• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

医療保険の見直し…迷ってます

夫と自分の医療保険の見直しについて迷っているので相談させてください。 現在夫32歳、妻31歳。年収500万円で子供1人(0歳)。 加入中の医療保険は、アリコの夫婦型です。 結婚した際に加入しました。 60日型で入院日額1万円(妻8000円)五大疾病入院時は180日まで保障。 手術は1回10万円(妻8000円)。 夫が死亡時は妻の保険料の支払い免除になります。 この保障で月の保険料は6806円の終身払いです。 保険代理店の方には、この保険は保険料が安いし、夫が亡くなった時に妻が保険料を払わなくて良いのは魅力だから解約しない方が良いと言われました。 ただ、三大疾病時の一時金が出ないことと、先進医療の保障がないので、現在加入中のアリコを半分に減額して、残りの半分を別の医療保険の加入してカバーするのも良いのではと提案を受けました。 提案されている保険は、損保ジャパンひまわりの「健康のお守り」です。 40日型で入院保障日額5千円。但し、七大生活習慣病入院時は120日まで保障(特約)。 三大疾病入院一時金50万円。 先進医療特約つきです。 この保障内容で月の保険料は夫4563円、妻4137円になります(60歳払込)。 ※代理店の方が、通常の入院日数は40日で十分だということで40日型です。 アリコを半分に減額したとして合わせて夫婦の医療保険料が11804円になります。 今と比べて5千円ほど保険料がアップするのですが、保障内容がその分手厚くなって、60歳以降の保険料が3403円と安くなります。 でも、掛け捨ての医療保険に月1万円ちょっと払うのって高いんだろうかとも思って迷っています。 ただこの保障内容なら、安い方でしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数121
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

