• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

傷害と殺人未遂の判別について

質問させていただきます。 私は5月の上旬に勤務する販売店で、40代の男に包丁で胸を刺されました。店との付き合いもこれまで全くなく 特にトラブルを抱えたりはなかったのですが、突然因縁をつけ、カウンター内に押し入り無抵抗の私の胸を狙って 思い切り包丁を突き出しました。 犯人は現場に居合わせた他の方々のおかげですぐに取り押さえられ、駆け付けた警官に殺人未遂で逮捕されております。  私の傷は、胸の中央よりやや右あたりで深さは5センチ、医者の話では奇跡的に肺や重要な血管をそれたため大事には 至りませんでしたが、重症でした。 後日、検察から起訴の連絡が来たのですが、内容は銃刀法違反と「傷害」での起訴となっていました。 無抵抗の人間の胸を何の躊躇もなく包丁で刺すような行為が「殺人未遂」にはならないのでしょうか? 殺意の有無が問われたりもしますが、上記の行為に殺意が無いとは到底思えません。 また、犯人は包丁を予備でもう1本隠し持っていたこともわかっております。 これで、傷害で済まされては納得のしようがありません。 傷害で起訴された事件は、その枠を超えて「殺人未遂」として認定されることはないのでしょうか? だとすれば、起訴内容自体を「殺人未遂」に変えてもらう方法はないのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数672
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • Yuhly
  • ベストアンサー率70% (81/115)

大変な目に合われたようでお気の毒ですが、大事なくて幸いでした。 >傷害で起訴された事件は、その枠を超えて「殺人未遂」として認定されることはないのでしょうか? 後述する訴因変更が行われた場合を除いてはありません。 それを認めると、被告人に争う機会を与えず有罪にしてしまうことになるからです。 >だとすれば、起訴内容自体を「殺人未遂」に変えてもらう方法はないのでしょうか? 検察官に、「殺人未遂」として訴因変更を行ってくれるよう頼むことはできます。また、審理の経過によっては、殺人未遂という重大な事件ですから、裁判所が訴因変更を命じることもありえます。 訴因変更がされれば、殺人未遂として起訴されたのと同じ事になりますから(有罪になるとは限りませんが)同罪の成否について審理されます。 しかし、「殺人未遂」で捜査が開始された事件を最終的に傷害で立件するという事は、立証が(おそらくは殺意の立証が)困難であるためと考えられます。 書いておられることを読みますと、刺突行為が、胸部に対してなされたこと、深さ5センチに達する程度の傷であること、などは殺意があったことを補強しますが、今まで特に店と(おそらくはあなたとも)トラブル等はなかった、突然因縁をつけ刺しかかってきた、現場にはすぐに取り押さえられるだけの人がいた、などの点は殺意を否定する方向に働きます(少なくとも計画性はなさそうです)。 また、包丁を2本持っていた、という点も、計画的な犯行であれば殺意を強く補強しますが、突発的な犯行であればそれほど影響せず、場合によっては殺意を否定する方向に働きます(例えば大きい包丁と小さい包丁をもっていた場合、殺意があるのにわざわざ小型の包丁で刺す人はいませんから、殺意が否定される方向に働きます)。 被告人の供述や貴方を含めた証言など上記以外の色々な事実関係を総合考慮した上で殺人未遂では立証が難しいと判断したのでしょうから、訴因変更は難しいかもしれません。 刑事訴訟法 第三百十二条 裁判所は、検察官の請求があるときは、公訴事実の同一性を害しない限度において、起訴状に記載された訴因又は罰条の追加、撤回又は変更を許さなければならない。 2 裁判所は、審理の経過に鑑み適当と認めるときは、訴因又は罰条を追加又は変更すべきことを命ずることができる。 3 裁判所は、訴因又は罰条の追加、撤回又は変更があつたときは、速やかに追加、撤回又は変更された部分を被告人に通知しなければならない。 4 裁判所は、訴因又は罰条の追加又は変更により被告人の防禦に実質的な不利益を生ずる虞があると認めるときは、被告人又は弁護人の請求により、決定で、被告人に充分な防禦の準備をさせるため必要な期間公判手続を停止しなければならない。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 傷害・殺人未遂の時効について

