• ベストアンサー
  • 困ってます

JBLスピーカー 4333AWX と4333BWX

上記のスピーカーのどちらかを中古で購入検討しています。 調べるとAWXのウーファーはアルニコ磁石、後発のBWXは フェライト磁石だそうで、変更の背景にはアルニコの減磁問題対策 等があったようです。 そこで質問ですが、ズバリどちらの方がよいでしょうか? 聴くのは80%がジャズ、残り20%でクラシックとR&B、Jボーカルものです。 アンプはラックスマンL550-AXがメインです。 この質問はアルニコとフェライトの違いということになるのかとも思いますが、 旧盤のアルニコの方が平均中古価格は若干高いようです。 これはやはりアルニコの特性に起因しているのでしょうが、 この2点を比較されたことのある方、アドバイスよろしくお願いします。 現在JBL4312Aを使用しておりますが、独特の音質、音圧が非常に 気に入っております。この感覚の延長上に上記の機種をイメージ しておりますが、期待を裏切られることがないかと心配です。 またアルニコの減磁についてですが、ホームオーディオとして 普通に使用していても数年毎に再磁処理等メンテ必要なのでしょうか? メンテナンス関係もポイントがあれば教えてください。 この機種を聴いたことのない方やJBLそのものを否定するような方は 書き込みしないでください。オーディオと車関係はそういう方が多く、 迷惑しております。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2788
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
noname#182196
noname#182196

JBL4333AとBの違い・・・。 お店で聴いて、購入を考えたことがありますが、私の耳では違いはわかりませんでした。 結局、両方とも買わないで、そのときは、D130とLE175DLHを選びました。 そのご、長らくアルニコ磁石のJBLをしようしておりますが、 磁石の種類よりも、スピーカーの状態の方が音に影響を及ぼすような気がいたします。 ネットワークの接点や、部品の劣化も相当進んでいるモノも中にはあると思います。 ウーハーのエッジは、販売しているお店で張替え済みの場合が、今では常識だと思います。 ネットワークの部品を変えてしまったら、「JBLの純正と違う」っという人もおられるかもしれませんが、 ネットワークが正常に機能していなければ、ユニットの性能を発揮できないと思うのです。 定数や回路を帰るわけではありません。部品を取り替えて音が良くなればいいと思ってます。 ネットワークに問題がなければ、全然部品を取り替える必要はないのですが、 私が以前使用していたN1200っというネットワークはかなり劣化しているように感じられました。 なので、ネットワークを修理にだしたことがあります。 結果、素晴らしく歯切れのいい音になりました。これが元の音だと思いました。 これだったら、JBLの純正の部品にこだわらず、治した方が良かった。っと思ったことがあります。 なので、安心して使用できるメンテナンス品の方が私はこのましく思います。 しかし、再着磁までは必要と思っていません。 再着磁が必要なときは、音の劣化っというより、左右の音のバラつきが出たときだと思っています。 左右のユニットで、音量に差があるのであれば、再着磁するっという方法もあるかと思いますが、 私は、1950年代のJBLのスピーカーを色々と聴かせてもらったことがありますが、 左右で音の差がわかるようなスピーカーには出会ったことはありません。 なので、数年に一回とか再着磁する必要ないと思います。 私のユニットはもう相当古いですが、まったく問題ないです。 上司のユニットはもう40年以上使っていますが、まったく問題ないです。 再着磁をするとなると、ウーハーだけとかドライバーだけではなく、 すべてのユニットを再着磁しなければ、低音と高音のバランスがとれなくなると思います。 かなりの出費になってしまいます。 前の持ち主が極端にユニットをバラしていない限り、激しい減磁の心配をする必要なないと思います。 自然と減磁しているものについては、気にしていません。 4333は、私からしたら、エンクロージャーが小さいと思っております。 なので、カタログ値のような低音が出ているとは正直思えません。 しかし、小さいがために弾力のある低音がポンポンとでることが魅力だと思っております。 それと、2420だけだとちょっとキツイ音に私は感じますが、2405がプラスされていることで、 聴きやすいうえに音がリアルに感じます。 大きめの音で聴いたときは快感だと思います。 4312Aと比べたら、すべてのCDやレコードを聴きなおしたくなると思います。 やはり、38ウーハーとホーンっというのは、コーン型スピーカーと全く違うと私は思っています。 4333AとBのどちらを選ぶかといわれたら、私はAを選びます。 私の耳では違いはわからないっと言っても、当時のJBLの魅力はやはりアルニコ磁石だと思います。 アルニコ磁石が人気があるのは、なんだかんだいっても音が違うのだと思います。 フェライト磁石は柔らかい音で、アルニコは歯切れのいい音だと、 上司から聴いたことがあります。 そう言われればそんな気もしますが、そんな簡単なことではないと思います。 ビクターのスピーカーのアルニコ磁石です。 しかし、JBLとはまったく音が違います。 なので、アルニコだからこんな音、フェライトだからこんな音とは言えないと思っています。 磁石だけで音は語れないと思っています。 JBLも4333AからBに変えるときに、フェライトでもアルニコと比べて音質が落ちた。 っというモノは作っていないと思います。 マニアの方にしてみたら、明らかに音質が変わったっという人もいらっしゃいます。 しかし、やっぱり私には明らかな違いがわからないです。 ちなみに、ケンリックサウンドの4333BWXのYOUTUBEがありますが YOUTUBEで聴いても素晴らしい音です。 でも4333AWXの方に魅力を感じてしまいます・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