保険を考えるときの基本は、リスクを考えることです。 車を買うとき、軽四にしようか、バスにしようか、トラックにしようか…… などと迷いません。 なぜなら、自分が必要としているものが何か分っているからです。 保険も同じことです。 まずは、何が必要なのかを決めなければ、どんな商品(保険)を選んで良いのか、迷ってばかりで、決められません。 医療保険は、医療費の自己負担の補助です。 となれば、医療費をどのように支払うのか、ということが重要です。 健康保険には、高額療養費制度があり、現時点で、ある月(1日~末日)までの医療費の自己負担の上限が決められています。 一般の方ならば…… 80,100 円+(総医療費-267,000 円)×1% です。 つまり、200万円の医療費がかかっても、支払うのは3割の60万円ではなくて、 97,430円で良いのです。 この他に、差額ベッド代、入院食事代、雑費などが別途、自己負担になります。 http://www.sia.go.jp/seido/iryo/kyufu/kyufu06.htm 個室を希望するなど、特別なことがなければ、月に15万円もあれば、何とかなりそうです。 そこで、医療費をどうやって払うのか…… (1) 預貯金>医療保険 (2) 預貯金<医療保険 という二つの考え方ができます。 どちらの考え方が正しいのではなく、考え方によって、選ぶ商品が異なるのです。 (1)は、預貯金から払うので、医療保険は気休め程度で良い。 つまり、医療保険は、一回の入院限度日数60日型、入院給付金日額5000円でも十分です。何しろ、気休めなので。 (2)は、医療保険から支払いたいので、払われないということがないように、適用範囲を広くする必要があります。 一回の入院限度日数は120日以上、できれば180日以上。 入院給付金日額も高い方が良い。 手術給付金の適用も広い方が良い。 通院、先進医療などもあった方が良い。 ということになります。 まず、どちらの考え方に近いですか? 三大疾病時の一時金…… 三大疾病とは、がん・脳卒中・心筋梗塞です。 では、なぜ、一時金が必要なのでしょうか? 心筋梗塞で手術をする場合、入院費は高額になりますが、実際には、高額療養費制度があるので、自己負担はそれほどでもありません。 脳卒中は、長期入院となる(65歳以上の平均で117日)だけでなく、リハビリ、介護などで費用がかかるので、役に立ちます。 ですが、介護を心配するならば、介護保険でなければ、本当には役に立ちません。 がんも治療が長期化する、通院などで高額になる場合があります。 がんを心配するならば、入院限度日数が無制限で、一時金もあるがん保険の方が有用です。 つまり、必要度は、それほど高いとは思えません。 先進医療は、あれば付加しても良いと思いますが、先進医療のために保険に契約するというのは、どうかと思います。 先進医療の実績は…… http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/02/dl/s0203-8i.pdf です。 保険会社がPRする、自己負担が300万円という重粒子線・粒子線治療は、年間50万人以上いるというがん患者の内で、わずかに1300人ほどしか受けられません。 つまり、運が良くないと受けられない治療です。 保険料が安いので、付加しても良いと思いますが、実際には、使わない確率の方が高いのです。 『代理店の方が、通常の入院日数は40日で十分だということで40日型です。』 このような説明をする担当者がとても多いのですが、保険は、保障です。 本当に困るのは、長期入院したときです。 生活習慣病で入院限度日数が増えるのは良いですが、それ以外にも、関節などの体の構造の病気、結核、重度の火傷、骨盤や脊椎の骨折など、長期入院になる病気・ケガはたくさんあります。 先に述べたように、医療費をどのように負担するか、という点から考えるべきだと思っています。 長期入院しても困らないだけの貯蓄をするか、それとも、医療保険で保障しておくか、 それは個々の方の考え方です。 このように考えると、現在の保険を減らすならば、今の保険では支払われないものは何か、という点から考えて、新たな保険を選ぶべきです。 例えば、 手術給付金の適用範囲の拡大。 五大疾病ではなくて、60日以上の入院。 先進医療。 通院給付金。 など…… 新たな保険を選ぶならば、これらの保障が揃っているものを選ぶべきだと思います。 ただし、これらは先に述べた(2)の考え方をする場合です。 (1)ならば、保障を増やすより、貯蓄を増やしてください。 ご参考になれば、幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 >まずは、何が必要なのかを決めなければ、どんな商品(保険)を選んで良いのか、迷ってばかりで、決められません。 確かにその通りだと思いました。 パンフレットを見たり、営業の方のお話を聞いていると、いろんな保障が必要な気がしてきてしまって、保険料をなるべく抑える形でそれを全て盛り込んでいったら、なんだか中途半端なものになってしまったみたいです。 全てを医療保険でまかなわなければならないわけではないですね。 とりあえず今の保険のまま、もうちょっとよく考えてみます。 それまでの間は貯蓄を増やすことにします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4

疾病特約 一時金が50万円しか出ないで、2人で1万円は高過ぎ(^_^;) まだ お二人の年齢なら、掛け捨てでも、もっと手厚く充実した保険有りますよ! 入院給付も40日で十分?あり得ないです(^_^;)私の友人が脳梗塞で先日入院しましたが、重かったのもありますが40日以上入院しました(>_<) お伺いさせて頂いた保険ですと、私の友達の例だと、途中で保証切れ(>_<)ですね… 短期入院Or長期入院が手厚い保険を お探しなら○○○ーKINGは お勧めです(^_-)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 まず自分達に必要な保障をもう一度よく考えて、それからよく調べてみることにします。

  • 回答No.3

保険の見直しについて基本的なアドバイスですが本当に困ったときに 助かる保険が第一だと思います。給付金がでればウレシイのではなく 例えば近い将来2人に1人が一生涯のうちに発病されるといわれている ガンについての保障などがあると思います。また保険料払い込みプランを60歳払いにしていますようですが割高だと思います。今の時代、病気になれば入院という一つの方程式がありますが将来国の事情が変わって在宅療養という事にでもなったら入院保険はどうなるのでしょうか? また医学の進歩により治療方法が変わることにより保険商品も見直ししなければいけなくなる可能性があると思います。その時に解約してまた 新しいのに加入するのであればそれまで払った保険料がムダになるのではないでしょうか。同じ保障を買うのであれば少しでも割安な終身払い にしてあまったお金をお子様のための学資保険などに上乗せするのは いかがでしょうか?今のご時勢かけすてで1万円はいかがなものでしょうか?あくまでもご参考程度に

