• ベストアンサー
  • 困ってます

Diskをマウントできません。

Solaris初心者なのですが、もしわかる方がいらっしゃったらご教示いただけますでしょうか。 下記のような設定で、Diskのマウントを考えてますが、うまくいきません。 <Disk情報> c0t0d0:Solaris8インストール済みディスク c0t1d0:空ディスク(スライス0をマウントしたい)     フォーマット済み     newfs済み     パーティション作成済み(format -> 1 -> partition -> modify) <パーティション情報> Part Tag Flag Cylinders Size Blocks 0 root wm 0 - 6533 9.00GB (6534/0/0) 18876726 1 swap wu 6534 - 7985 2.00GB (1452/0/0) 4194828 2 backup wm 0 - 24619 33.92GB (24620/0/0) 71127180 3 unassigned wm 0 0 (0/0/0) 0 4 unassigned wm 0 0 (0/0/0) 0 5 unassigned wm 7986 - 15971 11.00GB (7986/0/0) 23071554 6 unassigned wm 0 0 (0/0/0) 0 7 unassigned wm 15972 - 24619 11.91GB (8648/0/0) 24984072 <マウントコマンド> #mount /dev/dsk/c0t1d0s0 /mnt mount: /dev/dsk/c0t1d0s0 is not this fstype.という応答があります。 以上、宜しくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数801
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6
  • Lean
  • ベストアンサー率72% (435/603)

そもそもfsckで >BAD SUPER BLOCK: MAGIC NUMBER WRONG が出力されるという事は、「ファイルシステムの管理領域の管理情報があるスーパーブロックが破損している」という事なんです。 なので、代替スーパブロック(-o b=nのnで指定しているブロック)を使用してファイルシステムの修復を行おうとしたのですが、全てファイルシステムの修復に失敗しているようですね。 fsckで修復できないのでは、どうしようもないです。 ちなみに「Solarisのシステム管理(第2巻) 43. ファイルシステムで発生する問題の解決 fsck エラーメッセージ」にこのメッセージが載っていますが、解決方法は「ご購入先に問い合わせる」と「代替スーパーブロックを使用して fsck を再実行してみる」になっています。 Solarisのシステム管理(第1巻)には「fsck で修復できない UFS ファイルシステムを修正する方法」という項目がありますが、使用するコマンドついて詳しくなく、一歩間違えるとファイルシステムを破壊する可能性があるので済みませんがアドバイスする事は出来ません。 でも、何故スーパーブロックが破損しているのか不思議ですね。

参考URL:
http://docs.sun.com/app/docs/doc/806-2718/6jbtrjv4i?l=ja&a=view

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

何度もご対応いただきありがとうございます。 このディスクではダメなようなので、他のディスクで試してみたいと思います。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • CDROMのマウントについて

    初めて投稿させて頂きます。初心者です。 Ultra機にSolaris10SPARC版のコアシステムサポートを(分けありで)インストールしたのですが、squidを入れようと思ってCDROMにsquid-2.6.STABLE2.tarを入れて、マシンにCDROMを入れたのですがマウントしません。 下記が起動時のファイルシステムです。 /dev/rdsk/c0t0d0s1: is logging. /dev/rdsk/c0t0d0s4: is logging. /dev/rdsk/c0t0d0s5: is logging. 下記が現在の/etc/vfstabの中です。 #device device mount FS fsck mount mount #to mount to fsck point type pass at boot options # fd - /dev/fd fd - no - /proc - /proc proc - no - /dev/dsk/c0t0d0s0 /dev/rdsk/c0t0d0s0 / ufs 1 no - /dev/dsk/c0t0d0s3 /dev/rdsk/c0t0d0s3 /usr ufs 1 no - /dev/dsk/c0t0d0s2 /dev/rdsk/c0t0d0s2 /var ufs 1 no - /dev/dsk/c0t0d0s5 /dev/rdsk/c0t0d0s5 /data ufs 2 yes - /dev/dsk/c0t0d0s4 /dev/rdsk/c0t0d0s4 /opt ufs 2 yes - /dev/dsk/c0t0d0s1 /dev/rdsk/c0t0d0s1 /swap ufs 2 yes - /devices - /devices devfs - no - ctfs - /system/contract ctfs - no - objfs - /system/object objfs - no - swap - /tmp tmpfs - yes - インストール時のファイルシステムの指定に問題があるのでしょうか? どなたか解決策をご教示下さい。 宜しくお願い致します。

