• 締切済み
  • 困ってます

この映画のタイトルが思い出せません

5年くらい前にTUTAYAでレンタルし、知人宅で1度見ただけなので、とても内容が曖昧なのですが、どなたかご存知無いでしょうか? 気になって探し回ったのですが、いっこうに見つかりません。。 ジャンルは『CUBE』のようなサイコホラーだったと思います。 ・男女10人くらいが宿泊施設で共同生活している ・その内容が全国にTV中継されている ・TV中継している司会者とカメラスタッフが常にいる ・視聴者からの人気度や意見によって生死が決まる ・人気をとって自分だけは生き残ろうと必死になる 大体このような内容です。マイナーな作品だったのでしょうか?最後は部屋の中にガスが充満し、主人公が亡くなってしまったような・・? 心当たりのある映画好きな方、何卒宜しく御願い致します。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 洋画
  • 回答数1
  • 閲覧数21
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.1
  • LAYRA
  • ベストアンサー率30% (19/63)

アーノルド・シュワルツェネッガー主演の 「バトルランナー」だったかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速調べてみました、間違いないようです・・!!! 半年程モヤモヤしてしまいました・・ 本当にありがとうございました!(TへT。)

関連するQ&A

  • タイトルが分かりません

    8年くらい前にTVでたった1度だけ見た映画なので、内容をほぼ覚えていないのですが もう1度みたいので、知っている方宜しく御願いします。 多分ホラー?悪魔(悪霊)系だと思います。 ○クライマックスに家が焼き尽くされる ○床に書かれたペンタクルのような物の周りにおびただしい数のロウソクが立てられているワンシーンがある ○少女(女性)が主人公だと思われます。 たったこれしか記憶が無いので探すにも探せず、店で探しても量が多すぎて分かりません。 どなたかこのようなシーンの出てくる映画をご存知の方教えて下さい。

  • タイトル教えて下さい

    ホラーのジャンルに入ると思いますが、20年くらい前に何度か深夜に放映されたものです。 TV放映の時はいつも2本セットで放送されました。 その時のタイトルは私の記憶では、片方は「真夏の夜の夢」となっていたと思います。 男性が人を殺して、墓に埋めるのですが、家にその埋めた場所の「絵」があって、時間を追うごとにその墓から殺した人が墓を開けて出てくる絵に変化して・・・ といったような内容だったのですが、「真夏の夜の夢」で調べても、シェイクスピアの作品に行きついてしまって、なかなか見つかりません。 どなたか知りませんか?

  • こんな本探してます

    ミステリー小説、スパイ小説、探偵小説に含まれるもの。 残忍で猟奇的なら尚更可。 和書でも翻訳されたものでも構いません。 ただし、サイコホラー(スティーブン・キングなど)は除く。 上記に当て嵌まるなら古くても新しくても構いません。 ちなみに綾辻行人の『殺人鬼』など読んでます。 それと、著者名、本の題名など肝心な部分を忘れてしまっているのですが、10年ぐらい前に人気があった作家の本も探してます。 本自体の内容は探偵小説でホラーでした。 この著者名不明、作品名不明については運を天に任せてどなたかが書いてくれる事を祈るばかりです。 宜しくお願い致します。

  • 数年前に見た深夜放送の映画(うろ覚え)

    タイトル通り、数年前に見た深夜放送の映画が気になっています。 ・3~5年前に放送(放送局も覚えていません) ・多分邦画。登場人物が邦人だったと思うのですが、外国人だったかもしれません。 ・ジャンルはミステリーまたはホラー ・正方形の部屋に7~8人の男女が閉じ込められているところからスタート ・同じような部屋が延々と上下左右につながっています。 ・部屋の外、建物の外に出ようとしています。 ・何人かは死んだ気がします。 ・上下左右に換気口(だったかな?)のようなところがあり、そこから部屋に面している隣の部屋に移れる。 ・一定時間をすぎると部屋がシャッフルされる。 ・一度シャッフルされると元いた場所に戻るのは不可能(困難) ・監視されている? ・「建物(または部屋)がキューブなんだ」というこんなニュアンスの台詞があったような気がします。 途中から見た上、本当に眠くて途中で断念したので内容もあやふやです・・・ どなたか、これじゃない?というものがありましたら教えてください。

  • 平成元年頃の青年誌掲載のサイコ・ホラー作品のタイトルは?

