• 締切
  • 困ってます

美術・芸術系の大学選びについて(長文ですがよろしくお願い致します。)

  • 質問No.5488194
  • 閲覧数271
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数6
  • コメント数0
大学選びについて多くの方々の意見や考え方などをお聞きしたいと思い、質問させて頂きます。

自分が大学で学びたいと思っている事は、大きく分けて次の6つです。

◆CG(2D・3D)
◆デザイン(キャラクターデザイン等)
◆サウンド(映像作品やゲーム等の)
◆シナリオ(映像作品やゲーム等の)
◆アニメーション
◆イラストレーション

こういった事を学び、映画などの映像作品やイラストの製作、ゲームのデザインなどを仕事としてやりたいと思っております。

また、簡単な事ではないですが映画などの映像作品で言うところの監督、ゲームなどで言うところのディレクターになりたいとも思っております。

大学の所在地は、特に気にしていないのですが、東京都は少し避けたいと思っております。

施設・設備については、もちろん良ければ良い程いいのですが、それ以上に生徒ができる限り自由に使える方が自分としては重要です。

このような条件を元にインターネットや本、資料を取り寄せ調べた結果、あまり有名ではない大学が多いですが次の3つの大学が自分に合っているのではないかと思いました。

■東北芸術工科大学/デザイン工学部/映像学科
■成安造形大学/芸術学部/芸術学科/メディアデザイン領域/アニメーション・CGコース
■京都造形芸術大学/芸術学科/キャラクターデザイン学科/キャラクターデザインコース

この3つの大学から1つに絞りたいと思っているのですが、それぞれの大学の情報が少ないので難しいです。

なので、この3つの大学の授業や試験の特徴、教授・講師の方々の特徴や先程上げた条件など、資料等では分からない様な違いを教えて頂きたいと思っています。

また、自分の条件に当て嵌まるのではないかと思う大学が他にありましたら、そちらも教えて頂きたいと思っております。

この他にも大学に関する多くの方々の意見や考え方などをお聞きしたいと思っておりますので、よろしくお願い致します。

どんな大学に行こうとも、最終的には自分自身がどれだけ努力をするのかが重要だと思っています。ですが、四年間通う事になる事と親にお金を出して貰う事になると思うので、しっかりと大学を選びたいと思っております。

最後まで読んで頂き誠に有難う御座いました。

回答 (全6件)

  • 回答No.6
あなたが学びたいことは本当に大学でないと学べない事柄なのでしょうか?いわゆる専門学校などで学べると言うか学ぶべき分野でしょう。それと、あなたの感性、才能? な絶対的な要素として必要な分野ですね。

一言: 的を絞りましょう!
  • 回答No.5

ベストアンサー率 40% (8/20)

あなたはおもしろい人だ。理屈は上手なのであとは感性を研ぎ澄ましていきたいですね。

人にとってムリ・ムダ・ムラこそ貴重なのに、今の時代だからこそ特に。

あなたより先に生きる人としていくつか言葉を残そうと思います。

あなたの上げる興味に興味を持つ人は世の中腐るほどいます。
なぜなら世の中、身近に溢れかえっているものばかりだからです。
人の目を引きつけ、人が群がります。

一つ注意することは、例えばアニメを見て興味はあれど、その興味はアニメを自分で作り上げることと表裏一体ではないことです。
見ることと作ることはまったく違う次元です。

そういった興味を引きやすい分野故に学校側(大学から専門等)はそれを利用して学生を呼び込みます。
特に専門学校や私立の大学は高い授業料を取るので校舎の佇まい、備品、設備投資は万全で、先生も有名な人を雇っている場合が多く非常に学校案内が充実しています。(目に毒です。)
さらにコースを細分化し特定の分野を明確にすることにより、受験生に対して分り易い形でアピールしています。(CG,3D、アニメーション、キャラクターなどといったずばり単語を表記する)

しかし、それにはまだまだ青い若者にとって問題があります。
まず、一度選択すれば2年~4年の間、専攻が固定されてしまいます。
あたなのようにやりたいことが明確でない場合、実際に学んでみてその専攻に疑問を持たないとも限りません。
自分のことを意志がハッキリしない内に専攻を固定するのは危ない賭けです。
私立という高い授業料を払うことも考慮に入れれば家族が危険です。