とても丁寧な説明ありがとうございます。ご経験が手に取るようにわかりました。同じ型番商品でも、経年によってそれぞれ劣化状態や音質も違うと思います。多くを比較はできませんが、現在の4312Aを基準に購入を検討したいです。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • アルニコマグネットの減磁について

    マグネットメーカーのHPをみるとアルニコマグネットは保持力が低いという特性があるようですが、これは何を意味するのでしょうか。 取り扱い時に注意することはあるでしょうか。 以下の点を心配しているのですが、問題になることはあるでしょうか。 また、都合上他の材質(ネオジムやフェライト)を使うことは出来ません。 ・鉄板(磁性体)密着による減磁 保持力が低いと磁性体に磁力が引寄せられた場合に減磁するものですか? ・磁石同士を反発させた際の減磁 保持力以上の強い磁力が 加わるとどのような磁石でも減磁するとは思いますが、アルニコは特に減磁しやすいですか?

  • アルニコとフェライト。

    この前、箱に納まった20cmフルレンジスピーカーを下取りにだし、 別のユニットを購入しました。 売る時に箱を開けられ、ユニットを確認されたときに、 初めて「フェライト磁石」と知りました。 私は購入するときに「どこのメーカーかわからないけど、アルニコ磁石だよ」っと 説明を受けました。「おそらく1950年くらいのユニット」っということも言われました。 音はとても良かったので、ユニットを確認せずに店員さんを信用して購入しました。 しかし、フェライト磁石のユニットだったのと、どこのメーカーなのか読み取れず、 ユニット自体にはまったく値段がつかなかったです。 ここまでは愚痴ですが、本題に入ります。 JBLでは、アルニコのモデルとフェライトのモデルでは、中古価格も大きく違うと思うのです。 Yamahaのns-451のようにアルニコ磁石のユニットなのに、数千円でうられているものもあります。 私が初めて購入したスピーカー、sx-500dolcceもアルニコ磁石だったと思いますが、 中古では結構安いです。 ぶっちゃけ、アルニコとフェライトに音の差はあるのでしょうか。 もし音の差はないのに、アルニコの値段が高いとしたら、 それは骨董品的価値のようなものでしょうか。 あと、マグネットにはどのような種類があり、どんな特徴なのかも教えていただきたいです。 「ネオジウム」「コバルト」「パーメンジュール」なんて言葉は聴いたことがありますが、 磁石によって、どのような音の違いがでるのでしょうか。 今後の参考にしたいと思っております