  • DISK2台使用してsolaris10にてミラーリング設定

    ・OS:Solaris10(SPARC版):初心者です。 ・HDD2台使用しています。 1台目は通常OSインストールし、2台目にてミラーリング設定。 教えて頂きたい事はミラーリング設定のやり方をご教授頂けたら幸いです。 自分なりに最初は色々とインターネットで調べてやってみましたが metadb: Jigen1108: c0t0d0s7: スワップデバイスである c0t0d0s1 とオーバーラップしますのメッセージが出てうまくいきませんでした。 (コマンド:metadb -a -f -c2 c0t0d0s7 c0t1d0s7) ・1台目 0 root wm 12549 - 24595 23.44GB 1 swap wu 0 - 501 1000.08MB 2 backup wm 0 - 38306 74.53GB 3 usr wm 24596 - 38306 26.67GB 4 var wm 854 - 6023 10.06GB 5 home wm 6024 - 12548 12.69GB 6 unassigned wm 0 0 7 unassigned wu 100 - 199 199.22MB ・2台目 Part Tag Flag Cylinders Size 0 unassigned wm 12549 - 24595 23.44GB 1 unassigned wu 0 - 501 1000.08MB 2 backup wu 0 - 38306 74.53GB 3 unassigned wm 24596 - 38306 26.67GB 4 unassigned wm 854 - 6023 10.06GB 5 unassigned wm 6024 - 12548 12.69GB 6 unassigned wm 0 0 7 unassigned wu 100 - 199 199.22MB ・vfstab /dev/dsk/c0t0d0s1 - - swap - no - /dev/dsk/c0t0d0s0 /dev/rdsk/c0t0d0s0 / ufs 1 no - /dev/dsk/c0t0d0s3 /dev/rdsk/c0t0d0s3 /usr ufs 1 no - /dev/dsk/c0t0d0s4 /dev/rdsk/c0t0d0s4 /var ufs 1 no - /dev/dsk/c0t0d0s5 /dev/rdsk/c0t0d0s5 /export/home ufs 2 yes 他に足りない情報があれば記載いたしますので ミラーリングについてご教授お願いします。

  • (Solaris10)マウントポイントの変更方法

    Solaris10(SPARC版)で、マウントポイント名(/disk01 ⇒ /DISK)を変更したく、 下記の操作手順で試みたところ「マウントポイント /DISK が存在しません。」 とエラーが出て失敗してしまいました。 申し訳ありませんが正しいマウントポイント名の変更のしかたを御教示ください。 よろしくお願いします。 《操作手順》 #umount /disk01 #vi /etc/vfstab (下記の様に内容変更) #mount /DISK mount: マウントポイント /DISK が存在しません。 《変更前》 /dev/dsk/c1t2d0s1 /dev/rdsk/c1t2d0s1 /disk01 ufs 2 yes - 《変更後》 /dev/dsk/c1t2d0s1 /dev/rdsk/c1t2d0s1 /DISK ufs 2 yes -

その他の回答 (5)

  • 回答No.5
  • Lean
  • ベストアンサー率72% (435/603)

#newfs -Nv /dev/rdsk/c0t1d0s0 で出力された数値に対し根気良く順番に指定してfsckを実行していくしかないないです。 出力された数値全てに対してfsckを実行してエラーメッセージが出力されるようならば最後はnewfsを実行してのファイルシステムの再作成になるとは思います。 ところで、システムクラッシュとかファイルシステムがダメージを受けるような事がありましたか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

#newfs -Nv /dev/rdsk/c0t1d0s0 で出力されたすべての数値に対してfsckを行いましたが、同様のメッセージのみしか表示されませんでした。 以前まで利用していたディスクなので、システムクラッシュやファイルシステムがダメージを受けたということは無いと思います。 何度も申し訳ありませんが、何か解決方法がありましたら宜しくお願いいたします。

