• 締切済み

競馬の格による最強馬について・・

競馬を考えたり研究したりするととても楽しいですよね ところで俗にフアンの大部分が言うところの「最強馬」とは 主に「中距離」に強い馬でほとんど「ステイヤー」や「スプリンター」 では無いですよね? それは多分レースの賞金に影響してると思うのですが如何でしょうか? ダービーやJCや有馬記念などは2億でスプリンターSやマイルCSは 約半分!ステイヤーのレースに至ってはほとんど競馬プログラムから消えちゃいそう<天皇賞位ですか?>冷遇されてますよね~ という訳で競馬レースの格や賞金は誰が決めてるのでしょうか? それと中距離以外は何故人気薄なんでしょうか?

みんなの回答

  • gon1234
  • ベストアンサー率14% (42/293)
回答No.7

ちなみに春の天皇賞も2200mへ距離を短縮する方向で意見調整がなされています。長距離戦が好きな私としては残念です。 また、中距離以外が人気薄というのは一概には言えないと思います。短距離戦は時にフロック勝ちのような結果に終わることがあるため、ファンが冷めてみるのかもしれません。サクラバクシンオーやタイキシャトルのように圧倒的に強い中心馬がいるときは短距離戦も盛り上がります。中京の高松宮記念は地元競馬ファン以外には物足りない気がするのは確かですが。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
noname#236902
noname#236902
回答No.6

 もともと欧州では2400m(クラシックディスタンス)に強い馬が最強馬という考えが浸透しています。日本競馬は欧州を手本に作られたので、賞金体系はこれに準じているのです。  しかし最近の世界的な流れとしては、スピードのある馬がトレンドで、1600~2000mあたりに強い馬が種牡馬として高く取り引きされているようです。  シンボリクリスエスが菊に向かわずに秋天を狙ったのも、この種牡馬としての価値を高めたいからだと、調教師も言っています。  要は競走馬は経済動物なので、市場に左右されるのは仕方ないことです。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
回答No.5

中距離以外に人気が無い理由は、生産との関係が大きいと思います。 ある程度強い馬の場合は当然引退後の事を考えます。 その場合同じ数だけGIを勝っていても、勝ったレースによって種馬としての人気に差が出ます。 単に好き嫌いで差が出ている訳ではなく、実際にマイルから2000辺りに実績のある馬が種牡馬としても好成績を収めている場合が多い(といわれている)ので、使う方も出来ればその辺で勝ちたい訳です。 馬場が軽いといわれる日本の競馬においては特に、長距離といってもそんなにスタミナが必要な場合は少なく、調教等で後天的に作られたスタミナがあればこなせます。それよりもスピードは持って生まれたものによる差が大きいのでしょう。 とはいえ純然たるスプリンターではさすがにスタミナが心許ない。 その辺のバランスからマイラーから中距離馬が種牡馬として実績を残していると思われます。 お金の話しで考えてみても、手薄な長距離戦で賞金を稼ぐ事は出来るかもしれませんが、種牡馬としての価値に差があると、生涯トータルでは結局少なくなってしまうという事になります。 種牡馬として成功して欲しいという気持ちは、お金だけの話しではなく、自分の馬の血統を残したい、広めたいという気もちでもあります。 マイル以下で実績のある馬や長距離での実績馬が秋の天皇賞を使うという時等には、種牡馬としての価値を高めたい、とハッキリ口にしている調教師もいます。 藤沢調教師なんかもそういう傾向を持っていると思われ、あまり長距離には積極的ではないですね。クリスエスの場合は今後の現役生活の為に、3000より2000の方が為になるとの考えを言ってましたが、当然種牡馬としての価値の事も頭にあったと思います。 レースの格付けや賞金は最終的には主催者が決める事でしょうが、好き勝手に決めても出走馬が集まらず、価値も高まらないので、結局は競馬サークル全体の空気を読んで決定されるという事でしょう。 具体的な「格付け」ではなく、俗にいう「格」なるものであれば、なおさらサークル全体で時間を掛けて作り上げていくものでしょう。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • torasan55
  • ベストアンサー率31% (45/144)
回答No.4

