• ベストアンサー
  • 困ってます

一眼レフカメラ内蔵の露出レベル表示について

一眼レフカメラ内蔵の露出レベル表示について こんばんは、よろしくお願いします。 カメラは、CANON50Dを使用しており、ファインダー内下段に、露出レベル表示が出ております。 この露出レベル表示の意味というのは、例えば被写体にフォーカスをした際に、マイナス側にメモリがある場合は、このまま撮影をしても暗い写真(暗すぎる写真)になり、プラス側にメモリがある場合は明るい写真(明るすぎる写真)になると、カメラが教えてくれているという認識でしたが、それであっているでしょうか? 実は、カメラの適正露出の基準は被写体が18%グレーになるように調整をしていますが、あるホームページを見た際に、被写体の色は様々なため18%グレーになるように露出補正をしている。このため、明るい被写体は暗く、暗い被写体は明るくしているとの事でした。従って、内蔵露出レベルがマイナス側にメモリがある場合は、明るい被写体のため暗く補正しており、プラス側にメモリがある場合は、暗い被写体のため明るく補正しているというのを、カメラマンに教えているという事でいいのでしょうか? 尚、露出モードのメモリが-2であっても、ストロボ(外部ストロボ270EX)を使用すると綺麗な写真(被写体が暗くない)が撮れます。という事は、ストロボを使用する場合は、露出レベル表示はあまり参考にならないという判断でよろしいでしょうか? カメラの設定は、マニュアルモード(シャッタースピード1/60 絞りF4 スポット測光)です。 現在、カメラの勉強中で質問の的があっていないかもしれませんが、ご容赦願いたいと思います。 よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.7
noname#211632
noname#211632

露出レベル表示については、難しく考えすぎておられるだけだと思います。 基本は合っていると思います。 ようは、設定した測光モード(スポットや中央重点平均測光、分割(キヤノンでは評価)測光など)の範囲の明るさを測り、カメラが適正となる露出(撮影者が適正と感じるではありません)を表示するもので、これはマニュアル露出でもAVやTV、プログラムや絵文字のモードでも変わりません。 ただ、色によって反射率が違うので露出計通りに撮影しても適正露出にならないことがあります。 この基準がメーカーやカメラによって異なれば、混乱を招くので基準として18%グレーが用いられています。 なので、反射率の高い「白」や「黄色」は同じ明るさであってもカメラが「明るい」と判断し、暗めの露出を指示します。 逆に「黒」や「青」等は反射率が低いので同じ明るさでもカメラは「暗い」と判断し明るめの露出を指示します。 一部のメーカーの一部の機種では露出の算出に被写体の色を判断基準に加えている物もありますが、これも完璧とは言えない状況です。 明るい色の場合は露出はプラス側に(AEの場合はプラスの露出補正)、暗い色の場合はマイナス側(AE撮影の場合はマイナスの露出補正)で正しい露出にしなくてはならないと言う事です。 でも、一般的な撮影においては画面の全部が同じ系統の色ばかりと言うシチュエーションは少なく、いろんな色や明るさの物が入り乱れていて、その平均が反射率18%に近いと言う事で、露出の基準が18%グレーとなっています。 ストロボ使用の際の露出補正については、ストロボの調光補正と分けて考える必要があります。 露出補正は、画面内の露出を調整するものであり、ストロボの調光補正はストロボの光の強さを調整する物です。 露出補正をして、ストロボをそのままオートで発光すると、ストロボの光が届かない所は露出補正の結果を反映し、プラス補正(マニュアル露出ならプラス側の指示)の場合より明るく描写され、マイナス補正の場合(マニュアル露出ならプマイナス側の指示)の場合はより暗く描写されます。 ただ、ストロボの光が届く範囲はストロボの光で適正露出となります。 ストロボの調光補正の場合は、プラスにするとストロボ光が届く範囲のみ明るめに描写されます。 マイナスにすると、ストロボの光は抑え気味となり定常光を優先した描写となります。 また、露出補正と調光補正は合わせて使用することも可能です。 スポット測光は両刃の剣の様なもので、正しく使うと便利な物ですが、使い方を誤ると適正露出を大きく外すこともあります。 30年以上写真撮影をプライベートや業務で行っていますが、スポット測光は舞台撮影や限られた物のみの露出を優先する場合など以外はほとんど使いません。 被写体(と言うより、露出を測る際のスポット測光エリアの色や反射率)により、大きく表示が変わり仕上がりに影響するためです。 望遠レンズを使用な際などは、カメラをほんの少し動かしただけでも大きく露出が変わります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変詳しい解説ありがとうございました。