  • 回答No.4
  • Lean
  • ベストアンサー率72% (435/603)

訂正です。 コマンド名間違ってました。 ># newsfs -Nv /dev/rdsk/c0t1d0s0 ではなくて # newfs -Nv /dev/rdsk/c0t1d0s0 です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

newfsで表示された番号を入力し、fsckしてみましたが、同じメッセージとなってしまいます。 #newfs -Nv /dev/rdsk/c0t1d0s0 mkfs -F ufs -o N /dev/rdsk/c0t1d0s0 18876726 107 27 8192 1024 256 1 167 8192 t 0 -1 8 128 /dev/rdsk/c0t1d0s0: 18876726 sectors in 6534 cylinders of 27 tracks, 107 sec tors 9217.2MB in 205 cyl groups (32 c/g, 45.14MB/g, 5632 i/g) super-block backups (for fsck -F ufs -o b=#) at: 32, 92592, 185152, 277712, 370272, 462832, 555392, 647952, 740512, 833072, 925632, 1018192, 1110752, 1203312, 1295872, 1388432, 1480992, 1573552, 1666112, 1758672, 1851232, 1943792, 2036352, 2128912, 2221472, 2314032, 2406592, 2499152, 2591712, 2684272, 2776832, 2869392, 2958368, 3050928, 3143488, 3236048, 3328608, 3421168, 3513728, 3606288, 3698848, 3791408, 3883968, 3976528, 4069088, 4161648, 4254208, 4346768, 4439328, 4531888, 4624448, 4717008, 4809568, 4902128, 4994688, 5087248, 5179808, 5272368, 5364928, 5457488, 5550048, 5642608, 5735168, 5827728, 5916704, 6009264, 6101824, 6194384, 6286944, 6379504, 6472064, 6564624, 6657184, 6749744, 6842304, 6934864, 7027424, 7119984, 7212544, 7305104, 7397664, 7490224, 7582784, 7675344, 7767904, 7860464, 7953024, 8045584, 8138144, 8230704, 8323264, 8415824, 8508384, 8600944, 8693504, 8786064, 8875040, 8967600, 9060160, 9152720, 9245280, 9337840, 9430400, 9522960, 9615520, 9708080, 9800640, 9893200, 9985760, 10078320, 10170880, 10263440, 10356000, 10448560, 10541120, 10633680, 10726240, 10818800, 10911360, 11003920, 11096480, 11189040, 11281600, 11374160, 11466720, 11559280, 11651840, 11744400, 11833376, 11925936, 12018496, 12111056, 12203616, 12296176, 12388736, 12481296, 12573856, 12666416, 12758976, 12851536, 12944096, 13036656, 13129216, 13221776, 13314336, 13406896, 13499456, 13592016, 13684576, 13777136, 13869696, 13962256, 14054816, 14147376, 14239936, 14332496, 14425056, 14517616, 14610176, 14702736, 14791712, 14884272, 14976832, 15069392, 15161952, 15254512, 15347072, 15439632, 15532192, 15624752, 15717312, 15809872, 15902432, 15994992, 16087552, 16180112, 16272672, 16365232, 16457792, 16550352, 16642912, 16735472, 16828032, 16920592, 17013152, 17105712, 17198272, 17290832, 17383392, 17475952, 17568512, 17661072, 17750048, 17842608, 17935168, 18027728, 18120288, 18212848, 18305408, 18397968, 18490528, 18583088, 18675648, 18768208, 18860768, #fsck -F ufs -o b=32 /dev/rdsk/c0t1d0s0 Alternate super block location: 32. ** /dev/rdsk/c0t1d0s0 BAD SUPER BLOCK: MAGIC NUMBER WRONG USE AN ALTERNATE SUPER-BLOCK TO SUPPLY NEEDED INFORMATION; eg. fsck [-F ufs] -o b=# [special ...] where # is the alternate super block. SEE fsck_ufs(1M). #fsck -F ufs -o b=92592 /dev/rdsk/c0t1d0s0 Alternate super block location: 92592. ** /dev/rdsk/c0t1d0s0 BAD SUPER BLOCK: MAGIC NUMBER WRONG USE AN ALTERNATE SUPER-BLOCK TO SUPPLY NEEDED INFORMATION; eg. fsck [-F ufs] -o b=# [special ...] where # is the alternate super block. SEE fsck_ufs(1M). 恐れ入りますが、再度アドバイスをいただけますでしょうか。