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 定年退職後にあんまり保険料を払いたくなかったので60歳払込にしたのですが、確かに払い込み終える前に早死にしたり、解約なんてことになるとその分掛けていたものがムダになりますね。 医療保険についてはどんな保障が本当に自分達にとって必要なものなのか、もう少し良く考えてみることにします。

  • 回答No.1

入院した際のリスクは何ですか? おそらく60日や40日程度の短期入院ではなく、 自分ではコントロールできないような長期入院になること、 ではないでしょうか? 確かに、診療報酬制度の改定により1回の入院日数は短くなりました。 しかしこれはすべての患者が40日以内で退院しその後入院しない、 のではなく「全患者の平均」です。 なかには、60日以内の短期入院や転院を繰り返し、 結果として長期にわたる入院生活になってしまう患者がいるのです。 このような長期入院になったときに医療保険がないと困ります。 60日程度の入院であれば高額療養費制度から約20万円で済みます。 一時的な20万円の出費は痛いかもしれませんが、 60日程度の入院でその後入院しないような病気であれば、 社会復帰も早く、20万円の貯金はすぐに戻るでしょう。 逆に「短期入院を繰り返して結果として長期入院になったとき」は、 社会復帰もままならず、仕事もセーブし、そのため収入が減り、 預貯金を削りながら・・・これが入院の最大のリスクです。 このような入院はあまりなりませんが、なったら困ります。 しかし「なったら困る」ことに備えるのが保険の役割のハズです。 自分で何とかなる日数程度の保険なら最初から不要です。 「保障内容が手厚くなった」のは見た目だけで、 1入院がさらに短くなるので保障内容は悪化しています。 1入院が60日や40日程度の医療保険の月1万円は高すぎます。 >「通常の入院日数は40日で十分だということで」 これは保険会社サイドのセールストークであって、 消費者側が医療保険を選ぶ基準にはなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 >「保障内容が手厚くなった」のは見た目だけで、 >1入院がさらに短くなるので保障内容は悪化しています。 >1入院が60日や40日程度の医療保険の月1万円は高すぎます。 やっぱりそうですよね。 とりあえず今のままの保険でいくことにします。

関連するQ&A

  • 医療保険の見直し

    医療保険の見直しを考えています。 54歳 女 独身(子なし)  現在の保障(47歳で契約) アフラック EVER HALF 主契約(保険料7240円) 入院給付金日額・・・・1日につき10000円 手術給付金・・10~40万 特約(女性疾病特約)(保険料830円) 入院日額・・・・1日につき5000円 形成治療給付金・・10万 毎月の掛け金(60歳まで)8070円、(60歳以降一生涯)4035円 見直し内容は現状の掛け金を少しでも安く抑えたいのと、先進医療特約など追加したい。 年齢が年齢なので、現状のアフラックの契約内容を見直しするか新規に入り直すか検討中です。 新規候補としてはオリックスのCURE Ladyを考えています。 減額シュミレーション(アフラック) (1)入院日額・・・・5000円(保険料3620) 女性疾病特約(830)と先進医療特約(99)追加の場合 合計保険料 毎月4549円(60歳以降2275円) (2)入院日額・・・・5000円(保険料3620) 三大疾病特約(1000)と先進医療特約(99)追加の場合 合計保険料 毎月4719円(60歳以降2,360円) 新規候補 CURE Ladyの入院日額5000円のコース 女性特有の病気+全てのガン入院時・・・10000円(主契約5000円+女性入院特約5000円) 女性特有の病気+全てのガン以外の病気やケガ・・5000円(主契約5000円+女性入院特約5000円) 手術給付金・・・10万 先進医療特約付き 合計保険料 毎月3610円 20年前に子宮がんになっており女性疾病特約を付加しましたが、三大疾病を付加したほうがいいのか?混乱しています。 上記の現保険の見直しと新規で入りなおしで悩んでおります。 また、もっといいプランがありましたらアドバイスを宜しくお願いいたします

