• 締切済み
  • 暇なときにでも

無気味な映画のタイトル

誰も覚えていなさそうなんですが・・・  随分前に深夜映画で見たのですが、6歳位の双児の男の子の片一方が木から落ちて死んでしまって、残った男の子が無気味な事件を起こす話なんです。  死んだ男の子の指輪が欲しくて棺桶を開けて指をペンチで切り取ってしまったり、まだ赤ん坊の弟を殺してしまったりするんです。でも全然本人に悪気がないという話だったような・・・  深夜に寝っ転がってボケーっと見たのですが、その奇妙な無気味さのせいか忘れられないのです。  誰が作ったなんと言う映画だったのか知りたいです。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数51
  • ありがとう数11

みんなの回答

  • 回答No.1

多分それは「悪を呼ぶ少年」ではないかと思います。 1930年代のアメリカ、コネチカットの田舎町の農場に母、祖母などの一族と住むホランドとナイルズという双子が主人公(いい子のナイルズは死んでしまう)のサイコホラー(?)です。知名度は低いもののなんか忘れないというという評判のある映画ですね。 1972年のアメリカ映画で、原作・脚本のトマス・トライオンと監督のロバート・マリガンが共同で製作しています。音楽はジェリー・ゴールドスミス。 ナイルズを演じているクリス・ユダバーノキーとホランドのマーティン・ユダバーノキーは実際に双子で出演当時は10歳くらいのはずです。他にユタ・ヘーゲンが祖母役で出ています。「チャイルド・プレイ/チャッキーの花嫁」に出ているジョン・リッターの若い頃(当時20代)の姿も。 ビデオはレンタルビデオ屋さんでは見つからないかも。でも、原作本が昨年復刊されたので(角川文庫)、内容を確認してみてはいかが?因みにsets7さんはこれで見た訳ではないでしょうが、今年始めにCSのスターチャンネルで放送されているようなので、そっちの方ではまた放送するかもしれません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

nobuchuさん、すごいです!! 絶対判らないと思っていました。 20年近く前に深夜映画で見たんですけど、そんな映画誰も知らないと言うので。 一応レンタルビデオ屋さんで確認しますけど、おっしゃるように見つからないでしょうね。 角川文庫で原作も探してみます。 ちなみに私はホラー映画マニアという訳では無いのですが、何かずっと心に引っ掛かっていたのです。 本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 昔の洋画のタイトルが思い出せません。

    昔の洋画のタイトルが思い出せません。 ・男の子の兄弟がいてお母さんが亡くなってしまいお兄ちゃんは寂しがっています。 ・お父さんはお金持ちで仕事が忙しくあまりかまってくれない ・弟はお兄ちゃんに付いてあるって危ない目にあいお兄ちゃんが怒られる  お兄ちゃんはお父さんに可愛がられていないと思ってしまう。 ・ラストはお兄ちゃんの真似をして木に登った弟をお兄ちゃんが助けるが  落ちてしまう。  「お父さんが可愛がっている弟を助けたよ」的な事を言いお父さんに  褒めてもらいたい ・でもお兄ちゃんは怪我で死んでしまう。 という内容だったと思います。 今も内容を思い出すと涙が出そうになるくらい切ない映画です。 80年代くらいだったと思います。 どなたか覚えている方いますか?

