締切済み

「十二人の怒れる男」に女性がいない理由は何ですか

  • 暇なときにでも
  • 質問No.9499104
  • 閲覧数52
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 28% (269/941)

ヘンリー・フォンダ主演の「十二人の怒れる男」(12 Angry men)という映画は、
女性が出ていないという批判を受けていますが、
女性が出ていない理由は、登場人物が怒っているので、女性がいるとおびえてしまうからなのでしょうか。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 32% (561/1716)

趣味・娯楽・エンターテイメント カテゴリマスター
タイトルに 「men 」が入っているから
これが 「people 」だったら 女性も入っていたかも

ちがうかな・・・・・・
お礼コメント
qasbnk

お礼率 28% (269/941)

なるほど、最初にタイトルを決めてから、映画のストーリーを考えたと言うのですね。
女性がいると、男は紳士的になって「angry」でなくなるから、登場人物を「angry」にさせるために、あえて女性を登場させなかった、ということもあり得るかも知れませんね。
投稿日時 - 2018-05-19 05:11:48
OKWAVE 20th Be MORE ありがとうをカタチに
  • 回答No.1

ベストアンサー率 67% (2732/4027)

他カテゴリのカテゴリマスター
アメリカという国は人種差別が昔から根強い国です。
この映画が公開された1950年代においては、陪審員は実質的に「白人男性」以外が選出されることはありませんでした。
すなわち、陪審員として女性や黒人男性が選出されることは、少なくともこの映画が公開された頃ではありえないことです。
映画はそれを反映して、陪審員は全員白人男性が選出されています。

以上、ご参考まで。
お礼コメント
qasbnk

お礼率 28% (269/941)

えっ、本当ですか?
1920年代に起きた有名な「サッコのヴァンゼッティ事件」を描いた映画「死刑台のメロディ」を観たことがありますが、あの事件の裁判の陪審員の中に女性がいたと記憶しています。
あなたは、アメリカでは、1920年代より1950年代の方が人種差別や女性差別が強かったと言うのですか。
1950年代のアメリカに、女性の陪審員なんてたくさんいたと思いますよ。
投稿日時 - 2018-05-19 05:24:31
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