• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

fedora grub2のブート対象除外

2点、ご教授お願い致します。 「やりたいこと」 Fedora18とwindows7をデュアルブートにしたいと考えております。 HDD一つを、2つのパーティションに分割し、win,fedoraをインストールしたいです。 「環境」 ・windows7とfedora18のデュアルブート 「ディスク構成」 ・添付画像をご確認願います。 「/etc/default/grub」(grub2の設定を行っていると思われるファイル) ・添付ファイルをご確認願います。 「質問1」 PC起動後、GRUBブート対象選択画面にて、下記4つのOSが表示されます。 □fedora 3.7.2_201.fc18.x86.64 □fedora □advance options for fedora □windows7(loader)(on/dev/sda1) →これは問題ない fedoraが3つ作成されたように見受けられます。(それぞれ起動する) どれが正しいfedoraなのでしょうか?それぞれどういう意味があるのでしょうか? 「質問2」 GRUBブート対象選択画面には、fedoraとwindows7の二つにしたいのですが、 どのように修正すれば良いのでしょうか? 調べても手が着けられませんでした、申し訳ないのですが、ご教授ねがいます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数604
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • yakan9
  • ベストアンサー率54% (2109/3904)

> fedoraが3つ作成されたように見受けられます。(それぞれ起動する) > どれが正しいfedoraなのでしょうか?それぞれどういう意味があるのでしょうか? それぞれ起動できるとのことで問題はないと思います。 /boot/grub2/grub.cfg というモジュールを見てもらうと分かると思いますが、 1.fedora 3.7.2_201.fc18.x86.64 2.fedora 3.advance options for fedora といった3個のコールエントリが作られていると思います。 menuentry といったものがそうです。 2.と3.は、Fedora18をリリーズした際に、手直し、手直ししてやっとの思いでリリースにまで持ってきた残骸のようなものだと思います。 正確には、 Fedora,with Linux3.6.10-4.fc18.x86.64 といった、バージョン名が記されたものは、リリース直前までデバッグしていたものではないかと思われます。 リリース後すぐに新しい、 fedora 3.7.2_201.fc18.x86.64 を正式なFedora18のバージョンとしたかったのだと思います。 という訳で、ご存知だと思いますが、今回のリリースは、延期、延期の連続で相当プロジェクトとしては、焦っていたのだと思います。 よって、Fedora18としての「産声」を上げたバージョンは、「fedora 3.7.2_201.fc18」としたいのだと思います。 > GRUBブート対象選択画面には、fedoraとwindows7の二つにしたいのですが、 > どのように修正すれば良いのでしょうか? 削除するだけですが、できればそのまま使うことをお勧めします。 カーネルの世代管理は、別なところで管理され、既定値を設定して管理されたいます。 /etc/yum-conf の中の、 installonly_limit=3 3世代管理ということになっていると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変丁寧な回答ありがとうございました。 回答を元に、確認をとることができました。 勉強になりました。

関連するQ&A

  • Win7ブートマネージャ~GRUB2

    Windows7とUbuntu11.04のデュアルブートしています。 最初はGRUB2を使っていたのですがEasyBCDでWin7のブートマネージャに切り替えました。 でも,Win7を選択すると普通に起動出来るのですが,Ubuntuを起動しようとすると,GRUB2に飛んでしまいます。 これは普通でしょうか? また,Win7のブートマネージャで直接Ubuntuを起動できるようにする方法はあるのでしょうか?

  • GRUB2ブータブルCD-ROMの作り方について

    Fedora14でGRUB2(1.98)環境です。 GRUB 1.99 beta0 のマニュアルサイトを参照してブータブルCD-ROMを作成しました。 http://www.gnu.org/software/grub/manual/grub.html#Making-a-GRUB-bootable-CD_002dROM しかし このCD-ROMではGRUB2(1.98)にはならず、GRUB(0.97)のブータブルCD-ROMになってしまいます。 公式のマニュアルのはずなので記述内容は間違いが無いと思うのですが、 なぜGRUB2(1.98)のブータブルCD-ROMが作成できないのでしょうか。 なお、USBメモリや通常のHDDではGRUB2(1.98)をインストールしてGRUB2(1.98)でブートできています。