  • ある映画のタイトルが知りたいのですが・・・

    以前深夜にやっていた海外映画で、どうしようもなく救われないラストで印象に残っていたのですが、タイトルが思い出せません。よほどマイナーなのかキーワード入れて検索をかけても出てこないのですが、もしご存じの方がいらっしゃったら教えていただきたいのですが・・・。 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 内容(かなりうろ覚えな上に長いです) 田舎で主人公の老警官が子供を狙った殺人事件を追う話です。 主人公には過去があり、確か仲間の警官を誤って死なせたしまったとかだった気がします。それ以来、主人公は酒に浸るようになり、同僚などからは「あいつは頭がおかしくなった」的な扱いされるようになりました。 主人公は現役を引退する直前に、ある拘置所で殺人罪で捕まった知的障害者の男が警官の銃を奪い、自殺する現場にでくわします。 この男は少女を暴行し、殺害した罪で拘留されていましたが、主人公は長年の勘で「この男は犯人ではない。この殺しはまた起こる!!」と直感し、仲間に話しますが、変人扱いされている主人公は「またこのじいさんは・・・」といった感じで、たわごととして相手にされません。彼はこの事件に執拗にこだわるようになります。そこで現役を引退した主人公は一人事件の究明に乗り出します。 殺された少女の住んでいた近所に引っ越してきた主人公は、ガソリンスタンドを営む母子と出会います。子供は男の子で殺された少女と同じ年の頃で、母親は夫と離婚しており、夫からの暴力で顔に傷を負っていました。 主人公はこの親子と仲良くなり、ガソリンスタンドで入り浸るようになります。しだいに母親との間に愛が芽生え、家族の一員となり、幸せに暮らすようになります。 そんな中、以前殺された少女の通っていた学校(幼稚園?)の子供から、少女が殺される以前に、「クマのように大きいおじさんからハリネズミのチョコを貰った。」と話していたこと聞きます。 そいつが犯人に違いないと確信する主人公でしたが、なんとガソリンスタンドの男の子も同様に大きな男からハリネズミのチョコを貰ったといいます。 次は男の子が狙われている。 それからというもの主人公はその子の傍を片時も離れまいと注意するようにしますが、ふと目を放して戻ると男の子はまたハリネズミのチョコを持っており、大きな男の人がくれたといいます。しかも今度は「今度は一人の時に会おう。そしたらもっとたくさんハリネズミのチョコをあげるよ。」と言われたと言います。 主人公はそれを犯人逮捕のチャンスと考えます。 警察官の仲間達を説得し、待ち伏せ作戦をとります。ガソリンスタンドの母親には自分が事件を追っていることや子供に危険が迫っていることを隠し、子供を約束の日の約束の場所に行かせます。 主人公と警察官が陰で張り込む中、子供は約束の場所で男を待ち続けます。 しかし何時間待っても犯人は現れません。しだいに警察官達はやはり事件は主人公の考えすぎか妄想なのではないかと疑い始める。 主人公も次第に焦り始める。 遂には警察官達も張り込みを切り上げ、事の次第を母親に告げると言って帰ってしまいます。 事の次第を知らされた母親はぶちぎれます。 猛スピードで車を飛ばして、子供の元へ駆けつけます。「事件捜査のために私達家族を利用し、危険に晒したうえに家族ごっこまで演じ、私たちをもてあそんだ!!」といって主人公を責めます。 子供を囮にしたことは別として、始めから利用する気はなかった主人公ですが、もうこの一家には戻れなくなってしまいました。 ところ変わって警察署に帰る途中の警察官達。道中で車の事故処理の現場を通りかかります。 大して気にも止めず、通り過ぎてしまうのですが、この車両事故。実は約束の場所に向かう途中の犯人の車とトレーラーが衝突したもので、いくら待っても犯人が現れなかったのは、この事故で死んでしまっていたからなのでした。もちろん事件に関係のない事故死者として扱われます。劇中で犯人は一度も姿を見せず、出てきたのは丸焦げの死体のみでした。 そんなことも知らず一人で来るはずのない犯人を待ち続ける主人公。事件にのめり込むばかりに愛する家族を失い、信用を失い、肝心の真相は永久に闇の中・・・。 数年後、誰もいない荒野で一人酒びたりになりながら、「俺は正しい・・・。犯人は必ずいる・・・。」とぶつぶつ独り言をいう主人公の様子がでてきてエンディング。 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 以上です。長文失礼しました。 書き終わってからもっと省略して書けばよかったなーと思いました。 どこの国の映画かは分からないですけど、もしご存じの方がいれば、よろしくお願いします。

  • このビデオのタイトルは?

