• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

ホウヨウボーイは日経賞後に条件戦に出られたのはなぜ?

アドマイヤボスは、セントライト記念を勝ったものの 4歳秋まで勝利が無かったために1600万下条件戦に 出場することが出来ました。 賞金制度上、上記は理解できるのですが、 ホウヨウボーイは5歳で日経賞を勝った後に、 1200万下条件のレースに出走しています。 現在(2006年の制度変更前であっても)なら、 未勝利の馬であったとしても、日経賞(収得賞金3200万円)を 勝った後は絶対に条件戦は出られません。 当時の制度をご存知の方は、 いらっしゃいませんでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 競馬
  • 回答数2
  • 閲覧数118
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

(以下の年齢表記はすべて当時の基準) 6歳のホウヨウボーイが日経賞後に出走できた大沼Sは4歳1200万下の条件レース(準OP)でした。 同馬が日経賞勝ち後に条件戦に出られたのは制度の違いというよりも次の要素が重なっていたからです。 (その1) #1の方がおっしゃっているように当時のOP以外の出走条件は4歳、5歳、6歳以上の年齢区分だったこと。 準OPは本賞金が、6歳以上3600万円下(=4歳1200万下)という条件でした。 (その2) 現在ではG2で行われている日経賞ですが、グレード制導入前のポジションは決して高くありませんでした。 同馬が勝った1980年日経賞の1着賞金は2100万円で、本賞金への加算額はその半額です。 (ちなみに同年のダービー1着賞金は5500万円、ローカル重賞・関屋記念の1着賞金でさえ1700万円) 日経賞を勝った直後の同馬の本賞金は7勝で3410万円です。 (その3) 3月の日経賞を勝った時点での準OPレースは5歳1200万、6歳2400万、7歳以上3600万以下となっていて、6歳で本賞金が3410万円の同馬には出走権利がありませんでした。 その後は休養を挟み、8月に行われた大沼S復帰しましたが、現在と同様に夏競馬から番組編成が替わり、5歳馬基準から4歳馬基準になり準OPは4歳1200万、5歳2400万、6歳以上3600万以下となって同馬にも出走資格が出来ました。 (その4) その数年前あたりから条件レースの賞金があがって、年齢によって1勝の価値がバラバラになっていました。 これによって、条件戦を勝った時期によって加算される本賞金が微妙に違っていたため、高額条件の古馬混合戦では「本賞金」という基準だけで区切って条件戦を行うことに歪が生じていた時期でもありました。 ホウヨウボーイも、大沼Sでその恩恵を受けていると見ることもできます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧な解説ありがとうございます。 よくわかりました。 競馬の世界も格差社会が広がっていますね。 ダービーの賞金が1/4しかない当時において、 現在のオープンクラスの賞金を稼いでいる馬が 条件戦に出られたなんて…。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • mako2_u
  • ベストアンサー率68% (493/718)

1980/08/24函館 大沼ステークスのことかな? ホウヨウボーイの具体的なことはわかりませんが、私が競馬を始めたころの話を。 今みたいに、歳をとると賞金額を半額換算して一律1600万円にあてはめるのではなく、 各年齢ごとに条件設定されていました。 当時はレース条件の年齢区分は3区分でした。夏~秋競馬だと、 4歳(現3歳)1勝クラス(現500万):4歳400万円/5歳800万円/6歳以上1200万円以下 4歳(現3歳)2勝クラス(現1000万):4歳800万円/5歳1600万円/6歳以上2400万円以下 4歳(現3歳)3勝クラス(現1600万):4歳1200万円/5歳2400万円/6歳以上3600万円以下 って感じです。 一方、各馬の条件付け賞金(「本賞金」て言ったっけ)への算入は、 賞金500万円(400万円かも?)以下のレースは全額、それ以上のレースは半額だったかと。 重賞だと1、2着賞金の半額です。 ホウヨウボーイの日経賞勝ちって6歳(現5歳)春で7勝目みたいですね。 ざっくりだと新馬~条件戦の1勝あたりの算入額って300~400万円だろうから、 6勝(300~400万円×6)+日経賞(優勝賞金の半額) だと4歳3勝クラス(6歳以上3600万円以下)に出られそうな気がします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 500万勝った馬が500万のレースに出れるのはなぜ

    未勝利と500万を勝った馬の収得賞金は900万 JRAのルールに当てはめると、そういう馬はもう500万のレースには出走できないはずなのですが、 出馬表をみると、このような馬がいます。 例えば今日の出馬表だと中山8Rの1番フサイチナガラガワは既に未勝利、500万と勝っているので、このレースには出走できないはずなのですが、この馬の収得賞金を見てみると、なんと450万となっています。これはどう計算すると450万になるのでしょうか。 普通に計算すると、未勝利、500万の合計で900万になるはずなのですが・・・

