• 締切済み
  • すぐに回答を!

国民年金の未納と免除、若年者納付猶予制度について。

国民年金の未納と免除、若年者納付猶予制度について。 恥をしのんで質問させていただきます。 実家暮らしで大学卒業後国民年金を支払っておらず、未納の状態です。 平成20年4月からフリーターとなり今現在は就職活動中で無職です。 恥ずかしながら平成20年10月から無職で、年金も支払えない状態です。 平成20年度の私自身の所得は50万円以内です。 以前、平成20年7月~平成21年6月までの年金全額免除を申請していたのですが、承認却下されてしまいましたので、今現在まで未納です。 一日でも早く就職し、年金を支払いたいと考えています。 しかし、平成21年7月~平成22年6月までの免除・猶予申請はしていませんでした。 7月中であれば平成21年7月~平成22年6月までの分と、平成22年7月~平成23年6月までの両方の免除・猶予申請が可能なのでしょうか? 全額免除が却下されてしまった場合、若年者納付猶予制度と4分の3免除制度どちらを優先するべきなのでしょうか? 就職活動中の無職なので、4分の3免除してもらったとしてもまだ支払えないので若年者納付猶予制度の方がよいのかとも思うのですがどうなんでしょうか? 世間知らずで申し訳ないのですが回答よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数5949
  • ありがとう数17

みんなの回答

  • 回答No.4

そもそもなぜ申請全額免除が却下されたのでしょうか?申請免除は貴方や世帯主を含めてその要件を審査します。実家に住んでいるとなると世帯主は貴方のお父さんだと思います。そうするとお父さんに収入があるとその額によっては申請免除自体適用されないかもしれません。そうすると世帯主を含めない30歳未満の納付猶予制度を使う他ないでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3
  • WinWave
  • ベストアンサー率71% (310/433)

制度に関しては、回答ANo.1のとおりです。 なお、老齢基礎年金の減額うんぬんという言及については、いささか表現が適切ではないと思います。 老齢基礎年金は、保険料納付済期間又は保険料免除期間がある者に対して、原則として65歳から支給されます。 但し、受給資格期間という一定の期間をクリアしていることが必要で、受給するためには「保険料納付済期間と保険料免除期間とを合計した期間が原則として25年(300月)以上あること」が条件です。 このとき、受給資格期間をカウントしてゆく上では、若年者納付猶予や学生納付特例を受けた期間についても、保険料免除期間としてカウントしてゆきます。 つまり、25年(300月)以上‥‥という部分には反映されます。 しかし、実際に老齢基礎年金の年金額を算出してゆくときには、若年者納付猶予や学生納付特例を受けた期間については年金額に反映させない、ということになっています。 これが、回答ANo.1で書かれている減額うんぬんの、正しい理解です。 老齢基礎年金の年金額は、国民年金に加入し得る20歳から60歳までの40年(480月)の全期間について保険料を納付していれば、満額の792,100円(年額)になります。 ここで、保険料免除期間がある者(但し、平成18年4月1日以降に65歳になる者とします)の年金額は、以下の計算式により算出されます。 年金額の計算式=792,100円×[(保険料納付済月数+平成21年3月以前の免除月数の合計+平成21年4月以後の免除月数の合計)÷480月] 既に説明させていただいたとおり、上の計算式において、免除月数の所に「若年者納付猶予や学生納付特例を受けた期間を含めない」ことになるわけですから、満額の老齢基礎年金と比較してそれだけ目減りする、といったイメージになります。 とはいえ、受給額にだけ注目することは、あまり適切だとは思いません。 それよりも、「受給資格期間を満たすために未納を作らない」ということのほうが大事です。 これは、たとえば、障害基礎年金でしたら、受給資格要件の1つとして保険料納付要件(老齢基礎年金の受給資格期間と同様の考え方です)があるためです。 「初診日の前日において、初診日の属する月の前々月までの全期間の3分の2以上が、保険料納付済期間又は保険料免除期間となっていること」というのが、障害基礎年金での保険料納付要件の原則です。 そして、ここでいう保険料免除期間には「若年者納付猶予や学生納付特例を受けた期間も含める」ということになっています。 したがって、保険料を金銭負担することが困難な場合であっても、みすみす未納のままでほったらかしにするのではなく、若年者納付猶予や学生納付特例なども含めた申請免除を活用して、上述したような保険料納付要件や受給資格期間を満たすようにしてしまうことのほうが、むしろ大事だと思います。 要は、受給額そのもの以上に受給要件を満たすことを考える、ということ。 そのためには、免除制度を活用されるのが最も望ましい、ということになります。 その他のアドバイスについては、回答ANo.2で的確になされていると思います。 また、制度そのものについては回答ANo.1できっちりとおさえられていますので、免除の審査順などについては、そちらで理解されるようにして下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

