• ベストアンサー
  • 困ってます

金利変動と債券価格の動きの仕組みについて

超初心者なので基本的なことを教えてください。 投資信託のパンフレットに金利変動リスクについて書いてあるのですが、 金利が上昇すれば債券価格(基準価額)は下落し、 金利が低下すれば債券価格(基準価額)は上昇すると書いてありますが、なぜそのように反対の動きになるのか教えてください。 いまいちよくわかりません。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数286
  • ありがとう数15

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • hisexc
  • ベストアンサー率40% (190/470)

債券とは国や自治体、企業などが他人からお金を借りる時に発行する借用書の一種です。それには(1)いくら借りたか、(2)いつ返済するか、(3)金利はいくらでどう払うかなどが書かれています。 例えばここに(1)100万円、(2)10年後、(3)毎年1%を年末に払う、という条件で債券が発行された事とします。ある人がそれを100万円で発行者から買い、10年間保有すると、毎年年末に1万円をもらい、10年後に100万円が帰ってきます。 しかし、この人が購入から2年後に急にお金が必要になって10年後の100万円を今使いたくなった場合はどうでしょう?債券は通常の借用書と違い取引所などを通じて自由に売買できることになっているので、それを売ってお金に換えることができます。 ところが購入者は足元を見て100万円では買いたくないと意地悪を言うかもしれません。それでも緊急に債券を現金化したい人は90万円でも良いから買って下さいというかもしれません。そうして額面100万円の債券にもかかわらず、現時点で売買される場合の相場というものができてきます。 ここで額面100万円であと清算まであと5年間期間がある債券で毎年1万円の金利が支払われる債券が売買されるとします。この債券が90万円で売買されるとすると、購入者は5年間で毎年1万円、つまりトータルで5万円の金利を受け取るばかりでなく、5年後には100万円の現金を受け取ることになります。つまり買値が90万円なのに105万円の収入があり、差し引き15万円の利益が上がるわけです。 投資した90万円に対し5年で15万円の利益ということは1年当たりの儲けは3万円。つまり3万÷90万で3.33%で毎年運用できたことになります。債券発行時に約束された毎年1万円、つまり1%の年利を「表面金利」と呼ぶのに対し、キャピタルゲインを含めた毎年3万円、つまり3.33%の金利を「実質金利」と呼びます。 さて前置きが長くなりましたが、ここからが本題です。もし同じ債券の価格が下落したらどうなるでしょう。90万円で売っていたものが80万円で下がったら、5年後の利益は15万円ではなく25万円になりますね。つまり年利は5万÷80万でなんと6.25%に跳ね上がります。つまり金利が上がったわけです。 逆に債券相場が上がると今度は全く同じ理屈から金利は下がってしまいます。 世界各国の金利の指標はその国が発行する国際相場が示す実質金利で現されることが一般ですが、ここでも全く同じ理論が当てはまります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 丁寧な回答でよくわかりました。 まだいろいろ疑問があるので、 またよろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 金利変動と債券価格について。

     金利変動と債券価格についてなのですが、 金利が上昇した場合、債権のクーポンレートが低ければ低いほど、 また、償還期日までの期間が長いほど、債券価格は大きく下落するのは なぜですか??教えてください。 宜しくお願いします。

  • 金利と債券価格

    一般的には、市中金利が上昇すると債権の利回りが上昇し、債券価格が下落しますが、何故、この様な連鎖を生むのでしょうか? 私見では、市中金利が上昇すると既存の債券価格(額面価額)が後に発行される既発債と比較して相対的に割高に感じられ、債券価格を下げて既発債に対抗する(流通させる)。その為、投資金額が額面金額より割安になり利回りは向上する。 と、考えます。 幾ばくかは正解と思いますが、補足など頂ければ幸いです。 宜しくお願い致します。

  • 金利上昇で債券型の投資信託の基準価格が大きく下落

    昨日、金利上昇で債券型の投資信託の基準価格が大きく下落しました。 今後も債券型投資信託の基準価格は下落傾向になるのでしょうか? ご意見をお聞かせください。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2

