• ベストアンサー

EOS5DsとEOS5DsR

EOS5DsとEOS5DsRとの違いはなんですか。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • eroero4649
  • ベストアンサー率31% (10726/33624)
回答No.1

DsRは、ローパスフィルターレスモデルってやつです。CMOSセンサーの前には通常、ローパスフィルターってのがついているんです。 ローパスフィルターってのはタイツみたいな網の目のものを取るとモアレっていうやつが出たり、偽色っていう存在しない色が出るのを防ぐために存在するんです。よくAVで網タイツ履いているときに網タイツの辺りがモワモワするじゃない?あれがモアレってやつです。ローパスフィルターをつけないとああいうものを写したときにそれが盛大に出ちゃう(らしい)のです。らしいというのは、私も外したらどうなるか見たことがないから。 ところが一部のマニアの間でそのローパスフィルターが要らないという人たちがいるんですね。どういう人たちかというと、天体写真マニアです。ローパスフィルターがあると赤色星雲というのが綺麗に写らないらしいんですよ。 んで、昔はそういう天体マニア限定モデルのローパスフィルターを抜いたやつってのがたまに細々と出ていたんです。でも最近はそのモアレなどをソフト上で処理するローパスフィルターレスなカメラが各メーカーから割とよく出てくるようになったんです。 はっきりいって私が知る範囲ではローパスフィルターが不要っていう人は天体写真マニアくらいしか思い浮かばないのだけれど、どういうわけか金持ちの爺さんは高額になるローパスフィルターレスモデルをありがたがって買っていくのです。価格コムの掲示板を見てても思うのですが、「ローパスフィルターレスカメラを使うと綺麗な写真が撮れる」って思い込んでいる爺さんがすごい多いみたいです。 ニコンだかキヤノンだかがローパスフィルターレスモデルを発売したら、値段が高いのに売れまくったので今は各社が出していますね。そしてまたいつの間にやら「ローパスフィルターレス=綺麗な写真が撮れる」という都市伝説が広まったようです。 ただまあ、カメラオタクの間ではその手の都市伝説が広まるのは昔からよくあることです。

fu1966
質問者

お礼

詳しい解説ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

結晶欠陥とボイドについて
このQ&Aのポイント
  • Si半導体の結晶欠陥とボイドをTEM写真で観察しよう
  • SEM写真からはボイドや結晶欠陥の微細な構造は読み取れないが、表面情報が得られる
  • STEMの明視野、暗視野写真から結晶欠陥とボイドの存在や分布傾向を読み取る
回答を見る