その他の回答 (6)

  • 回答No.6

>ファインダー内下段に、露出レベル表示が出ております。 この露出レベル表示の意味というのは・・・ マニュアル露出モード(M)では、カメラが演算した標準露出指標に対し、設定したISO感度・シャッタースピード(SS)・絞り値(f)の露出レベルマークで、そのズレ量を表示します。 ですから、基本的な認識としては、露出レベルマークがマイナス側に振っていれば、露出アンダー。プラス側に振っていれば、露出オーバーと理解して構いません。 ただし、カメラが演算した結果が絶対かと言うと必ずしもそうでは有りません。 被写体の反射率や測光方式、更には固体差によっても結果は異なります。 ですから、カメラの演算結果を参考にしつつも、ユーザーの意図で露出量を決めるところにMモードの意義が有ると言えます。 >ストロボを使用する場合は、露出レベル表示はあまり参考にならないという判断でよろしいでしょうか? 標準露出指標は、あくまで定常光に対する値を表示しています。 ストロボ光主体撮影では、そのようにお考え頂いて構いません。 ただし、ストロボ光主体撮影では、撮影距離の2乗に反比例して光量が落ち、奥行きのある被写体では、背景が暗くなります。 ですから、定常光とストロボ光とのバランスを取るには、スローシンクロと言うテクニックを使います。 そう言う意味においては、標準露出指標は重要な役割を担います。 質問に対し、全て詳細に説明すると解説書が必要なボリュームになりますので、今回はヒントのみの回答とします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変詳しい解説ありがとうございました。

  • 回答No.5
  • demio
  • ベストアンサー率13% (199/1472)

細かく気にするならば、カメラとは別に単独の入射光式の露出計を使いましょう カメラ内蔵ではカメラが変われば変わるし、反射光式である限り被写体の色などで変わってしまします

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • bardfish
  • ベストアンサー率28% (4870/17144)

>例えば被写体にフォーカスをした際に、マイナス側にメモリがある場合は、このまま撮影をしても暗い写真 >(暗すぎる写真)になり、プラス側にメモリがある場合は明るい写真(明るすぎる写真)になると、カメラ >が教えてくれているという認識でしたが、それであっているでしょうか? 実機が手元にあるわけですからやってみればわかることですよね。 スポット測光がどういう動作をしているか理解していますか? 取説を読んで測光範囲を理解し、実験して動作を理解しましょう。 頭で考えるだけではなく、実験した結果から考察する癖をつけた方が実践で役立ちます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • arukie
  • ベストアンサー率32% (716/2188)

基本的な考え方は合っていると思いますが・・・ >実は、カメラの適正露出の基準は被写体が18%グレーになるように調整を・・・ 簡単に言えば、白い壁だけを撮影しても、黒い壁だけを撮影しても 灰色に表現しようとします。(プログラム・オートの場合) マニュアル露出の場合 適正露出である白と黒が半々(灰色)で露出を測ったときと比較して、 白だけの場合明るいので露出計は+側に 黒だけの場合くらいので露出計は-側に なります。 白壁の露出計表示をシャッターを速くするか、絞ることにより±0にすると 露出はアンダーとなってしまいます。 黒壁の場合はシャッターを遅くするか絞りを開けて±0にすると 露出はオーバーとなってしまいます。 あと、専用ストロボの場合E-TTL機能が働き、 ストロボの発光量が適正露出値になったときに自動的に発光止めるので、 適正露出での撮影となります。 中央部重点平均測光でストロボを使ったとき、 周りが黒壁でぽつんと真ん中に人が立って写した場合、 黒壁量が大きいと暗いと判断して発光量が多くなり、 結果的には人物が白飛びする事となります。 そのような場合調光補正でストロボの発光量を抑えてあげる必要があります。 (ストロボ調光マイナス補正) ただ270EXでは調光補正が出来ないかも知れません。 あとストロボには光の届く範囲があります。 270EXはガイドNoが27なので、f4では7m程度が限界です。(ISO100の場合)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • goro560
  • ベストアンサー率34% (152/447)