    10年ぐらい前のアメリカの青春映画で女の子(ボーイッシュな感じ)が作文かなにかを提出するのに、男の子に変装して、ハチャメチャな行動をするのですが、最後の卒業パーティを海辺でした時に好きになった男の子に、変装していたのがばれて振られた話なのですが・・たしか、ちょっと変態ぎみの弟がいて、変装してた女の子の名前はテリーとかって言ってたと思うのですが・・・どなたかタイトルを知ってるかた教えてください

  • タイトルがわかりません。

    3年位前にテレビでやった映画だと思うんですが。   高校生の男の子が屋久島の杉の木を見るために一人で旅に出るという話だったと思うんですがご存知な方はいらっしゃるでしょうか。 覚えているのはトラックの運転手のおばさんの家庭に泊めてもらい対人関係が苦手な長男と仲良くなるシーン。 一人暮らしのお爺ちゃんの家に泊めてもらって、なんだか忘れましたが包丁を取り出していたシーン。   タイトルが17才だった気がしなくもないんですが調べても何も出てこないので勘違いだったと思います。

  • 怒られているのにニヤニヤわらっている6歳児の心

    近所の6歳の男の子(来春小学生。娘の同級生の弟です。)が、 自転車で外出するときに近づいてきて、 いきなり、もっていた木の棒(太さ3cmぐらい)を自転車の車輪に差し込みました。 頑丈な木の棒だったので、当然自転車の車輪は動かなくなり、 「危ないからとってね」「ダメだよ」と何度も何度も言ったのですが、 その男の子は、車輪に差し込んだ棒をそのまま手にもち、 一言も発せず、こちらを見てずっとニヤニヤと笑っていました。 背筋がゾゾッとしました。 結局、無理やり棒をひきぬき、 娘の習い事の時間がせまっていたので 「バイバイ」といって走り去ろうとしましたら、 いきなり、追っかけて、またまたびっくりしました。 私は女の子しか育てたことがないので、 男の子の心理がよくわからないのですが、 6歳にしてこの態度ってありえますか? この少年、おしゃべりもできるし、 毎日元気に外遊びしているので、健康には問題はないと思います。 ご近所なので、私の顔もよく知っています。 今まで子供にこんなことをされたことがないので、 かなり私はショックで、 そのニヤニヤ笑いを思い出すと恐怖で寒気がしてしまうほどです。 自分の親ならまだしも、他人の親に怒られて、 ニヤニヤ笑っていられる6歳児の男の子の心理 わかる方がいらっしゃいましたら教えてください。

  • 忘れちゃって困ってます!?

    ある映画の題名が分からず困っています。 内容は、ホラーではないのですが、恐怖映画の部類に入る映画です。 内容。 新婚したばかりの若い夫婦に待望の赤ん坊が誕生。それに合わせて、家も引っ越すことに。 都心郊外の緑豊かな森がある郊外にある一軒家に引っ越した夫婦。 でも、妻は、仕事をある程度の生きがいとしたキャリアウーマン。 子供を出産後、仕事場へのふきっをきっかけに、子供の面倒を保育士にゆだねることに。 色々な人と面接し、ある保育士に決定。 しかし、その保育士には、色々な問題があることがのちに発覚。 特に、面倒を見た赤ん坊の大半が、謎の失踪。 事件を知った夫妻は、彼女を解雇。 しかし、その保育士の女性は、必要に夫婦の赤ん坊を狙い・・・・・ そしてついに、その正体が。 彼女の正体は、なんと、悪魔が宿った巨大な樹木。木から生まれた人間もどき。 彼女の手によって、多くの赤ん坊が連れ去られ、巨大な樹木の生命を維持する為の栄養に。 その事実を知った、夫妻の妻は、木を切り倒そうと斧で。 が、そこからは、真っ赤な鮮血が流れる。 と、いう内容の映画です。 不気味なのは、保育士の女性が木彫りの人間として夫妻に襲いかかるシーンが、なんとも不気味な映画でした。 その題名が分からず、困っています。 どなたかご存知の方、よろしくお願いします。

