• ベストアンサー
  • 困ってます

読者が実は犯人だった。という小説を教えて下さい。

おそらく綾辻行人さんと島田荘司さんの対談集だったと思うのですが、読者が実は犯人だったという小説が2冊あるというの読んだ記憶があります。 しかし、お二方曰く、「どちらも計画倒れ」だったと。 残念ながら、その2冊の題名は書いていなかったように思います。 この衝撃の小説が実在するのであれば、是非とも読んでみたいのです。 どなたか、ご存知の方いらっしゃらないでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数946
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

こんにちは。 私はその対談集を拝見していないのですが、恐らく、辻真先さんの「仮題・中学殺人事件」ではないでしょうか? はっきりいいますと、私は「はあああ~~~?(怒」って感じでした。面白いとは思いません。 確かに計画倒れかも・・・。人それぞれの主観ですので、質問者さんはお気に入りになるかもしれません。 しかし、読者が犯人だったなんてのは良くあるはなしで、東野圭吾さんの「名探偵の掟」でも、とある一話がそんな感じのノリでした(これは面白かった)。 1冊しかご紹介できなくてすみません。 他にも思い出したらお知らせします。 ご参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

nyanko_2003さん、こんにちは。 教えてくださって本当に有難うございます。 実在してて、大変嬉しいです。 「仮題・中学殺人事件」、絶対読みます。 気になっていた本なので、私自身(怒」っとなっても後悔はしないと思いますので。 読者が犯人という設定、私にはどんな話なのか到底思い浮かびません・・・。よくある話と聞いて、びっくりしております。 また、「名探偵の掟」もチェックしておきます。 大変参考になりました。有難うございます。

関連するQ&A

  • 読者への挑戦がついているミステリー

    いわゆる読者への挑戦(探偵役が犯人を当てる前に物語を止め読者に犯人が当てられるか、と挑戦する)がついているミステリー小説を探しています。 私が知っている中では 島田荘司の御手洗シリーズ 有栖川有栖のアリスシリーズ二つ 法月綸太郎の綸太郎シリーズ 氷川秀の氷川シリーズ ぐらいです。 他に何かおすすめがありましたら教えてください。 よろしくお願いします。

  • 島田荘司 に詳しい方

    1 とあるサイトで、「島田荘司さんの有名な小説には、表紙に犯人がハッキリ書かれている」 ということを聞きました。 その小説のタイトルを教えてください。 2 その小説は、ハードカバーも文庫も同じ表紙なのでしょうか。 両方とも、表紙に犯人がハッキリ書かれているのでしょうか。

  • 島田荘司さんの小説について

    島田荘司さんの小説のどれかでダイオキシンに触れているものってありませんでしたっけ? 確か御手洗さんシリーズだったような・・・「ダイオキシンは青酸カリの○倍で・・・」みたいなことを言ってて。 どのタイトルの内容だったか思い出せなくて気持ち悪いです!!! 覚えている方、教えてください!!! 短編集だったかなあ・・・

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • chatea
  • ベストアンサー率69% (922/1323)

高原伸安さんの『予告された殺人の記録』(1991年出版) 篠田秀幸さんの『蝶たちの迷宮』(1999年出版) でしょう。島田荘司・綾辻行人という新本格推理を代表する2人なら、対談でも新本格(80年代後半~90年代)の作品を取り上げるはずです。辻真先さんのものは1972年ですから、すこし時代がさかのぼり過ぎます。 なお、どちらも作品としては微妙ではありますが、読者を犯人にした理由については、それなりに納得はいきます(ただ、犯人がわかっていて興奮するかは別ですが……)。 高原さんのものは講談社ノベルス、篠田さんのものはハルキ文庫からでています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

chateaさん、詳しく教えてくださって有難うございます。 私は、そんなに小説に詳しくないため、辻真先さんの著書が70年代のものとは知りませんでした。 その対談集では、島田さん綾辻さん両氏は広い年代の作品について話されていたと思いますが、なるほど、私の探していた作品については新本格時代だったかもしれません。記憶が曖昧ですみません。 『予告された殺人の記録』『蝶たちの迷宮』のふたつも読ませていただきます。 本当に、読者が犯人という作品って結構あるんですね・・・。 犯人はわかっていても、そのプロットの仕方に興味がありますので、すごく楽しみです。 明日早速、本屋巡りです。 出版社情報もくださり、有難うございます。

