• ベストアンサー
  • 困ってます

●筋肉痛について

日々筋トレに励む40代前半♂です。 約5年、フリーウェイトトレーニング3分割にて回しており、5年も継続しておりますので、それなりに効果はでております。 当初、トレーニングを終えてから、概ね12~14時間後に筋肉痛が始まり、部位により中1日~中3日でフレッシュに戻ると言った感じでした。 当然、部位によって『筋肉痛期間』には差があるとは言うものの、『筋肉痛が始まる時期』に関してはは毎回ほぼ同じでした。 ですが最近、『筋肉痛が始まる時期』と『筋肉痛の期間』に多少バラつきが出てきたように感じています。 具体的に言いますと 『筋肉痛が始まる時期』に関してはかなり遅れる場合が多く、 『筋肉痛期間』に関しては以前より長くなっている場合が多いようです。 以前よりは、より高重量を扱うメニューに変えましたので『筋肉痛期間』が多少長くなることは納得できるのですか、 『筋肉痛が始まる時期』が後ろにずれると言うのがイマイチよくわかりません。 まぁ別に筋肉痛期間が長くなったり時期が後ろにずれたからと言って、筋肉と会話をしながら、当日のトレーニング箇所を決めればよいだけの話ですから、別段困っていると言うわけではないのですが、知識として知っておきたいと思い質問した次第です。 依然と変わった点は… ・最近メニューを見直し、より高重量低回転よりのウェイト、REPSに修正した事。 (筋肥大よりも拳上重量を目指したいと思い、6~10REPS狙いから5REPS狙いに変更) ・食事内容は以前とほぼ変わらず。 (ただし、食事量は増やし、プロテインをウェイトゲイナーに変えた) ・生活強度やライフサイクルには大きな変化はなし。 筋肉痛のメカニズムにはまだまだ解明されていない部分が多いようですが、この『筋肉痛が始まる時期』に関してのメカニズムを解説していただける方の回答をお待ちしております。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数448
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3

>ちなみに、質問には詳しく書きませんでしたが、私の場合も、以前に比べて、より高負荷低回転の方向にメニューを変えたところ、筋肉痛自体は軽いものになっています(場合によっては筋肉痛が起こらない) >別に『筋肉痛=筋肥大』等とは思ってないのですが、それではどうも『やった感』が足りませんので筋肉痛を起こすべく最後の1セットに高レップトレを持ってきたりして自己満足しております。 これまた直接の回答にはなりませんけど、例えばネガで粘れば粘るほど、「やった感」も増しますし、遅発性筋肉痛もより強烈にきますよね。 一般的にはネガティブレップで粘って「筋線維を破壊」することが筋肥大に重要、なんて言われてますけど、個人的にはネガで必要以上に粘ることと筋肥大は関係ないんじゃないかって思ってます。 (「筋線維を破壊」とわざわざカッコ書きにしたのは、この「筋線維を破壊」ってのもちょっと違うと思ってますんで) 筋肥大に必要なのは、あくまで筋肉にどれだけストレスを必要なボリュームで与えられたか、というだけであって、筋線維に一番効率的に刺激を与えられるのはあくまでポジティブ動作の時のはずです。 ネガティブ動作で本当に筋肥大に必要なレベルの刺激を与えるとなると、1RMを遥かに超える重量が必要になるはずで、こりゃ補助なしじゃ不可能ですしコントロール不能な重量なんで危険も増しますよね。 なので、あくまで私個人のトレーニングの方針としては、ネガティブ動作は特に重視せず(といっても丁寧に行うことは変わりないのですけど、必要以上にネガで効かそうとしないだけです。)、ポジティブ動作でどこまでしっかりと筋線維を動員し収縮感を得られたか、ということが筋量および筋力の向上には重要と考えて行なってます。 結局、こうした方(ネガで必要以上に効かせない)が、トレーニング全体としては疲労は軽減できますし、かつポジ動作で十分な刺激は得られてるんで、このやり方が自分には一番合ってると思ってます。 ちょっと回答めいた事を書くとすれば、質問者様の「筋肉痛を起こすべく最後の1セットに高レップトレ」ってのが、おそらく満足感を得るためにネガでそれなりに粘ったりしてるでしょうが、この辺りが高重量低回数トレと組み合わせた場合、遅発性筋肉痛の出方が以前とは違う結果として現れてるのではないでしょうかね?体内でどういう化学変化が起こっているのかは分かりかねますが、野坂和則氏辺りの論文漁れば何か分かるかも知れません。 あ、満足感を得ることは否定しませんよ!これ、モチベーションの維持には必要ですから。それに結果がきちんと出てればトレーニングなんてどんなやり方だっていいわけですからね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度の回答、誠にありがとうございます^^ >筋肥大に必要なのは、あくまで筋肉にどれだけストレスを必要なボリュームで与えられたか、というだけであって、筋線維に一番効率的に刺激を与えられるのはあくまでポジティブ動作の時のはずです。 ネガティブ動作で本当に筋肥大に必要なレベルの刺激を与えるとなると、1RMを遥かに超える重量が必要になるはずで・・・ これは、僕的には目から鱗でした。 いろんな情報を見ていますと「ネガの場合はポジの場合に比べて1.5倍の筋力を発揮する」なんて事も言われてますが、 確かに本当にこれが正しい情報で、ネガで筋肥大を狙う場合もポジの場合と同じく「8~10RMが効果的」だとすれば、到底挙げきれない重量って事になりますもんね。 私のトレーニングパートナーの一人にコンテストビルダーがいるのですが、 そう言えば彼は「1REP目から補助の必要な重量でポジの際には補助を入れて、ネガのみ自力で下ろし5~6REPS」と言うトレーニングを時々入れていましたね。 ここまでできる環境があるのならネガティブ重視のトレーニングも効果的なのかもしれませんね。 「自分の足で補助を入れる事ができるチェストプレスマシン」と言うのを使った事がありますが、うちのジムにも入れてくれないかなぁ・・・と考えてみたり。 >満足感を得ることは否定しませんよ!これ、モチベーションの維持には必要ですから。それに結果がきちんと出てればトレーニングなんてどんなやり方だっていいわけですからね。 そうなんです、モチベーション維持の為です。 以前までは「筋肉痛信者」であった時期もありましたが、「負荷、REPS、SET数、休筋日数」を見直して筋肉痛にこだわらなくなってからの方が飛躍的に肥大しましたから^^ いずれにせよ、筋トレにおいては、「大きな意味での基本的な考え」は存在するにせよ、そのマニュアル通りにやってれば間違いないと言うものでもないですね。 まぁ、その辺りが「奥が深い」と言われる所以、面白みのあるところなんでしょうね。

