• ベストアンサー

やり切れない映画

久々に質問させて頂きます。 先日友人が余りに薦めるので「ダンサー・イン・ザ・ダーク」を見ました。友人曰く「救いの無い映画、一件の価値あり」。しかし、見終わった私の正直な感想を云えば「何でこうなるんだ、理解出来ない」というものでした。(賛否は人それぞれとは思いますが)監督が何をメッセージとしているのか分からず、悲劇をモチーフとしたミュージカルもどきとしか思えません。(ファンの方すみません) そこで皆さんにお尋ねします。本当の「やり切れない映画」があったら教えて下さい。見終わった後ガクッとくるような、しばらく落ち込んでしまうような、「やり切れない」映画です。 私のつたない映画経験で言えば、ミッドナイト・クロス(トラボルタ主演)やふれあい?(中村雅俊、壇ふみ主演)といった映画です。 変な質問ですいませんが、ダンサー・・・であてが外れたので、見事な「やり切れない映画」教えて下さい。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • ichien
  • ベストアンサー率54% (733/1334)
回答No.12

今晩は。この手の質問だと毎度アメリカ映画に圧倒されてしまうので、それ以外の国から一つ。ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー監督の代表作「マリア・ブラウンの結婚」をどうぞ。  第2次大戦末期、ドイツでのある結婚式から始まった物語が、戦後様々な出来事を経、西ドイツがワールドカップで優勝して、戦後世界的に復活を印象付けたまさにその日で、劇的な結末を迎える。  この壮絶なラスト・シーンには「そんな馬鹿な」と唖然とさせられ、しばらくは言葉が無くなりました。傑作ですので、よろしかったら是非(以前似たような質問でこれを紹介している他の方がいました)。

nyahaha
質問者

お礼

おおっ!これは貴重な情報感謝致します。 監督の名前やストーリーからしてドイツ映画でいいんですよね?是非ドイツ映画コーナー探して、必ず見ます。かなり期待できそうな映画ですね。ありがとうございます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (26)

noname#6561
noname#6561
回答No.27

え~と、「ダンサー~」等を観てないので御期待に添えるかわからないのと、「本当のやり切れない」って言れると自信がないし、nyahahaさんの感じ方次第にかかってくると思うし好みもあるので参考程度ですが・・・、 リチャード・ギアの「真実の行方」なんてどうでしょう?もう観ちゃいましたかねぇ?落ち込むことは多分ないとは思いますが、やり切れなくなるのではないかと・・・(私の周りでは不評だったりします)。あと、洋画のカテゴリーなので反則的な回答になるかもしれませんが、邦画の方をすこし・・・、 「悪魔の手毬唄」(石坂浩二、岸恵子出演)。登場人物(青年)の気持ちになって考えたら、まさしくやり切れなくなるのではないかと・・・(多分ガク-ンってなります)。 「悪魔が来たりて笛を吹く」(西田敏行等)。映画自体(キャスティング等)は、ショボいんですけど、話の内容はやり切れなくなるのではないかと・・・(小説の方が面白い)。 もう既に御覧になっているものがあるかもしれませんが・・・。参考程度で・・・。失礼いたしました。

nyahaha
質問者

お礼

「真実の行方」ですね、残念ながらもう見ていますが、あの映画は確かに後味はわるいですね。結末は途中で分かっちゃったけど。 うーんご指摘の金田一シリーズ、確かに重いんですよね。ああなると探偵小説というより、おどろおどろしい日本独自のジャンルですね。あの手のシリーズは犯人も止むに止まれずというシンパシーを感じてしまい、やり切れなくなりますね。 みなさん、沢山の投稿と貴重な情報本当にありがとうございました。 また、映画で悩んだ時はご相談させて頂きますので、どうぞnyahahaを宜しくお願い致します。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
回答No.26

こんにちは。 私にとっては「八日目」がそれですね。 主人公と障害をもった青年との心の交流を描く、あったかい映画・・・と 思わせといて、「これはないでしょー」って決着のつけかたでした。 あと前の人と同じになりますが 「ペイフォワード」は、怒りましたね。 無理矢理感動に着陸させよう、という姿勢が気にいらん。 あと、これは(上の二つと違って)私自身はすごい好きな映画なんですけど 最近ので「蝶の舌」のお話は、もうやりきれないことこの上なし、でした。 ただこれは、お話を無理に悲しく作っているのでなく、 「こうなるしかないんだな」とわかりつつも、切なくなってしまう映画でした。

nyahaha
質問者

お礼

うわぁーペイフォワード以外、聞いた事も無い映画です。こんなのがあるんですか。(邦画ですか?)やはり皆さんの映画知識は恐るべきものですね。私も年間70本程度は映画見ていますが、全く脱帽です。 貴重な情報ほんとうにありがとうございます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • adrie
  • ベストアンサー率43% (10/23)
回答No.25