  • grub2をインストールして、何個かコマンドを打ちこむと起動不可能になりました

    ふとgrubでなくgrub2が必要になりインストールした後、メッセージに表示されていたupgrade-from-grub-lagacyというコマンドを打ちこんでしまい、恐らくMBRが書きかえられたようで起動不可能になりました。 私はこのコマンドがgrubの設定をgrub2でも使えるようにしてくれるコマンドかと思っていたのですが、違ったようです。(よく英語のメッセージを読んでなかった。。。) 今の所起動すると「Error 15」と表示されるのみでgrubの選択画面に行きません。 UbuntuのLive CDでマウントしてみた所、ファイルシステム自体は壊れていないようです。 とりあえず色んなファイルをバックアップしている途中なのですが、できればMBRの書き変えのみで済むととてもうれしいです。 パーティションテーブルは、fdisk -lした所 Disk /dev/sda: 200.0 GB, 200049647616 bytes 255 heads, 63 sectors/track, 24321 cylinders Units = シリンダ数 of 16065 * 512 = 8225280 bytes Disk identifier: 0xd39fe876 デバイス Boot Start End Blocks Id System /dev/sda1 1 192 1536000 27 不明 Partition 1 does not end on cylinder boundary. /dev/sda2 * 192 13246 104857600 7 HPFS/NTFS /dev/sda3 13247 24321 88959937+ 5 拡張領域 /dev/sda5 13247 13743 3992121 82 Linux swap / Solaris /dev/sda6 13744 21710 63994896 83 Linux /dev/sda7 21711 24321 20972826 b W95 FAT32 と出ました。(手打ちなのでちょっと違う所があるかもしれませんが。。。) /dev/sda[23]はWindows Vistaを入れています。 /dev/sda1はそれのリカバリ領域だったと思います。 メーカー製だったので変な領域がついてますが。。。 /dev/sda7はWindowsとLinux両用のための領域です。 それで/dev/sda5がswap領域で/dev/sda6が肝心のUbuntuをインストールしている領域です。 この領域をブートするようにしたいのです。 ブートできればgrub2をアンインストールしてgrubを入れなおすなど何かできるかもしれません。。。 ググってみたところ、一番自分の症状と似てるのは↓の最初のページです。 http://74.125.153.132/search?q=cache:vNLpbmOaCKwJ:yyatsuo.com/grub2-setting.php+grub2+error+15&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jp&lr=lang_ja http://groups.google.co.jp/group/linux.debian.user/browse_thread/thread/9c20f3d6297dd9fb http://www.google.co.jp/search?hl=ja&safe=off&q=grub2+error+15&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja&aq=f&oq= 今このページの通りに grub> root (hd0, 5) grub> kernel /boot/vmlinuz-2.6.28-15-generic root=/dev/sda5 と打った所、Segmentation faultしてしまいました。やはりUbuntuのLiveCDでは無理なのでしょうか。 また、grubの知識は「色んなコマンドで設定を変更し、setupで実際にMBRの書き変えを行う」というような曖昧な知識のみです。。。 今日もこのノートPCを使うのでかなり困ってます。。。誰かご教授願えないでしょうか。 ちょっと焦っているので乱文乱筆すいませんm(_ _)m

  • windowsとUbuntuのデュアルブートP.2

    Windows7とUbuntu11.04のデュアルブートしています。 pc起動時のOS選択画面(GRUB2)でいらない項目を消したいのですがどうすればいいですか?(Windows7が二つあって,HDDを確認したところWindowsREとなっています。リカバリディスクに関係する所だと思うのですが,その領域を消さないでブートメニューから消す方法がしりたいです。)(/boot/grub/grub.cfgを直接書き換える方法以外でお願いします) また,できればGRUB2をWindows7のブートマネージャに切り替えたいと思っているのですがなるべく簡単な方法を教えてください。

  • VistaとFedora 10のデュアルブート

    Windows Vistaマシンに、Fedora 10のデュアルブート化を試みました。 結果的にFedora 10との共有化ができましたが、 1点問題が残りました。 それは、立ち上げ時に、Fedora 10のブート画面となってしまうことです。 できれば、Windowsのブート画面からVistaかFedora10を選択できるようにしたいと思ってます。 色々調べてみましたが、MBRとやらが書き換わってしまったのかな? といった予想です。 そこで、元通りのWindowsでのブート画面にしたい場合は、どのようにしたらよいでしょうか? 何か策がある方いらっしゃいましたら、ご教授お願いたします。 ※VistaはインストールCDはなく、再セットアップディスクしかありません。。