  • フェライトマグネットの減磁について

    フェライトマグネットの永久磁石って『永久』ってあるのに 実際は減磁するんでしょう? どういう場合に減磁が起こるの? またもう一度着磁すれば元の磁力に戻るの? 誰か詳しい人教えてください。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

はじめまして♪ マグネット素材の変更は、一部の素材が政治的背景の問題から入手できなくなったため。 残念ながら、マグネット変更で音の印象が若干違ってしまいました。 どちらが良いか?  これはJBLファンでも意見が分かれる部分で、最終的には個人の好みということとなります。 JBL社のプロフェッショナルシリーズは振動版の劣化による影響を回避するために、定期的な振動版交換を推奨しています。 そのため、経年劣化が早いウレタン製のエッジを採用し、誰が見ても劣化がわかりやすいようにしています。 イベントホールやスタジオなどで酷使されていたら、それこそ振動版自体の劣化も進んでいるので、振動系の入れ替えメンテナンスを行いますが、過酷な使い方をしていない家庭利用の場合は振動版をそのままにしてエッジだけ張り替えるというケースが多いようです。 中古品の入手に関しては、このエッジの張替え状態が重要でしょう。 ケーカー側ではエッジだけの張替えサービスをしていませんから、他の業者や個人が張替えを行います。 JBLはファンが多いので個人向けのエッジ素材も多種多様なものが販売されていますし、張替え時の工作制度などでも仕上がりは違ってきます。 残念ながらネットオークションの写真くらいでは、本当の状態までは見極め出来ないので少々不安が残ります。 ユニットを取り外して裏面からコーン紙とエッジの接着状況を見られれば良いのですが、なかなか難しいのが現実ですね。 アルニコマグネットは強い振動で減磁します。 しかしプロユースのような過酷な使い方でもしていなければ、影響が現れるほどの問題はありません。 もちろん、正規のメンテナンスには再着磁などのメニューもあります。 ユニットを買い換えるよりは安いと言う程度で、かなりの費用がかかりますけれど、プロフェッショナルの世界とはそういうものなのでしょう。 私は子供の頃に、近所でオーディオファンのお宅に招かれて初期のアルニコモデル、4333Bを聞かせてもらった経験があります。その後4343Bへ変えたのですが、そのときも招いてもらって、率直な印象は4333のほうが好きでしたねぇ(笑) 購入された方は、4333は鳴らしやすかったが、4343は気難しい、といってその後2年間ほど、聞かせてもらうたびに置き方が変わっていたのを思い出しました。その後はアルテックのModel 9861でした。こっちはポン置きでも浪々と成っていたような印象が残っています。 4333の場合、たしかに大口径ウーファーと、ショートホーンのつながりには荒い部分があったと思いますが、その問題よりももっと大きな魅力のあるサウンドが特徴ですね。 マグネットの違いによるわずかな違いよりも、固体の状態が良い機種にめぐり合ったほうがハッピーになれると思います。 また、比較的セッティングは楽とは言いましたが、本領発揮にはそれなりに労を惜しまないことですので、頑張ってくださいね♪

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ウレタンエッジは意図的に劣化指せるように作成されているとは知りませんでした。アメリカ人のいい加減さではなかったのですね(笑)。ユニット全体をいじくるのはなるべくしたくないので、よい中古品を探すしかなさそうです。現在の4312Aもオーバーホールしたとき、業者にツィーターのコイルにかなりの緑青が付着していて、時間の問題で音がでなくなるが、ここは複雑なのでいじくれないと言われました。中古車と同じで当たり外れがあることも認識させていただきました。ご丁寧なアドバイスありがとうございました。

  • 回答No.2
noname#192015
noname#192015

回答ではありませんが アルニコ磁石が使われなくなったのは 原材料のコバルトが兵器利用(戦略物資)目的で価格高騰したためです。 ですから長期間使用による減磁の問題が直接の要因ではありません。 バブル期辺りから価格も落ち着き民生品に利用可能となってきました。 それでも一般的なフェライト磁石よりも高価なので使用範囲、目的、用途は限定的です。 さらには強力なネオジウム磁石の登場でアルニコ磁石にこだわる必要も無くなっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