基本的な知識として、債券は固定金利で発行されます。 すでに発行済みの債券を流通市場で購入する場合を 例に考えてみましょう。 購入の対象債券の内容は、残存期間5年、額面1億円、金利2.0%とします。 現在、市場の5年ものの金利が1.0%だとすると、 購入対象債券の金利のほうが1.0%高いですから、 もしもこの債券が額面で購入できるならとってもお得な買い物ですね。 でも、当然ながら市場は需給関係で成り立っていますから、そんなうまく購入はできません。 その金利の乖離分は債券価格の上昇によって調整されるわけです。 つまり、市場の金利が債券の金利より低下すれば 債券価格は上昇します。もう少し具体的に書くと、 金利の儲け分は、額面より高く債券を購入すること によって調整されるわけです。 それをもっと一般的にいうとご質問の内容になるわけです。 >金利が上昇すれば債券価格(基準価額)は下落し、 >金利が低下すれば債券価格(基準価額)は上昇する。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 よくわかりました。 またお願い致します。

関連するQ&A

  • 債券価格の求め方を教えてください。

    この前知り合いに下の問題について聞かれました。 「確定利回り 10円の債券があるとし、金利が3%、5%のとき債券価格は いくらになるか?」という問題です。 気になって私なりにGoogleで調べたり本を見て考えたんですが、 わかりませんでした。 金利と債券価格の間に、「金利が上昇すれば債券価格は下落し、 金利が下落すれば債券価格は上昇する」という反比例の関係があるらしいですが、 私が解くといつも比例関係になります。 何度やってもだめなので、答えと解き方を教えてください。 それともう一つ。 上記の問題が書いてあった紙には「確定利回り 10円」と 利回りと10円の間にスペースが入っています。 だから確定利回りという単語は本来書かれる予定ではなかった誤字で、 本来の問題は「10円の債券があるとし、金利が3%、5%のとき債券価格は いくらになるか?」だったんじゃないかと疑っています。 どちらの問題が正しいでしょうか? よろしくお願いします。

  • 「金利」が上昇すると「債券価格が下がる」と言われま

    一般的に「金利」が上昇すると「債券価格が下がる」と言われますが、これは債券価格が下落した結果、実質金利が上昇することを言っているとの理解で正しいでしょうか。 仮にこの理解が正しい場合は、先の説明だと因果関係が逆になってしまいます。 それなのに何故一般的に金利上昇ありきで語られるのでしょうか?

  • 金利と債券価格と債権の利回りの関係

     なぜ政府の金融引き締め政策は金利の上昇をもたらし、 金利が上昇すると債券価格が下落し、 債券価格が下落すると債券利回りは上昇するのか教えてください。 よろしくお願いします。

  • なぜ債券価格に影響するのは実質でなく、名目金利?

    名目金利が上昇すると債券価格の上昇・下落を招くと教科書にあったのですが、なぜ実質金利ではなく、名目金利なのでしょうか? また、大学の授業では、(1)名目金利上昇→(2)債券価格下落→(3)期待インフレ上昇→(4)購買力平価低下があると習ったのですが、この流れの内、(2)以降がいまいちわかりません。どなたかご教示お願いします。 あと、債券でも、日本債券と外国債券を比較した場合、なぜ今、外債の人気がそれほどないのでしょうか。

  • 利回りと価格の関係について教えてください。

    すみません、まったくの初心者で、FPの勉強をしているのですが、 馴染めない言葉だらけで苦手分野ということもあり 理解できないことだらけです。 参考書に下記のことが書いてありました。 下記のことについて、なぜそうなるのか 簡単な言葉で教えていただけないでしょうか? ・債券価格上昇→利回り 低下 ・債券価格下落→利回り 上昇 ・市場金利上昇→債券価格 下落 ・市場金利低下→債券価格 上昇 「債券の価格と利回りは、反比例の関係にあります」 と書いてありますが「なぜ?」と頭をかしげております。 すみませんが教えていただければありがたいです。 それと、投資信託について、ゼロから勉強をしております。 投資信託・債券・保険等について簡単な言葉で説明してある サイト、ご存知ではないでしょうか? もしどなたかご存知でしたら、是非教えてください! 本気で勉強したいと思っております。 よろしくお願いします!!

