-PR-
解決済み

シクラメンの葉が黄色くなってしまいました

  • 困ってます
  • 質問No.19196
  • 閲覧数1387
  • ありがとう数9
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 74% (49/66)

1週間前に購入して職場においたシクラメン,つぼみがたくさんあってとても元気がいいんですけど,なぜか葉っぱがどんどん黄色くなってしまいました。

水は毎日切らさないようにあげてますし,日光にも(窓越しですが)当ててるんですけど,葉は黄色くなるばかり。。いったい,どうすればいいんでしょうか?

枯れてしまう前に,なんとかしたいんです。どなたかよろしくお願いします。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル10

ベストアンサー率 20% (25/122)

私もなったことがあります。気温が高すぎたりしませんか?暖房の熱には弱いようです。ですので、窓際でよく日の当たる場所はよいのですが、あまり室内の気温が高い所はよくないようです。本などでは窓越しの日光で十分という記述をよく見かけるのですが、昼間の暖かい時間だけ外の直射日光に当ててみてはいかがでしょう。そうすれば暑すぎるということもないでしょう。ただ、冬場の夜は寒すぎるので、取り込むのを忘れずに。うちの場合はベランダに置いたままでも冬を越しました。もちろん風はあまりあたらなくて、霜もおりない所でしたが・・・。
お礼コメント
haruna44

お礼率 74% (49/66)

回答ありがとうございます。職場は温度調整されており,また窓が開かないため,シクラメンには過酷な場所かもしれませんが,なるべく涼しいところを選んで置くようにしました。もう少し,様子をみてみようと思います。ありがとうございました。
投稿日時 - 2000-12-18 16:31:55
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.1
レベル10

ベストアンサー率 54% (86/158)

詳しい状況がわからないので何ともいえませんが、シクラメンは過湿や乾燥にとても弱いです。水をやりすぎれば直ぐ根腐れします。たっぷりやりすぎていないかどうか確認して下さい。


  • 回答No.2
レベル6

ベストアンサー率 44% (4/9)

シクラメンは冬の間は日光をよく当てないと元気がなくなります。暗過ぎる場所、例えば北側の玄関などに置いているのではないでしょうか。
 日当たりのよい窓辺に置いてください。そして暖かい日はときには戸外に出して日光に直接当てるのもよいでしょう。
 また、シクラメンはどちらかといえば涼しい環境を好みます。ストーブの近くなどは暖か過ぎて、しかも乾燥し過ぎることが多いのでよい環境とはいえません。凍らせるような寒いところでは困りますが、室内なら寒いくらいのところのほうがむしろ適しています。
 それから、水が多過ぎるのも禁物です。根腐れや徒長の原因になります。鉢土の表面が白く乾いてから、たっぷりと水を与えますが、水量は多く、回数は少なく、が水やりのポイントです。
詳しくは、参考URLをご覧ください。
  • 回答No.4
レベル10

ベストアンサー率 20% (25/122)

さきほどのに追加します。水は鉢の下から吸水させるようにしていますか。上の部分(特に球根などの部分)が水に濡れると病気の原因になると聞きました。ふつうの鉢なら下に鉢皿をおいて、皿に水を貯めて吸水させてくださいね。
  • 回答No.5
レベル10

ベストアンサー率 21% (48/221)

他の方も書いてみえますが、暖かい室内に置いていませんか?もしそうなら、確実にharuna44さんの状態になります。暖房の効いた部屋、日温度差の大きな場所は苦手とします。我が家では玄関に置くことが多いです。こんな場所でも、いや、このような場所の方がシクラメンは元気に育ちます。
このQ&Aのテーマ
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