兵器利用だったんですね。ネットで調べた際には環境保護を理由にとありましたが知りませんでした。アルニコにこだわる人もいるので何かしら違うのでしょうが、私はそこまでJBLの信者ではないので、気にしないことにします。適切な回答ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • adenak
  • ベストアンサー率34% (180/526)

ズバリどちらがと言いましても。他人が勧める物をあなたはためらいもなく購入するのでしょうか?有る程度はアルニコはとかフェライトは云々も有るでしょうが。試聴できるところが有れば自分のAMP、お気に入りのCDを持ち込み聴いて自ら選んで下さい。どちらにしろ時間が経てば再着磁も必要でしょうが、それよりもウーハーのエッジがウレタンなのでは?10年毎に交換が必要です。場合によってはもっと短いかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

他人が勧めるものを聞いても意味がなければ最初からお尋ねしません。鵜呑みにするのではなく、様々な方が勧める根拠や実際使用した方にしかわからない経験を聞きたいのです。最後に機会があれば自分の耳で判断は当然のこと。エッジ交換程度なら消耗品だと思えば問題ありません。ツィーター裏側のコイルの緑青など致命的で手が付けられない箇所の故障の方が問題だと思います。参考になる情報を拾いたいと思って書き込みました。adenakさんは因みにこれら2つのスピーカーの違い、音質の好みを主観ではどのように思われいて、こう回答されたのでしょうか?

関連するQ&A

  • スピーカー選びで大変迷っています。

    スピーカー選びで大変迷っています。 迷っているスピーカーは JBL 4311A JBL L44 JBL SP-LE8 上記のアルニコ採用モデル 後なぜか、THIELのCS1.5 (オーディオショップで安い為) 上記4品番で迷っています。 使っているシステムは アンプ:ラックスマン 38F CDプレイヤー:TEAC VRDS-48X です。 聞く音楽はポップスからジャズまで、クラッシック以外は色々聞きます。 今までは、JBL4301を使っていたのですが、ツイーターから出る音が歪みが出てきており ヤフオク買ってツイーターだけ交換するのも手ですが、今回ついにスピーカーを交換しようと思っています。 是非とも参考になるご意見お待ちしております。

  • オーディオの接続が上手くいきません

    PC音源 → サウンドサイエンスM5 → ラックスマンL-550AXアンプ → JBLスピーカー 上記のシステムでオーディオを楽しんでおりましたが、先日CROWNのD-45を 入手しましたのでこれをパワーアンプとしてJBLとラックスマンとスピーカーの間に かまそうと接続しましたが、音はなるものの、上記設定2番目のM5がなぜか機能して いません。この理由がわからないのですが、ラックスマンをプリ使用すること にしか問題がなさそうです。音はしっかり出ているのですが、音源によっては M10を活用した方が圧倒的に楽しめるので困っております。(M10に問題なし) この箇所の接続はラックスマンのプリアウトのRCA端子から、D-45の XLRへの接続(片方がRCA端子用でもう片方がXLRのケーブル)で音声を 出力送信しています。M10を通過してラックスマンアンプに入っている音源が、 プリ設定にするとM10全てのV端子を回しても機能しなくなるのはなぜでしょうか? 因みにM10の音声ボリュームをゼロにしても音は鳴っております。要するにある一定の 音が固定化されてD-45に送り込まれている印象なのですが、 この現象について可能性をご指摘いただける方よろしくお願いします。 因みに、D-45はよくない云々等の、質問に関係ない回答はご遠慮願います。