特に志望する分野、志望校がハッキリしていないのであれば、学校で決めることはお勧めしませし、私立へ行くこともオススメしません。
俺は映像しかやらん!などと明確な意思があれば私立だろうがどこだろうと映像ができるところへ行けばいいです。

結局、人は与えられた環境でしこしこ頑張るしかないということを知ってください。
「ああ!あそこの大学へ行っていればもっとよくなったはずなのに!」なんて考えるだけ無駄なことです。
つまり受かった大学が、あなたにとって最良の大学となるように努力するしかありません。
どこの学校へ行こうがあなたが出来ることになんら変わりはありません。あなたが出来ることしか出来ないのです。

そこで、全国点々と散らばる美大のどこぞへ行くかどうか絞るところであなたは悩んでいるわけですが。
あなたに私は以下の公立大学をオススメします。

金沢美術工芸大学 視覚デザイン
愛知県立芸術大学 デザイン
京都市立芸術大学 ビジュアルデザイン
東京藝大 デザイン

まず、私立と公立どちらがいいかと聞かれれば公立です。
公立のよいところは少人数制で学費が安い、カリキュラムが柔軟、地味で目立たないが結構しっかりしていたりする。
私立はというと人数が多い上に学費が高い(どないやねん!)、専攻が細かく分かれており柔軟さに欠ける、派手で目立つがそれだけだ。

私立唯一の利点は学校としてフットワークが軽いことのみ。つまり時代に変化への対応が早い。
あと競争が大好きなら有名私立もいいでしょう。(あなたの今のチョイス的にそうではなさそうだね。)

私立はなぜ人が多いのか考えたことがあるか? 数うちゃ当たる(いい人材を集める)、資金を集めるためです。
私立の卒業生に優秀な人が多いように思う理由は、生徒数自体が多いからが一番の理由です。

公立はというと学ぶという意味において非常にいい環境です。(私立は学ぶよりも競争です)
少人数制であることや、学費が安い分他へ回せること。
カリキュラムが柔軟というのは、公立では私立とは違ってデザイン科とかビジュアルデザイン専攻と大きな括りで人を集めていますね。
例えばビジュアルデザインなら映像からイラスト・CG、キャラクターデザイン全て含んでいるということです。
公立のカリキュラムは基本的に1,2年基礎を学び3年で専門を選び、4年で卒業制作という流れです。
大事な基礎をしっかり学び、そこから応用して映像なりCGなり専門を学んでいくのです。
基礎を学んでいる間に自分の適性を判断することもできますし、先輩から見たり聞いたり、自分で調べたりと1,2年の間、判断材料を集めることができます。
やりたいことが定まってない人にはありがたいカリキュラムです。

あと、大学は学ばせてもらうところじゃなくて学びに行くところです。なにを学ぶかは自らが決め、自主的に行動していくことが大切です。先生に説明してもらい教えてもらったことよりも自分で考え自分で行動し自ら学んだことの方が何倍も身になるものです。映像作品、ゲームを作りたいのなら是非自主的に作り始めてください。(構想だけでもいい)わからないことは教授、先輩に聞いてみればいいのです。

余談ですが、そういう絵やデザインといった有り触れた分野ばかりでなく工芸という世界も覗いてみてください。
上記のオススメの大学にも工芸専攻があるので調べてみてはどうでしょう。
金沢と言えば工芸、私はそこで工芸を学んでいる者です。

なにを学びどこへ行こうが、必要なのは感性であり、そこから発想する力です。それは少しずつ育まれていくものです。それさえしっかり育てばどこへ行ってもやっていけるはずです。
  • 回答No.4

ベストアンサー率 34% (1839/5288)

> 才能というものが仮に在ったとしても才能を変える事は出来ないと思うので、自分にとっては才能が在っても無くても構わないです。
> 才能の詳しい事については前に書いたとうりなので書かないでおこうと思います。
> 自分はどんな事でも努力をする事が全く無駄になるとは思いません。