  • 1977~1981年頃「くるみ割り人形」と同時上映されていた洋画のタイトル

     小さい頃に見た映画なので年代がはっきりしないのですが、福岡の映画館で、人形劇になっている「くるみ割り人形」(夜、寝ない子をネズミにしてしまう怖い男の人が出てくる作品)と同時上映されていた洋画を探しています。  話の内容は、結構偉い軍人だか高官だかの父親のいる家庭で、幼い兄弟がいて、そのうち母親が死んでしまうのですが、父親は兄の方だけに母親が死んだ事を伝え、まだ小さい弟の方には知らせるなと言います。兄の方には結構辛くあたり、兄は寂しい気持ちを持ちながら生活するのですが、ある日兄が池のところにある木にぶら下がっていたらその木が折れ、背中を強打し、命に危険が及ぶ事となり、初めて父親が兄の寂しさに気づく…といったものです。すごく切ない話で涙無くしては見れない映画でした。  確か「天使」がタイトルについていたと思い、それらしき映画「天使の詩(イタリア映画)」を探し出したのですが、製作年が古く、それが映画館で上映されていたものなのか疑問があります。ずっと気にかかっていたので、ぜひ教えていただきたいのです。  あと、「くるみ割り人形」についても知っている方がおられたら教えてください。よろしくお願いします。

  • 創作童話の書名を教えてください!(指輪が出てくる話です)

    小学生の頃(1970年代半ば~1980年代頭)に読んだことのある絵本(創作童話)を探しています。 うろ覚えなので申し訳ないのですが...あらすじは: 好きなばかりにいじめたり、けんかして泣かせたりしている幼馴染の女の子(小学校低学年の同級生)に、告白をしようとした男の子が主人公。告白には指輪がいると思った主人公は「はじめてのおつかい」よろしく、指輪を探しに商店街の時計店に赴き(1人では怖いので弟か妹同伴で)、勇気を出して、ショーウインドウに飾ってあった(正札1万円?の、おとな用のルビーの)指輪をください、と店主に声をかけるのですが、当然持参した(貯金箱の)お金では足りず、店主は「○○に子供用の指輪があるよ」と駄菓子屋さんを教えてくれる。 その駄菓子屋で、主人公は有り金全部はたいて12~3個の指輪を無事購入。(お使いの手間賃代わりに同伴の弟か妹に駄菓子をおごってあげていた)次の日、主人公は学校で無事告白し、彼女の手の指全部だけではなく、足の指にまで指輪をはめて、同級生の前で婚約のおひろめをした...というものです。 この話をご存知の方、もう一度是非読みたいので、書名などの情報をご教示ください。よろしくお願いいたします!

  • 双子の少年のホラーです

    最低でも十数年前の欧米の映画です。  双子だけど兄は残忍な問題児、弟は良い子。しかし実は兄は既に死んでいて殺人まで犯していたのは弟の中の別人格だった。そんな話だったと思います。  棺に中の兄の指輪を弟が取るシーンがあった気もします。  要領を得ない文章ですみませんがタイトル等教えて下さい。

  • 姑との関係 ストレス解消法

    ありきたりな話ですが、姑とうまくやっていくことに疲れてきました。 姑は離婚し、実家の世話になりながら夫と弟を育てた人で、50歳です。 私はどちらかというと考えの古い厳しい両親(父が60歳)のもとに育ちました。 別居です。 娘を妊娠したころから「男の子が生まれるよ!」(悪気はない)女の子とわかってから「次は男の子ができるよ!」(悪気はない)「あなたのつわりは楽な方。もっと大変な人はね…(と例を挙げる)」(なぐさめのつもり)生まれてからは「○○(夫の名)くんはもっと女の子らしい顔をしてた」(もちろん悪気はない)「いや~ん、おばあちゃんっていわれたくな~い!大きいママって呼ばせたーい!」(…) 基本的にはいい人です。職場の人にいじめられて転職しました。(理由は悪気がなく相手が傷つくことを繰り返し言っていたから。) しかし、どついてやりたくなるのも事実。 よいストレス解消法はないでしょうか…