  • 未勝利馬とは何ですか

    インターネット等で調べてみたのですが、分らないので教えてください。 例えば、デビュー戦がフジテレビ賞スプリングSで2着になったとします。その馬は一般事項に言う「中央競馬の重賞競走の第2着本賞金」を得たわけですから、未勝利戦には出走出来なくなると聞いた事があります。恐らく未勝利の定義が「上記(3)の収得賞金に算定する賞金がないことをいう。」となっているからだと思います。ところが、その馬がそのまま(他のレースで優勝しないで)皐月賞に出走しようとした場合、未勝利馬として(優先出走権があるのに)除外されてしまうと聞きました。 何故そうなるのでしょうか、それとも私の思い違いでしょうか。 また、過去にそのような悲しい(可笑しい)立場の馬がいたのでしょうか

  • 出走させると、参加費?参加賞?

    別に馬主になれる訳ではないので気にしなくてもいいんですが、、、 JRAレースに馬を出走させるには、出走費や登録費のような参加費を支払って出るのでしょうか? それとも、5着までに入らず賞金を稼げなくても、参加賞のようなものがあるのでしょうか? 弱い馬は、出走する度損をするのか、又は多少なりとも稼ぐのか? なんだか気になって質問してみました。

  • 本日阪神「フィリーズレビュー」の出走資格

    本日の阪神の「フィリーズレビュー」の出馬表に 「本競争の1~3着迄の馬(但し未出走馬・未勝利馬は1・2着に限る)は 桜花賞に優先出走出来る。」という記載がありました。 確か未出走馬や未勝利馬はオープンレースに出走出来なかったはずだと思うのですが この記載だと未出走馬・未勝利馬でもこのレースに出走が可能(フルゲート以上の登録だと当然賞金順で除外濃厚ではありますが)ということになります。 私の記憶が間違ってるのか、それとも規則が変わったのかどちらなのでしょうか。

  • コスモバルク(地方馬の菊花賞出走権)

    今日のセントライト記念でコスモバルクが1着になって菊花賞の出走権を得ることが出来ましたが、仮にこのレースで2着か3着になっていたのなら菊花賞の出走はどうなっていたのでしょうか。 以前どこかで聞いた話では、G1のトライアルレースでは中央馬は重賞の場合3着まで、重賞以外の場合2着まででも本番出走出来ても地方馬の場合は1着にならないと本番に出走出来ないと言っていたような気がするので。 (それなら皐月賞2着でダービーに出走出来たということ矛盾はしますが。) もし今日のレースで2着か3着だった場合どうなっていたのか次のうちどれになるか教えてください。 1 トライアル3着以内という資格で菊花賞出走 2 これまでの獲得賞金上位でほぼ菊花賞出走権確保 3 トライアル1着になることが出来ず菊花賞出走アウト 但し連闘で神戸新聞杯という方法もありますが。

  • レース条件の500万下って何のこと?

    レースの条件に500万下などと書いてあることがありますが、出走馬の成績を見ると賞金総額2000万を超えた馬もいるようです。 この500万とは何の金額を指すのかご存じの方見えましたら教えてください。よろしくお願いします。

  • 騙馬の出走

    三冠レースには騙馬は出走できないのに、そのトライアルである弥生賞、青葉賞、セントライト記念などで騙馬の出走を認めているのは何故でしょうか。 それを考えてると、一晩中寝らんなくなっちゃいます。

  • ラジオNIKKEI賞での予想教えて!!

    G1は10月まで行われませんが、ラジオNIKKEI賞も 人気のレースの一つ、出馬する予定の馬も よくよく見ると、競合の馬ばかりです。 今回の予想もかなり荒れそうですが、皆さんはどう予想しますか?? まだ出馬もちゃんと決まっていないため 難しい質問とは思いますが ヨロシクお願いします

  • 未勝利馬の条件戦

    デビュー戦が500万クラスだったり、未勝利の馬が500万に出走してる事があるのですがどう言う事なのでしょうか? 何か特別な扱いなのでしょうか?どういう馬が未勝利で条件戦に出走する事が出来るのでしょうか?未勝利戦で2着連発で本章金を加算すれば…と思えばなんとなく納得も出来ますが、デビュー戦が条件戦というのは…??

  • 「駒草賞」が「菊花賞」と連動!?

     ダービーと同じ日に「駒草賞」という、ダービーに出られなかった馬たちの、いわば「残念ダービー」的なレースがあります。どうやらそのレースの勝ち馬が菊花賞と連動しているらしいのです。  そこで、過去の駒草賞の勝ち馬が、菊花賞に出走して何着になったのかを教えてください。できれば過去10年くらいのデータがあればありがたいのですが、ちょっとした情報でも結構です。よろしくお願いします。