制度についてはNo、1で解説されてるとおりです。 ただ、減額といった考え方はちょっと疑問があります。 また、アドバイスとして、今は若年者猶予を利用しておかれるのがいいでしょう。 年金はあくまでも長い目でみるものです。 今は将来につなげておくためを第一の目的としましょう。 払いにくいのに、部分免除など選択すると結局未納ができてしまい、障害事由に該当した場合や、年金受給権のための期間が足りないなどの問題が起きる場合が考えられます。 ここは無理せず、若年者猶予で期間を押さえておき、のちに収入ができた時は、追納するかそこの分から払うなどの方法をとるのが一番安全でしょう。 免除申請に当たっては、特に申請区分を指定しなければ、払わなくてよい方法から優先して審査が行われますので、全額免除→若年者猶予→部分免除となりますので、申請区分を指定しない方法がいいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

>7月中であれば平成21年7月~平成22年6月までの分と、 >平成22年7月~平成23年6月までの >両方の免除・猶予申請が可能なのでしょうか? はい。 20年中の所得を元に、21年7月~22年6月の間の可否が審査され、 21年中の所得を元に、22年7月~23年6月の間の可否が審査されます。 >全額免除が却下されてしまった場合、 >若年者納付猶予制度と4分の3免除制度の >どちらを優先するべきなのでしょうか? というより、審査順序が決まっています。 全額免除、若年者納付猶予、4分の3免除、半額免除、4分の1免除‥‥と いう順になります。 国民年金保険料免除・納付猶予申請書では、 上のすべての免除等区分の審査をお願いして提出する、ということが可能で、 上の順で審査を受けられます。 すべての免除等区分の審査をお願いするときに、 若年者納付猶予の審査もお願いする場合には、 若年者納付猶予の審査順を、以下のように、どれか1つ希望できます。 ご自分の収入状況に合わせて選択すれば良いでしょう。 A.審査順を指定しない(指定しないときは、以下の順で審査)  全額免除、若年者納付猶予、4分の3免除、半額免除、4分の1免除 B.4分の3免除の審査の次(審査順は以下のとおり)  全額免除、4分の3免除、若年者納付猶予、半額免除、4分の1免除 C.半額免除の審査の次(同上)  全額免除、4分の3免除、半額免除、若年者納付猶予、4分の1免除 D.4分の1免除の審査の次(同上)  全額免除、4分の3免除、半額免除、4分の1免除、若年者納付猶予 なお、若年者納付猶予以外の免除を受けたとき、 免除された分の追納(10年以内にあとから納める)をしなければ、 将来の老齢基礎年金は、一定の割合で減額されます。 見方を変えると、減額されるとはいえ、老齢基礎年金の額に反映されます。 しかし、若年者納付猶予(その他に学生納付特例のときも)では、 猶予を受けた期間については、追納しないかぎり、 老齢基礎年金の額には全く反映されません。 追納しなければ、「減額はされても反映される」ということすらなく、 猶予を受けた期間の分だけゼロ、ということになってしまうわけです。 【注:障害基礎年金や遺族基礎年金ではそうなりませんので、心配無用です。】 したがって、できれば、そのようなことも考慮に入れつつ考えてゆくと、 なお良いかと思います。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 国民年金若年者納付猶予制度

