• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

CPU、メモリについて

メモリーのDDR333(PC2800)ってゆうのは333mhz動作して CPUの周波数は このメモリの周波数(333mhz)×内部倍率ってことですよね? では例えば、メモリーをDDR333にして、sempron2800(動作周波数2.0ghz,FSB333MHZ、内部倍率12倍)でパソコンを組んだ場合、CPU動作周波数は、333mhz×12=3996mhzになるのではないのでしょうか? あとこの場合DDR333をDDR400に変えた場合は、CPUの動作周波数はDDR333×12で計算されるが、CPU以外のマザーボード周りが早くなるのでしょうか?(マザーボードはDDR400に対応しているとすると) よくわからないのでそこら辺を教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数251
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

メモリーの動作クロックと、CPUの基本クロックは違うものです。 CPUとメモリは直結されているものではなく(64は直結されてるけど、メモリの動作クロックに、CPUは依存しない) CPUとチップセットがFSBで、メモリとチップセットがメモリバスで結ばれています。 基本的にこの二つを同じにすることで、最大の性能が引き出せるので同じことが多く、 混同されたのだと思います。 マザーボードにもよりますがCPUの基本クロックを200Mhz、メモリを166Mhzでも動きます。 メモリの動作クロック DDRメモリの場合は、動作クロック×2で表記されています。 つまり表記が333Mhzの場合、166MHzが実際の動作速度です。 これはDDRメモリの場合1クロックで2回のデータが伝送できるため、 元の規格であるSDR SDRAM比では333Mhzの性能があるので請う表記されています。 またこちらのほうが、バス幅×クロックで帯域を計算できるのでわかりやすいですね。 同様にDDR2メモリでは1クロックに4回データを転送するので、実クロックは表記の1/4です。 基本周波数 これは一般的はFSBといったりします。 Pen4系は基本クロックの4倍、Athlon系(64は除く)は基本クロックの2倍で表記されています。 これはメモリと同じく、それぞれ1クロックで4回、2回のデータ転送の転送能力があるからです。 この基本クロックの倍数がCPUの動作クロックです。 挙げられた例については、Sempronの基本クロックはFSBの1/2で166Mhz。 これを12倍で1996Mhzになり、約2.0GHzです。 で、これをDDR400にした場合、基本的には2.0Ghzのままです。 ただし、Sempron側のFSBを400Mhzにしても動く可能性が高くなります。 AthlonXP2500なんかはこれでXP3200+相当にするオーバークロックがはやりました。 性能的には、少しは早くなる可能性はありますが大差ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳しい説明ありがとうございました。

関連するQ&A

  • クロック周波数、メモリ周波数、FSB、、、混同中(^^;

    タイトルにもあるように、ただ今、 クロック周波数(=CPU周波数、でいいのかな?)、 メモリ周波数、FSBらの関係(倍率など)みたいのが 頭の中でこんがらがってしまっています(^^; 以前自作をしたこともあり、一度は覚えたつもりだったのですが、、 整理も兼ねて、是非教えてください。 私が今思ってるのは、 私が今使っているパーツのパッケージ的な表現で例えるますと、、 まず使ってるのが CPU:celeron1.7GHz(FSB400) マザーボード:ギガバイトGA-8GE667 Pro(FSB533/400、対応メモリDDR333/266/200)) メモリ:256MB(周波数はBIOSでの認識は266MHzの模様) です。 これからいくと、クロック周波数は当然1.7GHzですよね。 で、一番忘れてしまっている、このクロック周波数が何の倍率で決まるかということなんですが、、 FSBだったと記憶しているんですが、 BIOSのAutoの倍率設定を見るとx15になっているような、、? そしたら400MHz×15=6GHz!!?(^^; 見てるとこが違うんでしょうか? それとも単純に400にかけちゃいけない? とゆーかFSBがもとじゃない? "CPU Host Frequency (Mhz)" は100になっていたような気もします(100×15でいいのかな?) あと、DDRの周波数とFSBの関係というのはあるのでしょうか? FSBが400MHzなら、DDRの方は~Hzだよ。みたいのあのです。 こんな奴が自作しててすんません(^^; 以上です、よろしくお願いします。。 出来れば余談的な少し突っ込んだ(専門的な)補足も頂けると嬉しいです。