>競馬レースの格や賞金は誰が決めてるのでしょうか?  個人的な考えなので、正解では有りませんが、JRAと馬主さんではないでしょうか?  馬主さんが存在しないと、JRAも成り立っていかないし、馬主さんの発言力は大きいと思いますよ。  ファンあっての、競馬なんですけどね・・・ >中距離以外は何故人気薄なんでしょうか?  短距離ですと、スタート次第でレースが決まったりする場合も有りますし、  長距離ですと、出走してくる馬も少なかったりとか、見ていても面白くないですね、  諸外国との交流も有り、2000m~2400mのレース中心に番組編成を行っているからだと思います。    

fuyutukiyayoi
質問者

お礼

こんにちは 回答有難うございます なるほど2000m位が一番みててスッキリするしメンバーも集めやすい からなんですね でも最近番組がマンネリですよねー メンバーも同じようだし・・・

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • maruru01
  • ベストアンサー率51% (1179/2272)
回答No.3

こんにちは。maruru01です。 基本的には1マイル(1600m)と1.5マイル(2400m)が根幹距離となっています。 特に、2400mはダービーディスタンスであり、この距離で強い馬が最強馬と称され易いと思います。 ちなみに2400mは長距離です。春天などの3000m超は超長距離となります。 したがって、この2400m(含む2500m)の距離のレースの賞金が高く、格が上というのは至極最もであると思います。 ただし、未来永劫このままかどうかはわかりませんが。 3000m超で強いステイヤーも1600m以下のスプリンター(マイラー)も、最強馬とは言えません。 でも、中距離のみの馬(サイレンススズカなども)やはり最強馬というには抵抗があります。 さらに最近はスピードが重視され、2400m以上だけでは十分とは言えません。 2400以上のGIを3勝したマンハッタンカフェについても、最強馬論争に加えるには抵抗があります。 ところで、春天が最強馬決定戦というのはまったく納得出来ません。 過去の優勝馬を見ても、春天のみの優勝馬が最強馬とはとても言えません。最近は特に顕著でしょう。 つまり、2400m前後で強い馬がついでに春天も勝っているということなのです。 ライスシャワーやメジロブライトが最強馬論争に上がらないのはそのためです。 マイル以下のみの実績しかないタイキシャトルも同様でしょう。 ちなみに世界ではダートが非常に注目されてきています。芝のチャンピオン達がブリーダーズカップクラシック(ダート2000m)やドバイWCに出走しています。 日本でもそれに習うことになるかも知れません。 世界の中の日本ということを考えれば、ある程度世界の流れに添うのは構わないと思います。 最後に私の思う最強馬は、上記の2つの根幹距離で強さを発揮した、グラスワンダーです。

fuyutukiyayoi
質問者

お礼

こんにちは 回答有難うございます 2400は長距離なんですね 2000~2400は中と思ってました やはりダービーの距離は王道と言いますか最強馬にもっとも近い距離という感じですよね グラスワンダー覚えてますよ スペシャルウイークに勝った凄い馬でしたよね

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • Barenino
  • ベストアンサー率39% (38/97)
回答No.2