     刑法上の犯罪の時効について、ご教示ください。公訴時効の意味です。まず、傷害罪の時効が何年であるか、についてお伺いします。加えて、傷害の実行行為が行われた2年後に、傷害罪にあたる行為であることが発覚した場合、時効の起算点は、いつなのでしょうか。実行行為時なのか、その後の分かった時なのか、の問題です。また、単純な傷害罪ではなく、未必の故意の傷害行為の場合も、特に時効が違ってくることがあるでしょうか。少し分かりにくいかもしれませんが、実際の事件は、未必の故意の実行行為を行った者がいた、その実行行為のために、他の者が現実に傷害行為に及んだ場合、原因となった未必の故意の傷害行為実行者の行為も犯罪として訴追できるでしょうか、という意味です。  もう一つの質問は、未必の故意の殺人未遂の実行行為の時効が何年になるか、です。未必の故意の実行行為のために病院送りにされています。殺人の実行行為とする根拠は、密かに投与された薬剤の特性からです。過剰投与により、殺人が可能になる薬剤であるからです。  最後に、以上の傷害・殺人未遂の実行行為が同一人の手で行われた場合の、時効がどうなるか、です。より重い犯罪としての殺人未遂の時効期間を適用して、傷害罪も殺人未遂と複合させて公訴提起できるか、という意味です。  よろしくお願いいたします。  

  • なぜまだ「殺人未遂」容疑なのか?

    先日の秋葉原通り魔殺人事件の犯人の逮捕容疑は、2日経った今日の時点でもまだ「殺人未遂現行犯」ですが、7人も亡くなって殺人未遂とはいくら何でもおかしいのではないでしょうか。 強い殺意を持って犯行におよんだことは明確過ぎるほど明確なのに、なぜでしょうか。教えて下さい。

  • 【法律】警察官が部下に拳銃の銃口を向けても殺人未遂

    【法律】警察官が部下に拳銃の銃口を向けても殺人未遂にならない理由を教えてください。 神奈川県警藤沢署地域課の男性巡査長(32)が部下に対して、気合いを入れさせるために部下に拳銃の銃口を向けたそうです。 で、神奈川県警警察本部は巡査長を銃刀法違反(加重所持)の疑いで書類送検し、停職6カ月の懲戒処分にし、巡査長は同日付で依願退職した。 普通は殺人未遂で逮捕では? 拳銃で銃口を向けて銃刀法違反で停職6カ月ですか? 殺人未遂で逮捕すべきなのでは? この停職6カ月のあとに銃刀法違反の実刑が上乗せされる刑罰になるのでしょうか? 銃刀法違反の実刑を受けると何年刑務所送りになりますか? 銃刀法違反というよりこれって殺人未遂ですよね?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • utama
  • ベストアンサー率59% (977/1638)

客観的に見れば、殺人未遂でしょうけどねぇ・・・ 裁判員裁判を回避するために、殺人未遂を傷害に落として起訴するとか、強盗致傷を窃盗+傷害にしているといううわさがありますが、まさにその影響かもしれません。 検察官に頼んでも、今から罰条自体を変更するというのは難しいと思います。量刑の部分で、殺人未遂に匹敵する事例であるとして考慮してもらうというのが現実的な解決ではないでしょうか。(被害者参加制度を使って、裁判で独自に意見を述べることも可能です。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。まさに同じ意見が弁護士会からもありました。 検察が裁判員制度を回避するために傷害にしたのではないかと…。 殺人未遂の最低量刑は懲役5年だから執行猶予がつかないというのも聞いたため なおさら殺人未遂で起訴してほしかったです。担当の刑事さん達はとても親身になって 殺人未遂に持っていくようにと、調書も強調して作成してくれました。 それに比べ検事さんのサバサバした感じときたら・・・。 裁判員制度を回避しようとしているとすれば、その意図はいったい!?