  • 自作PCでベアボーンキットの解説書にCPUのFSBがメモリ(DDR400)に対応していないんですが

    昨日、ベアボーンキットを買ってきました。店員さんのお奨めでメモリなども買いました。 CPUはCeleronDです。外部クロック(FSB)は533MHzです。で、店員さんのお奨めでDDR400MHzのメモリを買ったんですが。。 ベアボーンキットの解説書に「FSB533MHzのCPUの場合、メモリ周波数は333MHzか266MHzをサポートする」と書いてあります。 やはり、交換してもらったほうがいいのでしょうか?自分としては、しっかりとした部品で作りたいです。 知識のある方よろしくお願いします。

  • CPU FSBとメモリ周波数について

    CPU FSBとメモリ周波数について、皆さまにお尋ねいたします。 自作PCの主要構成です。 OS:Windows XP SP2 Home Edition 搭載電源 :ATX 400W 、 Peter Power PP-400RC マザーボード:ECS製 ATX Photon PF2 Rev 1.1 i865G ICH 5 CPU :Intel Pentium4 2.6C GHz/512/800/ H T メモリー :DDR333 PC2700 512MB X 2枚 NB Dual動作 使用しているマザーボードのユーザーマニュアルでメモリの項目を読んでいましたら、 特記事項に次の様な記述がありました。 Due to chipset limitation, Using 800MHz CPU FSB can run at 320MHz only 自分なりに解読すると、 FSBが800MHzのCPUを使用している環境にDDR333のメモリを装着すると320MHZで動作する・・・ と言う様な内容だと思うのですが、当方の動作環境がここで言っている状態に該当しています。 メモリの搭載容量的には余り不満がないのですが、動作が100%発揮されていない様なので、 CPUのFSBに合わせてDDR400 PC3200の 512MB X 2枚をDual動作させる様に換装したいと 考えています。 換装後は、多少、動作速度が上がりますでしょうか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • cooci
  • ベストアンサー率29% (1394/4779)

完全に勘違いしていますね。 CPUのクロックはFSBに影響されます。 動作クロックはFSB×倍率です。 メモリのクロックも動機設定の場合はFSBに影響されます。 つまり、メモリの動作クロックがCPUの動作クロックに影響するわけではないのです。 AMDのAthlonXP/Athlon/Sempron(SocketA)/DuronのFSBはクロックあたりの動作が2回(DDR)で400/333/266/200相当になっているだけで実際のFSBは200/166/133/100です。 同様に、IntelのPentium4系のFSBはクロックあたりの動作が4回(QDR)で1066/800/533/400相当になっているだけで実際のFSBは266/200/133/100です。 Socket939のAthlon64はFSB1000相当、Socket754のAthlon64/SempronはFSB800相当とそれぞれ便宜的にいわれることがありますがFSBという概念はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

DDR333の実際の動作周波数は半分の166MHZのはずですよ。 DDRはDouble Data Rate の略です。 内部クロック信号の立ち上がり時にデータの読み書きを行うのが普通だったのですが、DDRでは立ち上がり立下りでデータの読み書きが可能です。 このことで同一クロックで倍の転送レートを実現しています。 Sempron2800のFSBは166MHZですから12倍なら1992MHZ付近ですね。 >あとこの場合DDR333をDDR400に変えた場合は、CPUの動作周波数はDDR333×12で計算されるが、CPU以外のマザーボード周りが早くなるのでしょうか?(マザーボードはDDR400に対応しているとすると) CPUに与えるFSBを166MHZのままで、 メモリーだけFSB200MHZ(DDR400動作)をさせることは可能ですが、これは非同期動作といわれる状態でパフォーマンスがあがらない(効果が無い)ことが多いようです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