基本的には、認識どおりで+になればオーバー(明るく写る)、 -ならアンダー(暗く写る)ということです。 ただ、スポット測光ということなら、 測光範囲がどこに向いてるかに因ります。 18%グレーの部分を測光して+になったら、シャッタースピードを 速くするか絞りを絞る必要があります。-の場合は逆。 だから、きっちり18%のものを測ったのなら、プラスマイナス0にすれば 基本的には見たとおりの明るさに写ります。 真っ白なところを測ったのなら、それをプラスマイナス0にしたら 暗く写ります。だから、白いところを測ったのなら+のまま撮る。 逆に、真っ黒なものを測って0にしたら明るく写ってしまいますから、 黒っぽいところを測ったのなら、マイナスのまま撮らないと、 0になるようにしたら白茶けた写真になります。 マイナスになるのは明るい被写体を暗く補正してるとか、 プラスだったら暗い被写体を明るく補正してるとか、ではないです。 単に、そのシャッタースピードと絞りで、充分な光の量を 取り込めるかという目安です。 ただ、仰るとおりカメラ内蔵の露出計(反射光式)は、 測ったものの明るさで指示値が変わりますから、 撮る側で考えなければいけません。 1/60秒・f4固定として、 18%のものを測光したときにプラスになったとしたら、そのままでは 明るすぎるからシャッタースピードを速くするか、絞る。 マイナスになったら暗すぎるから、遅くするか絞りを開ける。 +-0なら、そのまま撮って見たとおりの明るさになるはず。 白っぽいものを測ったときに+-0なら、 そのままでは白がグレーっぽく写るから、 遅くするか開ける。 プラスになったら、まぁだいたい見た目どおり。 マイナスになってたら、もっと暗く写るから、 もっと遅くするかもっと開ける。 黒っぽいものを測ったときは上記の逆です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • dqf00134
  • ベストアンサー率28% (1051/3667)

目盛がプラス側なら、カメラ内蔵の露出計では明るい露出になるだろうという程度のことです。 被写体次第では、もっと明るくしないと白がグレーのようになってしまうので、もっと明るくなるように、シャッターを遅くするなどの変更が必要になります。 露出補正自体は、カメラマンが自分の意志でプラスなりマイナスなりにすることであって、露出レベル表示で教えてくれるというわけではないです。 あくまでも、内蔵露出計で明るさを測って、今の設定だと明るくなるか暗くなるかがおおよそ分かるわけです。 ストロボを使う場合でも、意味がないわけではないです。例えば、適正露出なのにストロボを光らせたら白飛びしてしまいますし、暗いのにストロボの発光を弱めにしていたら、十分な光にならなかったりしますから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 露出補正について

    カメラには、露出補正ボタンがついていて、自動的に補正してくれるのものもありますが、コンパクトカメラの場合には、この機能がない場合があります。そういうときには、プリントに出すときに、一言、被写体に露出を合わせてプリントしてくださいと言った方がいいのでしょうか?それとも、明らかに逆光だとわかるような場合には、プリント側で補正してくれるのでしょうか?よろしくお願いします。

  • EOS-Mでフラッシュの露出補正機能は無い?