質問者からの補足

皆さん、有難うございました。 一先ず、教えてくださった作品を読ませていただきたいと思います。 ポイントですが、勝手ながら投稿してくださった順につけさせていただきました。 有難うございます。

  • 回答No.2
noname#26171
noname#26171

#1さんが紹介された「仮題・中学殺人事件」は、確かに読者が犯人という作りになっています。 冒頭で作者がそう宣言しているので、これはネタバレにならないでしょう。 その後の「高校殺人事件」や「宇宙戦艦富嶽殺人事件」などで、作者が犯人とか、読者が犯人で探偵で被害者である、などという作品もあります。 いずれもその条件を満たすためにかなりトリッキーな構成になっていますので、好き嫌いは分かれるかと思います。 現に#1さんはお気に召さなかったようですが、推理小説界では、けっこう話題になりました。 あと、都築道夫の作品にも、そんな話があったかも知れません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

gimatetuさん、有難うございます。 「高校殺人事件」「宇宙戦艦富嶽殺人事件」・・・どちらも気になる内容です。 作者・読者が犯人って、想像すら出来ません。 そう言えば、綾辻さんか島田さんが、作者が犯人の作品もあると仰ってたような記憶があります。 ということは、辻真先さんの作品で間違いなさそうな気がしてきました。 今から、想像すらつかないプロットの作品が本当に楽しみです。 早速探して読みます。 気になっていた作品の題名が分かってよかったです。 情報有難うございます。

関連するQ&A

  • エグイ小説

    エグイ女性が出ている小説は有りますか? 最近、島田荘司さんの「毒を売る女」山田悠介さんの「×ゲーム」を読んでかなり好みだったので、こういうエグイ女性キャラが出ている小説が在れば教えてください。 私はこれまで小説を読んでこなかったので、有名作家も知りません。マイナーでも何でも構いません。 上に挙げた2作品も全体のストーリーには不満は有りましたがキャラで読めました。なので、いわゆる「面白い」作品と言うより「エグイ女性が居る」作品が知りたいです。面白いに越したことは無いのですが、入り方としては好きな物からが良いと言われたので・・・お願いします。

  • 必読ミステリ

    最近、ミステリ小説を読むようになりました。 これは必読というミステリ小説を是非教えていただきたいと思います。 (ちなみに島田荘司さんの本はほとんど読みました。)

  • 建物の構造を利用したトリック

    建物の構造を利用したトリックが知りたいです。 島田荘司の「斜め屋敷の殺人」などがありますが、トリックはよく知らないので、そちらも教えていただけると有り難いです。 綾辻行人の館シリーズなどもそうなのでしょうか? 回答お願いします。

  • 推理小説のシリーズキャラクターもの

    こんにちは!よろしくお願いいたします! 今回は推理小説のシリーズキャラクターモノについてお伺いいたします。 私は推理小説が好きで特に「シリーズキャラクター」モノを好んでいるんですね。 感情移入とかしやすいので・・・。 で、皆さんのオススメのシリーズキャラクターものを教えていただきたいんです! 有名どころは 京極夏彦 京極堂シリーズ、森博嗣 犀川シリーズ、島田荘司 御手洗シリーズ、 有栖川有栖 火村、江神シリーズ、綾辻行人 島田シリーズ 東野圭吾 加賀シリーズ あたりでしょうか。この辺りは読んでいるのですが、他にオススメがあったら ぜひぜひ教えて下さい!魅力溢れるキャラクターをお待ちしてます(笑)。 よろしくお願いいたします。

  • 島田荘司を読んでみたいです

    こんにちは。 以前から島田荘司の小説を読んでみたいなと思っていたのですが、たくさん刊行されていることもありなかなか手が出ませんでした。 続き物の途中から読んでしまったら嫌だな、なんて思ったりもして……。 そこで、みなさんのお勧めのタイトルを教えていただけないでしょうか。 また、こうした順序で読んだ方がいい、なんて言うこともありましたらそれも加えていただけるとうれしいです。 よろしくお願いします。

  • お勧めのミステリ作家(国内)を教えて下さい

    今までは、島田荘司、有栖川有栖、綾辻行人、小野不由美、宮部みゆき、篠田真由美さん等を好んで読んでいました。 特に探偵モノが好きなのですが、おもしろい本に飢えているので、お勧めであればミステリ作家にこだわらず読んでみたいです。 個人的な意見で構いませんので、是非教えて下さい!