同感ですね~! ただ、自分を含め長距離レースファンは多いハズだし、レースも短距離から長距離までいろいろあるほうがファンも楽しめると思うが… まぁハッキリいって決めてるのはJRA。 JRAは(日本人の悪い癖で)欧米の顔色伺いの傾向でしかも『サラブレッドは向こうが本家!』 最初はレース体系を整えるという趣旨だった; 短距離・中距離・長距離というので「浮かばれない短距離馬」も「G(1)レース」という晴れ舞台が出来て良い傾向かと思ったけど。 ただここまで長距離レースが無くなると、「短距離のルドルフ」ならぬ「長距離の○○○」なんて消えつつある。 ※これには一概にJRAの責任ばかりでは無い。長距離レースが少ないせいか‘スローペースで、結局上がり数ハロンレース’が多いせいも 長距離レースの上がりだけの競馬は確かに「1周目なんていらん!」と感じる。 ダイヤモンドS、ステイヤーズS等の路線の延長上の『春の天皇賞の数々の思い出』が懐かしい!!! 蛇足ながら「クォーター・ホース」っていう馬がアメリカにいますよね! 1ハロンなら「サラブレッドより断然速い馬(ポニーみたいなの)」 後、映画で見たけど「ラクダが西部劇で馬より速い」というのも記憶がある。 (この記憶のせいか、オールカマーでダチョウとか一緒に走ってる夢を数度見ます。多分J.C.の第一回にインドから参加した馬の記憶がダブって、象とかダチョウが夢に出ると分析) だからといって「サラブレッドの動物の能力としての一番適正距離が中距離なら諦めるけど違うでしょー?」 (自信無し) アレコレ個性派の馬が多いからこそ 【中距離の最強馬も、目立ち、レースの展開も楽しめる。脇役がいてこその主役では?】 馬券増やしても「個性派無しではJRAもイカンと気付かないのか!」 (むやみに重賞も増えた。宝石名レースまで重賞にしちゃって) この先は本当に「中距離馬オンリー」だと残る個性派の活躍舞台は「ダートの鬼」だけになる。(クロフネは芝の中距離でどの程度の強さかな?) 個性派の減少は「アダナが付く馬」が減ってる事で再認識。最近だと、脇役でアダ名の付く馬って余り知らん。 (自分の知ってる馬だと「お天気屋のドウカンヤシマ」「気まぐれな帝王メジロティターン(気ぐれジョージじゃないよ)」「お化け戦闘機メジロファントム(確か3度骨折してる)」等など) P.S. 自分の一番思い出深い馬は『プリティ・キャスト』 府中の3,200mの天皇賞を大逃げで、勝っちゃった!その前後のレースはビリ。 (また、蛇足あの時のフジTVアナは出世して編成局に行ったらしいがその後はどこに?東の杉本アナといえる名調子だったのに) 良かったら機会を見つけて見て下さい。(ウィンズの過去重賞無料で見れるコーナー知ってる?) 一生忘れずに死んでく馬です。 では~!!!

fuyutukiyayoi
質問者

お礼

こんにちは 回答ありがとうございます 本当にさびしいですね天皇賞のあの淀の2度の坂を越えて やってくる馬・・ドキドキするのですが・・ マイルだって名勝負は一杯ありましたよね これからの課題としてこれだけダートや障害を盛り上げた競馬会が 今度は長距離や短距離に力いれて盛り上げて欲しいですね そうそう最近はニックネームの馬が無いですね 個性的な馬が無くなってしまって・・・ なんとなく「シンボリクリスエス」などあだ名つけ難いんですよね アナウンサーは興味ありますのでシンザン記念の日にでも 淀のテレビで見てきますね

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • mars0606
  • ベストアンサー率19% (14/72)
回答No.1

世の中の流れなのでしょうか・・・・天皇賞・春にしても2,400mへの変更が 検討されていますね・・・3,200mだと、最近では出走頭数も少ないのは否め ません・・・八大競走が格に成っています。クラシック、天皇賞・春&秋、 有馬記念ですか・・・JCやJCダートは国際化の流れがあると思います。  生産者、調教師、馬主はクラシック・ディスタンスを意識しているのでは 無いでしょうか・・・ファンが思っていることとは思いますがシンボリクリ スエスは菊花賞でも十分大丈夫だったと感じているのは私だけでは無いと思 います。その先は触れませんが・・・知っている人は知っていると思います。

fuyutukiyayoi
質問者

お礼

こんにちは 回答有難うございます 私もクリスエスは菊大丈夫だと思いますよ 藤沢調教師はファンの夢より勝率が大事みたいですよね あ!こんなこというと営利主義みたいですね~

