• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

童話【宝石姫】作者について

【宝石姫】という童話の作者や出版されていれば、出版元などについて教えてください。 話の内容は、魔法使いが心の優しい妹姫はしゃべる度に口から宝石が飛び出すように、それを妬んだ意地悪な姉姫はしゃべる度に虫かヒキガエルが飛び出すようになり、妹姫は王子と結婚、幸せになるという話だったと思うのですが、うろ覚えです。 童話って容赦無いですけれど、そういう話ほど心惹かれる題名ですね。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数671
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • cmr4
  • ベストアンサー率47% (87/182)

原作は、シンデレラのシャルル・ペローです。 「せんにょのおくりもの」とも言うようです。

参考URL:
http://www.suguri.net/book17.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 【仙女の贈り物】という名前もあったのですね。 東洋のお話のような雰囲気の題名でそちらもとても美しい題名ですね。

関連するQ&A

  • 童話のタイトルと作者を教えてください。

    小さい頃読んだ童話なのですが、 作者とタイトルが思い出せないので書き込みました。 主人公(王子様だったような気がします)が旅に出て、 そこで(7人だったと思いますが)旅の途中に出会った 人たちを仲間にします。 その人たちは、大食いだったり力持ちだったり、寒いのに暑いと感じたり、 とそれぞれ特徴があります。 それで、ある国の王女様が、結婚を申し出る相手にいつも無理難題を出しているのですが、 主人公は仲間の力を借りて、無理難題を解きます。 (海の中から指輪を探したり、たくさんの樽のお酒を飲み干したり、など) 最後の無理難題が、燃えている家に3日入って耐える、というもので、 寒いときに暑く、暑いときに寒く感じる仲間がその無理難題を解決する、 というところは覚えています。 そして王女様と主人公は結婚してハッピーエンド、という終わり方だったと思います。 この童話の名前や作者を教えてください。 うろ覚えなので、わかりにくい文章になってしまいましたが、 よろしくお願い致します。

  • 夜は優しいヒキガエル、昼は冷酷な美少女、二重人格のヒロインの童話のタイ

    夜は優しいヒキガエル、昼は冷酷な美少女、二重人格のヒロインの童話のタイトルは? 子供のころに読んだ童話ですが、大人になっていろいろ童話集をみてもそれらしいものがみつかりません。 ラストがどうなったか忘れてしまったのですが、途中までのあらすじはこうでした。 山賊の娘として生まれたヒロインは、昼間は母親似の美しい少女ですが、心は父親似で裸馬を乗り回し、粗暴にして冷酷。しかし、日が沈むと同時に醜いヒキガエルに変身し、心は優しくなります。 ある日山賊たちは一人の青年を拉致してきます。どうもどこかの王子のようなのですが、肝の太い若者で、脅されても平然としています。昼の間粗暴な口をきいていたヒロインですが、夜になるとヒキガエルの姿でやってきて、若者の縄を解いてやり、馬に乗せて逃がします。若者がヒキガエルを一緒にのせて走っている途中で夜が明けたので、ヒキガエルは馬上でいきなり少女に変身!暴れだします。 そこからどうなったのか忘れてしまいました・・・ もし、お心当たりのある方おられましたら、教えてください。どうしたら読めるでしょうか。是非もう一度読んで、子供にも聞かせたいです。

  • 童話や昔話について

    閲覧ありがとうございます。 とてもくだらない話なのですが、私は前々から思っていることがあります。 小さい頃、私の友達は童話や昔話などに出てくる王子様が理想とかカッコいいとか、そんな感じの話をしていました。 しかしどうにも、私には王子様の魅力がよく分かりませんでした。 「白雪姫」や「シンデレラ」や「人魚姫」などの王子は、特によく分かりませんでした…。 特にシンデレラの場合、着飾らないと気がついてくれない王子よりも、貧しいシンデレラを助け出してくれた魔法使いのほうに魅力を感じてしまいます。 周囲に言ってもあまり共感してもらえないのですが……皆さんは「この話なら王子よりもこのキャラクターのほうが素敵だな」と思う作品はありますでしょうか。 もしあったら教えてもらえると嬉しいです。 文章下手なので、質問文が分かりにくかったら申し訳ありません。

  • 童話のタイトル。

    7~8年前に読んだ童話(?)のタイトルを探しています。 本の内容も殆ど覚えていないのですが、思い出せる限り書き出してみるので、これかな?と思ったものがありましたらどうか教えてください。 ・ハードカバー、赤い表紙、厚さは1.5センチくらい。 ・ファンタジー風の話で、主人公の女の子(小学生くらい)が魔法の国へと行ってしまう話。(魔法使いだと言うおじいさんに連れて行かれたような・・・) ・林檎のペンダント、もしくは林檎の香水がはいったペンダントがキーポイント(?) これくらいしか思い出せなくて・・・。 こんなんでわかるか!と言われてもしょうがないとは思うのですが、どうかよろしくお願いします。 それと、出版社や著者、今でも本屋で買えるのかどうか、またオンラインで買える所はあるのかどうかも教えてくださると嬉しいです。 本当に大好きだった本なので、どうしても手に入れたいのです。

  • 夜、死体に隠れて姫をやり過ごす童話を知りませんか?