  • 回答No.3
  • Lean
  • ベストアンサー率72% (435/603)

ちなみにこのファイルシステムですが、再度newfsを実行してファイルシステムの再作成を行っても可能な所でしょうか? newfsを行うという事は現在そのファイルシステム上に存在するファイルは無くなる事になります。 可能な所でしたら再度newfsを実行してみてからマウントを試みてください。 ファイルを無くしたくない等でnewfsでのファイルシステムの再作成が不可能な場合、No.1の回答への補足でお書きになったman fsck_ufsの抜粋 >b=n Use block n as the super block for the >file system. Block 32 is always one >of the alternate super blocks. Deter- >mine the location of other super >blocks by running newfs(1M) with the >-Nv options specified. にあるように # newsfs -Nv /dev/rdsk/c0t1d0s0 を実行して出力される数値に対し同じようにfsckを実行してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • Lean
  • ベストアンサー率72% (435/603)

ちなみに # fsck -F ufs -n /dev/rdsk/c0t1d0s0 を実行したら、何かエラーメッセージらしきものは出力されますか、それとも出力されないですか? ※上記コマンドを実行してファイルシステムが壊れるとかいう事はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご指示の通り、コマンドを試してみました。 # fsck -F ufs -n /dev/rdsk/c0t1d0s0 ** /dev/rdsk/c0t1d0s0 (NO WRITE) BAD SUPER BLOCK: MAGIC NUMBER WRONG USE AN ALTERNATE SUPER-BLOCK TO SUPPLY NEEDED INFORMATION; eg. fsck [-F ufs] -o b=# [special ...] where # is the alternate super block. SEE fsck_ufs(1M). となりましたので、man fsck_ufsでb=#の値を調べたところ、 #man fsck_ufs --中略-- b=n Use block n as the super block for the file system. Block 32 is always one of the alternate super blocks. Deter- mine the location of other super blocks by running newfs(1M) with the -Nv options specified. Block 32 is always one of the alternate super blocksとなっておりました。 そこで、b=32を指定し、以下のコマンドを試してみましたが、 同様のメッセージが表示されました。 #fsck -F ufs -o b=32 /dev/rdsk/c0t1d0s0 Alternate super block location: 32. ** /dev/rdsk/c0t1d0s0 BAD SUPER BLOCK: MAGIC NUMBER WRONG USE AN ALTERNATE SUPER-BLOCK TO SUPPLY NEEDED INFORMATION; eg. fsck [-F ufs] -o b=# [special ...] where # is the alternate super block. SEE fsck_ufs(1M). お手数ですが、アドバイスをいただけますでしょうか。

  • 回答No.1
  • osamuy
  • ベストアンサー率42% (1231/2878)

起動時引数-Fでファイルシステム・タイプを明示的に指定して、mountしてみては。 詳しくは、mountのマニュアルをご覧下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

-Fオプションでufsを指定してみましたが、同様のメッセージが表示されてしまいました。 #mount -F ufs /dev/dsk/c0t1d0s0 /ufsrestore mount: /dev/dsk/c0t1d0s0 is not this fstype.

