• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

茶道教室の選び方

茶道を習おうとお教室を探しています。 裏千家と表千家があり、さまざまな点で動作が異なるようですし どういう基準でみなさんが選ばれたのか気になり、質問します。 初心者です(20代前半)が、先生を選ぶ際に気をつけること(?)などありましたら教えて下さい。 精進してお稽古すれば、一年ほどで資格を得られるのでしょうか?

noname#58421

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数8
  • 閲覧数1689
  • ありがとう数44

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

私の場合、知人の紹介で裏千家に入門しました。 質問者さんが仰るように、流派が違えば、お点前の作法も違ってきますし、目指そうとしている方向性によって、どんな先生に教えていただくかが異なってきますので、選ぶ基準は様々だと思います。 まず、先生を決める際も、お稽古場の立地、お稽古日、月謝等の経済面などという、自分の希望条件を踏まえたうえで決めなければなりませんし、趣味でやっていくのか、そうでないかによって、厳しい先生、そうではない先生に教わるかも決まってくると思います。 また、お金の話になっていやらしい気はしますが、お免状(資格)は、初級などは早いうちに簡単に取得できますが、それ以降も段階的に取得していくつもりなら、その都度「お免状取得にかかる費用+先生へのお礼」を捻出しなくてはならないので結構お金がかかります。 また、この流派に入門しようということが決まれば、自分で直接先生を探すのもいいですが、それぞれの流派から先生を紹介してもらうのもいいかと思います。 その際は、何名かを紹介してもらって、お稽古日に顔を出して、自分に合っていそうな先生を選ぶといいかもしれませんね。 裏千家やお免状のことについては、参考URLの方をよければ見てください。

参考URL:
http://www.urasenke.or.jp/,http://www.geocities.co.jp/PowderRoom/9645/kyojou.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 参考URL、見させてもらいました。 金銭的なことなど、まったく分からなかったので 知れてよかったです。

関連するQ&A

  • 初心者向け茶道教室

    阪急沿線十三から池田の間で初心者からの茶道教室を探しています。裏千家とか表千家とは流派はまったくわかりません。それだけ初心者です。

  • 茶道の流派について

    茶道教室を探していますが、どこに入門すればいいのかわかりません。皆さんは、どういった基準で探されるんでしょうか? 流派についてもまだ決まっていない状態です。 少しの間、裏千家での茶室のバイトをしたことがあり足運びなど裏千家で習っております。 色々ネット検索した中では、裏千家に対する批判的なものが多かったので、表千家も気になっておりますが、裏千家と表千家の違いを聞いたときに「裏千家は普通の町の茶道教室でも開くことができる」と聞いたことがあり、入門してみて興味があれば師範を目指すことも視野に入れたいと思っております。 茶道教室の選ぶポイント、流派についてアドバイスいただければと存じます。

  • 茶道の流派について

    茶道の流派について教えてください。 表千家、裏千家、薮内流、速水流ではどこがどう違うのか、初心者、素人にもわかりやすく具体的に教えてください。よろしくお願いいたします。

その他の回答 (7)

  • 回答No.8

・私が直接通っているわけではないのですが、私の友人は http://mindpeace.info/sadou/ に通い始め、「初めて本当の茶道に出会った」と言っています。何が違うのかと聞いたら、「初めて赴いた時に、本物の茶道を見せられて、頼まれてもいないのに自分から即決してしまう」という素晴らしさみたいですよ。私の友人は、自分の隠れ家として、あまり人に教えたくなさそうにしていましたが、是非ご検討ください。

参考URL:
http://mindpeace.info/sadou/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
  • kuropy
  • ベストアンサー率13% (20/149)

