• 締切済み
  • 困ってます

昔読んだ本を探しています

私が中学生の頃なので、もう10年以上前になりますが、 図書館で見つけた本を探しています。 内容は巫女さんのような格好をした女の子が出てくるんですが、これは戦うときだけです。 能力を持った子が集まるような学校に入学するところから始まって主な主人公の女の子は1年生で、 学園の2年と3年のトップの先輩と3人で色んな事に立ち向かうという様な内容だったと思います。 1年のこの袴は挿絵ではピンク色だった記憶があります。 挿絵は少しキリっとした感じの目つきの絵でした。 背表紙にも小さく絵が入っていたと思います。 記憶では3巻くらいはシリーズで続いてたはずです。 何度か探してみたのですが、書庫に入ってしまっているのか、見つかりませんでした。 どこの会社から出ているのかも分からず困っています。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数119
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
  • kumada-
  • ベストアンサー率46% (40/86)

違うかもしれませんが、「風水学園」ですか。MF文庫Jで、一巻は2003年刊行のようですが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 確認をしてみたのですが、どうも違うようでした・・・

質問者からの補足

巫女と書いてるのですが、単に袴姿の女の子だったのかもしれません・・・

関連するQ&A

  • ずっと探している本があるのですが・・・

    もう何年もずっと探している本があります。 確か、初めて読んだのが小学4年生頃で、その本も対象は、小学低学年から5年生ぐらいまで、という感じでした。 形状は、分厚くもなく、薄すぎもせず、B4ぐらいの大きさの本でした。確か表紙は紺色っぽい感じだったと思います。 内容は、カタカナで2文字の名前の、10歳ぐらいの女の子が主人公で、一人で夜の都会をまるで大人のように歩く、というようなものだったと記憶しています。 でも、ほとんど忘れてしまって・・・雰囲気ぐらいしか覚えてないのですが、その女の子とお話の内容のミステリアスなところと、女の子がまだ幼いのにほんとうにたった一人で自立して都会で過ごしてるような感じにすごく憧れた記憶があります。 挿絵の感じは、和田誠さんが描かれたようなほのぼのとした雰囲気の絵で、確か主人公の女の子はおっかっぱの女の子として描かれていたように記憶してます。 あまりに大好きになった本なので、ずっと探してるのですが、知っている方もなかなかいないので出会ってません。 ご存知の方いらっしゃいましたら、どうかお願いします。

  • 小学生の頃読んだ本のタイトルが思い出せません

    25年ほど前、小学校中学年の頃、図書館で借りて読んでいた本をもう一度読みたいのですが、タイトルが思い出せず、お力を借りたいと思っています。 内容は、主人公が航海(船で旅をする)するようなものだったと思います。海のイメージが強く心に残っています。主人公は「男」なのですがいわゆる普通の男性(少年とか)では無かったような記憶があります。 印象に残っているのは、挿絵がたくさん入っていることです。主人公が釣りをしている絵があったような覚えがうっすらあります。 図書館にあったその本は、ハードカバーで水色の表紙でした。外国文学だったと思います。 記憶が定かでないので間違いがあるかもしれませんが、どなたかお分かりになる方がおられましたらよろしくお願いします!

  • タイトルを思い出せない本

    30年近い前の話なんですが、小学校の図書館にあった本のタイトルをどうしても思い出せません。 話の内容も不確かで、目の見えない女の子の代わりに、世界中の人が目が見えなくなってその女の子だけ見えるようになった・・・みたいな話だった記憶がありますが自信ありません。 表紙の絵だけは覚えていて、眼球の中で女の子が逆さに映ってる絵でした。 思い出さねば困るわけではないですが、なぜか心に引っかかっていて気持ちがわるいので思い出したいです>< どなたか心当たりのある方いらっしゃいませんか?

  • 本のタイトル

    十年ぐらい前の「ぱふ」という雑誌のおすすめの本の紹介に載っていた本を探しています。かなり記憶はうろ覚えなのですが。 近未来のSF物で、作者は外人でした。頭の良い子どもが主人公(だったと記憶しています)で、その主人公がグループを組んで何かするというような内容だったと思います。タイトルは「リング」とか「エッジ」とか、そんな短い三文字程度の言葉だったような記憶があります。 当時図書館でその本を手に入れようとしたら、書庫入りになってた記憶があるので、もしかしたら古い本だったのかもしれません。 もし記憶にある方は教えていただけると嬉しいです。

  • 「宇宙皇子」の文庫版と新書版の違い

    最近図書館通いをするようになり、 ふと、昔読んだ「宇宙皇子」がまた読みたくなりました。 確か天上編すぎた辺りで止まっていたような気がするので、全巻読破しようかと。 文庫版と新書版があるようですが、何か違いはございますか? 検索した限りでは、文庫版・新書版それぞれでしか出ていないシリーズがある ということだけはわかったのですが、内容については見つけられませんでした。 地上編・天上編・妖夢編の新書版・文庫版で、内容に違いがあれば教えて下さい。 いのまたむつみさんの絵を楽しみにしているので、 挿絵はどちらのタイプにもあるのか、 その内容は異なるのかが特に知りたいです。 昔の記憶はあやふやで…。 あと、途中から表紙のみがいのまたむつみさんで、 挿絵は他の方に変わったような記憶があるのですが、 どこから変更になったのか、ついでに教えて頂けると嬉しいです。