    国民年金若年者納付猶予制度 国民年金の催促状がきたので免除しようと思います。 20代で無収入です。 父と子のみの家族の場合、若年者納付猶予制度というのは父の収入関係なく申請可能なんでしょうか? 父は年金払ってます。

  • 国民年金の若年者納付猶予制度

     平成16年度の時に、国民年金の若年者納付猶予制度の申請をしていました。(平成16年度分)  昨日、平成18年度 国民年金保険料納付書送付書。  各一枚一枚の振込用紙で平成16年度分の受領(納付受託)済通知書というのが送られて着ました。  多分若年者納付猶予制度の分で平成16年度の分を支払えとのことですが、現在失業中で無職の為にこの平成16年度分の国民年金も払い込みできるお金がありません。  仕事につける目安は、今年の10月頃。  納付期限は平成18年8月2日、今この期間内に払うことができないので、最寄の社会保険事務所に電話で相談をしようと思いましたが、電話が繋がらない状況で、どうすればいいのかわかりません。  私の望むことが、現在失業中でこの平成16年度分の若年者納付猶予制度の年金を今現時点で収めることができない。  なので、年金の制度で、もう少し待ってもらえる、若しくは免除という制度はないのでしょうか?  現時点で、親と同居です。親が世帯主。親の年収も 500万程度あり、免除は厳しいと思います。  アドバイス願えないでしょうか?

  • 国民年金の若年者納付猶予制度について

    国民年金について、教えてください。 現在23歳(1人暮らし)で、国民年金を滞納しつつあります。 先日、保険料免除制度についての案内が送られてきて、 これに申請することを考えていますが、 社会保険庁のホームページを見ても良く分からないことがあったので、 教えてください。 若年者納付猶予制度(20歳台)というのに加入しようかと思っているのですが、 将来受け取る年金額が変わるのかが良く分かりません。 若年者納付猶予制度について、送られてきた案内には ---------------------------------------- 納付猶予が承認された期間は年金を受けるために 必要な期間(受給資格期間)に参入されますが、 受け取る年金額には反映されません。 ---------------------------------------- とあります。 そして社保庁のホームページを見ると、 ----------------------------------------------------------------- 保険料の免除や若年者納付猶予を受けた期間は、 保険料を全額納付したときに比べ、受け取る年金額が少なくなります。 このため、これらの期間は、10年以内 (例えば、平成18年4月分は平成28年4月末まで)であれば、 あとから保険料を納付すること(追納)ができるようになっています。 ----------------------------------------------------------------- とあります。 これは、 例えば29歳まで猶予してもらったときに、 39歳までに順次10年以内に納め、 30歳からの分は全額通常通り納めた場合、 65歳からもらえる年金額に関しては 最初からちゃんと全額納めた人より少なくなるということで良いでしょうか? そうだとすると「本来の何分の何ヶ月分」になるというのはあるんでしょうか? それより根本的に、若年者納付猶予制度ではなく、 全額免除(所得の審査は通りそうです)・一部免除などを受けたほうがいいのでしょうか? 私の希望としては、 現状はかなり収入が低く、月額14,000円程度納めるのがつらいです。 しかし、この先何年国民年金を納められるか分かりませんが、 老後は本当に不安なので、できる限り満額に近い額を給付されるようには しておきたいと思っています。 今後、数年以内に年金が払えるぐらいに家計が安定すると(勝手にですが)考えて、 今私はどうしたらいいでしょうか? 現在、滞納しはじめて1年ぐらい経ちます。 今のところ、今後厚生年金には加入しないという前提です。 アドバイスをいただけたらと思います。 よろしくお願いします。

  • 若年者納付猶予制度

    長らく無職期間があり この若年者納付猶予制度を利用するとしたら これからアルバイトや就職をした場合 どうなるのでしょうか? 若年者納付猶予制度を利用した場合 いつから年金を納めればいいのでしょうか? いまいち分からないので 詳しいかた、教えてください お願いします

  • 国民年金の若年者納付猶予制度

    今年、2011年3月に卒業して現在フリーターの年齢は20歳です。 国民年金の若年者納付猶予制度の申請を4月にしなければならなかったのに、すっかり忘れていて、まだ申請できていません。 こ れから申請すれば4月から7月分も適用されるのでしょうか?もしされないとしたら、まとめて支払う以外方法はないでしょうか?