まずメモリから。 DDRxxxという性能の表記はDDR SDRAMという種類のメモリで使うのですが、DDR SDRAMがよく使われるようになる前にはSDR SDRAMという種類のメモリがよく使われていました。 SDR SDRAMではPCxxxという形で性能を表記します。例えばPC100とかPC133とかです。 SDR SDRAMにはクロックを供給するようになっていて(今時のパソコンでは、クロックはCPUばかりではなくメモリにも供給しないといけないのです)、そのクロックが100MHzのものをPC100、133MHzのものをPC133・・・というふうに表記したのです。 さて、SDR SDRAMの次にDDR SDRAMが登場したのですが、DDR SDRAMにもSDR SDRAMと同じようにクロックを供給する必要があります。しかしDDR SDRAMには、同じクロックでもSDR SDRAMの(最大)2倍のデータを読み書きできるという性質があったため、SDR SDRAMのように「クロック周波数を表記する」のをやめて、かわりに「クロック周波数の2倍を表記する」ことにしてしまいました。つまり、クロックが100MHzだとDDR200、クロックが133MHzだとDDR266、そしてクロックが166MHzだとDDR333という具合です。(166×2は332で合いませんね。これは実は166.66…MHzだからで、×2すると333.33…になるので333と表記します。) なぜこんなことになったかというと、PC133よりもたくさんデータを読み書きできて性能が高いはずのメモリを、例えばクロック周波数をそのまま書いてDDR100と性能表記してしまったらなんだかPC133より性能が悪いように見えてしまう・・・じゃあ2倍してDDR200と書こう!という理由からなんです(ウソのような本当の話です)。 メモリの話はここまで。次はCPUの周波数です。 回答No.1の回答者さんが書いているとおり、メモリに供給するクロックとCPUに供給するクロックの周波数は必ずしも一致しません。一致しているPCもあれば一致していないPCもあり、一概に「このPCは一致している/一致していない」と区別することはできません。 仮に質問者さんのPCはメモリに供給するクロックとCPUに供給するクロックの周波数が一致しているものと仮定しましょう。そうすると、DDR333で動作しているメモリに供給されるクロック周波数は166.66…MHzですから、CPUに供給されているクロック周波数も166.66…MHzということになります。 CPUクロックの内部倍率が12倍であれば、これを12倍して2,000MHz、つまり2.0GHzとなります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

自身はありませんが、簡単にご回答を。 メモリDDR333(ちなみにPC2700ですww)というのは、メモリの周波数は333MHzで合ってます。その転送速度、つまり性能は2.7GB/sになってます。 しかし、CPUの性能というのは、メモリの周波数ではなく、 ベースクロック×倍率で決まるのです。Sempron2800+でしたらSocketA(×12)のものでしたら166、Socket754(×9)のものでしたら200に設定されていますので、 166×12。もしくは200×9がそのCPUのクロック周波数になります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ほんとだw2800になってるまちがえました。 回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • CPUのFSBとメモリのクロック(PC100でいう100Mhz)は同一?

    先日ふと思ったのですが、タイトルのようなニュアンスでいいのでしょうか? 以下は某サイト「FSB」の説明を抜粋  パソコン内部で、RAMや拡張スロットなどとCPUを接続するデータ伝走路。また、その動作周波数。(マザーボードの)ベースクロックと同義。 ↑とあります。 例えばの話ですが、仮に以下のようなマシンがあったとします。 CPU クロックが500Mhz FSBが100Mhz RAM(メモリ) PC100 256MB このメモリの場合、PC100はDDR100を意味していると思いますがCPUの互換FSBも意味しているのでしょうか? 要するに、FSBが400のCPUのマシンの場合、 メモリのクロックもDDR400というモジュールになるということでしょうか? なにぶん素人ですので解りにくい説明かとも思いますので、不明な点がありましたら罵倒せず再確認していただけると幸いです。^^*

  • メモリ増設に関して

    友人のPCですが、メモリを増設する事になりました。 初歩的な質問かとは思いますが、よろしくお願いいたします。 富士通のFMVCE21Cで、CPUはAMD Athlon XP 2100+ 、256MB DDR SDRAM-DIMM PC2100対応(空1)、FSB 266MHzです。 BUFFALOのサイトにて対応メモリを確認したところ、DDR266か上位互換のDDR333、DDR400になりますね。 この場合、既設のメモリがPC2100対応ですので、DDR333あるいはDDR400を増設したとしてもPC2100動作になるのですね? では2枚ともDDR333あるいはDDR400を使用した場合はどうなるのでしょうか? FSBが266MHzなので、やはりPC2100動作になるのでしょうか。 CPUがAthlon XP 「2100」だからPC2100動作になるのでしょうか。 (CPUとFSBの性能の関連がいまいち、よく分かっていません)