関連するQ&A

  • HP-UXにおけるDVDのmountについて

    OS:HP-UX 11i v3 Oracle11g for HP-UX Itaniumをインストールしようとしています。 WebよりダウンロードしたzipファイルをDVDに焼き、 そのDVDをHP-UXでmountしようとしているのですが、うまくできません。 以下、下記マニュアルより抜粋。 「Oracle Databaseクイック・インストレーション・ガイド 11gリリース1(11.1) for HP-UX Itanium」 http://otndnld.oracle.co.jp/document/products/oracle11g/111/hpux/E05990-01/toc.htm +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 9 製品ディスクのマウント 3. 適切なディスクをディスク・ドライブに挿入し、次のようなコマンドを入力してマウントします。 # /usr/sbin/mount -F cdfs -o rr /dev/dsk/cxtydz /SD_DVD +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 以下、実行コマンド。 *************************************** # ioscan -fnC disk Class I H/W Path Driver S/W State H/W Type Description =============================================================================== disk 2 0/1/1/0.0.0.0.0 sdisk CLAIMED DEVICE HP IR Volume /dev/dsk/c0t0d0 /dev/dsk/c0t0d0s2 /dev/rdsk/c0t0d0 /dev/rdsk/c0t0d0s2 /dev/dsk/c0t0d0s1 /dev/dsk/c0t0d0s3 /dev/rdsk/c0t0d0s1 /dev/rdsk/c0t0d0s3 # mkdir /SD_CDROM # /usr/sbin/mount -F cdfs -o rr /dev/dsk/c0t0d0 /SD_CDROM /dev/dsk/c0t0d0: unrecognized file system *************************************** お気づきの点がありましたらどうぞ宜しくお願い致します。

  • Solaris(SPARC)のファイルシステムについて

    dfコマンドでディスクスライスを参照した場合、 ファイルシステムで"c0t0d0s0"って表示されますが、 『c,t,d,s』って、それぞれどんな意味なんですか? "s"はスライスのような気はするのですが…。 #df -k ファイルシステム kbytes 使用済み 使用可能 capacity マウント先 /proc 0 0 0 0% /proc /dev/dsk/c0t0d0s0 1015909 491317 463638 52% / /dev/dsk/c0t0d0s1 1015909 798691 156264 84% /usr fd 0 0 0 0% /dev/fd /dev/dsk/c0t0d0s3 1015909 529819 425136 56% /var /dev/dsk/c0t0d0s4 1015909 904926 50029 95% /opt swap 5037840 1998296 3039544 40% /tmp

  • 【VM】Solaris10x86のDISK追加

    VMwaer Player上でのSolaris10 x86のDISK追加について、教えてください。 VMwareにてDISKを追加し、仮想ディスクファイル、および.vmxファイルに設定が反映されていることを確認しました。 # touch /reconfigure 実行後にformatで確認したところ、確かにDISKは認識しており、パーティション設定等も行えたのですが・・・ # format AVAILABLE DISK SELECTIONS: 0. c0d0 <DEFAULT cyl 2607 alt 2 hd 255 sec 63> /pci@0,0/pci-ide@7,1/ide@0/cmdk@0,0 1. c2t0d0 <DEFAULT cyl 2086 alt 2 hd 255 sec 63> /pci@0,0/pci15ad,1976@10/sd@0,0 Specify disk (enter its number): 1 selecting c2t0d0 [disk formatted] format> p (以下少々省略) partition> p Current partition table (original): Total disk cylinders available: 2086 + 2 (reserved cylinders) Part Tag Flag Cylinders Size Blocks 0 unassigned wm 3 - 2085 15.96GB (2083/0/0) 33463395 1 unassigned wm 0 0 (0/0/0) 0 2 backup wu 0 - 2085 15.98GB (2086/0/0) 33511590 3 unassigned wm 0 0 (0/0/0) 0 4 unassigned wm 0 0 (0/0/0) 0 5 unassigned wm 0 0 (0/0/0) 0 6 unassigned wm 0 0 (0/0/0) 0 7 unassigned wm 0 0 (0/0/0) 0 8 boot wu 0 - 0 7.84MB (1/0/0) 16065 9 unassigned wm 0 0 (0/0/0) 0 しかし、nwefsを実行しようとすると、ディスクが無いよと言われます。 # newfs /dev/rdisk/c2t0d0 newfs: /dev/rdisk/c2t0d0: ファイルもディレクトリもありません。 調べようとoracleのマニュアルを探したのですが、マニュアルに沿ってもその通りに行かないこともあり・・・ 普段開発メインで構築等を行わないため、勉強の為に行っている次第です。 どなたかご教示の程、よろしくお願いします。