  • 医療保険について

    10年ほど前に入ったアリコの医療保険で1つ気になることがありまして通算730日保障、1入院も730日保障になっていまして、1入院730日は現実的ではないので見直しを考えています。ただ、1年前から妻が子宮内膜症になり薬も服用しているので、保険の代理店さんは今のままがいいと話します。今の保険は夫婦型で保険期間終身、払込65歳、入院日額夫5000円妻3000円、保険料7785円です。見直しを考えているのは(夫)アリコやさしくそなえる医療保険、保険期間終身、払込終身、入院日額5000円、保険料2385円。(妻)アリコずっとあなたと、保険期間終身、払込終身、入院日額5000円、保険料3580円です。どうしようか悩んでいますので良きアドバイスをお願いします。

  • 医療保険・がん特約・三大疾病特約について

    医療保険・がん特約・三大疾病特約について キュア、新エバー、健康のお守り、アリコで検討しています。自営のため傷病手当が出ないので、入院日額は1万円で考えてます。それぞれのメリット/デメリットを比較しているのですが、アドバイスお願いします。 キュア…七大成人病になれば120日まで保障/三大疾病一時金の特約は入院しない限り保険が下りない エバー…手術範囲の拡大/長期入院特約は61日~120日の日額5000円の選択しかない・三大疾病特約は一時金ではなく日額5000円アップ 健康のお守り…三大疾病払込免除特約がある・ガンの場合日額2倍プランがある・七大成人病60日延長特約を付加すればキュアと同じ感じ・三大疾病一時金特約はキュアより安い(入院が必要かどうかが把握できていないので、どなたか教えてください。)/保険料が高い アリコ…生活習慣病特約で一時金50万・ガン特約は初回のみ入院が無くとも保障される・先進医療特約の内容が充実している・保険料も割安/三大疾病特約がない 特に比較したいデメリットは三大疾病保障・ガン給付金についてです。アリコに三大疾病特約があればとても魅力的なのですが…。キュアの三大疾病一時金は入院が必要とのことですが、ガンの場合いきなり入院しない事もありますよね?入院しないという事は保障がない。でも入院が必要ない時点で医療費もそんなにかからないのでしょうか?高額医療の制度もありますし… 医療保険の特約ではなく、単独でガン保険や三大疾病保険(あるのかな?)に加入するべきですか?医療保険の日額を1万で考えているから単独で入るとムダが出る気がして。ガン保険も高いですし… 御意見宜しくお願いします