  • ラックスマンL-550AXとCROWNのD-45

    PC音源 → ラックスマンL-550AX → CROWN D-45 → JBLスピーカー 上記の設定を行いたいのですが、質問があります。 現在、XLRケーブルを所持していますが、CROWNの差し込み口が メスです。したがってオス側のケーブルを差し込みました。 ケーブル反対側はメスになっています。 困ったことにラックスマンの出力部はRCA端子のようです。 XLR端子部はどううやら入力用のようですし、しかもメスです。 ここで質問があります。 現在XLR端子を購入していますが、このままでは ラックスマンアンプに接続できませんが、以下のどの方法が 音質的に最良でしょうか? (1) XLR→RCAの変換プラグを使ってCROWNとラックスマンをつなぐ。   お勧めの変換プラグありましたらURL記載お願いします。 (2) 片方(CROWN側)がXLRオス、反対側(ラックスマン側)がRCAの端子の   ケーブルを購入し直す。   こちらもお勧めありましたらURLお願いします。 当方オーディオには詳しくないので、わかりやすい説明お願いします。 他にもよい方法があれば教えてください。お勧め方法など。 あと、上記のやり方間違ってないでしょうか。よろしくお願いします。

  • 私の所持機種に合うスピーカーをお教えください

    こちらで色々教えていただき、なんとかいい音が聴けるようになってきましたオーディオ初心者です。 レコードプレーヤー oracle MKII ユニバーサルプレーヤー Pioneer DV-S969AVi プリアンプ Mcintosh c29 パワーアンプ Triode TRV-A300SE(プリメインアンプですが、パワーアンプとして使用) と、皆さんから見ると変な組み合わせに思われるかも知れませんが、私なりに精一杯頑張って揃えました。 そしてスピーカーです。現在サンスイの古いスピーカーSP-2002を使用していて、音に大満足で毎日がシアワセなのですが・・・ 私はJBLもタンノイの音も聴いた事がないのです。 もしかしたら現在大満足のこの音より、もっと素晴らしい音があるのでは?と思うようになりました。オーディオは値段ではないとの意見も拝見しますが、他の機器に比べスピーカーの値段が安い事も気になっています。 早速未経験であります「試聴」をしなければと思い、まずハイファイ堂に行く予定を立てました。なぜなら中古のハイエンドスピーカーを狙っているからです。 ですが、店はたくさんあり、機種もたくさんあり、人中でゆっくり出来ない私は、何件も回ったり長時間店内で試聴するなんてとても無理なのです。外出そのものが苦痛なくらいなのです。 ですので、ある程度皆さんにオススメの機種を伺い、その機種がある店に行くようにしたいのです。私の所持している機種に合うスピーカーを、お教え願えますか。部屋が広くスペースに余裕があるので、大型スピーカーに憧れています。ローンを組むつもりですので、ある程度高額なものでも構いません。新品のものでも結構です。 クラシック、ミュージカル、女性ボーカル、ボサノバなどを聴きます。 宜しくお願い致します。

  • 日本のスピーカーは音楽を楽しめない?

    よく、JBLやALTECはアメリカ西海岸のようなカラッとした音。 日本やドイツのメーカーは真面目な音。 なんて聴いたことがありますが、そんなことが今でもあると思いますか? もう家ではオーディオシステムを置くなと言われていますので、 仕事場にほとんどの機器を持って行きました。 今度家では、小型アンプと小型スピーカーで音楽を聴くことになりました。 それで、小型スピーカーを買いに行きました。予算は4~6万円です。 JBL、victor、bose、JMlab、fsotex、ミッション、CAV、 クォード、マグナット・・・この9機種の中古を試聴しました。 同じアンプ、同じ場所で近距離で視聴させてもらいました。 すごく楽しかったです。貴重な経験だと思いました。 試聴結果、ダントツでJMlabっというスピーカーが気に入り購入しました。 試聴したスピーカーの国を調べてみたところ以下の通りです。 ミッション・・・イギリス クォード・・・・イギリス マグナット・・・ドイツ BOSE・・・・・アメリカ JBL・・・・・・アメリカ FOSTEX・・・・日本 victor・・・・・日本 CAV・・・・・・中国 JMlab・・・・・フランス これをみると、お国柄っというのは関係ないように思いました。 ネット上では 「日本のスピーカーでは音楽を楽しめない」 「世界的に日本のスピーカーは人気がない」 「音を正確に聴き分けたり、計測するのに向いている」 っなどと結構書かれていますが、 日本人のイメージのような気もします。 私はJMlabを購入しましたが、人によっては「ドンシャリ」 または「高音がキツイ」っと言う人も多いと思います。 日本だってガレージメーカーで、実際に素晴らしい音を出している メーカーもありますよね。 ひとくくりにされるとかわいそうな気がします。

