-PR-
解決済み

音感教育は何の楽器が?

  • 暇なときにでも
  • 質問No.25822
  • 閲覧数404
  • ありがとう数12
  • 気になる数0
  • 回答数16
  • コメント数0

お礼率 57% (126/221)

子供が音楽に興味ありそうな感じなんですけど、音感磨く為にはじめて始めさせる楽器って何がいいんでしょう?
通報する
  • 回答数16
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.15
レベル4

ベストアンサー率 100% (2/2)

私は自分の娘(2歳4ヶ月)に音感を養わせる為に、ピアノによる絶対音感教育をしています。(私自身が教えているわけではありません)
具体的には、一音会というところがおこなっている通信教育による絶対音感トレーニングです。
東京に住んでいれば一音会の教室に通わせることが可能なのですが、地方なので通信教育をうけております。
ちなみに、一音会の絶対音感の通信教育は「ミミちゃんクラブ」といういう名称です。
また、絶対音感を身に付けた後には相対音感教育も受けさせようと考えています。
一音会では相対音感教育のプログラムも持っています。
さらに、「耳を育てる」為、合わせてヒヤリングを中心とした英語教育もおこなっています。
こちらは、ワールドファミリーという会社の語学教材を現在のところ使っています。
これは、あのバイオリンによる音感教育で有名な鈴木メソッドにより開発された、ディズニーのキャラクター物教材です。(ミッキー、ドナルド、プーなどが出てくる)

「なぜピアノか?」ということですが、
・ピアノが家にあった(奥さんがピアノを少し弾けるから)
・一音会を主宰している江口さんのメソッドに興味を持った
※主な楽器のなかで(電子楽器は含まない)ピアノがもっとも幅広い周波数をカバーしている

なんでも、人間の耳は言語などにより固有の「パスバンド」というものが作られるそうです。
日本人は英語が苦手なのも、この「パスバンド」の影響があるそうです。
こういった観点からも、前述のように幅広い周波数をカバーしているピアノが良いのではないのでしょうか。
また、片寄った耳を作らないためにも複数の言語が聞き取れるようにしておくことが必要あると思います。
これについては、フランスのトマティス博士という人が開発したトマティスメソッドに詳しく出ています。

音楽的には、リトミックやったり、読譜の練習したり、絵本を読んだり、はたまた、お絵描きしたりと総合的な教育が必要ではないでしょうか?
ただし、江口メソッドによれば相対音感を身に付けた後では絶対音感は身に付かないし
また、絶対音感を身に付ける臨界期がある(6歳くらいまで)そうです。
ですから、とりあえず現在は絶対音感トレーニングをやっています。

音感を養うには、音そのものを聞き取るトレーニングの前に、文化的なバックボーンを養わなければならないと思います。
その為に、「日本の童謡」は良く聴かせたり、歌わせたりしています。また、「マザーグース」も良いかなと思い先日CDを購入しました。
あと、クラシック、特にモーツアルトを積極的に聴かせようと考えています。

何が正しいのか分かりませんが、何か参考になれば幸いです。
-PR-
-PR-

その他の回答 (全15件)

  • 回答No.5
レベル11

ベストアンサー率 28% (103/361)

再度nag3です。
少し補足させていただきます。
私の先の回答はあくまで絶対音感を養うという前提で書かせていただきました。
なので楽しむ範囲であれば何でも良いと思います。
が、もし絶対音感という事であればやはりピアノでしょう。(エレクトーンも良いと思いますが)
それと蛇足ですが、日頃聴く音楽にも気を付ける方が良いと思います。
クラシック等の様にきちんと楽譜があって、きっちりと演奏されている音楽でないと、例えばジャズ等の様に不協和音を含んでる音楽では絶対音感を養う事は不可能だと思いますので。

何故、絶対音感を持つ音楽家の家系があるのかと申しますと、それは幼少の頃から家できちんとした音楽を聴いているからです。


  • 回答No.6

こんにちは。お子様はおいくつでしょうか。
お子様に、ビデオなどでも見せながら、どれがいいか聞いてみたら、どうでしょう。

ピアノもいいと思うのですが、本当に小さな子供にとって、ピアノは大きい楽器ですので、鳴らすのが結構大変です。指を一つ一つ動かすことも、運動神経があまり発達していないうちは、しんどいことです。
もちろん、なんなくやってしまう子もいますが・・・。

まず先に、楽譜を読んで、歌えるようにすることが(一見回り道のようですが)、早道です。
音感をつけるということでも、まずは歌うのがよいです。
歌うための教材も出てます。

まずは、ソルフェージュ(歌ったり、音を聴いたり、リズムをたたいたりする、音感のためのレッスンです)を重視して、その後ピアノ(もしくは他の楽器でも)のレッスンもしてくださる先生を見つけるといいと思います。
  • 回答No.4
レベル8

ベストアンサー率 8% (3/34)

お子さんはおいくつですか?
お子さんの年齢にもよると思います。
うちの下の子は2歳9ヶ月でヤ○ハの3歳児○○ドへ行きました。今は違う名称になっているかもしれません(^_^;
楽器はタンバリンとカスタネットとぐらいです。
内容は歌ったり、ゲームをしたり、リズム遊びだったり・・・
とてもよい音楽経験になったと思います。
3歳9ヶ月から2年間その教室で幼児のためのコースへ通いました。自宅ではデジタルピアノ、教室ではエレクトーンでした。こちらは弾くのと歌うのと、それからソルフェージュのようなもの(聴音、階名唱、リズム、etc)を習ったように思います。このときの経験は彼女の音感のよさの原点だと思います。
その後はコースに乗らず、個人のピアノレッスンにしました。
今6年生ですが、楽しそうにピアノを弾いています。
私もピアノをお勧めしますが、(これをやっておくと後々他の楽器に入りやすいような気がする)ピアノは4歳以上のお子さんのほうがラクに始められると思います。
まずは近所の音楽教室をのぞいてみてはいかがでしょう?
  • 回答No.3