  • dfコマンドの出力結果について

    お世話になります。 仕事でsolarisサーバを扱うことになったのですが、 まったく知識がなく聞ける相手もいないため、質問させていただきます。 dfコマンドのヘルプを見ると、以下のような例が出ていました。     /         (/dev/dsk/c0t0d0s0 ): 287530 blocks  92028 files     /system/contract  (ctfs       ):    0 blocks 2147483572 files     /system/object   (objfs       ):    0 blocks 2147483511 files     /usr        (/dev/dsk/c0t0d0s6 ): 1020214 blocks  268550 files     /proc       (/proc       ):    0 blocks   878 files     /dev/fd      (fd        ):    0 blocks    0 files     /etc/mnttab    (mnttab      ):    0 blocks    0 files     /var/run      (swap       ): 396016 blocks   9375 files     /tmp        (swap       ): 396016 blocks   9375 files     /opt        (/dev/dsk/c0t0d0s5 ): 381552 blocks  96649 files     /export/home    (/dev/dsk/c0t0d0s7 ): 434364 blocks  108220 files この情報の見方について教えていただきたいのですが、、、 ・「 /         (/dev/dsk/c0t0d0s0 )」は、  ディスク:c0t0d0 のスライス:s0が、/にマウントされている。 ・「/usr        (/dev/dsk/c0t0d0s6 )」は、  ディスク:c0t0d0 のスライス:s6が、/usrにマウントされている。 ・c0t0d0s0とc0t0d0s6は、同じディスクに存在する別のスライス。 という認識でよいでしょうか? ・「/system/contract  (ctfs       )」は、  /system/contractにマウントされているctfsというのは何でしょうか?  マニュアルには「デバイスまたはファイルシステム」と書かれていますが、  ファイルシステムとするとctfsはどこのディスクに存在するのでしょうか。  ・dfで表示されないスライスの情報はどうやって調べるのでしょうか?  format→partition→printではたくさんのスライスが表示されますが、  dfコマンドの出力結果にはすべてが出てきません。  スライスがどのように使用されているかを調べる方法はありますでしょうか? 知識がないためわけのわからないことを聞いているのかもしれませんが、 なにかヒントでもいただけると幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • デバイスファイルの考え方

    UNIX系OSに初めて仕事に入ったのですが 上題の考えがうまく理解できません。 その1: 例えば、/dev/dsk/c0t0d0s0 と /dev/rdsk/c0t3d0s5 と2件表記 された場合はディスクが2本ある・・という解釈になるのでしょうか?。 あと「/var」などに領域を割り当てする場合、「/dev/dsk/c0t0d0s0」など 物理的なパスを指定するのでしょうか?。 その2: 「スライシング(スライス・ナンバー)」とはどういった意味なの でしょうか?。「パーティション」との違いが良くわかりません。。 すみませんが一部でも結構ですので ご教授願います。

  • コンパクトフラッシュのマウント

    コンパクトフラッシュのバックアップ作成したいです。 旧CFはCent OSに新CFはUSB+リーダーでVineにつないでます。 新CFをfdiskで旧CFと同じようパーティションに切りました、フォーマットもしました。 fdisk -l でそれぞれのパーティションは見えてます。 しかし、マウントポイントを作り、それぞれのマウントしようとしてもマウントできません。 /sbin/fdisk -l /dev/sdc1 とすると、 Disk /dev/sdc1: 7999 MB, 7999884288 bytes 247 heads, 62 sectors/track, 1020 cylinders Units = シリンダ数 of 15314 * 512 = 7840768 bytes デバイス Boot Start End Blocks Id System /dev/sdc1p1 1 13 99510 83 Linux /dev/sdc1p2 14 996 7526831 83 Linux と出ます。 mount /dev/sdc1p1 /hoge1 nfs としましたが、 Usage: mount -V : print version mount -h : print this help mount : list mounted filesystems mount -l : idem, including volume labels So far the informational part. Next the mounting. The command is `mount [-t fstype] something somewhere'. Details found in /etc/fstab may be omitted. mount -a [-t|-O] ... : mount all stuff from /etc/fstab mount device : mount device at the known place mount directory : mount known device here mount -t type dev dir : ordinary mount command Note that one does not really mount a device, one mounts a filesystem (of the given type) found on the device. One can also mount an already visible directory tree elsewhere: mount --bind olddir newdir or move a subtree: mount --move olddir newdir A device can be given by name, say /dev/hda1 or /dev/cdrom, or by label, using -L label or by uuid, using -U uuid . Other options: [-nfFrsvw] [-o options] [-p passwdfd]. For many more details, say man 8 mount . となり、うまくマウントできません。 /devを確認すると、sdc1はあるのですが、sdc1p1がありません。 どうしたら、それぞれのパーティションをマウントできるでしょうか。