    以前、雑誌に掲載されていた作品を教えてください。 手がかり 年代 平成元年-平成3年頃 掲載誌 週刊の青年誌と思います 「Y氏の隣人」「少年アシベ」を同時に読んでいた記憶があるので 週刊ヤングジャンプの可能性が高いです。 (WikipedeaでYJ,YM,YSの過去掲載作品一覧を見ましたが、それらしきものが見当たりませんでした。ただし、WikipedeaにはYJに掲載されていたはずの「Y氏の隣人」が載っていませんでしたので、Wikipedeaの情報が100%正しいとは言い切れないかと思います) 内容 毎回読みきりの「サイコ・ホラー」といった物でした。 絵のタッチ ラフな線を残したままの劇画タッチでした。 覚えている回 一つだけ覚えています。 子供がゲームと現実を混同してしまうもの。 ゲームマニアの少年が妹を 「面白い実験をするから、この水槽に入ってごらん」 といって妹を大きな水槽に入れ、水を注いでしまいます 妹は逃げられず 「お兄ちゃん、苦しいよ、ここから出してよ!」 と泣き叫びますが、少年は聞き入れず、妹は溺死。 遺体を水槽から出した少年は 「今生き返らせてあげるからね」 と言って自分が熱中しているTVゲームの”蘇生の呪文”を唱えますが生き返りません。 「おかしいな、すぐに生き返るはずなんだけど」 と何度も何度も”蘇生の呪文”を繰り返します。 悲鳴を聞きつけた親が部屋の外から 「一体何をしているの? 何かあったの?」 と叫びますが、少年は 「うるさいな! なんでもない!」 と聞き入れません。 (ファミコンのRPGが流行している頃でした。) 半年から1年くらいは掲載されていたと思います 毎回こんな「世相をブラック批評する」といった感じのストーリーで面白いけど背筋が寒くなる感想や「少年誌と青年誌の違い」を感じました。(そういう意味で「Y氏の隣人」に多少似通った部分があります) また、 よろしくお願いいたします。

  • 日本でのサッカー台頭が遅れたのは何故?

    世界中に普及したサッカーも、日本ではマイナー競技という感じが否めませんでした。特に、世界的観点では普及しているとは言えない野球に比べると、その差は歴然です。 Jリーグ創立以前は「W杯より五輪」という考え方が強く、サッカーリーグの観客数も乏しいものでした。サッカーのスター選手も野球のそれと比べると少ない時代が長く続いていました。 高校スポーツでも、高校野球だけが優遇されている感じは否めません。高校野球は選抜・選手権とも関心度が高くテレビ中継も大々的に組まれますが(視聴率も五輪やW杯以上になることもあるとか)、高校サッカーは冬の大会すら中継されても高校野球ほどではなく、インターハイなどのサッカー競技は全くと言っていいほど中継されません。 高野連が高体連から独立して組織が確立していることも大きいでしょうが、サッカーも「高蹴連(日本高等学校蹴球連盟?)」とかいう高体連から独立した組織があれば、サッカー人気ももっと早く出ていたのではと考えています。 日本代表がW杯でベスト16入りするようになっても、野球に比べて遅れている感じが否めないのですが、なぜ日本ではサッカー人気や実力の台頭が遅れたのですか? ※当方は野球好きなので野球のことを悪く言うつもりはないですが、サッカーの発展にも期待しています。