kimiri さん、こんにちは! 私のイメージでは、お手前が、表は素朴?というより原型?をしのび易い様に思えます。 裏は人によっては、お能の舞、小堤のような間合いや呼吸、立ち居振る舞いの洗練?緊張感を共有する禅の修行という感が味わえる先生に若い頃師事しておりました。私もお教室を探しますが、最近は道楽、趣味のお教室が強いかもしれません。 今のお家元のお父さまの代に茶道を形だけでなくその哲学の理解で茶道を芸術として世界へ広く紹介され、日本の経済発展だけでなく、文化でも世界を魅了した時代だったかもしれません。 先生の選ぶ時、修行OR道楽(楽しみ)のどちらを求めるか。がキーになるように思います。 お茶事などはお料理の楽しみだけでも奥が深いですし、お道具でも焼き物、鋳物、指物、彫り物、蒔絵、象嵌、書画、、織物、建築、庭、謂れ、風情を楽しむ、美術鑑賞、茶花、お菓子、お香、、、奥深い総合芸術の凝縮に思います。。 一般に中高年の生徒さんが多いところは道楽派でお稽古中でも私話や世間話に花開いたり・・それが楽しめるか、、 一定の人と数時間お茶を通して向かい合うわけですので、最近は特定の宗教の信者さんたちでできてるお教室も有りますので、信仰の勧誘がある教室?つどいもあります。 お稽古のお部屋の広さが、広間なのか、小間なのか。。 年一回初釜のために、どれだけ費用がかかるか。。 お教室で自分たちで出来るところと。よそでお茶室をお借りし、お料理をとる。。など 自分がボランティアの積りでも。先生がどんな会に参加されていて、そのお茶会でお手前させてもらう度に、謝礼が必要なこともあります。 お免状の件ですが、お茶は一生、修行し続けるものですので、1年なんてまったく!お話になりません。。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

私の場合は、幼き頃にも習っていたのですが、18歳になって再び通い始めた教室は裏千家でした。先生に「表さんですか?」と問いただされて始めて以前の教室が表千家だったと知りました(^^; 私自身は全く流派にこだわりが無かった(知らなかった)ので、通いやすい場所で選んだのです。が、やはり作法の違いには困ってしまいました。流派は一度選んだら替えないほうがいいですよ。 先生を選ぶさい気をつける事は・・・相性!? 厳しく指導して下さる先生もいれば、細かいことは言わない楽しい先生もいます。どちらが良いかはあなた次第です。とりあえず見学ですかねぇ。 ただ一回では先生のご性格や教え方は把握できません。お教室に通うお弟子さん達の雰囲気が気に入れば、正式に通うって事で良いと思います。 精進してお稽古しても、一年間では胸を張って言える資格?は取れません・・・。あせらず続けて下さいね(^^)/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

裏千家の話でよければ、少し。 お稽古を始めたとして、お免状を頂くのには、その先生が裏千家の家元の方、(今日庵)に申請します。 でも、これはあくまでも「許可していただく」で、資格ではないかと思います。 またそれは、大変、時間もお金もかかりますし、とりあえず流派を決めて、一度見学してみたほうがいいと思います。 それぞれの流派の家元の著作物を(写真付きの方がわかりやすい)ご覧になるのも一つの手かと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

裏千家を習っています(現在はお休みしています)。 母の友人からの紹介で習い始め、始めてから裏千家だということを知りました。 意外と後から知る方も多いのではないでしょうか。 私の周りでは知人、お友達の紹介、のケースが多いのですが、質問者さんのお知り合いで習われている方はいませんか?支障がなければ見学させてもらうのもいいかもしれません(先生によっては難しいのかもしれませんが) 資格とおっしゃっているものが、どういう事であるのかわかりませんが、あまり簡単に取れるものではないと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

表千家を習っている人に紹介していただけることになりました。 回答者さんは裏千家なのですね。 まだまだ、これからですが 頑張りたいと思います。

  • 回答No.3

 わたしは結果として今の流派でしたが、第一に近所の先生を選びました。表、裏どっちが良かったかは、後にならないと分かるものではないように思いますし、趣味の問題もあります。(私は今の流派で良かったと思っています)  その趣味の選び方のポイントは、それぞれの代々家元のお好みの茶道具の趣味になると思います。自分の趣味に合う茶道具が家元の趣味に近いといいですね、でもこれが見分けられればむしろベテランです。  初心者としては、機関誌の文章や載せられる写真の雰囲気でしょうか。(特にお正月号)  裏千家は一般的には「淡交」、表千家は「茶道雑誌」がそれにあたるでしょうか。(正式には表千家は市販されていない)  その流儀よりその付かれる先生のやり方や弟子達のキャラが重要と指摘する人も多いです。あなたが何の目的で、何をやりたくて茶道を習おうとするのかが、問われます。  あなたの目的とマッチすると良いわけです。  「資格」が何を意味するか、分かりにくいですが、この世界「一年」では、ほとんど「見習い」のようなものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>趣味の選び方のポイントは、それぞれの代々家元のお好みの茶道具の趣味になると思います。 そういったチェック法もあるのですね。 回答いただきありがとうございました!! 機関誌、探してみます。