私にとっての最高に「やりきれない映画」は「アメリカンヒストリーX」です。 エドワード・ノートン、エドワードファーロングが出ています。 まだ観ていなければ、いかがでしょうか? 私は映画館を出て第一声、「救われない~、やりきれなすぎ~!」と言いましたよ。(笑)

nyahaha
質問者

お礼

おっ、これも見ようと思っていて未だ見ていない一作です。あのノートンがパンク風の格好しているやつ(パッケージ)ですね。是非見てみます。ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#1758
noname#1758
回答No.24

再びの登場です。 名作といわれている作品二つほど。 「禁じられた遊び」 ラストの、「ミシェール」という呼び声のコダマは、純粋なだけに、どうしようもない辛さ・悲しさを感じてしまいます。 「穢れ無き悪戯」リニューアルではなく、オリジナルの方です。ラストのマルセリーノが天に召される情景は、純粋なだけに、観ているのが辛かったのを覚えています。 あと、「may23」さんの挙げられた「火垂るの墓」は結婚前に、ワイフと観ましたが、やり切れなさに、やはり引きずりました。

nyahaha
質問者

お礼

名作中の名作ですね。よかった未だ見てないんです。後者の方の天に召されるのは、最後は若しかして教会ですか。そうだったら、まるでフランダースの犬状態ですね。 再度にわたり、ありがとうございます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
回答No.23

やりきれないお話・・・、長くなっちゃいますけどいいですか? 「シュウシュウの季節」ジョアン・チェン監督 文化大革命当時の中国。都市部の子供達は「教育」と称して働き手の不足している 地方に送り込まれる。親が貧しくコネの無いシュウシュウは、家に帰ることができず、やがて彼女の弱みにつけ込んだ周囲の男達が次々と彼女を食い物にしてゆき・・・。あまりに悲しい話で、数日間引きずりました。監督は「ラストエンペラー」の皇后役の女優さん。 「芙蓉鎮」「青い凧」このあたりも文革ものです。文化大革命は現代中国映画のかなり重要なテーマらしい。多くの作品がありますが、どれを見てもけっこうぐったりします。 「冷血」トルーマン・カポーティ原作 ベストセラーになったノンフィクションの映画化。無計画な犯罪、代償の無い大量殺人、犯人達のどうにもならない現状。ストーリーもさることながら、音楽はジャズ中心でなかなかシックで、映像も凝っています。原作も素晴らしい。 「自転車泥棒」ビットリオ・デシーカ監督 大戦直後の混乱と貧困の時代。自転車があればできるポスター貼りの仕事を手にした主人公一家は、家中のシーツまで質に入れて自転車を手に入れた。ところが初日に自転車は盗まれる。泥棒を追ってローマ中を父子はさまようが・・・。 本当に悲しく、切ないお話でした。 「ダンサーインザダーク」は、私はうっかり泣いてしまったのですが後味の悪い映画ですよね。なぜ彼女は抵抗しないの?って。 私が本当にやりきれなさを感じるのは、人間が努力しても抵抗してもどうにもならない大きな力、政治・出自・性別・時代などに流され、押し潰されていくのを観るときなんですが、どうでしょう? 「砂の器」なんかもハンセン病の偏見に人生を狂わせられる、辛いお話ですよね・・・。

nyahaha
質問者

お礼

いえいえ長くなって結構ですよ。詳しく書いて頂き、本当に有り難うございます。 三作ともまだ見てませんので、非常に参考になりました。 konkon0421さん言う通り、人間の力ではどうにもならない、運命というか業というか、そういった映画を見た時も確かに打ちひしがれますね。 「砂の器」私も好きな映画です。和賀英了でしたっけ。 ただ、私の今回のリクエストはそういうテーマの重い映画で暗くなる、と言うんじゃなくて、どうしてこんな(不幸な残酷な)終わらせ方にするんだ、いやーな気になるだろう、ってな映画なんです。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • ikb-ykr
  • ベストアンサー率29% (24/81)
回答No.22