  • メモリの周波数とFSBの関係について

    メモリの周波数とFSBはどのように関係しているのでしょうか? メモリがもし仮にDDR400(=DDR-SDRAM、1秒間に4億回の命令を実行できるといういみですよね?)でデュアルチャネルだったらFSBは800より上の値ではメモリの性能を最大に発揮できないという意味では、意味ががないということですか? あと教えてgooでこのDDRの400とは >DDR400の「400」は「1秒あたり、ピン1本あたりの転送ビット数(Mビット単位)」を表しています。 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1690185 とお聞きしたんですが、転送ビット数と周波数はまったく同じ意味と考えていいわけですよね?周波数は1秒間にそれだけの命令を実行できるという意味なんですから。

  • ASUSTek P4PEでベストなCPU、メモリアップグレードについて

    メモリを2GBに増設しようと思ってます。 どうせならDDR400でと思っており、そうするとFSB800の北森CPUが使えるのでCPUも交換しようと思ってます。 ■現在以下の構成 M/B:P4PE全部入り CPU:2.4BGhz メモリ:DDR333 512MBx2 P4PEのパフォーマンスを最大限に引き出す為にCPUとメモリを載せ替えようと思ってますが、CPUとメモリの構成は何を選択するのがベストでしょうか? クーラーは2.4Bのリテールを使い回そうと思ってます。 可能かどうか不明ですが、以下の案を検討してます。 1.3.4Ghz、DDR400 1GBx2…温度がやばい?そもそも載せれない? 2.3.06Ghz、DDR333 1GBx2…安定? 3.3.0CGhz、DDR400 1GBx2…載せれない? 4.2.8CGhz、DDR400 1GBx2…この辺りが無難? 3番の3.0CGhzのCPUはM0ステッピング、SL7BK、Gallatinという物ですが、これはよくわからないです。載せる事は出来るのでしょうか? みなさんの知恵をお借りしたいです

  • CPUのFSBとメモリーの周波数について

    CPUのFSBとメモリーの周波数について質問です。 このたび、PCを組み立てようとおもっていて、 疑問点が生じたので質問です たとえば、 CPUのFSBが533MHzとDD2SDRAM(800)をつなげた場合、 DD2SDRAMの周波数800は、 その性能をはっきできるのでしょうか? FSBが533MhzなのでRAMの周波数800が いかされないのでは?という疑問があります。 とんちんかんな質問なのかもしれませんが よろしくお願いします。

  • FSB ベースクロック ?

    自作パソコンを作ろうと色々勉強している者です。 以下、全くもって頓珍漢な事を書いているかもしれませんがご勘弁ください。 CPUとチップセット間がフロントサイドバス(FSB)、メモリーとチップセット間がメモリーバスで、このそれぞれに周波数があって、最近はそれぞれ違う周波数をとれたりするわけですよね。 それで、例えばCore2Duo(FSB1066MHz)を使おうとした場合、もちろんマザーボードはFSB1066MHzに対応したものを使用するのでフロントサイドバスの周波数は1066MHzになり、これにCPUの内部倍率をかけたものがCPUの駆動周波数になる(2.13GHzなら1066×2)。 そして、この1066MHzを最大限に生かすためにメモリーにも1066MHzでデータを転送して欲しいが、そんなメモリはないので例えばDDR2-533のメモリをデュアルチャンネルで使用する事により、1066MHzのデータ転送速度を実現する。この場合、DDR2は一度に4回分のデータが転送できるので、実際のメモリの駆動周波数は553÷4=133MHzとなる。よってメモリーバスの周波数は133MHzとなる。 というのが、今の自分の最も理解しやすい流れなのです。が、本には 1.「2.13GHZは1066×2ではなくて正確には533×4である」 や 2.「メモリーバスの周波数×CPUの内部倍率=CPUの駆動周波数」(これはFSBとメモリーバスの周波数が同じであるタイプのマザーボードの場合という意味なのでしょうか) などと書いてあったりします。 さらに、Pentium4の説明なんかで「FSBはベースクロックの4倍である」という記述を見たかと思えば、「FSBとベースクロックは同義」なんていう記述を見かけたりもします。 とにかく、この辺りの関係が自分の中でさっぱり整理がつきません。質問の内容自体がごちゃごちゃしているので、解答しにくいとは思いますが、よろしくお願いします。長文失礼しました。