  • grub2がおかしい

    ubuntuを12.04にアップデートしました。 ubuntuは/dev/sda7にインストールされています。 grub2もsda7にあります。 windowsのローダから、grub2をチェインロードしています。 ところが、grub2のメニューでubuntuを選択すると、 error : no such partition press any key to continue と表示されます。 /boot/grub/grub.cfgを見ると menuentry 'Ubuntu, with Linux 3.2.0-23-generic' --class ubuntu --class gnu-linux --class gnu --class os { recordfail gfxmode $linux_gfx_mode insmod gzio insmod part_msdos insmod ext2 set root='(hd0,msdos7)' search --no-floppy --fs-uuid --set=root 9a612e22-6915-4b08-9491-0f8a394c7fe3 linux /boot/vmlinuz-3.2.0-23-generic root=UUID=9a612e22-6915-4b08-9491-0f8a394c7fe3 ro quiet splash $vt_handoff initrd /boot/initrd.img-3.2.0-23-generic } となっているので、これを改造して、/etc/grub.d/40_customに追記してupdate-grub2 すればいいんですかね? uuidはあってるんですが。 これからどこをチェックすればいいんでしょうか。

  • Fedora7or8のUSBHDDへのインストールについて (長文です)

    Fedora7or8のUSBHDDへのインストールについて 確認したいことがあります。 デジタルライフの『windows XP』のカテゴリーで 『XPとはFedora7のデュアルブート(別HDD)』という質問があり 『USBHDDをつければFedoraが起動できUSBHDDをはずせばXPが起動できるようにしたい』 その質問にアドバイスしていた者ですが、 USBHDDにFedoraをインストールして BIOSの1stブートをUSBHDDに変更しておけば USBHDDを取り付けて再起動したとき Fedoraが確実に起動するのでしょうか? Fedoraインストール時、USBHDD(sdb)を指定してインストールした場合、grubはUSBHDD(sdb)に作られていると考えていいのでしょうか また、このような使い方をしている方は居られますか、 またわそうでない方でもいいので、考えられる不具合があれば教えていただきたいのです。 自分のPCではUSBHDDにインストールでき、またUSBHDDから起動できましたが、自分のPCのBIOSではUSBHDDからのブートがなく(つまり1st,2nd,3rdのブート順位でUSBHDDが選択できず)やむなく1st,2nd,3rdのブートデバイスは無効にして、(その他のデバイスからのブートは有効)F12からUSBHDDを選択して起動させたもので質問者さんの条件とちょっと違うため、確認したかったのです。 みなさんよろしくよろしくお願いいたします。

  • Windows7とFedoraのマルチブート設定

    お世話になります。 EeePCをWindows7のみからFedoraとのマルチブートにしようと、下記の構成にしました。 sda1 Windows7/NTFS C: (hd0,0) 160GB sda2 EeePCのリカバリ領域 (hd0,1) 10GB sda3 EFI sda4 Extend (hd0,3)  sda5 /boot (hd0,4) 0.5GB  sda6 LVM (hd0,5) 78GB そしてMBRにはWBMを残し、WindowsのC:\にGRUB4DOSを設定し、Windowsは WBMからそのまま起動、FedoraはWBM経由でGRUB4DOS→Fedora起動としたいです。 既にWBMの設定は無事完了し、Windows7を選択するとそのままWindows起動、 Fedoraを選択するとC:\に入れたGRUB4DOSが起動するようになっています。 まずGRUBコマンドラインで下記のように入力すると、正しく起動しました。 > root (hd0,4) > kernel /vmlinuz-3.2.9-2.fc16.i686 ro root=/dev/VolGroup/lv_root > initrd /initramfs-3.2.9-2.fc16.i686 > boot 次に、GRUB4DOSのmenu.lstに上記と同様の内容を書いて、titleを設定したのですが、 メニュー画面で該当項目を選択すると、再起動してWBMの画面に戻ってしまいます。 その際、一瞬エラー表示のようなものが表示されますが、一瞬過ぎて解りません。 そこで質問です。 1.ぶっちゃけ、何がまずかったのでしょうか? 2.エラー発生時に自動で再起動せずフリーズさせる、または  一定時間で再起動させるにはどう設定すればよいでしょうか? どうかご教示の程、よろしくお願いします。