本当はご覧になったことない映画をオススメすればよいのでしょうが,残念なことに私のダントツ過去イチは「エイリアン4」でした。(~_~;) ああいうエイリアンに進化させておいて,そういう死なせ方するか?あんたら人間じゃねえ,鬼だ!と制作陣に叫びたかった。 1ヵ月くらい引きずりましたねー・・・。たぶんペットをお飼いになっている方々,お子さんをお持ちの方はやりきれないんじゃないでしょうか。

nyahaha
質問者

お礼

エイリアン4、私も見ましたが前三作とはかなり趣が違いましたよね。ikb-ykrさんのおっしゃってるのは、エイリアンと人間(リプリー)のハーフですよね。あの骸骨みたいな。あれは気持ち悪いし、おどろおどろしいし、かつリプリーを母親と慕って。それを騙まし討ちにして殺すんですから(そうするしか無いが)。かなりブルーになりました。 ありがとうございます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
回答No.21

私はそれほどたくさんの映画を見ているわけでもないのですが、未だに忘れられない「やりきれない」映画は「風が吹くとき」です。 小さな人形のようなかわいい老夫婦の日常と、核戦争とを絡めて描いた作品ですが、その「かわいさ」とラストの悲惨さがなんとも言えず・・・(汗)。 見ながら自分がその場にいるような気がして、気分が悪くなったのを覚えています。

nyahaha
質問者

お礼

おっまた新しいのを教えて頂きました。「風が吹くとき」ですか、初耳の映画です。ラストが悲惨とか。気分が悪くなるのを知りつつ見るのは、何か怖いもの見たさですね。ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • poketa
  • ベストアンサー率40% (8/20)
回答No.20

「ダンサー・イン・ザ・ダーク」のミュージカルシーンはホント好きなんですけどね、幻想的で美しくかつ必然性があって。ストーリーは確かに「泣ける」というのとは違いましたよね。見終わって「『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』とどう違うんだ、ある意味」と思ってしまいました。僕は。 まだ回答に出てない映画というと...「未来世紀ブラジル」くらいしか知りません、でもたぶんもう見てるだろーなー。

nyahaha
質問者

お礼

ブレア・ウィッチ、あれも前評判の割りにつまんなかったですね。 「未来世紀ブラジル」見てます。私のお気に入りの一本です。ああいう、ある意味ナンセンスな映画は結構好きです。(デ・ニーロも変な役で出てるし)

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#21649
noname#21649
回答No.19

レックス 民法無視の売買契約にはあきれました。 沈黙の歓待 軍国主義の宣伝と感じました

nyahaha
質問者

お礼

どちらも知りませんでした。 沈黙の歓待?艦隊ではないですね、漫画ですものね。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • longmore
  • ベストアンサー率27% (37/135)
回答No.18

「ジャック サマースビー」 鑑賞後、つらいです。 涙流すに流せません。

参考URL:
http://www.ywad.com/movies/412.html
nyahaha
質問者

お礼

これも聞いた事はありますが、未見です。私もかなり映画好きな方ですが、今回は見てない映画を多数教えて頂き、本当に感謝です。 涙流すに流せない、うーん、どういう意味か見てみます。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • ミュージカル映画しってますか?

    最近、ムーラン・ルージュを見まして、ミュージカルってステキだな! と思ってしまいました。 なので、ステキなミュージカル映画を教えてくださいませ~。 ムーラン・ルージュとダンサー・イン・ザ・ダークは見ました。

  • 映画「坊っちやん」について

    夏目漱石著の「坊っちやん」(明治三九年)を原作にした同名の映画がいくつかあるはずなのですが、いつのものでどこの会社が製作、配給したものかご存知あるかたいらっしゃいませんでしょうか? すくなくとも中村雅俊主演ののもと南原さん(?)主演のものがあるはずなのですが・・・

  • ミュージカルに分類されないけどミュージカル映画

    ダンサー・イン・ザ・ダーク ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ など、ミュージカルに分類されないけど、歌がたくさんあるような映画ってありませんか?

