解決済み

法律では教唆犯は実行犯が実行した時のみ罪に課されま

  • 困ってます
  • 質問No.9517923
  • 閲覧数111
  • ありがとう数0
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 1% (10/513)

法律では教唆犯は実行犯が実行した時のみ罪に課されますがこれって教唆の段階で裁くと証拠がない上教唆したとでっち上げて裁くことも可能になるような冤罪が起きるから実行した時のみ裁くんですよね?
もしこれが記憶が見れるというなら教唆の段階で裁いて良いのですか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 20% (10/49)

その可能性は大きいです。
記憶が見れるなら~、あり得ない話なのでナシです。
感謝経済

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 44% (4027/9114)

他カテゴリのカテゴリマスター
日本の刑法の考え方では,教唆犯がなぜ非難されるかといえば,教唆したことではありません。教唆して犯罪を実行させたことが非難されるのです。
したがって証拠によって教唆したことが明らかになっても,それだけでは処罰されることはありません。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
この法律は知っておいたほうがいい!あなたの経験や知識を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数をマイページで確認!

ピックアップ

ページ先頭へ