-PR-
締切済み

ダイエットとアトピーの食事内容について。

  • 困ってます
  • 質問No.2470753
  • 閲覧数933
  • ありがとう数4
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 33% (1/3)

私は現在、ダイエットを行うと同時にアトピー体質の改善を行いたいと思っております。
22歳男・身長180cm・体重95kgで昨年からアトピーを患っています。
1年ほどステロイドを使用しましたが、効果に疑問を覚えると同時に、各サイトで食事療法の効果の大きさを知りました。
そのため、今後はその食事療法を行いたいと考えたのですが、アトピー体質改善の食事は
朝:野菜ジュース
昼夜:玄米菜食(少食)
とのことですが、ダイエットを行うための食事は
朝>昼>夜の順に摂取カロリーを調整する食べ方かと思います。
ダイエットの食事制限とアトピー体質改善の食事では、相反しているように思われるのですが・・・。
両方を同時に行うことは不可能、ということなのでしょうか?
それとも、どちらか片方の療法に合わせることによって、両方を同時に行うことが可能になるのでしょうか。

元アトピー患者さんの体験談等あると大変助かります。
勿論、体験談ではなくとも、わずかな情報でも構いません。
よろしくお願いいたします。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 38% (119/313)

アトピー体質改善では、やはり医師の指導に基づいて食事改善を行われる方が安全と思います。

帯津三敬病院の先生方が推薦される、呼吸法を重視した太極拳やダイエット方法を御参考までに御紹介致します。(私は呼吸法とゆっくりしたポーズのヨーガを組み合わせた望月勇先生のご指導を受け、食事は殆ど菜食にするようにして、1年後にはかなりアトピーの症状が軽くなり、ステロイド剤は使用しなくても済むようになりました。)帯津三敬病院の太極拳クラスの情報も、御参考になるかと思いますので、是非ご覧になってみてください。どうぞお大事に!
お礼コメント
kisaragi_r

お礼率 33% (1/3)

回答ありがとうございます。
やはりダイエットとアトピー改善を両立させることは可能なのですね。
呼吸法というのも参考にさせていただきます。

sukinyan様は菜食ということですが、どのような採られ方をしていたのでしょうか?
(朝昼晩御飯の割合、腹六分目?等)
投稿日時 - 2006-10-15 07:40:24


  • 回答No.2
レベル11

ベストアンサー率 38% (119/313)

私の場合、英国に住んでおりますので、本物のお肉の代わりにQuornやLinda McCartneyブランドの、ベジタリアン向け製品をよく使用します。
http://www.quorn.co.uk/
http://www.linda-mccartney.com/
御参考までに、朝は、夏でしたらMaple & Pecan風味のコーンフレークにミルク、11時前のおやつにドライフルーツ(レーズン等)とナッツ(カシューナッツで油や塩が使用されていないもの)、お昼は作りおきしておいたエビ焼きそば(一度に数食分まとめて作って、一食分ずつ冷凍しておきます)にフルーツ(季節のフルーツを1個以上)、午後のティーブレイクにはフルーツのヨーグルト、帰宅して夕食は日本食料品店でまとめ買いしておいた「冷やし中華」にトマト、カニかま、キュウリ、ベジタリアン向けハム(上述のベジタリアン向け製品を使用)、しいたけ(オランダで有機栽培されたものが英国にも輸出されていますので)、等を散りばめたもの。デザートは季節のフルーツで。

冬は、朝はポリッジ(Quaker Oatsのオートミールにミルクをかけてレンジで2分)、午前と午後のティーブレイクは同じパターン、ランチは作り置きしておいたPasta Bake(パスタに缶詰のお魚や、ベジタリアン向け偽肉製品、人参、グリーンピース、とうもろこしなどを乗せ、それに市販のホワイトソースをかけ、上からチェダーチーズをふりかけてオーブンで焼いたものを一食分ずつ分けて冷凍)と季節のフルーツ、帰宅して夕食はローストベジタブル(西洋ネギ、人参、赤タマネギを適宜切ってオーブン皿に散りばめ、上からオリーブオイルをふりかけて、オーブンで焼いたもの)、市販のフィッシュパイ、デザートは季節のフルーツ、等です。

仰るとおり、お腹いっぱい食べるのをやめ、最初は腹八分ぐらいを目指して、年齢が上にいくほど量を控えめにすると良いと言われています。ちなみに英国では玄米が手に入らないので残念なのですが、日本だったら是非玄米、なければ胚芽米のように、加工工程の少ないものをお勧めしま(パンでしたら、白い食パンよりも田舎風のブラウンブレッドですね)。

申し上げるまでもなく、アレルギー体質によっても事情が異なりますので、是非皮膚科専門医の先生と御相談されますように、お願い致します。
御参考まで、日本医師会のページを下記に御紹介致しますね。
  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 46% (340/738)

おそらく、朝:野菜ジュース、昼夜:玄米菜食(少食)というのは、甲田 光雄の著書にある半日断食か、それの信奉者ではないでしょうか。
一時期、ダイエットをかねて、半年ほど半日断食に取り組んだことがありました。脂質が多い食事は、ヒスタミンの生成を助長するという話もありますし、神経伝達物質のバランスも不安定にするという話も聞きます。私の場合は、それによって劇的に何か変わったということはありませんでした。

私は、最近、毛膿炎と格闘を始めて、ゲンダシン軟膏を皮膚科で処方され、対処療法でできたところに塗り続けています。かなり改善してきましたが、皮膚科の先生には、「根本原因は、メンタルなものなので、そちらの方で治療を続けてください」と言われました。現在、抑うつの治療を続けています。私の通院しているメンタルクリニックにもアトピーの方がたくさんいらっしゃいます。私自身は脳の疲労回復とともに、毛膿炎も落ち着いてきた感じです。

この方の闘病記は参考になると思います。
http://members3.jcom.home.ne.jp/mioworld/index.html
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
美容・ファッションに関する悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-

特集


抽選で合計100名様にプレゼント!

ピックアップ

ページ先頭へ