• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

映画のタイトルを教えてください

主人公は男か女か忘れました 舞台は地下鉄の駅 最終電車で駅に着きましたが何かアクシデントがあり 駅の入り口が閉まってしまい駅から出られなくなり 一晩駅で過ごすことになりました 駅の壁の裏側には洞窟が掘られており殺人鬼が住んでいて 朝まで殺人鬼と大バトル 普通の駅が恐怖の舞台に、朝になるとお客が来て普段どおりの駅に 大変怖い映画だったことを覚えています 知っている方タイトルを教えてください

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数136
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます 内容を確認しました まちがいありません

関連するQ&A

  • この内容の本のタイトルを教えてください

    小学校の時に読んだ本のタイトルが知りたいです。 覚えている内容は以下の通りです。 でもうろ覚えなので、多少違うかもしれません。 ↓ 主人公(子供だったような)はある日男が人を殺している夢を見る。後日夢に見たのと同じ状況で殺された遺体が見つかった。さらにその後日また同じように男が人を殺している夢を見る。しかし、この夢の中で主人公はその殺人鬼の顔を見てしまった。その日から主人公は男に追われる夢を見る。夢の中で見たのと同じように人が殺されているので、主人公は夢の中で必死になって逃げる。眠るのが怖くて何日も寝てない日が続く。そんな時、その殺人鬼を知っているという男が現れる(なんか白っぽいイメージだったような(笑))。その男は自分が夢の中に入って助けてあげようと言ってくる。そして主人公が眠ると、あの殺人鬼が現れ襲ってくる。すると昼間あった男が現れ自分を助けてくれた。そしてその男は自分とその殺人鬼は双子の兄弟だと明かした。そして二人はもみ合って争う。助けてくれた男は主人公に、近くにある空間の穴にとびこめ、間に合わなければ、この世界に閉じ込められてしまうと告げる。主人公は穴に向かって走り、鍋くらいの大きさまでちいさくなった穴に飛び込む。こうして主人公は無事生還した。 そして後日どこかの空き地?で互いの腕をつかみあった二人の白骨死体が発見された。 みたいな話だったと思います。 もし知っている方がいましたら教えてください。

  • ホラー映画のタイトルを教えて下さい。

    ホラー映画のタイトルを教えて下さい。 6年ほど前の深夜にテレビ放映されていた洋画です。 当時はホラー映画が苦手で、深夜と言うこともあって途中で見るのを止めてしまいました。 最近は洋ホラー映画が好きでよく見るのですが、当時のその映画のタイトルを思い出せません。 記憶違いの部分もあると思いますが、 ・ジェイソンやレザーフェイス的な殺人鬼 ・殺人鬼は大型のトラックを運転(確か貨物冷凍トラックだったような…) ・殺人鬼が迫ってくるときに、必ずラジオから決まった曲が流れてくる ・パブかダイナーのような場所で主人公あてにおばあさんからの電話がかかってきて、ラジオから曲が聞こえたらすぐに逃げなさいと忠告される ・殺人鬼が首だけの死体にキスをして、舌を食べるシーン 上記の五点が強く印象に残っています。 違う映画かもしれませんが、主人公の二人がその殺人鬼の敷地に侵入(空が明るい時間帯)するシーンもあった気がします。 二人はギリギリで殺人鬼との遭遇は免れたけど、殺人鬼は二人の事を見ていて、その後その二人を殺すために追跡する。 主人公の一人が、殺人鬼の家の地下のような所に入って(自分から入っていったのか、事故で入り込んでしまったのかは覚えていません)人の死体を発見したシーンや、殺人鬼が主人公達の乗っていた車を発見して、車内にあった主人公の服を手に取り匂いを嗅いでいたシーンもあったように思います。 おぼろげな記憶で申し訳ありませんが、どなたか教えていただけたら幸いです。

  • 15~20年前の少女漫画のタイトル

    結末が気になる、とあるミステリー系の少女漫画を探しています。 内容は、探偵役の主人公がラストあたりで冷酷な殺人鬼になるという展開が衝撃的で、 後半部分しか覚えていないのですが、 ・主人公は確か女子高生で夏休みから始まる ・海沿いの別荘(?)が舞台、殺人事件に巻き込まれる ・犯人は主人公の知り合いのおじさん ・主人公が犯人を騙し海辺へ連れ出し、入ると抜けなくなる岩場に閉じ込める ・岩場に潮が満ち犯人が死にゆく中、吸いかけの煙草を投げ入れる主人公 ・主人公の幼馴染み(クラスメート?)の男子が犯人の正体と、主人公の殺人に気付く(?) どこで読んだものかも思い出せないのですが、10年前の小学生の頃に見て、 紙が少し古かった記憶があるので今から15~20年くらい昔のものだと思います。 覚えている方、どうか宜しくお願いします。

  • 不気味な深い森の映画、タイトルを教えて下さい!