  • 回答No.2
  • imoji
  • ベストアンサー率42% (3/7)

お茶を習い始めたばかりの者です。 お茶の先生とは一生のお付き合いになりますので 先生を基準にしました。 いきなり、「○○先生の所へ」じゃなくても まずカルチャーセンターのような所へ行って 選択の基準を見つけるのも良いのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 長いお付き合いになるとは思いますので 自分の教わりたいことや波長の合う方に出会えればと思います。

関連するQ&A

  • 茶道を学びたいと思っています。

    茶道を学びたいと思っています。 ざっくりな違いはネットで確認しました。 家から近い教室ですと表千家ですので、こちらから始めようとおもうのですが、表千家の特色として伝統を重じ、裏千家に比べて時代にあった柔軟性が少ないとありました。 個人的には伝統が鼻につき、お茶をいただく側が堅い態度で萎縮してしまうのは嫌です。 先生にもよると思うのですが、どちらの方がそのようでない傾向にありますでしょうか?

  • 茶道って?

    茶道を習い始めたいと思っていますが、表千家と裏千家の違いってどうなんでしょうか? また、どちらを習うのがおススメでしょうか? 教室については、文化センターのようなところに通うか、個人の教室に通うかでも迷っていますので何かアドバイスを宜しくお願いします。 もしかして名古屋在住の方がおみえでしたらおススメの教室を教えていただけるとありがたいです☆

  • 茶道教室を開くには

    表千家の教授の資格を取って12年になりました。そろそろ自宅で茶道教室を開きたいと思っています。ご近所にはお茶をされる方がいらっしゃいません。お弟子さんをどうやって集めたらいいのかわかりません。教室を開いている方で経験談など教えていただきたく質問いたします。いい方法があったらお教え下さい。

  • 茶道教室を辞めたいのですが。

    裏千家です。月二回、小人数で花月と茶会のお稽古をさせて頂いております。二年前、先生の茶道の旧友が新しく参加されたのですが、稽古中、ずっと大声でお喋りなさるのです。内容は、家庭と社会の愚痴です。最初は、お話相手がいないのだろうと聞いて差し上げておりましたが、私は、緊張と静寂を求めてお教室に伺っておりましたので、日に日に足が重くなってしまいました。堪忍が足りなくてお恥かしいのですが、十年を機に辞める決心を致しました。何か特別のご挨拶等あるのでしょうか。

  • 池田市(大阪)で裏千家茶道教室を探しています

    ご覧いただきありがとうございます。大阪の池田駅周辺で、裏千家の茶道教室を探しています。できれば、あまり敷居が高すぎない方がよいのですが・・・。アゼリアカルチャーでは表千家のみ、隣の川西駅の朝日文化センターでは、初心者体験コースのようなものしかありませんでした。 池田城跡にてイベントで野点をやっているのを見たのですが、どちらの教室の方なのでしょう~? 石橋、豊中、池田、川西駅近くでも結構ですので、ご存知の方がおられましたら、よろしくお願いいたします!

  • 藪内流(茶道)について教えてください!

    春から茶道を始めた初心者です。 表千家,裏千家などは資料もたくさんあるのですが 私の習っているのは古儀藪内流という流派で、 なかなか資料がありません。 薮内流について、作法や注意点などどんな事でもいいので 教えてください。 よろしくお願い致します。

  • 茶道・三千家の違い(イメージ)やお教室の探し方について。

    数年前の話なのですが、友人の中高の学園祭に伺った際、茶道部で茶道体験を行っていたので参加しました。 生まれて初めて自分でお茶を点てたのですが、 和菓子を頂いた後のお抹茶がとても美味しかった事を、最近また思い出し、興味を持ちました。 (ちなみにその時は、裏千家で薄茶だったようです。) そこで、安易なキッカケではありますが、茶道のお稽古事に挑戦してみたいな、と思っております。 いろいろ調べてみますと大きく三千家あり、 次男三男四男と家元様が違うのはわかったのですが、詳しいところはサッパリなので教えていただきたいです。 技術的なことではないのですが、 表千家は、昔ながらのやり方を守ってらっしゃるですとか、真面目ですとか、伝統を守ってお堅い感じの印象を受けます。 一方、裏千家は新しい事にチャレンジする、商売上手で若い方が多い、など自由で新鮮な印象を受けました。 武者小路千家は残念ながら、情報が何もないので大体のイメージも何もわからない状態です。 そして、以下のことを教えていただきたいです。 (1)三千家の違い、イメージ。(表は地味、裏は派手だとか耳にします。) (2)都内でのお教室の探し方、選ぶ際の注意点など。 (3)入会金、月謝、水屋料などの大体の相場。 茶道に関して全くの無知ですので、教えていただけたら幸いです。 よろしくお願い致します。