  • 保険の見直しについて

    保険について第一子(女児)誕生につき、保険の見直しを検討しようと思っていてある保険代理店からの提案されて 現在加入している保険を解約しようか検討中です。 夫30歳 妻29歳 子0歳 よろしくお願いします。 現在    夫 オリックス CURE 保険料2291円 60歳払 終身保障       疾病・災害入院給付金5000円 手術給付金100000円 先進医療給付金1千万円 死亡保障なし      ネクスティア カチッと終身がん保険 保険料1770円 終身払い 終身保障       がん入院給付金15000円 がん診断給付金1500000円(入院日額の100倍)    妻 オリックス CURE Lady 2779円 ※妊娠中に加入のため女性特有は1年不担保 来年4月まで       疾病・災害入院給付金5000円 女性入院給付金5000円       手術給付金100000円 先進医療給付金1千万円 死亡保障なし 提案内容    夫 アリコ やさしくそなえる医療保険  保険料3886円 終身払い 終身保障       通院3000円 入院5000円 手術10万 六疾病30万 ガン診断給付金100万       先進医療2000万      アリコ 家族の安心  保険料3340円 60歳払込 保険期間60歳       2800万逓減タイプ ※特定疾病払込免除特約      オリックス ファインセーブ 保険料1206円 80歳払込 保険期間80歳       保険金額300万 (お葬式代として)      東京海上 長割り終身 保険料6956円 44歳払込 保険期間終身       120万 死亡保障200万 (子供の学資保険として)    妻 アリコ やさしくそなえる医療保険  保険料3372円 終身払い 終身保障       通院3000円 入院5000円 手術10万 六疾病30万 ガン診断給付金50万       先進医療2000万      オリックス ファインセーブ 保険料735円 80歳払込 保険期間80歳       保険金額300万 (お葬式代として)    子 アリコ やさしくそなえる医療保険 保険料年払い13125円 終身払い 終身保障       入院5000円 手術10万 先進医療2000万      茨城県民共済 (個人で検討) 保険料900円        個人的意見としては、保険はあくまでも保険と思っているのでお金は捨てたくありません。 素人なので保障と掛け金のバランスがいいのかどうかもわかりません。 希望としては医療保険で60歳払で終身保障がいいです、できれば特定疾病払込免除特約付で。 アフラックや共済などほかの保険はどうなのかなとも思います。 担当者からはオリックスの保険もいいけど最近は通院で治療する病気も多いので通院があるといいですよと言われました。 アドバイスよろしくお願いします。

  • 医療保険の見直し迷っています教えて下さい

    私51歳夫52歳それそれの医療保険を見直そうと思います。今加入の保険はそれぞれが全労災医療保険日額10.000円、ソニー終身がん保険日額20,000円で保険料合計11,000円です。見直したい点は5日目からしか給付がないところを1日目からの終身医療保険に、または80才までの保証にしたい、そしてがん保険を日額10000円にしたいと思います。(1)ソニー終身がんを減額する、全労災医療は続ける(2)新健康応援団MAX(3)新健康応援団MAX+コープ医療共済2000この3つで迷っています。医療保険は計算すると短い入院では預金でまかなえると思うのですが最近の入院は短い期間が多いと聞くと一日目からの保険に変えた方がいいのかなとおもいます。死亡保障は終身に入っています。アドバイスをお願いいたします

  • 医療保険いったいどうすれば・・・。悩んでいます!

    つい最近も医療保険についてここで質問をさせて頂きました。 その際、医療保険の根本的な考え方について親切丁寧に教えて頂いたのですがやはり結論を出すことができず再びの質問となってしまいました。 まず、基本的な我が家の状況ですが、 〇夫(30) サラリーマン・年収330万(ボーナス含) 〇妻(29) パート年収100万(妊娠したら退職) 〇子供なし(来年あたり第一子希望。2人は欲しいと考えています) 現在は夫婦ともにこくみん共済にしか加入しておらず、月保険料が夫婦で5千円です。 死後整理費用とも言われる終身保険および、夫に万一のことがあった際の家族収入特約はソニー生命で契約を考えております。 こちらは子供ができてからの契約でも遅くないかな、と思っているのですが加入は早ければ早いほうが良いのでしょうか? 加入時期に関して少し迷っています。 さて問題の医療保険についてですが、希望としては 1.通常のけがや病気の入院についての保障はいらない(日額5千円120日型=60万円+α ぐらいは貯金で補いたい) 2.長期入院や高額医療費が心配される「七大生活習慣病」「三大疾病」についてはできれば終身で保障が欲しい。 自分で考えたプランとしては、 (1)医療保険+がん保険 →オリックス生命CURE-W三大疾病治療一時金100万特約つき(終身保障・終身払月\6,039) (※入院日額1万も必要ないのですが三大疾病一時金が100万ほどあれば安心という気持ちから。またCURE-Wは60日間の労働制限がなく、診断確定後入院開始時に支払われるのも魅力的です) →がん保険は「日本興亜」か「あんしん生命」で迷っています。両者とも詳しい見積もり等はとっていないのですが、候補としてあげています。診断給付金額は100~200万 ★不安点★ 医療+がん保険になるので保険料が高くなる。 三大疾病特約100万が妥当な金額なのかよくわからない。(いざというとき役に立つ金額?) (2)三大疾病の不安はあるものの、とりあえず医療保険全般は貯蓄でまかなうとして、がん保険のみ加入する。診断給付金は300万 ★不安点★ がん以外の重い病気にかかったときが心配。特に私の母方の家系は、 祖父→脳溢血で死亡(55歳) 祖母→くも膜下出血で意識不明の植物人間状態で5年以上入院中 母→高血圧のため投薬中 といった状態で脳血管疾患(?)にとても不安感があります。 特に祖母のように植物人間で長期入院などになった場合、どのくらいの自己負担がかかるのか想像もつきません。 (75歳未満で倒れた場合でも高額療養費制度を利用すれば大丈夫なのでしょうか) (3)先進医療費・長期入院にも対応できる損保系の実費補填タイプに加入する。 →「セコム/メディコム」「AIU/スーパー上乗せ健保」「富士火災/みんなの健保」 ★不安点★ 何より更新ごとに上がっていく保険料と、保障が終身ではないところです。 どれも保険でまかなおうという考えに無理があるのは承知の上ですが、 将来医療費のために何千万も貯金できる自信はありませんし、保険適用外の高額医療費は民間の保険を掛けておかないと心配です。 かといって現時点で何万円もの保険料を払っていける余裕もないし、自分にとって一番良い妥協点が見つからずにもがいている状態です。 こんな私に何かお勧めのプラン(保険の組み合わせ)はないものでしょうか・・・。 アドバイスを宜しくお願い致します。

