• 締切済み
  • 暇なときにでも

取り戻した額の20パーセントで統一しているのは?

金融機関に対する過払い金請求の弁護士事務所広告がありますが どの事務所も「取り戻した金額の20パーセント(税抜き)の手数料を頂きます。」と言っています。 これは弁護士による談合ではないのでしょうか? また、独占禁止法には抵触しないのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数112
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.1
  • hekiyu
  • ベストアンサー率32% (7191/21832)

”これは弁護士による談合ではないのでしょうか?”        ↑ 弁護士は弁護士会というのがありまして、どの弁護士も どこかの弁護士会に所属しています。 そして、弁護士会で、目安を設定しているわけです。 だから、ある意味談合的性格があります。 ”また、独占禁止法には抵触しないのでしょうか?”      ↑ 独禁法は、不当に高い値段になるのを防ぎ、もって 消費者を守るのが目的です。 しかし、弁護士会によるこの目安は、不当に高額に ならないようにして、消費者を守ろうとするものなので むしろ独禁法に合致する。 と説明されています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どの弁護士事務所も同一料金と言うのは不自然ですね。 弁護士同士が競争しないように談合していると思いませんか? 消費者を守るための手数料競争にならないのが不思議です。 都合のよい解釈、ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 過払い金請求を自分でやりたいと思っています。

    過払い金請求を自分でやりたいと思っています。 電車の吊り広告などで見る弁護士事務所に依頼すれば楽なのかとも考えましたが、法外な手数料が掛かるとの報道を見たことがあり躊躇しました。 融大手消費者金融と信販会社5社から合計300万くらいの借入が約10年続いており、滞納はさせず返済しております。 しかし最小限の金額で毎月細々と返済していても、死ぬまで終わらないような焦燥感が募ります。 どこか良心的な弁護士事務所が存在するのか、また自分でやるには、どういう順番で行えば良いのか、どうか教えて頂ければ幸いです。

  • 過払い金

    私は弁護士事務所にお願いして過払い金請求をしました2月に過払い金が弁護士事務所に入るらしくて私の所には3月に支払われる予定です、もっと早く自分の所に入金できるよう弁護士事務所にお願いした場合、この要求はとおるでしょうか

  • 独占禁止法について

    独占禁止法で、入札談合に対する措置として、公正取引委員会の措置以外にどのようなものがありますか?

  • 農協は、独占禁止法に抵触しないんですか?

    農協は、独占禁止法に抵触しないんですか? 色んなところで、脱退阻止のために強引なことをしているようですが。

  • 独占禁止法について

    独占禁止法で、入札談合に対する措置として、公正取引委員会の措置以外にどのようなものがありますか?

  • MS社と独占禁止法

    御質問申し上げます。OSはMSが圧倒的シェアのように思えるのですが、これは独占禁止法に抵触しないのですか?

  • キャッシングの過払い金について

    テレビのCMで過払い金請求のための弁護士事務所などの宣伝をよく見るのですが、あれってどこまで本当なのでしょうか? 私の場合、銀行のカードロ-ンとクレジット会社のキャッシングの経験があるだけで、いわゆる高利貸しやサラ金から借りたことはありません。利息は最高で18%です。 一時は、キャッシングの残高は300万円を超えましたが、今は返済し、90万円にまで減りました。 これで本当に過払い金ってあるのでしょうか? 仮にあったとしても、弁護士手数料の方が高くついたりしませんか? また、クレジット会社に過払い金を請求したら、嫌がらせでショッピングリボ払いを止められたりしませんか? それから、弁護士事務所に一度電話したら、しつこく勧誘を受けたりしませんか? 経験者のご意見をお待ちしております。 よろしくお願いします。

  • 各自治体の入札に関しての条例はあるのですか?

    各自治体には入札談合や独占禁止法などの条例は 公正取引委員会の定めたのと同じですか? それとも、各自治体によって独自の条例あるのですか?

  • 弁護士事務所

    最近、弁護士事務所の広告をネット上でよく見かけますが、弁護士が広告を出すのは法的に自由でしたか? また実際に、ネット上で広告を出してある弁護士事務所を利用された方、支払い料金等問題はなかったですか。

  • 中国の独占禁止法について

    私の会社は、現在中国で中国資本との間でJVで会社(会社A)を作り、生産・販売を行っています。現在、このJVには中国全土での生産した製品の販売権を与える契約になっています。将来的に中国の別地域で当社100%資本で、新たに会社(会社B)を作り、生産・販売を行うことを考えています。現在、会社Aには中国全土での販売権を与えているので、会社Bを設立する時には、中国での販売権をどうするかという問題があり、それを地域別で分けるか、用途別で分けるかという交渉をしないといけないですが、この時に独占禁止法の問題が出てくると指摘されています。私としては、この地域別、用途別で区分けした場合に、なぜ独占禁止法の対象になるのか、いま一つ理解ができておらず、この点のご教示を頂ければと考えています。一応、この点については、以下の通りの説明を受けていますが、この説明でなぜ独占禁止法に抵触する可能性があるのか、よく分かりません。特に用途別で区分けをした場合です。(以下の説明のこだわらず、地域別、用途別で分けた場合に、なぜ、独占禁止法に抵触する可能性があるのかを分かりやすく、ご教示頂ければ助かります。) 地域別で分けた場合、中国のお客さんがA及びB会社の好きな方から購入できないので独占禁止法に該当するといわれています。ただし、その製品のその地域における市場規模に対して、A及びB会社の供給量を合わせても、例えば10分の1ぐらいで、お客さんも他の会社から自由に購入できる場合は、お客さんの利益を阻害したとは言えない為、独占禁止法には当たらないとの説明を受けています。用途別に分けた場合は、B会社にある用途の販売権を与えたとしても、A会社の製品の一部に、その用途にも使用できる製品があり、実際の価格差や機能差がそれほどなければ、独占禁止法に抵触する可能性があると言われています。あるいは、A会社で現在生産していないものを、B会社で生産して販売する場合でも、A会社の製品の中で、そのB会社の製品の用途に使用できるものがあれば、明確な価格差や機能差が証明できない限り、抵触する可能性があるとのこと。この用途別の場合の説明が、なぜお客さんの利益を阻害するのか、良く分かりません。お客さんが、A会社にその用途に適する製品があることを知りながら、B会社と用途別に分ける契約を行ったために、A会社からは、その用途で購入できないという点で抵触するのでしょうか?  これらを実証するためには、A会社が中国のどの地域にどういう製品をどれだけ売っており、そこの市場規模がどのくらいでというのを調べる必要があると言われていますが、地域別、用途別での独占禁止法に抵触する可能性を今後調査するには、どのような資料が必要かも教えて頂ければと思います。 最後に、お互い中国全土でフリーで生産・販売を行い、A会社に、例えば、華南地区のある商品は独占的に販売しても良いというEXCLUSIVE与えて運営する場合は、全く独占禁止法の心配はないという説明は受けています。実際に、A会社が納得するかどうかは分かりませんが、この方法が 一番容易だとのこと。 以上、宜しくお願いします。