• 受付
  • 困ってます

太陽光発電のノイズ対策

  • 質問No.9676550
  • 閲覧数103
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数1

お礼率 68% (13/19)

 お世話になっております。
太陽光発電に詳しい方に御質問いたします。
このほど1.2KWの小さな太陽光発電設備(オフグリッド)を自作しました、冬場の暖房用に使用しております。
太陽光パネル(12V300W)とインバーター部分(DC24V/AC100V)でノイズが大きく出ております。(バッテリー12V-4個、並列24V)
受信のAM/FMラジオに障害が出ています。
当然受信位置を遠ざければ問題ないのですが、近所迷惑になる可能性があるので、今のうちに対策が立てられればと思っています。
経験者や対策の良い方法(ノイズフィルターの取り付け等)をご存知の方がおりましたら、教えていただけますか。
フィルターの選定や回路構成、使用例などがわかるとありがたいです。

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 46% (1730/3752)

他カテゴリのカテゴリマスター
<ノイズフィルターの検討>
インバーターのスイッチング周波数によりノイズとして発生する
周波数が変わると思います。
発生する周波数を調べて、この周波数を抑制するフィルターを
インバータの出力部に内蔵することになるでしょう。
この発生する周波数を分析するために「スペクトルアナライザー」
を用意して調べることになると思います。
一番多く出ている周波数を中心として複数のフィルターを用意し、
ノイズ試験を行って抑制効果を確かめます。

<鉄製金属箱収納と接地>
インバーター部(DC24V/AC100V)を鉄製の金属箱に収納します。
また、鉄製の金属箱に接地端子を設けます。
インバーター部を収納した近くの大地に「接地極」を埋設します。
この鉄製の金属箱の「接地端子」と「接地極」をなるべく太いサイズ
の電線で接続工事を行います。
なお、金属箱と接地端子との間は極力短い電線で接続します。

<電線管への収納>
インバータの出力側配線がアンテナとなってノイズが放射されると
考えられます。
この対策として出力側配線を鉄製金属電線管に収納して配線します。
この電線管も接地工事を行います。
お礼コメント
HIDE9161

お礼率 68% (13/19)

早速のご返信(回答、ご指導)ありがとうございました。
インバータの金属箱収納、金属管配線、両方の接地をさっそくためしてみたいと思います。
投稿日時:2019/11/09 10:18
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