飛ばし読みしかしてませんが、
申し訳ないけれど、考えが甘いです。
確かに仰るとおり、何かやってみることは無駄にはならないと思います。
しかし、芸術系の就職は厳しいはずです。就職はできても飯は喰えないなんて事もあるでしょう。
それに対して何かやることに意義がある、は甘すぎます。
意義はあるんですよ。確かに。
でも、それは大学生が専攻ですることではないと思います。
意義はあるから趣味でおやりなさい、趣味を一生懸命やる、学業も疎かにしない、という感じでしょう。
まともに就職できるような専攻でないと。
まともな大学の工学部だの社会科学系だのなら、やってみよう、で行って良いと思います。
でも芸術系は違います。
物にならなければほぼ0、そもそも物になるのは一握り、4歳という年齢は何をやっても返ってこない、というリスクがあります。

興味があれば何でも進路にして良いわけではありません。

> また、自分は何かに勝とうとは思っておりません。

全然ダメです。
いえ、勝とうとは思わなくてもいいんですが、それでも勝っちゃってます、という人が物になる人でしょう。
専攻の性格が、文学や社会科学系のような、一般教養系じゃないんですよね。
技術者養成系。
しかも工学部のようにパイが大きくない。
だから、勝てないなら芸術系に行ってはいけません。
一般教養系の感覚で進路選択してはいけません。

スガシカオは良い例ですね。
潰しの効く道を選んで潰しの効かないミュージシャンになったわけです。
あなたは逆をやろうとしています。
潰しの効かない道に最初に入るのは間違いなのです。
何かの役には立ちますが、失敗すれば、4歳という年齢、学費、どちらか片方と比べただけで損失の方が大きくなります。
そもそも、スガシカオは音大を出ていないんじゃないでしょうか。
東京経大?まだ潰しが効く専攻ですね。
スガシカオでなくても、極々一握りの、例外的な、大成功例を持ち出して、どうのこうのとは言えないんですがね。

あなたに力があるのか、才能があるのかについては全く知りませんが、基本的な考え方は間違っていると思います。
  • 回答No.3

ベストアンサー率 40% (939/2342)

単純にそこそこの知名度と「地の利」(任天堂のお膝元:京都にある)
から、京都造形芸術大ではないかと思います。任天堂は有名大でなければ
難しいでしょうが、その関連会社はそれなりの数、あるのではないですかね。
補足コメント
noname#29272
御回答して頂き誠に有難う御座います。

おっしゃるとうり知名度でいえば、京都造形芸術大学だと思うのですが、姉妹校の東北芸術工科大学については何か知りませんでしょうか。

もしお知りの事が御座いましたら、教えて頂きたいです。

よろしくお願い致します。
投稿日時:2009/12/01 23:23
  • 回答No.2

ベストアンサー率 14% (199/1373)

つづきです。

「『自分ができる見込みのあることから選ばないとダメ』というこの考え方は今現在では受け入れる事は出来ません。ただ、否定することは決してしません。」
否定と肯定は両立しません。
猫だけど卵を産むというのと同じです。

あなたがシナリオとデザイン関連で
独自になにもしておらずほめられたことが無く
才能がないことは100パーセント明らかであり、
努力してもまったく無駄で何にもつながりません。
現実から逃げても勝ち目はありません。
身長が2メートルで競馬の騎手になるのは不可能であり
特殊な技能職には才能が不可欠です。
ダダをこねるのはやめなさい。
デザインやシナリオの学部に入ったら
人生を浪費して立ち直ることはできないでしょう。
それは長年にわたる敗北の連続であり
気力が尽きてしまうので他のことであらためて
頑張るのはまず無理です。

人生を棒に振りたくなかったら
デザインとシナリオはあきらめなさい。
お礼コメント
noname#29272
二回も回答して頂き誠に有難う御座います。

【「『自分ができる見込~を産むのと一緒です。】この事について誤解を招いてしまっているようなので説明させて頂きます。⇒『今現在受け入れる事は出来ません』これは現時点で自分の考え方に取り入れる事は出来ないという意味です。『否定する事は決してしません』これはこういった考え方を持っている方を否定する事はしないという意味です。分かりにくい文章で大変申し訳ありませんでした。

『あなたがデザインとシナリオ関連で独自になにもしておらずだれにもほめられたことが無く』⇒自分がデザインとシナリオ関連で独自に何もしておらず、誰にも褒められた事が無いのかどうかwanekozさんが断言する事は出来ません。理由は自分がそういった事について書き込みをした事が無いからです。