  • Ubuntu9.10のブートCDの作成方法

    Ubuntu9.10をUSBにインストールしたのですが、USBブートが出来ないパソコンで使うにはブートCDを作らないといけないみたいなのですが、 作り方がわかりません。 ネットで調べたところmenu.lstを編集してイメージファイルを作る方法が書かれているのですが、Ubuntu9.10はGRUB2なのでmenu.lstは存在しないみたいです。 変わりにgrub.cfgがあり $ grub-mkrescue grub2-boot.iso でイメージファイルを作り、CDを起動してみました。 こんな感じでgrub.cfgに書かれている内容を入力して bootってやるとWindowsが起動してしまいました・・・ grub> insmod ext2 grub> set root=(hd0,6) grub> linux /boot/vmlinuz-2.6.31-14-generic root=/dev/sda6 ro grub> initrd /boot/initrd.img-2.6.31-14-generic grub> boot コマンドで入力するのではなくて、OSの選択画面が出るブートCDを作りたいのですが、 どうすればいいのでしょうか? またブートCDはUSBにインストールした直後しか作れないのですか? バージョン違いの情報が多くて頭が混乱している状態です。

  • Fedora 20 のマシンに、新たに Windo

    RAIDで構築してある Fedora 20 のマシンに、新たに Windows 7 をインストールする事にしました。 Windows を後からインストールすると MBR が書き換えられ Fedora が起動できなくなるようなので、以下のような手順で 作業しようと計画しています。 以下の作業手順で問題になりそうな所や、不足している所、 余分な所がありましたら、ご指摘いただければ幸いです。 構成 RAIDデバイス  実デバイス   マウントポイント RAID1-boot sda5,sdb5 /boot RAID1-system sda2,sdb2 / RAID1-swap sda3,sdb3 swap RAID1-home sda1,sdb1 /home RAID1-VirtualBox sda6,sdb6 /VirtualBox なし sda7 Android-x86 作業手順 1. /VirtualBox を非RAID化し、/dev/sdb6 を /VirtualBox  として使用し、/dev/sda6 に Windows 7 をインストールする 2. /boot のディスクイメージをバックアップする 例 dd if=/dev/md/RAID1-boot of=/mnt/usb/grub-bup/fedora-boot.img bs=512 count=1 3. /boot を非RAID化する 例   umount /dev/md/RAID1-boot vi /etc/fstab で /boot 部分をコメントアウトする mdadm --misc --stop /dev/md/RAID1-boot mdadm /dev/md/RAID1-boot -r /dev/sda5 -r /dev/sdb5 mdadm --misc --zero-superblock /dev/sda5 /dev/sdb5 4. /dev/sda6 の領域を fdisk コマンドで解放する 5.念の為 /dev/sdb の HDD の電源を切っておく 6. 空いた領域に Windows 7 をインストールする 4の作業で /dev/sda7 が /dev/sda6 になるので /dev/sda7 に  インストールされる??? 7.Windos 7 の正常起動を確認する。 8. /dev/sdb の電源も入れて Fedora Live CD で起動する。 9. USBメモリにバックアップしたディスクイメージを書き戻す。  例 dd if=/mnt/usb/grub-bup/fedora-boot.img of=/dev/sda5 bs=512 count=1 dd if=/mnt/usb/grub-bup/fedora-boot.img of=/dev/sdb5 bs=512 count=1 10.HDD から Fedora を起動する。 11. /boot をRAID化する。  例 mdadm /dev/md/RAID1-boot --add /dev/sda5 --add /dev/sdb5 12. /dev/md/RAID1-boot の UUID が変わっているか確認して    /etc/fstab を編集する。(現状 UUID で記述しているためです) 12.grub2-mkconfig で /boot/grub2/grub.cfg を再作成する。 作業手順 9 辺りから、かなり不安で何度も頭で演習して 80% 位こんな物かと 思っています。 11 で add する前に、もう一度 create する必要はない??? Fedora Live CD から起動して、RAID化されているディスクに直接書き込めれば いいのですが、やり方がわかりません。 そのため、一度非RAID化しております。 最悪 Fedora を再インストールしてバックアップから戻して復旧するという 事も視野に入れていますが、できれば短時間で済ませたいです。 識者のご助言を頂ければ幸いです。