  • 今から25.6年くらい前だと思いますが・・・

    平日の夜20時か21時頃に民放で放送していたバラエティ番組で、1つのコーナーが終わってCMに行く前にホラーのショートムービのようなものが毎回流れるといった番組だったと思いますが番組のタイトルが思い出せません。 一番覚えているのは、夜一人で女の人が怖いTVを観ていて、その怖いTVの内容が、女性が一人でTVを観ていると背後に男が現れて、女性の頭をTVのブラウン管にたたきつけてしまうというものなのですが、それを観ている女性の後ろにも、自分が観ているTVと同じように男が現れて、その女性もブラウン管に何度も頭をたたきつけられ、頭をブラウン管に突っ込んだままの女性をおいて男が部屋を出て行くといった内容でした。薄暗い部屋に頭を突っ込まれて壊れたTVの青白い明かりとビリビリバチバチと電気がショートしたような音がとにかくリアルで怖くて当時4.5歳だったと思いますが今でもその映像ははっきり覚えています。 ただ何の番組だったかどうしても思い出せません。なんとなく欽ちゃんの番組だったような気もしますが、自信がありません。どなたかこの番組について覚えていらっしゃいましたらタイトルを教えてください。 

  • 何故、同じ作品を何度も観てしまうのか?

    アニメに限らず、実写映画もなんですが、何故か同じ作品を何度も観る事があります。 何度も観る要因は「好きな作品だから…」だと思うんですが、「それだけ何だろうか?」とも思ってしまいました。 何度も観ていたら内容・展開・オチ・セリフさえ憶えているのに、数カ月経ったらまた観てしまいます。 古いんですが、私はとっても大好きなホラー映画があって、出会いはレンタルでした。 DVDを購入して、数え切れないくらい観まくりました。 その後、リマスタリングされリバイバル上映された際には、TVと劇場の違いを楽しむ為に劇場まで観に行きました。 結局、リマスタリング版DVD→BDと同じ映画を3本買ったりしてしまっています。 リメイク版が公開された時も劇場に行って、その後BDを買いました。 こんな事しているの、私だけなんでしょうか? (きっと皆さんにも何度も観てしまう作品がある…と信じています。) こう考えていたら、ラピュタ・トトロなど「何度もTVオンエアされるのと同じ心理なのかな?」とも思えてきました。 ハッキリとした正解のない質問だと思いますが、お気軽に回答やコメントの程よろしくお願いいたします。

  • 素朴な疑問→満員御礼の基準は?

    大好きな大相撲が始まっていますが・・・今場所も大関の不振や立会いの乱れ等の不満&不安要素は相変わらずだが、そんな中でもTV中継で観る場内の空席が相撲人気や場所の期待度のバロメーターとして大変気になる。 なのに、残念ながら初日こそは満員御礼の垂れ幕が下がっていたが、結構、空席が有り幕内前半は予約しても来場していないのだろうと思っていたが、結びまで結局空席がかなりあった。 今後の相撲の賜杯を巡る白熱した争いや熱戦にて盛り上がり今後は連日満席状態が続くかと思うのだが、心配した通り、その後の2日目・3日目中継では空席が多く目立ちます。 そこで質問ですが、 ◇これは、チケットの発売ベースなのかor席の数の何掛けかで満員御礼とするのかが決まっているのでしょうか?

  • これだけしか憶えてないんですけど

    25年以上前の映画でホラー・サスペンス系です。 当時、映画館でこの目で観たのですが、最後の場面しか憶えていません。 この映画、その後一度も目にした事がありません。もしかしたらTVでも放送された事が無いかもしれない、そんなマイナー映画だと思うんです。 映画達人のお力で何とか思い出したいのです。 一番ラスト、客船の甲板に子供が立っている。子供の顔のアップ。その目が白く光る・・・・。とまあ、こんな感じで本当にこれだけしか憶えていません。 しつこいですが、確かに船の上だったと思います。よって最近の「光る目」では断じてありません。どちらかというとオーメン1のダミアンの系統に近いかな。 話の筋的には悪魔か霊に乗り移られた子供だったと思います。 こんな少しの情報ですけど、タイトル分かりますか? 私は昭和42年生まれ、小学校の時に見ました。