  • 茶道で入会を断られました

    こんにちわ。教えてください。 私は表千家で20年近く、個人宅の先生にご指導いただいていました。 ただ、歴は長いのですが、仕事が遅くてお稽古に当てる時間も限られていたのと、 先生もご高齢であまり難しい(?)なお稽古をなさらなかったこともあり、 私自身はせいぜいお薄、お濃茶を通り一遍させていただいていたくらいです。 (お炭は1回だけ) 去年、先生がご高齢で亡くなり、 跡を継がれる方がお教室の再開を予定はしていますが 何年後かわからないということもあり、 他のお教室をさがそうかと思ったのですが。。。 まったくの初心者の友人も茶道を始めたいということだったので ネットに載っていた教室に問い合わせをしたところ、断られてしまいました。 私としては、跡をつがれるお孫さんの教室に通うかはわからないし、 かといってまったく遠ざかっては忘れてしまってもったいないですし、 歴は長いけれど私自身は基礎もなっていないと思うので、 初心者の方とご一緒でいいので、 基礎のお薄、お濃茶のお稽古からお願いしたいとお伝えしたのですが。。。 芸事ですから、師事する先生が変わる場合は たとえば表千家なら同門会などを通して紹介頂くのが確かに筋かもしれないのですが、 問い合わせをした教室の先生は電話口で 取り付く島もないという感じでして。 「お免状を持ってる方は扱いが違うから」 「長年他でやってきた方はちょっと難しいと思う」 「前の教室が再開されたらそちらへ戻るってことでしょう?」 と。 再開したところへ戻るかはわからないと説明したのですが、 とにかく「難しい」の一点張りで、それ以上の説明をしていただけず、 途中で一方的に電話を切られてしまいました。 なんだか、先生側に私のような立場の人間を嫌う理由があったみたいです。 ネットのお稽古ページに掲載されていたので、 文化センターのような気軽な扱いかと思ったのですが。。。 なぜそんなにも嫌がられたのでしょうか? 中途の人間はそこまで避けられるものでしょうか。 電話口の対応があまりにひどくて、さすがにショックでした。 どなたかご教授いただければ幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

  • 京都市内で表千家の茶道教室は?

    京都市内で表千家の茶道教室を探しています。仕事をもっているので、月2回程のペースで教えてくださる方、またはそんな先生の探し方をご存じないでしょうか? 地方にいる私の祖母が表千家なので、私も同じ流派でと思っているのですが、祖母の知り合いにも適当な方がおられません。私の友達にも表千家の茶道を習っている人はいないので、紹介してもらうこともできず、困っています。

  • 茶道教室を探しておりますが、混乱しています

    10年ほど前に3年間茶道を習った経験があり、 現在まで習っていて良かったなと思うことが多いので 再度学びたいと考え、お教室を探しています。 流派は裏千家と記憶していたので 淡交会のHPからお教室を探しておりましたが、 許状(小習)を探し出して確かめたところ、 以前は大日本茶道学会の先生に習っていたということがわかりました。 大日本茶道学会と淡交会をインターネットで調べてみると、 淡交会の方が裏千家の主流のような印象を受けるのですが、どうなのでしょうか? どちらに所属するかによって何が違いますか? また、もし流派を変更する場合、デメリットは何かありますか? お点前の型もほとんど忘れてしまっておりますので 入門などから再度申請することや 多少の作法の違いなどについてはあまり気になりません。 その他、お教室の選び方について何かアドバイスがあればお願いします。 いまのところ、淡交会のお教室のお月謝の違いに戸惑っています。 入会金なし、月3回6000円というところもあれば、 入会金1万円プラス月3回10000円ということろも。 1回2000円では安すぎるような気がするし、かといって あまり高いと始めるのに気合がいります。