    2、3年前くらいに観た映画のタイトルが思い出せません。 ヨーロッパ系の映画だったと思います。ホラーというか陰鬱な描写で、 ラストシーンで夜中の暗い森に入っていく主人公(女)の後ろ姿が印象的です。 森に入ってすぐにキャー‥と悲鳴があがり、そこで物語が終わるという奇妙な映画でした。 怪獣や殺人鬼が出てくるパニックタイプではなくて、 不気味な噂「森に入ってはいけない」をベースに、 意味深なカットや沈黙で“何か”を意識させるタイプのホラーです。 Jホラー的というか‥ 舞台となる施設(ホテルか病院)の裏には不気味な深い森があって、 そこで働く女性が何かの気配を感じつつ、しまいにはある日何かに誘われるようにして夜の森に消えてしまう。 他の印象的なシーンは、 施設内のプールで女性がひとりで泳いでいたり、 あとは意味深なネックレスが写されたりなどです。 手がかりが少なくて申し訳ないですが、何か知ってる方いらっしゃいましたら教えて下さい!もう一度観てみたいです。

  • ホラーサスペンスサイコスリラー系の洋画を探しています。

    題の通りです。 学園もので、主人公達を含めた若者が謎の殺人鬼に追い詰められていく 洋画を探しています。 是非、お願いします。

  • この本のタイトルは?

    12/31に大きな書店でちらっと見かけただけなのですが すごく分厚くて本の側面もカバーもまっくろで(ハードカバーではありません) 何か人の名前(ロナルド・なんとか??かなにかそんな感じだった気がするのですが) が本のタイトルで、猟奇殺人鬼かなにかが主人公のノンフィクションの ストーリーの本のタイトルをおしえてほしいのです!! 映画化もされるっぽかったのですが。 結構どの書店でも目立つところにおいてありました! あと、別のものなのですがこれは半年ほどまえにみかけたのですが これもすごく分厚くてロンドンの地下鉄についておもしろく書いてある 内容の本なのですが(作者は外国の方です)これももしわかる方がいたら 教えて欲しいです!!おねがいします!

  • ライトノベルのタイトルを教えてください。

    4・5年前に読んだライトノベルを探しています。 ・ジャンルは学園異能バトル・ラブコメ? ・舞台は現代日本 ・主人公は父親の頼みで男装している少女、天涯孤独で魔術的な力を無効化する ・ヒロインは変身能力をもっており、殺人狂 ・主人公が好きなヤンデレ同級生がいる ・ヤンデレ同級生は鯨やら鯱やらの海洋生物を召喚する能力を持つ。 大筋のストーリーは 主人公がうっかりヒロインにくしゃみをし、それにより変身が解ける →ヒロインが主人公に興味を持ち付きまとう →ヤンデレ同級生がそれに嫉妬し、ヒロインを襲う →ヒロインvsヤンデレ といった感じです。 ずっと探しているのですが、タイトルがわかりません。 心当たりのある方、どうか教えてください。 お願いします。

  • ある映画を探しています。

    いまから15年~20年以上前に日曜洋画劇場で見た作品を探しています。 恐らくハリウッド系の映画です。配役は白人で舞台はアメリカぽかったです。 主人公は刑事だったと思います。もしかしたら映画関係の仕事していたかもしれません。 あるサスペンスものの映画を撮影していて女優が殺人鬼に襲われるときの悲鳴が気に入らず、何度もリテイクしています。 そんな時、街では連続殺人事件が起こっていて警察がなかなか犯人をつかまえられずマスコミから批判されています。野心に燃えるジャーナリストのヒロインが事件を解決しようとして犯人に狙われます。 主人公が刑事であってたなら、最初は主人公を非難して、このマスゴミが!みたいな感じで険悪な仲だったはずです。しかし、だんだん仲良くなっていき。主人公から危険だから首つっこむなと言われるんですけど、容疑者をみつけて独断で尾行して殺されます。 そのときの悲鳴が犯人によって録音され刑事に送りつけられます。(もしかしたら電話ボックスのなかで主人公に助けを求めている中、殺害されてって流れだったかもしれません) 結局、主人公は犯人を捕まえて一件落着し、ヒロインが死に至るときの悲鳴が劇中作の映画で使われることになり、主人公は悲鳴が録音されたカセットテープを再生し苦悶の表情を浮かべるラストだったと思います。 個人的にクリント・イーストウッドじゃないかと思って探しているんですが、上記の情報でご存知の方いましたらお教えいただけると幸いです。