  • 若年者納付猶予制度について

    国民年金を払うのが経済的に難しい無職なので若年者納付猶予制度を申請したいと思っています。精神的な病気で働けないのですが、親と一緒に住んでいるので世帯主の所得に引っかかって一定額控除を受けられそうもありません。そのため若年者納付猶予制度を申請するつもりです。しかし無職のために所得を示すものが何一つありません。この場合はどうすればいいのでしょうか?

  • 国民年金の若年者納付猶予制度を申請出来るまで

    過去の質問で私は今月一杯で4月から通学していた職業訓練校を退校することにより、4月から来年3月まで申請してした国民年金の学生納付特例制度が来月より無効になります。 それ故に来年6月までに就職先が決まっていない(厚生年金に加入できていない)場合に来年7月分から申請しようと思っている若年者納付猶予制度を申請する前の来年1月~6月分は国民年金を支払うべきでしょうか?(半年分は貯金を切り崩して準備する予定です。)

  • 若年者納付猶予制度

    今年の8月に、若年者納付猶予制度(国民年金)の申請を、社会保険事務所へ直接しに行きました。 承認されたかされていないかの結果が分かるには2ヶ月ほどかかるといわれたのですが、 12月になった今でもまったく通知がありません。 年金個人情報提供サービス(社会保険庁のサイトで年金加入記録を照会できるもの)で自分の所にログインして見たところ、 (承認されていれば)猶予されているはずの時期がすべて「未納」と表示されていました。。 若年者納付猶予制度を8月に申請したことについては、一切表示されていませんでした。 まだ若年者納付猶予制度の審査が行われているのでしょうか? それとも通知することを忘れられている、もしくは承認されなかったのでしょうか? 社会保険庁だけに心配です。。 このままただ待ち続けて大丈夫なのでしょうか?

  • 若年者猶予制度について

    若年者猶予制度について 現在26歳 2008年11月に会社を退職→2010年3月まで無職(1年4ヶ月無職)。 ※2010年4月より働いている。 先日納付推奨通知書(催告状)、未納15ヶ月が来ました。 無職と同時に国保は手続きしなかった為、自動的に国保に切り替わってたようです。 無職期間は国保の代金は未払い。 で昨年の年収はバイト代程度で35万円程度。確定申告済。 役所へ手続きに行く日は7月以降です。 この条件なら今年7月以降について若年者猶予制度が認められると思います。 質問としては認められれば過去の未納分を今後毎月一番古いものから順に払っていけば問題ないと考えているのですが合っていますか? 知っている方いましたらお願いします。

  • 若年者納付猶予制度について

    若年者納付猶予制度について教えて下さい。  最初に質問をした内容は私の間違えでした。  平成16年度、市役所にいって若年者納付猶予制度の申し込みをしましたが、「世帯主の年収が高いので若年者納付猶予制度は審査が下りない」と言われました。  平成17年は、世帯主の年収ではなく、個人の年収を基準に判定をしてもらえると制度内容が変わり、若年者納付猶予制度の申請が下りました。  ですのでこの平成16年度分は若年者納付猶予制度ができませんでした。  先程質問をさせてもらったように、昨日平成16年度分の年金の払込書が届いています。  現時点で失業中で払い込みができません。  無視をするわけにもいかないので、現時点で市役所や社会保険事務所に行って平成16年度分の若年者納付猶予制度の申請はできるのでしょうか?