  • 本のタイトルを教えてください

    高校生のころ、学校の図書館に置いてあった本で アメリカの高校生ぐらいの女の子がHIVに感染し、 偏見に負けずに高校生活を過ごすというような内容 本の表紙は薄いピンク色で靄がかかったようなものだったと思います。 色々検索してみましたが、見つかりません。 もし、ピンときた方がいらっしゃいましたら教えてください。 よろしくおねがいします。

  • 本のタイトル教えて下さい。

    私が小学生の時に読んだ本なので10年くらい前のことです。この本の対象は小学生中学年くらいだと思います。挿絵がとてもきれいな本です。 内容は夢の世界のことだった気がします・・・。悪者がいて、女の子がそれを倒すって感じだった気がします。その女の子の部屋にはクシの妖精やスリッパの妖精など、たくさんの妖精がいた記憶があります・・・。 おおざっぱでわかりにくい説明ですみません。 もう一度読みたいのでもしわかる方、教えてください。 よろしくお願いします。

  • こんな本さがしてます。『コンビニのレジでお願いしますと言おう』

    始めまして hijiki です。 本屋さんでぱらっと立ち読みしたのですが、 タイトル、著者など覚えてなくて再び本屋さんにいったら見つけることができませんでした。 かなり気になって Amazon 等の一覧でレビュー記事などからもさがしたのですが、あいまいな記憶のため見つかりませんでした。 憶えているのは 本の表紙の色はピンク色ぽかった、かつ女性向きの様な気がした 著者は女性だった コンビニのレジの前でお願いしますと言おう的な事が書いてあった。 挿絵がたくさんあった 基本的に内容は自己啓発本的な内容だった。 値段は税別1200円だった。 上記の記憶は、不確かなため全然違うかもしれません。 似たような本をご存知の方はお知らせ下さい。 よろしくお願いします。 m(__)m

  • 探している本があります。

    表紙の絵とさわりの部分しかわからないのですが、探している本があります。 表紙は青と緑の背景にピンクの髪の女の子と男の子が立っていて、なんだかぼんやりした感じの絵です。 内容は ・学校の始業式から始まって、奇抜な行動にはしる女の子が屋上から「校長のカツラをとる」だの「校長の頭によだれをたらす」だのと書かれた紙をばらまく。 ・その女の子の行動を実況解説する二人組がいる。 ・女の子が教師にとりおさえられて、かぶっていた紙袋をとられたら以前はブロンドに染められていた髪がピンク色に染められていた、というくだりがある。 ・主人公の男の子が貧血か熱中症で倒れる。 といった感じの冒頭部分です。 題名と作者を失念してしまったので、わかる方がいたら是非教えていただきたいです。 お願いします。

  • こんな本知りませんか?

    昔読んだ本、こんなお話の本知りませんか? もう20年以上前に読んだ本を探しています。 最近子供と図書館に行って児童書をよく見るようになり、ふと昔見た本を思い出したのですが書いた人も題名も全く分かません。 内容はちらほら覚えてるのですが・・・ 探したいので、分かる方いればぜひ教えてください。 (1)犬の話。大きめの犬の挿絵があったような気がします。「こまったさん」みたいなハード本に文章、たまに挿絵のある本でした。  男の子が主人公で途中でその犬が病気になり、お母さんが看病する内容だったような・・・。おなかを一晩中さすった、とかおしっこが出なかったので急いで病院に行って薬をもらった、みたいなことが書いてあった気がします。 (2)小学校低学年か幼稚園児の女の子の話。1ページごとに文章と挿絵の本だったと思います。   団地かマンションに住んでて、家に帰るとケーキがおいてあって、1つは弟だか妹だかの分って知ってるのに言い訳しつつ2個食べちゃう。 そしたら家を間違えてたらしく、帰ってきた知らない女の子に「泥棒」と言われ間違ったことに気づき逃げ帰る話。 ホントの自分の家に帰ったらおかあさんがケーキを買って帰ってきてどうしよう・・・的な感じだったと思います。 (3)仲の良いグループのシリーズもので、「彼氏がユーレイ」シリーズみたいな感じの本でした。皆で海水浴か何かに行ってたところ、誰かに誘われて伏せがちだけど気の強い女の子 の家に行くことになる。その子は両親をなくしていて昔食べたおいしかったお菓子を探している。 グループで模索しつついろんなお菓子を作って持っていくがことごとく違うと言われ続け、結局は亡くなったお父さんがアイスピックでかちわった氷だったことが判明、これからは強く生きていく、みたいな話。 これらのお話を知っている方がいらっしゃいましたら ぜひ教えてください。 宜しくお願いします。