  • 回答No.1
  • zorro
  • ベストアンサー率25% (12261/49027)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 殺人未遂から傷害罪へ

    私の友人(男性・初犯 24歳)が同僚の男性の頭を包丁で刺し、頭に10針、精神的ストレス、頚椎捻挫で約4週間の怪我を負わせました。(10日で退院)当初殺人未遂容疑と銃砲等で逮捕されましたが傷害罪と銃砲等で起訴されました。またすでに示談は成立しているようです。彼は執行猶予がつくでしょうか?弁護士によると執行猶予になる可能性が高いらしいのですが、弁護士がいまいち頼りなくて心配なようです。ちなみに会社をクビなるなどの社会的制裁は受けました。あと執行猶予になるとしたら、実刑になるとしたらどのくらいでしょうか?大事な友人なのでぜひご教授ください。

  • 殺人未遂で・・

    友人が、痴話喧嘩のもつれから口論になり。かっとなって女性の首に手を掛けてしまいました。 警察側も判断に迷ったらしいですが、傷害でなく殺人未遂で逮捕されてしまいました。 こんな場合は傷害罪での判決を勝ち取るには、どうしたらよいのでしょうか?

  • 傷害or殺人未遂の判断と刑期について

    友人がコワモテの方に強請られて暴行をうけ、偶然そこにあった果物ナイフで相手を刺してしまいました。相手は死んでないですが重傷らしいです。友人はたぶん初犯です。こういう場合、傷害で起訴されるんでしょうかそれとも殺人未遂でしょうか?また、それぞれの刑期がどのくらいになるのか教えてください。 よろしくお願いします。

  • 殺人未遂と過失傷害致死

    どっちの罪が重いでしょうか? 意図的なことを考慮し、殺人未遂か、結果重視で過失傷害致死か。

  • 殺人未遂と過失傷害致死、民事では?

    殺人未遂と過失傷害致死では刑事的には殺人未遂の方が重いですが、その二つが競合した場合、民事ではどうなるでしょうか? 例えば、AとBの2人がいて、AがBに殺されそうになり、Aが反撃して過剰防衛でBが死亡した場合です。この場合、AはBの遺族に多額の賠償金を払うことになるのでしょうか?

  • 殺人未遂について

    殺人未遂で逮捕されてから社会復帰できるまでの流れと、どれくらいの期間がかかるのか教えて下さい。 凶器は包丁。救急車を呼んだのは加害者です。 被害者は加害者のことを許しており、加害者も十分反省しています。 保釈できるかどうかもお願いします。 私が未熟な子供であるゆえ、出来るだけ分かりやすくお願いします。

  • 殺人未遂?!

    殺意を持って、人の殺害計画を実行 しかし、考えが浅はかで、計画が成功しても誰も死に至らない場合は、殺人未遂になるのでしょうか? 例えば、飲み物に毒物を混入 しかし、一度に10リットルは飲まないと致死量に達しない濃度しかなかった場合など あるいは、自動車のブレーキに細工をしてブレーキが効かないようにしたつもりだったが、間違えて安全には全く関係ない部分に細工した場合など

  • 殺人未遂の保釈請求について

    家族間での殺人未遂事件において、保釈が可能かどうか教えてください。 事件内容 兄弟喧嘩で兄がかっとなり弟を包丁で刺しました。

  • 12歳(小学6年生)が殺人未遂及び傷害

    12歳(小学6年生)が殺人未遂及び傷害事件を起こし、心神喪失状態と認められたら、その子はその後どうなるのでしょうか。 2013年現在、2000年時点に分けてお答え頂きたく存じます。

  • 傷害事件?殺人未遂?(長文です)

    暴行を受け、犯人は現場で逮捕。 この時、被害者は鼻を折る等の怪我をしていますが、犯人は最終的に刃物を出しています。刃物で刺される前に警察が来たので、刃物による直接の怪我はありませんでしたが、これは傷害事件になるんでしょうか、それとも殺人未遂なんでしょうか?(二つの見分けというか基準は?) これで裁判になり、犯人が負けた場合、犯人が刑務所など入るとしたら、どの位の期間入るのでしょうか?ちなみに犯人は前科があります。 ちなみに被害者は自分の身を守るために犯人を何回か殴り返していますが・・・、それって期間や判決に影響しますか? また、釈放後、被害者に再び被害が加えられる可能性がある場合、被害者はどうしたらいいのでしょう?よその土地に行った方がいいのでしょうか?