  • おすすめのスピーカーを教えてください

    現在, アンプはマランツのPM-80a レコードプレーヤーはケンウッドのKO-7010 CDプレーヤーはサンスイのCD-α307 を所有しております。何れも,昔使っていたものを,最近引っ張り出してきたものです。 スピーカーは,中古で手に入れたJBL216PROとYAMAHAのNS-10MPROを使っていましたが,運の悪いことに,4本中3本のツウィーターがほぼ同時に死んでしまいました。 そのうちユニットを交換するなどして再生したいと思っていますが,とりあえず現在音楽がまともに聴けない状況ですので,新しいスピーカーを探しています。 他のシステムが,古く,しかも高級機ではないので,高価なものは求めていません。中古で十分です。 よく聞く音楽は,80~90年代のブリティッシュロック,山崎まさよし,スピッツ,YUKI,aiko等です。あまりハードなものは聞きません。 予算は,高くても5万円程度ですので,ブックシェルフ型,とすると低音には贅沢を言えないので,ボーカルがよりきれいに聞こえることを重視したいです。 現在候補に挙がっているのが,次の機種です。 ダイヤトーン DS200Z パイオニア S-A4-LR パイオニア S-HE7 MONITOR AUDIO BRONZE BR2 B&W DM601S3 KEF IQ3 等です。現在試聴が不可能な場所にいますので,値段とネットでの情報から絞り込みましたが,かなり雑多な選択になっていることはわかっております。 上記の機種,もしくはそれ以外でも,お勧めの選択がありましたら,是非ご教授ください。

  • JBL スピーカー 4315

    JBL スピーカー 4315 を捜しています。価格はどのくらいになるでしょう?

  • JBLスピーカについて

    JBLスピーカの購入を検討してます。 狙いは4429です。 が、JLBスピーカにはスタジオモニタとハイセンシティビティがあることを知りました。 前者はアメリカでは業務用で家庭では使わないと記事を見たことがあります。 後者は家庭用であると。 日本でオーディオ好きは前者を購入することが多いみたいですが。 実際、仕様面は異なりますが、JBLのコンセプト等の違いはあるのでしょうか。 違いがよくわかりません。

  • JBL43**、4345 スピーカー

    JBL43**SP  オーディオ素人 音楽大好きなオーディオ素人です。 JBL4343か4435の購入を考えています。(←直感的に音が良く、インパクトが強かったという動機ですが・・・) ノートパソコンから音楽出力したいと思います。 このSPに合う機材(プリアンプとパワーアンプ?この違いも良く分かっていません・・・)をご教授ください。 できれば新品が良く予算は50万よりできるだけ安価なほうが良いです。 もちろん愛好家の皆さんに 「そんな金額でこのスピーカーを扱えるわけないだろ!」 と言われると思いますが、久々に欲しいものに出会ったのでお許しください。 聞く音楽のジャンルは、ロック・JAZZ・テクノ・R&B・・・・演歌・クラシック以外全てです。 よろしくお願い致します。

  • JBLのスピーカーを探しています。

    皆様はじめまして。 どうかお助け下さい。 かれこれ一年程、JBLのスピーカーHC5000を探しています。 大手電気量販店やネット通販ショップ、オーディオ専門店等およそ雑誌やネットで連絡先がわかるお店に問い合わせしたと思われますが、生産終了している事もあり、流通在庫にも中古品にも出会えませんでした。 海外サイト等はこれからあたるつもりですが、出来れば国内で入手したいので、もし皆様の中で、現在販売中のHC5000をご存知な方がおられましたら、お教え願えませんでしょうか? どうかよろしくお願いいたします。