    普段はEOS-5MKIIで多燈ストロボをしています。 カメラ設定はマニュアル、ストロボ光量はオートにしていますが、そのままではやや暗いので、カメラ側でストロボの露出補正(光量補正?)をしています。 しかし、カメラをEOS-Mにすると、カメラでストロボの露出補正(光量補正?)する機能が見当たりません。 そのそもそんな機能はEOSMには無いのでしょうか? 無ければ、他に最適な補正方法を教えて頂けないでしょうか? 但し、カメラをオートで撮るとシャター速度が遅くなりブレるので、シンクロ速度1/200に設定したいと思いますのでよろしくお願いします。

  • ストロボの使い方について

    なるべく被写体の影ができないように撮るにはどうすればよいでしょうか? またその際の露出の補正について教えて下さい。 以前、友人の結婚式で写真を撮ったとき、その友人に、「影が写ってる写真が多かった」と言われました。 その時は、普通に撮影していたので、被写体の影が当然写っていたと思います。 天井などに光を当てて間接的にストロボを使えばましになるでしょうか? それとも、光をやわらかくするもの(ストロボにかぶせる白い布のシャンプーハットみたいなやつ)を使ったほうがいいでしょうか? どちらの場合も露出をどの程度補正すればいいのかわかりません。 近く、別の友人の結婚披露宴で写真を撮るようにたのまれています。そのときはどのように撮ろうかと思っています。 カメラはフィルムの一眼レフで、ストロボは外付けでガイドナンバー30(ISO100)です。 被写体から5~10m離れて、28~200mmのズームレンズを使用して撮影します。 よろしくお願いします。

  • 内蔵ストロボについて

    デジ一カメラの内蔵ストロボで撮影すると、被写体にくっきりとした影が付きますが、この影を少しでも柔らかくするために内蔵ストロボ用のディフューザー(例、ケンコーの影取りやトレーシングペーパーなどで覆う)などをレンズに付けて撮影すれば影がある程度柔らかくなる、といったことが言われています。 理屈ではその通りなのでしょうが、こういったディフューザー的な物で内蔵ストロボを覆った場合、内蔵ストロボが最初に発するAF補助光などに悪い影響は出ないのでしょうか? つまり、AF補助光がディフューザー遮られて正確な調光が出来ずに、AFの精度が落ちるのでは無いでしょうか? 私のカメラ(α350)が内蔵ストロボ自体でAF補助光を発するタイプなだけに、こういった内蔵ストロボをディフューザーで覆うことに疑問を感じています。 因みに、被写体までの距離約3mぐらいで内蔵ストロボで撮影する場合です。 部屋の蛍光灯で照らしたぐらいの照明環境で、他に照明器具が無いような場合の撮影を想定しています。

  • 中判カメラは露出補正できないのですか?

    中判カメラの初心者です。中古カメラ店で、中判カメラ(マミヤRZ67プロII)のスリガラス?を見たとたん欲しくなって買ってしまいました。今まで、35mmのカメラで片目で見ていたものが、両目で写真を見るような状態がよかったです。それで、よく見たところ露出補正のダイヤル的なものがないようですが、中判カメラは露出補正はしないで撮るのでしょうか? たとえば、この被写体は、f11、1/125で撮ろうとしたなら、ちょっと明るくしたいなら、シャッタースピードを1段下げるとかするのでしょうか? また、そのとき1/3ずつの露出補正はできないのでしょうか。前記の言葉は、知っている言葉を並べただけです。初歩的なことで、中判をやるとは思えないとアキレカエルとは思いますが。教えていただけないでしょうか。

  • 露出補正がわかりません!

    露出補正についてわからなくなったので教えてください。 私の理解だと、 露出補正は、カメラが最適だと判断する光の基準(グレイ?%) を減らしたり、増やしたりする機能だと思っていました。 露出補正によって、シャッター速度か絞りが変化して、 写真が変化するという流れです。 つまりあるものを、同じF値と同じシャッター速度条件で 撮影した場合は、露出補正の値にかかわらず結果は同じでしょうか? 例えば、以下の写真はすべて同じ結果になると思っています。 F4, S 1/125 補正+0.5 ISO100 F4, S 1/125 補正なし ISO100 F4, S 1/125 補正-1.0 ISO100 ですが、これが最近できた写真をみて間違いだと気づきました。 同じF値シャッター速度なのにちがうのです!!!なんでよ! 露出補正は、いったい何をしているのでしょうか? 基本的なことかもしれませんが、 Web等で調べても良くわからなかったので 宜しくお願いします。