その他の回答 (2)

  • 回答No.2

全く回答になりませんけど、私は筋肉痛が残っていてもトレーニングしたりもすれば、筋肉痛が消えたからトレーニングするってわけでもなく、「筋肉痛と適切なトレーニングのサイクルは関係ない」と思ってます。 例えば筋肉痛が残っていても、それを承知でトレーニング間隔を詰めてやっていた時期もありますけど、記録が順調に向上してればそれはそれで目的に対して正しい場合もありましたし、停滞してれば休養が十分でない可能性もあるわけで、個人的には「筋肉痛期間」よりも、現在のトレーニングの目標に対しての記録の向上と休養の間隔、こんなことは5年もトレーニングされていれば釈迦に説法でしょうけど、これだけ気にしてればいいような気がします。 まあ、私の場合、筋肉痛は今のところだいたい12時間後ぐらいにやってきますね。(36歳) ただ高重量低回数のトレだと、筋肉痛来ません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答者ありがとうございます。 いつもCrims0nKingさんの回答は参考にさせていただいてますよ。 私もCrims0nKingさんと同じく、筋肉痛発生中にサイクルを詰めてトレーニングしていた時期もありましたし、その逆の時期もありました。 試行錯誤の結果、私の場合は筋肉痛が完全に解消してからトレーニングした方が重量が伸びましたので、現在はそちらを採用しています。 この辺りはかなり個人差もあるでしょうし、好みの分かれるところなのでしょうね。 今回、質問させていただいたのは、『最近になってなぜ筋肉痛発生時期に遅れが生じる様になったのか』と言う極々単純な疑問なんです。 わざわざ前置きしていただいたところを見ると、その辺りは承知の上で回答いただいたものと思っております。 ちなみに、質問には詳しく書きませんでしたが、私の場合も、以前に比べて、より高負荷低回転の方向にメニューを変えたところ、筋肉痛自体は軽いものになっています(場合によっては筋肉痛が起こらない) 別に『筋肉痛=筋肥大』等とは思ってないのですが、それではどうも『やった感』が足りませんので筋肉痛を起こすべく最後の1セットに高レップトレを持ってきたりして自己満足しております。 いずれにしましても筋トレと言うのは奥が深いですね。 その辺りを探りながらやっていくのが楽しいんですが…(笑)

  • 回答No.1
  • u-jk49
  • ベストアンサー率30% (1233/4072)