  • solaris ディスク情報の見方について

    solarisのディスク情報の見方について、以前にも質問させて いただいたのですが、再度質問いたします。 ※以下の質問文では、コマンドの出力結果を一部省略しています。 df -k コマンドでマウント情報を出力すると、以下のように表示されました。 ファイルシステム kbytes 使用済み 使用可能 容量 マウント先 /dev/dsk/c3t2d0s0 xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx 12% / /dev/dsk/c3t2d0s1 xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx 30% /var /dev/dsk/c3t2d0s3 xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx 13% /opt /dev/dsk/c3t2d0s4 xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx 19% /export/home /dev/dsk/c3t2d0s5 xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx 1% /var/core /dev/dsk/c3t2d0s6 xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx 1% /work /dev/dsk/c3t5d0s0 xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx 1% /var/crash /dev/dsk/c3tEd0s0 xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx 9% /apl /dev/dsk/c3tEd0s1 xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx 1% /apl/db/chk /dev/dsk/c3tEd0s3 xxxxxxxx xxxxxxxx xxxxxxxx 1% /bk これは、ディスクが3本使用されていると思います。 しかし、formatコマンドでディスクの情報を見ると、 下記のようにディスクが10本存在しました。 AVAILABLE DISK SELECTIONS: 0. c3tDd0 <xxxxxxx-xxxxx-xxxx > 1. c3tEd0 <xxxxxxx-xxxxx-xxxx > 2. c3tFd0 <xxxxxxx-xxxxx-xxxx > 3. c3t2d0 <xxxxxxx-xxxxx-xxxx > 4. c3t3d0 <xxxxxxx-xxxxx-xxxx > 5. c3t5d0 <xxxxxxx-xxxxx-xxxx > 6. c3t0d0 <xxxxxxx-xxxxx-xxxx > 7. c3t1d0 <xxxxxxx-xxxxx-xxxx > 8. c3t2d0 <xxxxxxx-xxxxx-xxxx > 9. c3t3d0 <xxxxxxx-xxxxx-xxxx > dfでは3本しか表示されていないですが、7本は未使用でしょうか? c3t2d0の情報を format→partition→print で表示すると、 下記のように表示されました。 Part Tag Flag Cylinders Size Blocks 0 root wm xxxx - xxxx xxx.xxGB (xxxxx/0/0) xxxxxxxxxx 1 var wm xxxx - xxxx xxx.xxGB (xxxxx/0/0) xxxxxxxxxx 2 backup wm xxxx - xxxx xxx.xxGB (xxxxx/0/0) xxxxxxxxxx 3 unassigned wm xxxx - xxxx xxx.xxGB (xxxxx/0/0) xxxxxxxxxx 4 home wm xxxx - xxxx xxx.xxGB (xxxxx/0/0) xxxxxxxxxx 5 unassigned wm xxxx - xxxx xxx.xxGB (xxxxx/0/0) xxxxxxxxxx 6 unassigned wm xxxx - xxxx xxx.xxGB (xxxxx/0/0) xxxxxxxxxx 7 unassigned wm 0 0 (0/0/0) 0 dfの結果では、スライス0,1,3,4,5,6はマウントされていますが、 3,5,6がunassignedになっているのはなぜでしょうか? c3tDd0の情報を format→partition→print で見ると 以下のように表示されました。 0 unassigned wu xxxx - xxxx xxx.xxGB (xxxxx/0/0) xxxxxxxxxx 1 unassigned wu xxxx - xxxx xxx.xxGB (xxxxx/0/0) xxxxxxxxxx 2 backup wu 0 - xxxx xxx.xxGB (xxxxx/0/0) xxxxxxxxxx 3 unassigned wu xxxx - xxxx xxx.xxGB (xxxxx/0/0) xxxxxxxxxx 4 unassigned wm 0 0 (0/0/0) 0 5 unassigned wm 0 0 (0/0/0) 0 6 unassigned wm 0 0 (0/0/0) 0 7 unassigned wm 0 0 (0/0/0) 0 スライス2は、backupというタグがついていますが、 dfの結果ではマウントされていないので、使用されていないのでしょうか? また、その他のスライスはunassignedになっていますが、 これらも使用されていないのでしょうか? 長文になって申し訳ないですが、よろしくお願いいたします。