  • 日中の屋外での人の撮影について質問です。

    逆光では日中シンクロが有効とか言われていますが、少し暗い木陰などで顔が暗くなるのは、ストロボなどで光量補正すると、あきらかに自然じゃない明るさになってしまいます(過去の経験)。この場合は露出補正の方が有効なのでしょうか。もしそうでしたら、大体の目安としてどれくらいのプラス補正が有効なのでしょうか。また、色の黒い被写体にはマイナス補正というのが常識ですが、木陰や夕暮れ等の暗い場面はプラス補正するという、この一見同じような状態(どちらも通常よりは被写体が黒く見える)に対し、なぜまったく逆の露出補正を行うのかがまだよく理解できていません。どなたか詳しいかたがいらっしゃたら教えてください。お願いします。

  • 絞り、露出

    CONTAX T3を購入しました。ルンルンです。 さて、いい写真をとるためオートではなく 絞り、露出を合わせて写真を撮ろうと思うのですが 適正な値というのは だいたい被写体によって決まっているのではないですか? たとえば 被写体にピントを合わせた場合はF2.8 落ち着いた作品にしたい場合は+1/2 とか。 ワタシ好みの写真は大体F2.8、+1/2で撮れる気がします。 あと、プロの方は露出などあまり変えずに バシャバシャ撮っていますが 勘で適正値に設定して撮影しているのでしょうか。

  • 近い被写体を撮影する時にストロボを利用したい

    カメラ初心者です。 カメラと被写体が距離的に近い場合にストロボを利用したいのですが、どのようにすれば可能でしょうか? 【背景】 ・現在、EOS-60D(EF-S 18-55 ls)を持っているのですが、被写体に寄せて撮ると内蔵ストロボが発光してくれなくて困っています。被写体とどのくらいの距離があったら内蔵ストロボが発光するか分からないのですが、少なくとも25cmくらいの距離間ですと発光してくれません。 【質問】 ・内蔵、外付けとわず、カメラによってストロボの使用できる距離が決まるのでしょうか? 仮に、そうではない場合、例えば、外付けでモノブロックのストロボを利用すれば近い被写体に対してもストロボを利用することが出来るのでしょうか? 逆に、そうだった場合、どのようにすれば近い被写体に対してストロボを利用することが出来ますでしょうか? 以上、宜しくお願いします。

  • 一眼レフカメラの露出補正・絞りなど。

    写真は好きですが、正直に言えば「なんちゃって写真好き」というレベルです。 基本的には旅行の写真が主なので、その時はコンパクトカメラ(全然コンパクトじゃない重さですが(^_^;))を持って行きます。そういう場合、構図以外は大して気にしていないのですが、年に2回ほど、気が向いて「写真を撮りに行く」ことがあります。 しかし年二回では、なかなか一眼レフが扱えるようになりません。 構図と、使用レンズについてはなんとなく頭に入ってるかなあ、という感じもするのですが(成功するかどうかは別問題)、露出補正と絞りに関しては実にあやふやです。 やはりこれは、メモなどをして地道に覚えていくしかないのでしょうね?よく「何段階か並べてみると違いがわかる」といわれますが、みなさんもやはりそのようにして覚えました? ただでさえカメラが重いので、撮っているうちに体力を消耗し、メモを取ることが面倒になってしまいます。覚えるコツなどあれば嬉しいのですが、やはり「覚えるまでひたすら撮りまくる」しか方法がないのでしょうか。「この天気でこれを撮って、この補正をしたらこの写真になった」……これを覚えるまでにはものすごく経験が必要な気がするのですが……。 みなさんどうやって覚えました? まとはずれな質問かもしれませんが、経験談を教えて下さい。