    むかし聞いたお話のタイトルがわかりません。 おそらく小学生の頃に児童館で聞いた童話だと記憶しているのですが、話の残虐性から、いまいち自信がありません。 どなたか、こちらの作品をご存じないでしょうか? 以下が内容となっております。 うろ覚えなので、間違っているところもあると思います。 お姫様が、一人で城で眠り続けている。これは呪いのせい。(いきなりですが、起きていたかもしれません) ↓ 呪いは、誰かが城で寝ずの番をすれば解ける。 ↓ 青年が姫を救おうと、城に泊まる。 ↓ 真夜中になると、誰かが自分を探しているのに気づく。それは姫だった。 ↓ 恐ろしくなって、城の中を逃げる。 ↓ ある部屋に逃げ込むと、そこには青年と同じ目的でかつて城にやって来た人達の死体の山があった。 ↓ このままだと、自分も姫に殺されると思った青年は、死体の山に中に潜って隠れる。 ↓ それでも姫に見つかってしまい、姫は死体の山を上から一体ずつ確認して剥がしていく。 ↓ あと数体で青年まで到達する、というところで朝日が登る。 ↓ 呪いが解けて、姫は元に戻り、青年と結婚する。 眠り姫やいばら姫などの亜種ではないかと思うのですが、調べてもわかりません。 ご存知の方がおりましたら、教えていただけますと幸いです。

  • 童話の面白いパロディが読めるサイト・著書

    ヘンゼルとグレーテル、白雪姫、ウサギとカメ、ラプンツェル、親指姫、ごん狐、赤ずきん、桃太郎、シンデレラ、眠り姫、いばら姫、金の斧銀の斧、マッチ売りの少女、人魚姫、醜いアヒルの子、 誰もが一度は聞いた事がある童話、 イソップ、グリム童話、アンデルセン、シャルルペロー、が有名でしょうか。 創作童話、説話、民話、伝説、日本の昔話、など、有名であれば何でも構いません。 完全オリジナルでもとの話を面白おかしくいじったパロディが読めるサイト探してます。 アニメや漫画のキャラクターを使って童話に仕立てたパロディだと誰が誰か判らなくて意味不明なので、 白雪姫なら「白雪」「魔法使い」「小人」というように、名前は元のままの作品でお願いします。 話の内容は、主人公の結末が元々の結末より全然違う方へ多きく変わっていても構いません。年齢制限のある物でも結果面白ければ読みたいです。 なるべくたくさん読みたいので、小説、漫画、問いません。お勧めの本やサイトを教えて下さい。

  • 岡井隆さんの・・・

    岡井隆先生の、 「眠られぬ母のためわが誦む童話母の寝入りし王子死す」 とあります。 どのような意味で詠んだのでしょうか。 作者の心のゆれはどのようなものだったのでしょうか。

  • 「嵐の中の兄妹(あにいもうと)」という児童書を知りませんか?

    20年ほど前に読んで、内容もうろ覚えなのですが、孤児になった兄妹の話で、兄妹のどちらかが亡くなり、妹は修道院に入った・・・というようなことだけ覚えています。タイトルは確かにこのタイトルだったのですが・・・。作者名、出版社、出版年等ご存じの方、教えて下さい。また、よくある大人向けの小説を子供向けに書いた物だとしたら、もとになった作品名、作者も知りたいです。 何とかしてもう一度読んでみたいと思っています。よろしくお願い致します。

  • 子供のとき読んだ童話の題名は?

    子供のとき読んだ西洋の童話にこんな内容の話がありました。主人公の少年はある古道具店である杖を買いました(あるいはその杖を見知らぬ人からもらったという話だったかもしれません)。その杖は、どこか行きたい場所を念じて、振り回すとその願いの場所へ直ちに行くことができる、いわば「どこでもドア」ならぬ「どこでも杖(?)」なのです。この少年はこの杖でいろいろな冒険をするのですが、最後はつぎのように終わっていたと思います。あるとき少年は両親と劇場へはいる。しかし、劇場内に杖を持ち込むことができないので、入口で杖を預けて劇場にはいるりますが、劇が終わって預けておいた杖を受け取ろうとすると、杖がなくなっていました。劇場の人は、「そういえば、酔っ払いの男が杖を振り回して、天国に行きたいと叫んでいました」、と少年に伝える。細部は違っているかもしれませんが、こういう内容の話だったと思います。どなたか、この童話の題名、あるいは作者名、あるいはこういう本がいまでも出版されているかどうか、について教えていただけると有難いのですが。。。。

  • 子供の時に読んだ、童話集を探しています。

    昭和50年~60年頃に読んでいた、色々なお話が入っている童話集を探しています。 人から頂いたもので、我が家には3冊あったのですが、何年も前に行方不明になってしまいました。表紙はハードカバーではなく、厚紙程度の厚さだったと記憶しています。  表紙の絵は、お姫様の巻(ピンク色)、王様の巻(青色)、鬼の巻(緑色)でした。  それぞれの巻に、大体10話近く載っていて、綺麗な挿絵が付いていました。(挿絵というよりは、絵 本みたいに、絵に文章が書いてある感じです。)  覚えている話は、「トムチットット」という子鬼(?)が出てくるものや、王子様が魔法でハクチョウに  変えられてしまい、妹のお姫様がイバラで服を編んで人間に戻す話など少ししか覚えていません  が、その本を読んでいた時の楽しかった記憶がしっかり残っています。 子供が大きくなるにつれて、余計に懐かしくなり再読したくなりましたが、なかなか探せません。 ご存知の方がおられましたら、ぜひご回答ください。