• ベストアンサー
  • 困ってます

30年くらい前に読んだ絵本を探しています

30年くらい前に読んだ絵本を探しています。 タイトルや出版社が分からず、本を見つけることができません。 おわかりの方がいらしたら、是非情報を頂ければと思います。 覚えているのは、次のことです。 ・表紙、裏表紙の背景は全体的に白く、  赤・青・金色の(ひし形の(?))縁どりラインが入っていたと思います。 ・20×30cmくらい、厚さ2cmくらい。 ・複数冊のシリーズもの ・1冊につき、複数話が収められていました。 ・日本のお話の本、外国のお話の本 がありました。  (シリーズのうち、日本、外国を1冊ずつ持っていました。) ・持っていた外国のお話の本の挿絵は、油絵(?)っぽい感じ。 ・持っていた日本のお話の本には、  「はちかぶり姫」 が収録されていました。 あいまいな記憶で恐縮なのですが、 上の情報で、思い当たる本をご存知の方がいらしたら、 是非教えていただけたらと思います。 よろしくお願いいたします。  

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • fedotov
  • ベストアンサー率48% (710/1461)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうです。まさしくこれです!! リンクが大変参考になりました。 fedotovさん、ありがとうございました。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • fedotov
  • ベストアンサー率48% (710/1461)

No.1です。 ごめんなさい、書名を間違えました。 正 『日本の絵話』 誤 『日本の童話』

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 30年くらい前?の絵本の挿絵画家さんを探しています

    覚えているのは「長靴をはいた猫」(←は確実)、 それとおそらく「シンデレラ」の絵本の挿絵を描かれていた画家さんを探しています。 …というとかなり多くの方が該当しそうですが^^; 自分が子供の頃に読んだ、ハードカバー…というか 表紙がしっかりした大型(多分)絵本でした。 30~20年くらい前の本だと思います。 特徴としてはっきり思い出せるのが、山田章博さんの絵に酷似していたことです。 山田章博さんの絵を見たときに、「この人があの挿絵を描いてたんだ!」と思ったくらいでした。 それとも、山田さんがその頃に絵本の挿絵を手掛けていたこともあったのでしょうか? おそらくは日本の出版社のもので、輸入された(翻訳)ものではないと思います。 (挿絵を描かれた画家さんは外国の方だったかも知れませんが) 他にもいろいろな童話が同じデザインの表装で出されていた、シリーズものの1つだったと記憶しています。 (他の童話は違う画家さんが挿絵を描かれていました) なんでも構いません、少しでも情報がいただければ幸いです。 ご回答に補足させていただくことが多いかも知れませんが、よろしくお願い致します。

  • この絵本シリーズはどこの!?

    私が子供のころ(20年くらい前です)うちには「日本の昔話」の絵本と「外国の昔話」の絵本シリーズがそれぞれありました(そういう名称だったかどうかは不明)。 前者はつまり、桃太朗やかぐや姫、いなばのしろうさぎ、うみせんやません等で、後者は、人魚姫、赤頭巾ちゃん、親指姫など…。 これまた曖昧なのですが、それぞれ5、6冊ずつくらい、日本と外国合わせて10数冊の絵本シリーズだったと思います。 その後、大きくなってから知ったのですが、マッチ売りの少女の挿絵は今でも見たことのあるとても有名なイラストレーターが書いた絵で、マッチ売り~なのに、日本風の少女の絵で、淡いというか、おぼろげ、というか、髪が繊細というか、とても素敵な絵でした。このイラストレーターの名前すらわからないので説明しにくいのですが…。 あと、各巻の巻末には、「世界のおやつ(お菓子?)」だとか「世界の服」(日本なら着物)などのちょっとしたオマケの絵がありました。 おそらく、このことから、他の作品の挿絵も有名なイラストレーターが書いていたと思います。 今思うと、とても素敵な絵本シリーズでしたが、いったいどこの出版社だったのか等、詳細を全く思い出せません。 こんな曖昧な情報しかないのですが、ご存知の方がいらっしゃいましたら、ぜひ教えてください。

  • 20年前の絵本・童話集を探しています。

    読んでくださってありがとうございます。 私が子どもの頃に持っていた絵本(童話集、名作集のようなもの)を探しています。 サイズはA4ほどの図鑑サイズで、ハードカバーでした。 つるつるとした質感ではなく布のようなカバーでした。 私の家には十数冊同じシリーズの絵本がありましたので、シリーズもので発刊されています。 私の記憶にある限り20年近く、平成になったばかりの頃には手元にありましたが、新品か中古かの記憶がないのでもっと古いものかも知れません。 内容は一冊に3~4話ほどの話がジャンルごと(グリム・イソップ・アンデルセン・日本昔話など)に収められていました。 一冊の中でも話ごとに挿絵作家が変わりとても綺麗でした。 記憶するだけでも4種類ほどの挿絵があったと思います。 挿絵は切り絵、折り紙、ドールを使ったもの、イラストのものなどです。 また、印象的だったのが子どもが自分で読むためのひらがなのみの文章と、大人が読み聞かせる用の漢字混じりの文章が1ページごとに両方用意されていたことです。 どのように読み聞かせるといいかのポイントも書かれていたように思います。 覚えている話では、「因幡の白ウサギ」や「灰かぶり姫」、「ブレーメンの音楽隊」などがありました。 自分が子ども持つようになり、また是非読んであげたいと思い探し出しましたが全く情報が得られず…。 引越が多く、手放して十年近くになりますので情報が少なく申し訳ありませんが何かご存じの方がいればお教えいただけると幸いです。