  • アガサ・クリスティを愛する者に質問です。

    私は本格ミステリ小説をこよなく愛する読者です。 日本では有栖川有栖「双頭の悪魔」、綾辻行人「迷路館の殺人」、島田荘司「斜め屋敷の犯罪」がお気に入りで、外国ではディクスン・カー(カーター・ディクスン)などを読んだことがあります。 これからアガサ・クリスティーを乱読しようと思うのですが 数が多すぎて絞りきれません。 一応、候補として「ABC殺人事件」「アクロイド殺し」「検察側の証人」「オリエント急行の殺人」「ナイルに死す」「白昼の悪魔」は必須かな?と思っています。 これらに勝るとも劣らない作品を紹介してください。 (だいたい上記合わせて15作品ぐらいを目標にしています) ちなみに「そして誰もいなくなった」は読みました。ただし、私はあの作品を本格ミステリとは思えませんでした。一流のサスペンス物としか思っていません。 とにかく本格ミステリ愛読者が好みそうな作品が読みたいです。 大変難しい質問かと思いますが、よろしくお願いします。

  • ミステリー小説

    最近読み終わった後に面白かったぁ!!と本気で思える小説にであっていません。 そこでみなさんにお勧めの小説を教えていただきたいのです。 自分が面白いと思える作品は 森博嗣さんのS&MシリーズやVシリーズ、綾辻行人さんの館シリーズ また岡嶋二人さんの99%の誘拐やクラインの壷、東野圭吾さんの作品、島田荘司さんの占星術殺人事件、倉知淳さんの星降り山荘の殺人などです。 逆になぜか宮部みゆきさんの作品はその魅力がわかりません。 こんな自分になにかお勧めあったら教えてください。

  • 金田一少年の事件簿のトリック

    一つ前のkoz01さんの「おもしろい推理小説を教えてください」に答えて思ったことなのですが、少年マガジンの「金田一少年の事件簿」で島田荘司さんの「占星術殺人事件」や「奇想、天を動かす」のトリックが使われていますが、これはどういったことなのでしょうか? 作者(もちろん小説)の許可は得られているのでしょうか? 連載当時(最近は読んでいませんが、)はそんなことはどこにも書かれていなかったような気がしますが・・・

  • 名コンビが探偵役の推理小説(できればシリーズもの)を教えてください

    こんばんは。 タイトル通り、名コンビが探偵役の推理小説を探しています。 (頭が切れる探偵と、ワトソン的な助手といった組み合わせ) 面白ければ続けて読みたいので、できればシリーズものがいいのですが、そうでなくてもかまいません。 事件のタイプは問いません。 (大掛かりなトリックものでも、日常の些細な謎を解くようなものでも) どちらかというと、謎を解くまでの間のコンビのやりとりが面白いものが好きです。 例えば、 有栖川有栖さんの火村英生とアリス 島田荘司さんの御手洗潔と石岡和己 作者失念・・・猫何とか先輩?とか ※他にもあったと思うのですが、思い出せません・・・。 好きな作家は 乃南アサさん 若竹七海さん 宮部みゆきさん(時代小説は読まないのですが) 綾辻行人さん、霧舎巧さん、赤川次郎さんなんかも以前読んでいました。 ちなみに、京極夏彦さんのシリーズはちょっと・・・です。 (読むと面白いのですが、本が厚すぎてなかなか読む気になれず・・・) あと篠田真由美さんの建築探偵系もちょっと苦手です・・・。 (探偵が美形だという描写が多すぎた印象が・・・。) よろしくお願いします。

専門家に質問してみよう