  • 金利上昇ではどの債券を買うべき?

    日本国債への投資は個人向け国債と利付国債と国債ファンドとありますが、金利が上昇した場合と下落した場合はどうなるのでしょうか? 【金利上昇のとき】 個人向け国債5年固定は固定金利は金利が低いままで損 個人向け国債10年変動は金利が上昇して得 利付国債はよくわかりません・・・金利は変動するのでしょうか? もし固定なら金利が低くなる分債券価格が下落する? 国債ファンドどうなるのでしょうか? 【金利下落のとき】 個人向け国債5年固定は固定金利は金利が高いままで得 個人向け国債10年変動は金利が下落して損 利付国債はよくわかりません・・・金利は変動するのでしょうか? もし固定なら金利が高いままだから債券価格が上昇する? 国債ファンドどうなるのでしょうか?

  • 金利が上がるなら株じゃなくて債券じゃないの?

    マネー雑誌などに「金利上昇を見据えて、これからの狙い目は債券ではなく株式」って記事が掲載されたりしていますが、、一点腑に落ちない点があるので教えてください。 素人で申し訳ありません。 金利が上がり続ければ、債券価格は下がるので債券投信などは基準価額が下落します。 であれば、既に債券投信を保有している方にとっては、金利が上がる前に株式投信などにシフトするという理屈はなんとなくわかるのですが・・・ でも、さぁこれから債券投信を買う人にとっては、そこそこ金利が上がったところで購入するのであれば、安い債券価格で高い金利を享受できるってことになりますよね。 金利が高くなれば、リスクのある株式なんかやめて魅力アップした債券市場に資金がシフトするってのがセオリーと昔習ったような気もします。。。 もちろん金利と債券価格だけの理由で経済、価格が動いている訳ではないですが、 あまり話しが大きくなってしまってもわかりにくいので、この点に単純化してご教示いただきたく。 よろしくお願いいたします。

  • 金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか?

    金利が上昇すると、債券価格は下落するのはなぜですか?? この場合の「金利」って何を指すのでしょうか?教えて下さい。 後、下のようなケースが理解できません。よければこちらも教えて下さい。 下にある金利が何を指すのかも教えて下さい。 【Q】 2005年1月1日に、表面利率1%、額面100万円の10年満期の国債が発行されました。 あなたは、それを100万円で購入します。 その後金利が上昇し、 2006年1月1日に、表面利率2%、額面100万円の10年満期の国債が発行されました。 さて、あなたの持っている2005年債は一体いくらで売却できるでしょうか? 大切なのは、答えの絶対値ではなく、その算出の仕方にあります。 だから答えを先に書いてしまいましょう。およそ918,378円です。 金利が上昇した結果、債券価格は下落したとこになります。 その理屈と計算方法を答えてください。 よろしくお願いします^-^

  • 債券型の投資信託の価格は、債券価格と利回りのどちらに連動している?

    株式型の投資信託が株価に連動するのと同じように、 債券型投信の基準価格は債券市場の価格に連動するとばかり思っていたんですが、利回り(金利)の方に連動しているのでしょうか? 債券の価格と利回りは反比例ですので、どっちに連動してるかで真逆になってしまいますよね? 例えば三菱UFJの世界国債インデックスファンドを見てみると、シティグループ世界国債インデックスをベンチマークとしています。 これは「主要国の国債の総合投資利回りを各市場の時価総額で加重平均し、指数化したもの」とあります。 最近は米国債の利回りはかなり下がってきていて、株価と一緒に債券型の投資信託の価格まで下がってきています。利回りが下がるということは、米国債が買われているということですから、基準価格も上がるはずだと思うのですが、実際は下がっています。これはドル安など為替の影響によるものとも思ったのですが、利回りの方に連動しているなら基準価格も当然下がる、そういうことなのでしょうか? 長くなってしまいましたが、債券価格・利回りのどちらに連動しているかが知りたいです。よろしくお願いします。

  • 金利

    海外の金利が上昇してますね。 と、いうことは、債券価格の低下。 海外の債券に投資している投資信託を 買うのは、しばらく止めておいた方が 良いのでしょうか?

専門家に質問してみよう