加齢に伴なう筋肉痛発生の遅れは、単に、体の適応反応の遅れなのでしょうが、遅発性筋肉痛というのは、エキセントリック収縮により強まるようです。筋損傷も、エキセントリックな筋活動でより大きくなりまして、これがトレーニング反応を高めるということになっています。 つまり、簡単に言えば、高負荷トレする私たちの体は、筋細胞内のタンパク質分解に抗して相対的にタンパク質合成が増加します。タンパク質分解はトレーニング中の筋損傷の結果生ずるのですが、これが筋を刺激して、逆に、よりタンパク質合成を強め(早め)まして、結局、筋肥大に繋がります。こういう見解を支持する事例として、先のエキセントリック筋収縮が良く取り挙げられています。 適切な回答にはなっていませんが、ご参考になれば……。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速の回答ありがとうございます。 筋繊維損傷、及びタンパク質合成のメカニズムに関しては、多くの情報にも取り上げられていますので、回答者様の回答内容の通りと理解しておりました。 回答いただいた内容を噛み砕くと、 『仮に同じ負荷、同じREPSのトレーニングにおいて、コンセントレーション重視でトレーニングするよりも、エキセントリック重視でトレーニングした方が筋肉痛発生時期は遅れる』 と言う理解でよろしいのでしょうか? 当方、トレーニング内容(負荷、REPS等)は変更したとは言うものの、意識的にエキセントリックトレーニングを意識したつもりはないのですが…。 ただ心当たりとしては、負荷を増やしたのと時期を同じくして、トレーニングパートナーの有効な補助を得られる環境になった…と言う点は以前との相違点です。 お礼ついでに補足させていただきました。 お時間がございましたら再度回答いただければありがたいです。

関連するQ&A

  • 筋肉痛になりません!

    今僕はジムでトレーニングをしているんですが、まったく筋肉痛になりません、始めの頃は筋肉痛になっていたんですが、最近はまったくなりません!じょじょに回数や重量を重くするんですが、なにかしっくりきません、なぜでしょう?やはり筋肉痛にならなかったら、筋肉はつかないですよねー?とくに胸の筋肉をつけたいんですが、昔から筋肉痛になりません、なにかいい筋トレ方法など教えていただけませんか?

  • 筋肉痛について

    この前はじめて30分のランニングと筋トレをしました。 次の日からは、筋肉痛で歩くのがとってもつらいです。 そもそも、筋トレをしたら、筋肉の繊維が切れてしまってそれを修復するためだといいますが。この筋肉痛の期間、その痛みをこらえてストレッチとかをした方がよいのでしょうか?また筋肉痛はどのくらいでなくなりますか? トレーニングに行くのは2日か3日おきぐらいに行くようにしようと思うのですがそれでよいのでしょうか?

  • 極度の筋肉痛?で動けません

    事務の仕事を5年ほどしていて、全く運動をしていなかったので1ヶ月ほど前からフィットネスジムに通っています。 1ヶ月間週3くらいのペースで運動していたのでかなり慣れてきていたのですが、やっていなかった「ふくらはぎ」のトレーニングをいつもしている部位をやるような調子で頑張り過ぎてしまったようで、 今日起きたら膝をまっすぐ伸ばす事も出来ない程に極度の筋肉痛で歩く事はもちろん、立つことすら間々なりません。 筋肉痛で仕事にいけないというのは避けたいのですが、今の感じで電車に乗って通勤はかなり困難なのです。 明日までに緩和させるいい方法を知っている方がいらっしゃいました、是非教えていただきたいです。 よろしくお願いします。

  • 筋肉痛でのトレーニング

    先日、胸に筋肉痛が若干残っている状態でベンチプレスをしました。 結論から言うとダメでした。潰れました。 軽度とはいえ筋肉痛にも関わらず筋トレを行ったのは、以前このスレで筋肉痛と筋肥大は関係ない(超回復理論と筋肉痛は関係ない?)という説を拝見した為です。 前回胸部のトレーニングをしたのは3日前になります。 中2日の休養では痛みが回復しなかったのですが、力の入る状態であったので試してみました。1RMで潰れ、通常10RMの重量が6回しか挙げられませんでした。 そこで質問なのですが、今回のトレーニングはプラスだったのかマイナスだったのかという事です。 もしかするとそういったトレーニングサイクルに慣れが必要だったのでしょうか?

  • 筋肉痛が残ったままジムでの運動

    週2回のジム通いを始めました。 筋トレも5回がやっと出来る重さで頑張っていますが、水曜と土日のどちらかに行っています。 1回ジム無行くと筋肉痛になりますが水曜のトレーニングで筋肉痛になり、そのまま筋肉痛が取れずに土日になってしまいました。 その時は筋肉痛があったので別の部位を鍛えたり、有酸素運動をしましたが、月曜には筋肉痛は取れました。しかしこのペースで行くと筋トレで1ヶ所を鍛えるのに1週間かかるペースになります。 こういうとき皆さんはどのようにしていますか? 週1回では筋トレになりませんよね?慣れてくれば回復も早くなるんでしょうか?

