいろなことを教えていただけて うれしいです。ありがとうございます。早速、行ってみます。(*^_^*)
投稿日時 - 2002-04-29 10:45:50
  • 回答No.1

ベストアンサー率 34% (63/185)

医療費に関しては、点数(どんな医療行為を行ったか)によって決まってくるので一概に高い安いは言えませんが、政府管掌保険も国民健康保険も利用者負担を増やそうとされている現在、医療保険には加入しておいた方がいいと思います。

医療費は皮膚科の例ですが掲載されているサイトがありましたので参考にして下さい。2割負担とか3割負担というのは「点数*10円=診療報酬」の何割を患者が負担するかを表しています。点数の高い医療行為が行われるともちろん負担額も大きくなってきますし、医療保険が適用されない医療行為があれば全額自己負担となります。全額自己負担になると何十万という請求がくることもあります。

保険はあくまで「保険」ですからそんなときのためにかけておくものだと思います。掛け捨てで医療保険のみのものを選んで加入するのが良いでしょう。私の場合アメリカンファミリー生命と安田火災生命の医療保険に加入しています。医療保険のみ(定期部分をカットしています)で年間(20代、男性1人、保険期間10年、入院給付合計12,000円/日、傷害保険有り)50,000円強の保険料です。オンラインでシュミレーションしてみましたが、ご夫婦で終身保険、ガンの場合の入院費を1日30,000円にすると年払で20万くらい(17000円/月)でした。(http://www.aflac.co.jp/

もちろん終身ではなく10年の保険期間にして、保障額を少なくすると保険料は大きく違ってきます。貯蓄があるのなら少ない額の保障で大丈夫でしょうし、保険会社もたくさんあります。いろんなところでオンラインシュミレーションを行っていますから試してみてはいかがでしょうか?

もしもの時のための(金銭面の)安心料と思っていればそんなに高いものでもないと思いますよ。
お礼コメント
binmichiko

お礼率 94% (1949/2052)

ありがとうございます
早速 ホームページに行ってみようと思います。
いろいろな物が広告などでありますよね。 どれがいいのか? 迷ってしまうのでしょうね。(*^_^*)
投稿日時 - 2002-04-28 09:46:04
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