  • ブロードウェイミュージカル CITY OF ANGELSについて

    映画の「CITY OF ANGELS」 ではなく、昔ブロードウェイミュージカルだった「CITY OF ANGELS」のストーリー内容を探しております。 日本でも中村雅俊さんが主演で講演しているようなのです。 見たことがある方、どんな内容なのか教えて下さい!! 参考のサイトや本、DVDなどあればご紹介下さい!!

  • 音楽や舞台を中心とする映画。

    ミュージカル映画は大好きで観るのですが、その他に音楽や舞台が主な映画はありますか?まだ、観てないものがあると思うのです。 ミュージカルでは「コーラスライン」、「サウンドオブミュージック」が何度見てもあきない映画です。「ダンサー・イン・ザ・ダーク」は気分が悪くなりました。 音楽映画は「海の上のピアニスト」が良いです。 舞台ものは「覇王べっき~さらば我が愛」、 ちょっと違うかもしれませんが「変面」も大好きです。 何か他にも素晴らしい映画があるのような気がしてならないのですが、ありますか?

  • 考えさせられる映画ってありますか?

    人生の見方が変わるような(←やや大げさですが;)、見終わった後に考えさせられるような、ガーンと頭を叩かれショックをうける様な、そういった映画はありますでしょうか? 私がうまく伝える事が出来ず、やや大げさに書いていますが;、そこまで出なくとも構いません。 (というか、私が勝手に衝撃を受けてるだけですので:笑+汗) 皆さんが見終わった後に考えさせられた映画がありましたら、お願いします。 私は黒澤清監督の「キュア」、戦争映画でハンバーガーヒルを作った監督の「プライベートソルジャー」、クリントイーストウッドの出てくる西部映画の「許されざる者」、シュワちゃんの出てくる有名な「ターミネイター2」などなどです。 現在、友人から「ダンサー・インザ・ダーク」を勧められています。 個人的には痛々しいだけではなく、見終わった後にどこか何故か考えさせられてしまうような、主人公が、物語が、何か訴えかけてくるような、そんな作品が好きです。 どうぞよろしくお願いします。 (上記とは違うかもしれませんが、あと他にサスペンスもので「ファーゴ」が面白かったです。 あと、古いですがアニメなどでは富野監督の作品はどれも好きです。)

  • グリーンマイルとダンサー・イン・ザ・ダーク

    この二つの作品中で出てきた映画(「グリーンマイル」では、不思議な力を持った大男が処刑前に観た映画。「ダンサー・イン・ザ・ダーク」では、ビョークがほとんど眼が見えなくなってきた頃にカトリーヌ・ドヌーヴと一緒に観ていた映画。)について、誰かご存知ありませんか? 古いアメリカのミュージカル風映画作品だと思うんですけど、もしかしたらエディー・キャンターが出ている「トッカンカンタ」ではありませんか? どなたか映画に詳しい方、是非教えてください。

  • 「ヘアスプレー」を超えるミュージカル映画

    歌とダンスが個性的で魅力的なミュージカル映画を探しています。映画としての質や知名度は問いませんが、芸術性よりも娯楽性を重視しているもので恋愛がメインでないものがいいです。「座頭市」のタップダンスのようなワンシーンでもかまいません。 自分のNO.1は今のところ「ヘアスプレー」です。特にラストナンバーは歴史に残る名シーンだと思っています。あとは「ブルースブラザーズ」「RENT」「シカゴ」なんかが好きです。 白黒映画、次の映画以外でお願いします。 「サウンドオブミュージック」「雨に唄えば」「ドリームガールズ」「プロデューサーズ」「オペラ座の怪人」「ナイトメアビフォアクリスマス」「ウエストサイド物語」「天使にラブソングを1、2」「ダンサー・イン・ザ・ダーク」「グリース」「サタデー・ナイト・フィーバー」「フットルース」「ムーランルージュ」 もしご存知の方がいたらよろしくお願いします!!