  • 医療保険を探しています

    最低限の保険に加入するつもりで、夫の保険を見直しています。 我が家では夫の収入で暮らしているため、彼が長期入院・後遺症で家計が破綻します(子供有)。 「治療、入院、その後の通院治療、その間の家族の生活費」などが心配です。 三大疾病に備えるべきかと思いましたが、これって死亡原因のトップ3ですよね? 死亡保障ならいいんでしょうが、医療保障なので迷っています。 三大疾病のみよりも、入院全般に対応している方がいいでしょうか? (保険によりますが、その方が怪我入院もカバーできますよね?) 入院5日目から...なんて短期の保障はいりません。 死亡保障もいりません。 入院給付金の給付限度日数の長いものを探しています。 何かお勧めの保険があれば教えて下さい。 また、後遺障害のみの保険も検討しています。 どう思われますか? 以上、3点です。よろしくお願いします。 1)医療保険は三大疾病のみじゃない方がいいですか? 2)私の希望に合う医療保険はありませんか? 3)後遺障害のみの保険についてどう思われますか?

  • 医療保険について

    現在医療保険の見直しを考えています。38歳 パ-ト勤務の主婦です、子供の予定もありません。 医療保険で考えているのは、ひまわり生命の60日型、日額1万円で先進医療と七大疾病特約をつけて七大疾病になると120日延長になるプランです。金額4200円程度 アリコ新終身医療F4 120日型、日額1万円でプラス先進医療で金額4300円程度、どちらも終身払いにしようと思っていますが、 保障内容とかは、どうなんでしょうか? FPの方は、アリコの方が充実しているプランだと言ってましたが、手術金とかの知識がなくわかりません。 アフラック・オリックスより金額も安くて保障内容も良いと言われました。 ちなみに がん保険は、富士生命のがんベストゴ-ルドに主契約のみ250万円のプランに加入しています。 終身の死亡保障は、ひまわり生命の一生のお守りに350万で契約しております。銀行の積み立てもあるので貯蓄型の死亡保障は、このままでよいのかなと考えております。医療保険は、できれば4000円代で収めたいですが、あまり保障がないのも不安です。 現在は、医療保険は都民共済のみです。 どなたか、保険に詳しいかたご助言お願いします。