答えにならないかも知れませんが、楽器はなんでも良いと思います。
ヴァイオリンでもよし、ピアノでもよし、要は良い指導者を見つけて、子供さんの興味を失わせずに才能を引き出してやることが一番肝心なことでは?
やめたほうがいいのは、おもちゃ屋で売っているような楽器のような形をした玩具です。音程もめちゃくちゃで、音感教育には百害あって一理なしです。
では。
  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 23% (101/435)

こんにちは。だいたいピアノが多いのではないのでしょうか?音楽教室のCMを見てたら、ピアノの鍵盤を叩いて「これはどの音?」とかいうのをしていて、ああこれは良いなあと思って書かせてもらいました。エレクトーンとかも良いかなと思います。
  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 28% (103/361)

私もピアノを推奨します。
理由ですが、不協和音が発生しないからです。
他の楽器は弾き方、吹き方などによっては、不協和音が発生しますし。
音階の問題もありますので、クラシックベースのピアノが良いと思います。
  • 回答No.7
レベル14

ベストアンサー率 22% (541/2399)

nag3さんの回答に異論があります。
ピアノには不協和音がない??
ここでいうピアノが平均律のものをさしているならそれこそ
不協和音だらけのものじゃないですか?
平均律って誤差を分散した1番無難だけど1番和音が汚い
調律ですよね??
クラッシックなら別にギターやヴァイオリン、チェロなどの
弦楽器、また管楽器もあるわけですし。

私は12コの音だけではなく弦や管楽器の連続的な音を認識
出きる方がいいと思っています。

元々ピアノは演奏曲によってさまざまな調律にして演奏する
楽器です。

元の質問者の方へのアドヴァイスとしてはなんの楽器を
やらせたいのか(強制でなければいいのですが)考えて
からでいいと思いますよ。

絶対的な平均律の耳を持っても純正律のハーモニーは
理解できないのではないでしょうか?

巷でいう「絶対音感」ってなにか1つを指している言葉
じゃないですよ。
  • 回答No.8
レベル9

ベストアンサー率 28% (13/46)

僕はギターを20年ほどやってますが、子供のころに(もっと早く)知りたいと思ったことは音楽理論です、どんな楽器を選んでも良いと思いますが子供が楽しく音楽理論を学べる環境が大切です。それと音を覚えるのでしたらピアノですが、その音を自分で探して出すのでしたらフレットレス(ヴァイオリン、三味線等)の楽器も選択肢に入ると思います。本当に大切なのは飽きさせず楽器を楽しむことでしよう。
  • 回答No.13
レベル7

ベストアンサー率 76% (10/13)

んー。。。なんだか専門的なご回答が多数並ぶ中でワタシのような人間が蛇足発言をするのもなんですが(^^;;。

楽器、何でもよいと思いますよ。
ただ、習いやすさやその形態から言って、エレクトーンは結構オススメです。グループレッスンから入ると「習ってる」という感覚も薄くてやりやすいと思います。
難点は、楽器がちょっと高いことでしょうか(^^;;。

いい点を上げると
・電子楽器なので、数本鍵盤を抑えるだけでそれなりに盛り上がった伴奏をつけることができる
・ピアノのように力がそんなに要らない

ってことでしょうか。悪い点は・・・専門的にやっていく上でいくつか超えなきゃいけない壁がある(いろんな楽器の音を扱うのでそれなりに長くやらないと体系的な知識が身につかない、とか)程度で、実際に小さいお子さんに経験として習わせる上では、特にないですね。

ご質問の内容から察するに「将来、音楽の専門家に・・・!!」っていうことではないと思いますので、まずは、体験レッスンなどでお子さまの感触を見てみては、いかがでしょうか。

いくつか「絶対音感(対義語は、相対音感)」の話が出てますが、たとえば山手線の発車間際の音を聞いて「ソソラソドソミソ♪。。。」と置き換えられるかどうか、という能力のお話です。これは「音楽的感性&才能」とは必ずしも同じではありません。CDを元にカラオケの伴奏作るお仕事をするなら別ですけど(^^;;。

習った楽器に応じて、音楽に対する感性はそれなりに磨かれていくし、その子の音楽的個性にもなります。幅広く触れさせて、その中で本人が選んで、豊かな感性が磨かれるといいですね。何の楽器をやるにせよ、決して、無駄にはなりませんよ(^^)。子供は意外と素直に、いろんな楽器を見てやりたいものを「やりたい」って言ってくれるものですから。そのシグナルを見逃さないことが、大事だと思います(エレクトーン習っててピアノ演奏を見て乗り換える子供、その逆のパターンも、結構あります)。

ちなみに、私も、音楽大好き人間で未だに作曲や演奏をしていますが、習わせてくれた両親には、とても感謝してます。
  • 回答No.14
レベル4

ベストアンサー率 33% (1/3)

いろいろな意見が出ていますが、音感トレーニングの為であるのなら
結構マニアックですが
ヤマハのハーモニーディレクターなどはどうでしょうか!チューニングをはじめ、
平均律、純正律、テンポ・リズム・ハーモニートレーニングなどの指導に適した機能があります。(指導用総合機器となっているそうですが)
15件中 1~10件目を表示
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
アーティストやジャンルについて知っていることを教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