解決済み

二次会の景品

  • 困ってます
  • 質問No.5291513
  • 閲覧数1149
  • ありがとう数3
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 78% (64/82)

結婚式の二次会で、景品の当たるゲームをする予定です。

参加者が65~70名になるのですが、
現段階では、下記のような感じで考えています。

約3万円 … 1名
約1万円 … 3名
約5千円 … 5名
約3千円 … 5名

参加者65~70名で、景品が当たる人数が14名というのは妥当でしょうか?
(※14名に当たるまでビンゴだと間延びするので、ビンゴはしない予定です)


また、上記の値段でもらって嬉しい物や、男女別で景品をあげられるゲームや企画があれば教えて下さい!

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2

ベストアンサー率 27% (10/37)

きょうび3万円というのはけっこう高額な気がします。
しかも一人だと…受け取りにくいかも。
会費が安くても、なんとなく場が"引く"可能性はあります。
最高1.5万程度ではダメですか?

・新型 iPod nano 8ギガ 14,800円
・松阪牛ギフト 11,000円(もちろん当日は目録)
・定番ですが某テーマパークのパスポート ペア11,600円
・スタバカード 3,000円分
・新郎新婦にちなんだお菓子・食べ物 ?円
(出身地の名産、思い出の旅行地、ただ単に好き等)
↑ホトちゃんばりに北海道好きな新婦がいて
白い恋人とか熊カレーとか産地直送アスパラとか
ミニ木彫り熊も「いらねー!」といいつつ楽しかった。
↑カレーといえばカレーマニアの新婦が
全国各地のレトルトカレーをアンテナショップで集めて景品に。
それも楽しかったです

でも、ゲームの内容はビンゴでないってだけで
決まってないんですよね?
したら景品の数を先に決められないような気がするんですが…
チーム対抗のクイズ合戦とかだと
1チームに同じもの1個ずつになります。
↑チーム対抗だと景品の数が決められるので楽です
お礼コメント
apl_150

お礼率 78% (64/82)

ご回答ありがとうございます。

なるほど、あまり高くても微妙なんですね。
他の回答者の方も、景品が高額だとスッキリしないと仰られているので、
最高で1万5千円程度にしようと思います!

3000円程度の物だと、なかなかいい景品が思いつかなかったけど、
『新郎新婦にちなんだお菓子』なんかはすごく参考になりました。
新郎の出身地は美味しい物の宝庫なので♪

ありがとうございました。
投稿日時 - 2009-09-17 14:17:30
Be MORE 7・12 OK-チップでイイコトはじまる

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.1

質問ですが、この金額は参加費からでるんでしょうか。
私なら飲食代に景品代を上乗せされるのはうれしくありません。
新郎新婦が出すならよいですが・・。

飲食代のみで負担を軽くして、なるべく写真撮影や話す時間をとる二次会のほうがうれしいです。

ゲームということでもあまり高額じゃなくてもいいし14名もいなくてもいいんじゃないでしょうか。
高額であればあるほど、会費が高いとすっきりしない気分になります。
補足コメント
apl_150

お礼率 78% (64/82)

質問欄に書き忘れましたが、景品代は新郎新婦負担です。
ただ会場費がかかる為、会費は女性は飲食代+1000円、男性は飲食代+1500円で設定してしまいました。
なので、参加者からすれば景品代を上乗せされていると思われるかもしれません…。
投稿日時 - 2009-09-15 12:46:58
お礼コメント
apl_150

お礼率 78% (64/82)

ご回答ありがとうございます。
私も、出席者と話す時間を多めに取りたいので、ゲームに時間はかけない予定でいます!
neiさんのように、話したり写真の時間を楽しみにしてくれる方が多いと本当に嬉しいのですが、ゲームを楽しみにしてる人もいると思うので、一応豪華景品も用意するつもりです。
14人だと多いかもというご意見なので、その辺は幹事と話し合ってみますね。
ありがとうございました!
投稿日時 - 2009-09-15 12:56:49
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
結婚について悩んでいる人にあなたの体験を伝えてみませんか?
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