• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

貨物列車の最後尾の車掌車のようなものは?

  • 質問No.1206639
  • 閲覧数1309
  • ありがとう数7
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 71% (400/558)

3才の子供が電車が好きなので,インターネット上の鉄道写真をみたり印刷して楽しんでいます.むかしの貨物列車の最後尾に,バルコニーのついた,車掌さんでも乗っているような,小振りの車両がくっついていますが,あの車両はいったい何でしょうか?また,このような特殊な貨車・車両があつまったHPなどはありますか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 31% (72/231)

正式には緩急車、緩急の必要なくなったので、一般的に車掌車と呼ばれるようになったと思います。

では緩急車とは何かというと、
現在では列車のすべての車両にブレーキ装置が付いており、先頭の運転台でブレーキを扱うと編成中の全車両にブレーキが作用します。
逆に全車両にブレーキが作用することが出来ないと、列車として本線を走行させることはできません。(列車組成の条件の一つ「ブレーキ軸割合100%」)
これが大昔は全車両にブレーキ装置が付いていませんでした。
どういう風にブレーキをかけていたかというと、先頭車両の機関車でまずブレーキをかけます。そして最後尾に連結された「緩急車」に乗務している車掌が手ブレーキを巻いていました。
手ブレーキとは車でいうところのサイドブレーキで、手回しハンドルをぐるぐる巻くことにより、ブレーキが作用します。
信じられない話ですが、こんな原始的な方法でブレーキをかけていたんです。

それが時代と共に全車両にブレーキ装置を付けることが義務化され、また運転台で一斉に作用させることが義務化されたために、緩急車で手ブレーキを巻くという必要がなくなりました。

ではなぜその後も緩急車→車掌車が連結されたかというと、列車が本線を走行する際には「列車防護係員」の乗車が義務付けられているためです。

これは事故等の異常時に他の列車に異常を知らせて、二重事故を防止させるための係員です。
有名な三河島事故は乗務員が列車防護を正しく行わなかった為に、三重衝突事故という悲惨な結果になりました。


実際に事故等がなければやることがなく、寝たばこによる火災も少なくなかったとか・・・。



車掌とは車内改札や放送案内と言った営業面よりも、列車防護係員としての運転面の方が重要であり、そう簡単に乗務させないということは出来ません。

現在貨物列車では車掌車は連結されていません。
これは運転士1人でも列車防護が出来る装置が機関車に取り付けられたためです。(TE装置と呼ばれます。)
合理化に伴い装置が搭載され、車掌の乗務が必要なくなりました。
甲種回送でも今はほとんど車掌車は連結されませんね。
車掌車を連結しているのは、滅多に見ることは出来ませんが、変圧器を運ぶ特大貨物車ぐらいでしょうか。


最近は通勤電車でもTE装置が搭載されてきており、回送列車などでは車掌が省略されています。
運転台に「緊急」という大きな赤いボタンがあればそれがTE装置です。
お礼コメント
nemochan

お礼率 71% (400/558)

詳しい解説本当にありがとうございます.回答頂いた方全員にポイントを差し上げたいのですが,申し訳ありません.締め切りさせて頂きます.
投稿日時:2005/02/12 11:19

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 29% (159/536)

元関係者ですが、

他の方の云う通り、あれは「車掌車」です。
昔は、列車には車掌が必要だったので、
最後尾に車掌車を連結して車掌が乗務していました。

車内には、椅子と机、便所もあります。
便所は垂れ流し。今は使用禁止ですね(w

なお、貨物列車の車掌は何をやっていたかというと、
実はやることが無いんですな。
事故時の対応くらいなもので。
独り言や歌を歌って過ごしてたそうです。

そのうち国鉄合理化で、車掌は不要になり、
今は貨物列車の最後尾に赤い板が2枚貼ってますが、
あれがその代わりみたいなものですな。

車掌も乗らなくなったので、「緩急車」とかいったりもします。

いまでは、新車両の輸送時に連結されたりして、
車両メーカーの人がずっと乗ってたりします。
それくらいですね。

ちなみに、東武鉄道が最後まで車掌車を連結していましたが、
東武の貨物が全廃されたので、もう無いです。
お礼コメント
nemochan

お礼率 71% (400/558)

歴史的な解説までありがとうございました.鉄道に,子供よりはまってきているこのごろです.
投稿日時:2005/02/08 01:07
  • 回答No.2

ベストアンサー率 44% (3956/8946)

車掌車は、貨物列車で車掌が乗務する車両で、あの中には、机、椅子のほかに、ストーブ、車種によってはトイレなどがありました(冷房はなかったはず)。
緩急車(手ブレーキ)や列車最後尾を表示する尾灯の機能を持っていましたが、昭和50年代末ごろより貨物合理化で連結が廃止され、今ではほとんどが廃車になってしまいました。
現在はヨ8000だけが、特大貨物等の特殊な輸送時の添乗用に現役で残っているだけだったと思います(もうないかも)。

でHPは、以下のところがよろしいかと

貨車全般
http://tekken.web.infoseek.co.jp/70railways/70fc/70fc001.html

事業用貨車
http://www.linkclub.or.jp/~junyoko/index.html

他にもたくさんありますから、貨車だけでなく、「緩急車」などを組み合わせて検索したらいいと思います。
お礼コメント
nemochan

お礼率 71% (400/558)

ありがとうございます.貨車もなんだかなつかしいかんじで,よかったです.ローカル線もおもむきがあっていいですね.写真でしか見てないですけど,小湊鉄道とか,南部縦貫鉄道とか,真岡線とか,なんだか見てるだけで癒されますね.
投稿日時:2005/02/08 01:05
  • 回答No.1

ベストアンサー率 32% (1162/3624)

「車掌車」そのものだと思います。

>このような特殊な貨車・車両があつまったHPなどはありますか?
検索すればいっぱい出てくると思います。
例えば、
http://a-watanabe.com/mt5/
お礼コメント
nemochan

お礼率 71% (400/558)

ありがとうございます.いろんな車両があるのですね.
投稿日時:2005/02/08 01:02
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