  • 21歳の男性ですが昔の歌謡曲や日本映画が大好きですが、どうなんでしょう

    21歳の男性ですが昔の歌謡曲や日本映画が大好きです。 特に好きな歌手は 太田裕美、アグネス・チャン、イルカ、クレージーキャッツ、所ジョージ、中村雅俊、 海援隊、西田敏行、渥美清、タモリなどで 最近は水谷豊、岩崎宏美なども聴きます。 CDだけでなくレコードも集めてます。 好きな映画は 「男はつらいよ」(寅さん)シリーズ「拝啓天皇陛下様」 などの渥美清主演作 「お葬式」「マルサの女」などの伊丹十三監督作品 尾道3部作(「転校生」「時をかける少女」「さびしんぼう」) などの大林宣彦監督作品 「ニッポン無責任時代」「クレージー作戦」シリーズなどのクレージーキャッツの映画 「犬神家の一族」「金田一耕助の冒険」などの金田一耕助映画 「青春の殺人者」「幸福」「逃れの町」など水谷豊主演作 「太陽を盗んだ男」(沢田研二主演)長谷川和彦監督作品 「びっくり武士道」などのコント55号主演映画 あとマニアックですが タモリ主演の「キッドナップブルース」(浅井慎平監督)などで あと先日、武田鉄矢主演の「刑事物語」のDVDBOXを買いました。 部屋には「男はつらいよ花も嵐も寅次郎」「拝啓天皇陛下様」 「 あゝ声なき友」(渥美清主演) 「お葬式」(伊丹十三監督) 「転校生」「さびしんぼう」(大林宣彦監督) の劇場公開当時のポスターを飾ってあります。 あとオロナミンCの大村崑の看板も飾ってあります。 昔のドラマも好きで 「泣いてたまるか」(渥美清主演) 「池中玄太80キロ」(西田敏行主演) 「熱中時代」「あんちゃん」(水谷豊主演) なども観ます。 本もよく読みますが 映画関連の本、タレント・俳優の本、 伊丹十三、青島幸男、阿川佐和子の著書などを読み 先日は、古本ですが タモリさんのデビュー当時の本「タモリのカセット面白術」と 大林宣彦監督の「大林宣彦の a movie book尾道」という 大林映画の尾道ロケ作の解説やロケマップの載った本を買いました。 (今度1人で尾道行きます。) あとアグネス・チャンの後援会(ファンクラブ)にも入っていて コンサートや講演会にも行き本人にサインしてもらったこともあります。 太田裕美、イルカ、海援隊、南こうせつ、伊勢正三のコンサートにも行きました こんな私はオタクでしょうか、オタクじゃないとしても 21歳にしては変わってますよね、(自分ではマニアと思ってます)

  • 『ダンサー・イン・ザ・ダーク』の支持・不支持。

     理解できない映画、意味がわからない映画という感想がある一方で、泣ける映画、やりきれない映画という感想も聞きます。しかし、私はどちらとも異なる感想を持っています。以下に私の感想を述べますので、私の感想への皆さんのご意見をお聞かせください。  結論から言うと、『ダンサー・イン・ザ・ダーク』は神話なのだと、私は理解しています。悲劇性はありますが、必ずしも悲劇ではなく、むしろサクセス・ストーリーに思えます。  たしかに、主人公セルマの行動は自己犠牲的に見えます。でも、自己犠牲そのものが目的となっているのではなく、他の目的を達成することを優先した結果の自己犠牲です。その意味では、利己的な人物です。  この「他の目的」を母性愛と解釈する感想も多く聞きましたが、母性愛だけでは、セルマがビルとの約束を守り通そうとする理由を説明することができないように思います。セルマは、法廷でもビルとの秘密を守り通します。ビルの行動は、法的にも道徳的にも批判されうるものですから、法廷でビルとの約束を明かした方が、息子ジーンを守る早道となるはずです。しかしセルマはそれをしません。  セルマのこのような行動を、私は、アガペー(神の愛)によるのだと解釈しました。母親として息子ジーンは守るべき存在ですが、息子ジーンのみが守る全てでないのです。セルマは、セルマ自身の内にあるアガペーをも守っているのだと思いました。しかし、人間は神にはなれません。セルマが自身の神の愛を守ろうとすればするほど、現実社会との間で矛盾が生じ、セルマは死に近づいていきます。人間だからこそ、間近の死にも怯えます。しかし、死を避けることよりも、愛を守ることをセルマは選んだわけです。母親としての愛は、ジーンに手術を受けさせることを意味しており、その念願はかないました。ですから、悲劇性こそあれ、セルマは救われたのだなと、私は、感じます。

ギアのバックラッシュとは?
このQ&Aのポイント
  • ギアのバックラッシュとは、歯車間の隙間やゆとりのことを指します。
  • バックラッシュは、ギアが回転する際に生じる遊びや振動を抑える役割を持っています。
  • バックラッシュの適切な設計と調整は、ギアの順応性や効率に影響を与えます。
回答を見る