  • 映画のセブンで、奥さん(トレイシー)は生きてた説

    十数年ぶりぐらいに、映画の「セブン」を観ました。 昔観たときは十代だったこともあり衝撃的なラストにショックを受けた思い出があります。 今回2回目を観たことで解釈について疑問が発生しましたので、ご意見をお聞かせください。 疑問点とは、奥さんのトレイシーは死んでいないのではないか、ということです。 理由(1) 罪のない奥さん(とお腹の子ども)が殺されてしまうと、犯人の動機と作品のコンセプトが破綻する この作品は、キリスト教の「七つの大罪」をモチーフにした連続猟奇殺人事件です。 犯人は妄想に取りつかれ、被害者達を七つの大罪になぞらえた理由で殺害して殺人の動機を正当化し、崇高な目的があったかのように振舞います。 ここでもし「七つの大罪に該当しなくても場当たり的に殺人を犯す」ようなことがあれば、自分の犯行の「大義」や「純粋性」が損なわれてしまいます。 また作品のコンセプトも破綻してしまいます。 理由(2) トレイシーが死んだことは明示的に描かれていない 殺人鬼の男は奥さんを殺したことを語り、また相棒の労刑事は箱の中身を見て単純に奥さんの首だと思ったようです。 確かなのはここまでです。 どちらも犯人の男が提供した情報をそのまま信用しているに過ぎず、奥さんが死んだことを明示するシーンがありません。 箱の中身を写さずとも、奥さんが死んだことを明示する方法はあるはずですが、それもありません。 (明示する方法としてはたとえば、一連の事件を最後に報道するとか、相棒の老刑事が顛末を上司に説明するとか、奥さんの葬式のシーンが一瞬出る、とか…) 死んだことは確定的ではない描かれ方なので、このシーンは観た人それぞれが判断できるような作品になっているのではないでしょうか。 そもそも犯人の目的としては、主人公のミルズ刑事を挑発し"憤怒"の罪を負わせることができれば、生首が本物である必要はどこにもないはずです。 つまり、老刑事が見たのは精巧な生首の人形か何かではないか。 ここまで手の込んだ犯行に及んできた犯人なので、トレイシーに良く似た人形を用意し、誰かの血液を振りかけておくぐらいはやりそうです。 奥さんが死んでいないと思う理由は以上になります。 主人公のミルズ刑事は、殺人鬼の言葉に誘導され、挑発に負けて、”憤怒”の罪を犯してしまいました。 犯人に屈したことになります。 映画の視聴者はどうでしょうか? 視聴者の大半は(以前の私も含めて)、奥さんが死んだことは実は確定的ではないにも関わらず、殺人鬼の語った言葉と殺人鬼の用意した箱が現れただけで「奥さんが殺された」と判断してしまいます。 これでは、挑発に屈したミルズ刑事と同じということになってしまうのではないでしょうか? また、もしミルズ刑事が冷静さを失うことなく、箱の中身を相棒の刑事にいま一度確認してもらえば、ミルズ刑事は犯人の意図を見破り、犯人に「勝つ」ことができたのではないでしょうか? 残念ながらミルズは殺人鬼と闘うことを放棄し、あっさりと挑発に乗ってしまいましたが… 映画の最後で、労刑事が語っていました。 「ヘミングウェイはこう書いている。 ”世の中は美しい。戦う価値がある。”後半部分には賛成だ。」 これは犯人と闘うことができなかったミルズ刑事と、視聴者に投げかけた言葉かもしれません。 以上、十数年ぶりぐらいに観た「セブン」の解釈なのですが、どう思いますか?

  • アメリカン・サイコという映画で、殺人鬼主人公の部屋

    アメリカン・サイコという映画で、殺人鬼主人公の部屋にあるスーツの男の人の白黒の写真アートは誰の作品でしょうか。 New Deutschというドイツのテクノレーベルから出ているCD,Vinylのカバーにも使われています。 (参照 http://www.discogs.com/Various-New-Deutsch/release/165253) 『アメリカン・サイコ』(American Psycho)は、1991年に出版されたブレット・イーストン・エリスの小説作品。1980年代後半のマンハッタンを舞台に、ウォール街の投資銀行でヴァイスプレジデントを務める一方で快楽殺人を繰り返す主人公を描く。 2000年には、メアリー・ハロン監督、クリスチャン・ベール主演により映画化され、2000年1月に行われたサンダンス映画祭で初公開された。