-PR-
解決
済み

コピーガードの原理

  • 困ってます
  • 質問No.82963
  • 閲覧数245
  • ありがとう数1
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 55% (121/220)

参考までに教えて欲しいのですが、
コピーガードの仕組みを教えて下さい。
ビデオ、DVD、MD等それぞれは違った方式なのでしょうか?
それぞれは一体どういう原理でコピーを防いでいるのでしょうか?
ハードとの関連が必要なのでしょうか?

・・・技術的には何も知らないながら、コピーガードの方式を思いつきそうなので、友達に笑われる前に確認しておきたいのです。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル13

ベストアンサー率 37% (331/872)

こんにちは、honiyonです。

いくつか種類がありますが、私の知っている方法について紹介します。

◇フロッピーディスク
 使用されていないデータ領域にわざとキズをつけておく。
 コピーしようとする場合、そのデータ領域もコピーしようとするが、キズがついているため正しく読み込めない。 そのため「読み込みに失敗しました」とエラーが出てコピーが出来ない。

◇CD-ROM
 通常は使用されない領域にデータを書き込んでおく。
 通常は使用されない領域のため、CDを丸ごとコピーしたと思っても、その領域のみはコピーされない。
 ソフト起動時にはこの領域をチェックし、データがある・ないを判断し、コピーされているか、又は正規品であるかを見分ける。 コピー品であれば起動を中止する。

◇携帯電話とか
 データそのものに「コピーを許可する・しない」の情報を保持しておく。 ユーザーが「コピー」を選んだ場合、OS(携帯電話)自身がコピーを許可しているデータかを判断し、コピー可であればコピー、不可であればユーザーにその事を伝え、処理を中断する。

 全て正しく調べたわけではないので、誤りがあるかもしれません(..
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.5
レベル6

ベストアンサー率 16% (1/6)

ビデオ、DVD、LDのコピーガードは映像部分に 信号があり それ感知した再生、録画先のデッキが 感知して 画像を乱す方式が一般的です  完全に取り除くには デッキの改造が有効です 
ビデオ、DVD、LDのコピーガードは映像部分に
信号があり それ感知した再生、録画先のデッキが
感知して 画像を乱す方式が一般的です
 完全に取り除くには デッキの改造が有効です 


  • 回答No.1
レベル11

ベストアンサー率 29% (114/390)

 DVDとMDについてはあまりよくわかりませんが・・・。  確か元々のディスクには「オリジナルであること」を示すデータが書き込ま れていて、コピーする時にはその「オリジナルであること」を示すデータが 書き込まれないようになっていたと思います。  つまり、「コピーしたディスクのコピー」を作るとき、ハード側でコピー元 を見ると「オリジナルであること」を示すデータがないのでコピーの動作を 拒否してる ...続きを読む
 DVDとMDについてはあまりよくわかりませんが・・・。
 確か元々のディスクには「オリジナルであること」を示すデータが書き込ま
れていて、コピーする時にはその「オリジナルであること」を示すデータが
書き込まれないようになっていたと思います。
 つまり、「コピーしたディスクのコピー」を作るとき、ハード側でコピー元
を見ると「オリジナルであること」を示すデータがないのでコピーの動作を
拒否してるのだと思います。

 ビデオについては、テープにRGBそれぞれの色信号を極端に強くしたものが
記録されており、ビデオデッキには極端な色信号をカットする機能がついて
いるためダビングできないようになっています。
 テレビには極端な色信号をカットする機能がついていないため、映ってし
まったのだと思います。

・・・うろ覚えなので「自信なし」ですが・・・(汗)
  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 47% (11786/24626)

TV画面の走査線のうち最初の十数本ほどは画面に映らない部分で、ここに大レベルの信号を記録しておくとダビング時に受け側VTRの入力回路のAGC(オートゲインコトオローラ)が誤作動して画像が正常なレベルで記録されなくなる.これがコピーガードの原理です。 ビデオの場合とDVDなどの場合は出力のレベルの問題でその写らない部分が微妙に違いがありますのでこれに合わせているのだと思います。
TV画面の走査線のうち最初の十数本ほどは画面に映らない部分で、ここに大レベルの信号を記録しておくとダビング時に受け側VTRの入力回路のAGC(オートゲインコトオローラ)が誤作動して画像が正常なレベルで記録されなくなる.これがコピーガードの原理です。

ビデオの場合とDVDなどの場合は出力のレベルの問題でその写らない部分が微妙に違いがありますのでこれに合わせているのだと思います。
  • 回答No.4
レベル13

ベストアンサー率 26% (511/1924)

MD,DATの場合は、メディアではなくデッキ側の処理がメインみたいですね。>参考URL 再生機器を作るメーカのモラルが全てって感じですね。 SCMSで検索すると・・・これ以上はご自身でご確認ください。 余談1 まぁ未だに秋葉原あたりではコピーガードキャンセラーを違う名前で売ってたりするんでどーしようもないんですけどね。 余談2 ソニーの古いHi8デッキは性能が良いのか、本来おかしくなる ...続きを読む
MD,DATの場合は、メディアではなくデッキ側の処理がメインみたいですね。>参考URL
再生機器を作るメーカのモラルが全てって感じですね。
SCMSで検索すると・・・これ以上はご自身でご確認ください。

余談1
まぁ未だに秋葉原あたりではコピーガードキャンセラーを違う名前で売ってたりするんでどーしようもないんですけどね。

余談2
ソニーの古いHi8デッキは性能が良いのか、本来おかしくなるべき信号が来てもほぼ再生してしまいます。ははは・・・
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