  • お腹が筋肉痛になりません

    8ヶ月前にジムに入会してマシンでの筋トレとスタジオでのエアロビ等をするようになりました。食事制限は全くしていないのであまり体重の変化はありません。ー2kg程度です。 去年12月頃から最近までの約1ヵ月半ジム通いをサボっていましたが久しぶりにジムへ行き腹筋、ヒップアップ、内腿の筋トレ(マシンの名前が分かりません)とスタジオプログラムを以前のようにやりました。背中、肩、腿などは筋肉痛になり、45分間のエアロビもきつかったです。でも腹筋だけは痛くならないんです。 ジムに入会したての頃、インストラクターの方に腹筋は鍛えれば鍛えるほど内側に発達していくと聞いたので重点的に頑張って翌日はすごい筋肉痛になりました。それでも再び腹筋のメニューをしました。するとその次の日はぱったりと筋肉痛は消えてしまいました。要するに腹筋の筋肉痛は2日で全くなくなったのです。他の部位は痛みは弱くなるものの4、5日間はなんとなく筋肉痛だったのに。 今回、久しぶりにジムへ行き腹筋を鍛えたからきっと筋肉痛になると思っていたのに全くなりません。どの部位よりも重点を置いているのにちょっとショックです。筋肉痛にならないということは鍛えられてないということなのでしょうか?引き締まったウエストが欲しいのでアドバイスお願いします。 ちなみに女です。

  • 筋肉痛が出たら

    18です。高校では運動部に入らなかったので、できるだけ毎日自宅で筋トレをしてきました。 先日、5日ぶりの筋トレで腹筋・背筋・腕立てをそれぞれ50×2ずつ(背筋は20・20・10)に分けてやったところ、翌日には肩周りや肩の後ろあたり、それに腕や、胸筋のうちの肩に近い付け根の付近で筋肉痛になりました。まだ痛いうちに続けてやろうと思ったのですが時間が取れず、結局二日間空いてしまいました。その結果、時間が経つに連れ痛みは段々ひいてきたのですが、筋肉痛って治るまで次のトレーニングはしないほうがいいんでしょうか? あと腕の、肘から手首の間のあたりがとても細いので筋肉をつけたいのですが、何か自宅でできるよい方法ないでしょうか? 質問が二つになってしまいましたがよろしくお願いします。

  • 全身運動による筋肉痛と超回復

    自転車に長時間乗り、太もも以外にも上腕などが筋肉痛になっています。全身運動をした結果だと思っています。このような全身運動を行った翌日にマシンを使用した筋トレ(当然筋肉痛になっていない部位に限ります)や水泳などの他種の全身運動を行うことは体の負担にならないのでしょうか? (1)超回復には48~72時間掛かる (2)筋肉痛になっている部位はトレーニングせずに休養させる (3)筋トレは攻める部位を変えれば毎日行ってもいい この程度の知識は持っています。 では、よろしくお願いします。

  • 筋トレによる筋肉痛が起きなくても休養日は必要?

    毎日、軽く筋トレをしています。 大胸筋は腕立て伏せで行っていますが、最近あまり刺激が感じられず昨晩久しぶりにディップスをやりました。 今朝は筋肉痛になるだろう、と思っていたのですが、大胸筋はまったく痛くならず、背筋と肩が筋肉痛になりました。 昨夜のディップスはゆっくりめで1セット8~9回を4セット、その後更に上げれなくなった状態で、足を台に乗せて 無理やり2セットやりました。 これだけやったら筋肉痛になると思っていたのですが、なりませんでした。 筋肉はトレーニングによって筋繊維が断裂して、それを修復する段階で筋肉が肥大する というふうに理解しているの、筋肉痛が起きないということは休養日を設けずに毎日筋トレを行ってもよいのでしょうか。 やはり1日くらいは休養日を設けて、他の部位のトレーニングをしたほうがよいでしょうか。

  • 筋肉痛はなくても超回復はある?

     表題の件について情報を探しております。  トレーニングを開始したばかりの頃は、必ず筋肉痛があったので、  超回復のタイミングを図り、メニューを作り易かったのですが、  最近は筋肉痛が起こらなくなりました。  このような筋肉痛がない状態でも、超回復は起こっており、  これまで通りのメニュー(割と限界に負荷と回数ですが……)を  継続しても問題はないものでしょうか?  それとも、負荷や回数を増やした新しいメニューを作るべきでしょうか?  みなさまのアドバイスをお願い致します。