  • 今のCPUより上の物となると・・・?

    CPU交換に伴って、どれが今のよりも良いのか検討しているのですが どうも、何を基準に「性能がいい」と判断すれば良いか迷ってます。 現在CPUはintel Celeron 345ですが、単純にコレより良いものとなると どこを見て判断すれば良いですか? 動作周波数だけ大きければそれで良し!なんでしょうか? 「動作周波数だけ」を見るなら今のCPUは3.06GHzと数字的にはPEN4の プロセッサナンバー520の2.8GHzのものよりいいということになりますが・・・ 他のFSB、二次キャッシュ等の数字は今のCPUの方が低いのです。 というわけで、何を基準に今のCPUより上と位置づけるか判断しかねています。

  • MB/CPU/メモリの組み合わせ

    子供が使っているをAT互換機をベアボーンを使って組直すので手に入れやすい安価な物をさがしたところAOPENのA2661-Sというのが見つかりました スペックだと 800 / 533 / 400MHz FSB Intel Pentium 4, Celeron, Celeron-D Socket 478 Prescott 800 / 533MHz FSBプロセッササポート DDR400 [PC3200] まで DDR SDRAM対応(メモリ最大値2GB) となってるのですが子供用の機械で予算がないので これにCeleron D310をつけFSB533で動作させようと考えました ここでで気になったのがメモリがDDR400 PC3200までとなっているところです - MBのFSB設定 533 - CPU FSB533 - メモリ DDR400 という組み合わせになってしまうのですが問題ないでしょうか? DDR400メモリまでのMBでFSB800,533で動作させること自体が今一よくわからないんですが

  • CPU購入に関して困っています

    事情により新しいCPU購入を考えています PC情報 機種HITACHI Air M AR731B 【質問1】 旧CPUはPentium4 3E GHzです これだとソケット形状はSocket478に限られてしまうんでしょうか? 【質問2】 以下の二つのCPUを比較 ・Pentium D 930 3.00GHz 800MHz(FSB) 2MBx2(2次キャッシュ) ・Core 2 Duo E4700 2.60GHz 800MHz(FSB) 2MB(2次キャッシュ) 一般的にCore 2 Duoの方が性能がいいと思っていたんですが 少々調べてみると動作周波数も2次キャッシュも上記のPentium Dの方がいいようにみえるんですが こういう場合はどう比較して性能の優劣を見極めればいいんでしょう? 購入の際CPUの名で選ぶか、CPUデータを比較してみるべきか悩んでます; それと動作周波数やらFSBやら2次キャッシュやら分かれてますがどういうバランスで注目していけばいいんでしょうか? 動作周波数だけ高ければいいとも思っていませんが、どれを重視してみればいいかもわかりませんし、はたまた3つのバランスをとるのがいいのかな?とも思いますし そこのところもお願いします

  • CPUのメモリーの種類DDR4-2933の意味?

    メモリーについての初歩的質問です。 例えば i9-10900K の規格を見ると『メモリーの種類 DDR4-2933』 と記載されていますが、制作記事などでは DDR4-3200 を奨めている記事も沢山あります。 『規格の周波数より小さいのは良いが、早いのはダメ』と教えられているのですが、3200のメモリーでも構わないのですか? インテルのCPUの規格値の解釈について教えてください。 端的に言えば、i9-10900K にDDR4-3200 はオーバークロックしなくても使えるのですか?

専門家に質問してみよう