• 締切
  • 暇なときにでも

IMACはどうして値崩れしないの?

  • 質問No.832
  • 閲覧数221
  • ありがとう数22
  • 回答数1

お礼率 3% (22/569)

IMACが常に12万円で売られているのはなぜですか?
アップルがそうさせてるんでしょうか?

でもどうしてアップルは12万以下の値段で売る店にはIMACを売らないそうですがなんでなんでしょう?

別に値崩れしてもアップルに入ってくるお金は同じだとおもんですが・・・

分かったら教えて下さい

回答 (全1件)

  • 回答No.1

ベストアンサー率 32% (51/156)

聞きかじりというか、どこかの雑誌(メール新聞?)で見たというか、
そういう情報源なので今三つほど怪しい情報になりますが…

アップル側の仕切り値自体が、12万円ギリギリだとか。
(仕切り値、つまり、卸価格のことです)
つまり、販売店側とすると、利益を出すための
ギリギリの線でいっているらしいということのようで。
その結果、12万円という一定の価格を保つということに。

あと、
>別に値崩れしてもアップルに入ってくるお金は同じ…
というところですが、これは、例えば型オチとか、在庫一掃とか、
そういう特殊な状況に陥ったときに、販売店側が損切りとして行うことで、
今のように絶好調の販売実績を上げ続ける限り、起こりそうもないですね。
そもそも、別段安売りしなくても買い手が付くわけで、
アップルの機嫌を損ね、後の入荷を止められたりする危険を冒す必要もないと。

まぁ、こんな売り方をしているからこそ、公取委に狙われるわけですね(笑)
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