  • 生命、医療保険、診断してください

    夫:32歳 妻:31歳 子供:なし(希望有り) 収入:22万(貯金後の手取り額) 生命保険、医療保険に入ろうと思っていますが、月々の保険料が少し高い気がします。 どこか見直せるところがあれば教えてください。 <生命保険> アフラック WAYS(終身65歳払込終了。年金タイプに移行可能) 夫:補償額  300万円→ 保険料¥5292/月 妻:補償額  200万円→ 保険料¥3528/月 会社の団体保険(年間30%ほどの配当有り) 夫:補償額  2000万円→ 保険料¥6000/月 <医療保険> アフラック(団体加入の割引が若干有り) エバーハーフ(60歳から保険料半額) 夫:補償額 入院日額10,000円→ 保険料¥3940/月 妻:補償額 入院日額10,000円→ 保険料¥3840/月       女性特約    → 保険料¥ 650/月 <がん保険> アフラック(配偶者型) 夫:補償額 入院日額10,000円→ 保険料¥2691/月 妻:補償額 入院日額 6,000円→ 保険料¥ 310/月 <三大疾病保険> アフラック(特約もっとワイド配偶者型) 夫:補償額 入院日額10,000円→ 保険料¥1670/月 妻:補償額 入院日額 5,000円→ 保険料¥ 645/月 トータルで¥28566/月になります。 私としては給与の1割程度に抑えるべきなのか?とも思い、WAYSの私の保証を削ること、三大疾病の保険料を削ること、女性特約を削ることを考えていますが、WAYSは65歳まで払い込むと、その後の解約払い金の戻り率が110%ほどになるので、貯蓄性があるので、貯金していると思うと保険料が高いとは言い切れないのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 医療保険の見直しについて

    30代女性、既婚、子なし(妊活中)です。 これから子どももほしいということで、主人と話し合い、保険の見直しをしています。ほけんの窓口で相談をして、死亡保障やガン保険、主人の医療保険は決めることができたのですが、私の医療保険については、どうしたらいいのか迷っています。 【現在加入中】A社 月2900円ほど 60歳までに払込/終身保障 三大疾病になった場合、払込免除"なし" 入院日額5000円/女性特約:女性特有の病気の場合、+500円 "手術"一回につき10万円 【検討中】B社 月3300円ほど 終身払/終身保障 三大疾病になった場合、払込免除"あり" 入院日額5000円/女性特約:女性特有の病気の場合、+500円 "入院"一回につき10万円 迷うポイントとしては (1)月額の払い方について ・A社は三大疾病になった場合の払込免除はないが、60歳で払込が終わる ・B社は終身払いだが、三大疾病になった場合は払込免除となる ⇒私の親族はわりと健康な人が多く…祖父がガンが見つかったのも80を過ぎてでした(ちなみに現在90を超えてますが元気にしてます)。周りを見ていてのなんとなくの気持ちですが、もしも三大疾病になったとしても、もう60を過ぎているのでは…と思います。何が起こるかは誰にもわからないので、何とも言えないのですが…。 (2)”手術”一回につき10万円か、”入院”一回につき10万円か ⇒手術を伴わない入院の割合が6割くらいだと、ほけんの窓口ではデータを見せてもらいました。確かに最近身内で、検査入院のみでの入院とかもあったので…。そう考えると、入院一回につき…の方がいいのかなとは思いますが…。これも何が起こるかは誰にもわからないですよね…。 正直な話、やはり月額はおさえたいので、A社のままでいいのでは?とも思います。 ただ、データとして入院のみの場合もある…と言われると、やはりB社がいいのかな?と。 そして60歳で払込終了がいいのか、三大疾病の場合の払込免除がいいのか…。 主人は、「俺がB社だから、わかりやすいように同じのに入ってたら?」とわりと軽く考えてます…。まぁその考えも一理あるとは思うのですが…。 ほけんの窓口の担当者からも「どちらも似た内容なので、あとはどこを優先されるかです」と言われたので、自分でもどこを優先したらいいのか考えていたのですが、なかなか考えがまとまりません。 このような場合、みなさまならどこを優先して考えられますか??