『才能がないことは100パーセント明らかであり、努力してもまったく無駄で何にもつながりません』⇒才能というものが仮に在ったとしても才能を変える事は出来ないと思うので、自分にとっては才能が在っても無くても構わないです。才能の詳しい事については前に書いたとうりなので書かないでおこうと思います。自分はどんな事でも努力をする事が全く無駄になるとは思いません。また、直接的にその努力が繋がらなくても、何かの時に生きてきたり間接的にでも繋がったりする事があると思います。具体的な例を上げさせて頂くとすれば、サラリーマンからミュージシャンになったスガシカオさんが「サラリーマン時代の経験が役に立った。」とおっしゃっているのが分かりやすいかもしれません。

『現実から逃げても勝ち目はありません』⇒自分としては現実から逃げているつもりは無かったのですが、もしかしたら知らぬ間に逃げてしまっている可能性もあると思い考えてみたのですが、自分としては逃げていないように思いました。ですが可能性として心の何処かで認めたくないと思っている事も考えられるかもしれません。また、自分は何かに勝とうとは思っておりません。

『人生を棒に振りたくなかったらデザインとシナリオは諦めなさい』⇒人生を棒に振りたくはないのですが、デザインとシナリオは諦めたくないので、簡単な事ではないですが人生を棒に振らずデザインとシナリオを仕事としてできるようにして行こうと思います。

最後まで読んで頂き誠に有難う御座いました。

小生意気で失礼致しました。
投稿日時:2009/12/01 22:28
  • 回答No.1

ベストアンサー率 14% (199/1373)

なにをやりたいのか
絞らないと考えようがありませんよ。
あなたの報告には大事な点が欠けています。
あなたにどんな才能があるかです。
◆CG(2D・3D)
これは才能がなくても努力でできます。

◆デザイン(キャラクターデザイン等)
才能がなければ何もできません。

◆サウンド(映像作品やゲーム等の)
作曲なので才能が不可欠。

◆シナリオ(映像作品やゲーム等の)
これも才能不可欠

◆アニメーション
アニメのポジションによります。
動画なら努力だけで描けるでしょう。

◆イラストレーション
才能が要ります。

監督やディレクターも才能が必要です。

自分ができる見込みのあることから
選ばないとダメですよ。
才能の有無はもうきづいているはずです。
才能ある人は早い時点で行動を起こしており
周囲から評価されているものです。
お礼コメント
noname#29272
まず御回答して頂き誠に有難う御座います。

早速本題に入らせて頂きます。

自分が6つの中から特にやりたいと思っている事は、デザインとシナリオです。

『自分ができる見込みのあることから選ばないとダメ』というこの考え方は今現在では受け入れる事は出来ません。ただ、否定することは決してしません。

理由は自分ができる見込みのあるものでなくても、その状況に身を置く事が経験になるからです。経験はどんな事でも無駄にはならないという考え方を自分は持っております。

『才能の有無はきづいているはず』という事ですが、自分は自分の才能が在るのか無いのかは分かりません。

それ以前に才能というものが存在するのかどうか自分は知りません。ですが、以前脳科学者が話していた事などから想像するに、才能というものは無いのではないかと思います。しかし、素質はあるのではないかと思っております。

そして才能や素質などがあったとしても、生まれた後の境涯や境遇、環境などにより才能や素質に多かれ少なかれ影響があるのではないかと思っております。

『才能あるひとは早い時点で行動を起こしており』という事ですが、まず、先程も申し上げたとうり自分は才能というものは無いのではないかと思っておりますので、この時点で納得する事は出来なくなります。

なので、才能があると仮定して話を進めさせて頂きます。

才能と一口に言っても色々な才能があるのではないかと思われます。そして、一言で片付けられるような簡単なものではないように思います。

また、この話の前提に早く行動を起こす事が良い事となってしまっている事に違和感を覚えます。行動が早い事が良い事なら、スロースターターは良くない事となってしまいます。
自分はそうは思いません。行動が早くても遅くても良いと思います。

『周りから評価されているはず』という事ですが、評価をされるという事は、評価してくれる人がいなければ、評価されるされない以前の問題になってきます。なので、『はず』と断言する事は出来ないのではないでしょうか。

参考になる事がありました。心から感謝致します。

最後まで読んで頂き誠に有難う御座いました。

失礼致しました。
投稿日時:2009/12/01 15:11
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