  • LinuxでHDがマウントできなくなったのですが...

    OS(RedHat6.1)が起動しなくなってしまった為、 データだけでも救えないかと、 Linuxをレスキューモードで起動し、 ハードディスク(SCSI)を手動でマウントしようとしたのですが、 どうしてもマウントできないパーティションがあります。 # 全7パーティションのうち、 # ひとつのパーティションだけがマウントできません...。 mountコマンドを実行しても特にエラー表示はありません。 > mount /dev/sda6 /home fdisk で確認すると、パーティションは確認できるので、 パーティションテーブルは壊れていないと思うのですが...。 考えられる原因、復旧方法など、 少しでも手がかりとなることがありましたら 教えて頂けませんでしょうか。

  • /home/export の容量が100%で、 ダウンする

    管理者が入院で不在となってしまい、代役をしていたのですが、Solaris(unix)は 特にメンテナンス不要と聞いて、実際、この半年、手をかけたことが無いのですが、 一昨日よりサーバーがダウン(ダンマリ停止)することが発生しています。 少ない知恵で調べたのですがどうやら「/expor/home」の空き不足のようです。 しかし不要なファイルを削除し、空きを確保しているのですが改善されません。 下記のような環境ですが、どんなことでも結構ですので知恵を貸して下さい。 OS:Solaris (Unix) 5.5.1 #root>df -k Filesystem kbytes used avail capacity Mounted on /dev/dsk/c0d0s0 62623 29112 27251 52% / /dev/dsk/c0d0s6 480815 238241 194494 56% /usr /proc 0 0 0 0% /proc fd 0 0 0 0% /dev/fd /dev/dsk/c0d0s4 192423 97993 75190 57% /var /dev/dsk/c0d0s7 461111 422939 0 100% /export/home /dev/dsk/c0d0s5 384847 199214 147153 58% /opt /dev/dsk/c0d0s3 288391 237727 21834 92% /usr/openwin swap 102460 12 102448 1% /tmp

  • Solaris10 swapとは

    Solaris10を稼働させている環境です。今回検証機で再インストールすることになり、システム要件を調べていました。 するとswapを512とるようにと書いてあるのですが、実際にdf -kで見たところ、swapというファイルシステムのマウント先は3つあり、 # df -k ファイルシステム kbytes 使用済み 使用可能 容量 マウント先 /dev/dsk/c0d0s0 6399321 5519978 815350 88% / /devices 0 0 0 0% /devices ctfs 0 0 0 0% /system/contract proc 0 0 0 0% /proc mnttab 0 0 0 0% /etc/mnttab swap 1570484 872 1569612 1% /etc/svc/volatile objfs 0 0 0 0% /system/object /usr/lib/libc/libc_hwcap1.so.1 6399321 5519978 815350 88% /lib/libc.so.1 fd 0 0 0 0% /dev/fd /dev/dsk/c0d0s3 1019856 83245 875420 9% /var swap 1569692 80 1569612 1% /tmp swap 1569644 32 1569612 1% /var/run /dev/dsk/c0d0s7 5774427 5769 5710914 1% /export/home となっています。 どこを見てこの仮想メモリの数値を得ればよいのかわかりません。 どなたかご存じの方、教えてください。