  • “フェーリ”というひとが挿絵を描いている本

    子供の頃、子供向けに描かれた「世界名作童話集」といったシリーズものの大判の絵本が好きでした。主に外国の童話ばかり、一冊につき3話ほど収録してある本で、絵本、という言い方からもわかるように、それなりに文章も長いものの絵が主体。挿絵の描き手は、同じ本の中でも、お話ごとに変わる(「あかずきん」「しらゆきひめ」「シンデレラ」の三本が収録されているとすると、「あかずきん」の挿絵はA、「しらゆきひめ」はB・・・という具合)。 ことにお気に入りは、「ロバの皮」という作品の挿絵を担当した画家で、彼は他の本でも一作ほど挿絵を担当していましたが、シリーズ全体ではそんなにたくさんは手がけていなかったと思います。 とにかく、布の艶やかな質感がたいそう美しく、幼心に、この作家が描く月のドレスや星のドレスが大好きでした。最近になってまた見たいと思い、探していますが見つけられません。 TBSブリタニカというところが出した『アリババと40にんのとうぞく(他一篇)』という絵本の挿絵を手がけた、“フェーリ”なるイラストレーターの絵が、記憶にあるそれと近いのですが・・・。 どなたか、ご存知の方いらっしゃいましたらお教えください。

  • 20年ほど前に読んだ絵本のタイトルがわかりません

    20年ほど前に読んでいた本のタイトルがわかりません。 ・ウゴウゴルーガかポンキッキーズでアニメーションでやっていた(10年ほど前?) ・多分外国の絵本 ・毎ページに小さい虫のような生き物がいて、それを探す(ウォーリーのようにごちゃごちゃしていません。ストーリーもあります) ・シリーズが何冊かあったような 覚えているのはこれだけなのですが、小さい頃よく読んでいて、また読みたいとふと思いました。 どなたか分かる方教えてください。

  • 絵本「ちいさいクマさん」シリーズ(?)を探しています

    絵本を探しています。 幼いときの記憶を元にして探しているのですが、 なかなか見つけられずにいます。 以下のような情報で、わかる方がいらっしゃれば、 ぜひ絵本の詳細を教えてください! ・クマさんの物語 ・クマさんがパン屋さんをやっている話 ・おそらく外国の絵本(翻訳版) ・表紙は青 ・おそらく以下のサイトで書かれているものと  同一と思われる。(ちいさいクマさんシリーズというのもここで知りました)  http://dblog.dreamgate.gr.jp/user/e044/e044/1478.html さんざんGoogleとかで探しまくったのですが、 結局見つけられませんでした。 ご存知の方がいれば、ぜひお願いします!

  • 昭和20年~29年に発売された絵本を探している

    昭和20年~29年に発売された絵本「シンデレラひめ」を探しています。表紙には正面を向いてドレスを着た八頭身のシンデレラが中央に書いてあり、絵本にしてはリアルな表紙だったそうです。 これ以上の情報はありません。母の思い出の絵本なので探したいのですが…… 国会図書館を含む様々な方法で検索をかけたのですが、見つかりませんでした。表紙を比較しながら探すことができればいいのですが、そのような方法はないでしょうか。あるいは、そういう本を専門的に扱っている古書店などはないでしょうか。

  • 30年くらい前に読んだ絵本シリーズ思い出せない

    この本、ご存知の方いらっしゃいませんか? すごくうろ覚えで申し訳ないのですが、子供のころ大好きだった本で、 子供ができた今、どうしても読み返したくなったのですが、 タイトルも出版社も全く覚えていなくて探せないので、ここで質問させてください。 ・A4くらいの大きさで、ピンクの背表紙で6~10冊くらい、水色の背表紙も同じくらいの冊数のシリーズ。 薄い本で、それぞれ同じ色のBOXに収納されていた。 ・ピンクの本は、外国の女の子のお話。お料理をしたり…、おてんばな女の子の日常の話だったと思います。 ・水色のほうは、小動物の話。ピーターラビットっぽかったような気がします。 ・30~35年くらい前に購入した本だと思います。 ・もしかしたら、「学研」関係? 母親が買ってくれたのですが、私が知らないうちに従姉妹にあげてしまって、その後行方不明です。 母親は無頓着な方なので、出版社やタイトルも覚えてないそうです。 私もあまりにも小さかったので、モヤモヤな記憶なんですが、大好きだった事だけは覚えています。 何十年も忘れてたのに、子供と一緒に生活してると、自分の子供時代を思い出してしまうんですね…。 どなたか、レス頂けたら嬉しいです。 よろしくお願いいたします。

  • きれいなお姫様の絵本

    お姫様が出てくるお話(白雪姫、シンデレラ、眠れる森の美女など)の絵本で、 絵のお姫様がきれいだなと思う本を教えてください。もちろん主観ということに なりますが。

  • 昔読んでいた絵本を探しています。

    昔よく読んでいた絵本があるのですが、引っ越したりしているうちにどこかへいってしまいました。 もう一度購入したいと思っていますが、子供の頃のことなので詳しいことをあまり覚えていません。(現在販売しているかどうかも分かりません。) 覚えていることは、 1.A4サイズで硬い表紙、2~3cmくらいの厚みはありました。 2.絵は子供向けのアニメっぽいものではなく、美しい感じの絵です。(この絵が好きなのですが、文章で表現出来ません。) 3.話が何話か入っているのですが、覚えているのは「人魚姫」と「イワンのばか」です。 4.題名覚えてません。 アンデルセンかと思ったのですが、調べてみるとイワンのばかってアンデルセンじゃないみたいです。 以上です。 かなり抽象的な質問ですが、出版社や本の題名が分かるとありがたいです。