-PR-
解決済み

Wordのぶら下げインデント

  • 困ってます
  • 質問No.76264
  • 閲覧数683
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数5
  • コメント数0

お礼率 90% (118/130)

こんにちは。

Wordのぶら下げインデントってどんな時に使うと便利なんでしょうか?

1行目のインデント、左右インデントは便利だなーって思うのですが、ぶら下げインデントって使ったことがなくて、どんな時に使ったらいいのかわからないので教えてください。
通報する
  • 回答数5
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
レベル12

ベストアンサー率 52% (206/389)

lehuaさんこんにちは
文書の一般的な書式として、「段落の最初は1文字あけて書き始める」という取り決めがありますが、箇条書きやタイトルが複数の行になる場合、あるいは文書中に図や表を挿入して簡単な説明を入れる場合など、2行目以降にも独自のインデントを使う場合に使います。私の場合、特に箇条書きでタブ空白を使う時に多用します。
お礼コメント
lehua

お礼率 90% (118/130)

TTakさん、ありがとうございます。

>箇条書きやタイトルが複数の行になる場合
>文書中に図や表を挿入して簡単な説明を入れる場合
なるほどー!!!
そうですよね。こういう時ってよくあります!
投稿日時 - 2001-05-21 22:51:56
-PR-
-PR-

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.5
レベル9

ベストアンサー率 47% (18/38)

>Wordのぶら下げインデントってどんな時に使うと便利なんでしょうか?

Wordで改行を入れずに文章を作成する場合、ぶら下げインデントがないと
全ての行頭の開始位置が揃ってしまいます。
逆に、ぶら下げインデントがあると1行目と2行目以降の行頭の開始位置を
変えることが出来ます。もちろん揃えることも出来ます。

■ぶら下げインデントの使用例
・レポートとかで1行目に1文字分スペースを空けてから書き出せる。
(スペースの入力無しで、Wordの場合自動的インデントされる時も有る)
お礼コメント
lehua

お礼率 90% (118/130)

koutakaさん、どうもありがとうございます。
投稿日時 - 2001-05-21 22:55:35

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 50% (1122/2211)

箇条書きや段落番号がついているところは「ぶら下げインデント」です。
お礼コメント
lehua

お礼率 90% (118/130)

a-kumaさん、どうもありがとうございました。
投稿日時 - 2001-05-21 22:49:38
  • 回答No.2

インデントマーカーのドラッグってマウス相手の「精密作業」なんで、なんか使ってると「より目」になっちゃうんですよねぇ~

ぶら下げインデントですが、

日時
2001年4月20日
場所
gooフェスティバルホール
会費
3000円

等の文書を書くときぶら下げインデントを少し右に設定して「日時」「場所」「会費」の改行時に「Shift」+「Enter」で改行すると次の行の前にスペースを入れずにすんで便利です。

逆に段落の1行目を1文字字下げしたいとき、ぶら下げインデントを右にずらしておくとスペースの入力が省けます。
  • 回答No.4

すみません!ANo.#2で2行目インデントの説明をしてました。(*^_^*)

ぶら下げインデントは契約書等で

第1条 本契約は・・・・
第2条 契約者は・・・・

とか行った文書を作るとき右側の文書の開始位置を「第1条」の右でツラ一にするときに使っています。
お礼コメント
lehua

お礼率 90% (118/130)

fuyukiさん、ありがとうございます。
契約書みたいなのを作る時は、便利ですよね!
投稿日時 - 2001-05-21 22:54:28
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このやり方知ってる!同じこと困ったことある。経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