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 有馬記念だけは特別と言うギャンブル狂いの謎の言い訳

    私より年収が高いのにギャンブルばかりやるので貯金額が私の20分の1しかない知人が 今年はギャンブルやめる、と言って 今までは毎日のように地方競馬を買っていたのをピシャリとやめてました。 しかし本日の有馬記念だけは買うようです 「有馬は特別だから」 と言う謎の言い訳してました。 有馬記念って何が特別なんですか? 三冠レースでもないし。 今年の最後のG Iレースでもないですね。29日には東京大賞典とかあるし。 わたしにとっては別に普通のレースでしかないと思うんです。 スプリンターズステークスと同じような格のレースでしょ? なんも特別感とかないですね 競馬がものすごい好きな人にとっては スプリンターズステークスと有馬記念って違うものなんですか? 走ってる季節が違うだけであとは同じですよ。全て 有馬記念が特別って思ってる人、何が特別なんですか?

  • 来年の東京開催の代替は?

    来年は東京競馬場が改修工事のため、関東の開催日程が大幅に変わってますね。 それにともなって、スプリンターズSが新潟競馬場で、天皇賞秋/JCが 中山競馬場で行われることになってますよね。 それぞれ距離はどうなるんでしょうか? スプリンターズSはせっかく新潟でやるんだったら、直線1000mで やってもらいたいですねー。 天皇賞秋は中山でも2000mが設定できるんで、そのままですかねー? でもJCの2400mは中山では設定できないんで、有馬と同じ2500m? それとも2200m? 2500mだとしたら、JC馬が有馬を勝つ可能性が高くなりますねー。

  • 菊花賞を二千に。(皐月賞はそのまま)

    こんばんは、ダービーも終わり、 いまやチャンピオンシップディスタンスは1600~2000です。 有馬記念でも少し長いくらい、ダービーとオークスも長い、春天は長過ぎ。 でもこれらのレースはこの距離のままでいいと思います。 何でもかんでも短くしろとは言いません、ステイヤーにもまだまだ頑張って貰いたい。 速さでもなく運でもなく「強い馬」が勝つと言われる(言われて来た)菊花賞。 これは春からの実績馬と遅れて来た上り馬がここで初めてぶつかり雌雄を決する、 3歳チャンピオンを決めるに相応しいレース。 だがここ10年その後にGIを勝ち続けるような菊花賞馬は出ていません。(ディープ除く) この傾向は春天も同様です。(だから長距離GIは勝ち馬がコロコロ変わる) やはり古馬になってから現在の距離体系にそぐわないのだと思います。 今皐月賞のことは全然考えていません、頭の外です。同距離でもいいかもしれません。 夏を越し半年の経過、成長度の違い、コース違い、メンバー違い。 距離が同じでも全然違うレースです。 菊花賞を二千にするとどうなるか。  ・ 現在の距離志向に合致する。  ・ 従来通りの路線を行く馬は変わらない。  ・ 二千は短いと言うステイヤーはダービー、JC、有馬を狙う。  ・ 二千ならなんとかと言うマイラーが出走してくる。  ・ 秋天への3歳出走馬が減少する、が秋天は翌年出られる。  ・ 見る方から言うと秋天のようにスリリングで面白くなる。  ・ 3歳No.1ステイヤーはダービー馬となる。 このくらいでしょうか。 ちょっと馬主、調教師さん達を迷わせるようでして申し訳ないのですが、 今後の菊花賞を考える会としてここで皆さんの意見を募り、鋭意検討を行い意見書として 取りまとめJRAに提出するかどうかは解りませんが、(私が呑んでしまうかもしれませんが) 参考とさせて頂きたいと思います。 では宜しくお願い致します。

  • 各競馬場のメインレースが違うのは?

    久しぶりに競馬をTVで見ているのですが、各競馬場のメインレースが、9Rだったり10Rだったりと違うのですが、いつからこんな感じになったのでしょう?私の中では、ダービーや有馬記念以外は11Rがメインなのですが...なぜこうなっているのか、いつからなのか教えてください。また、夏のローカルだけなのでしょうか?教えてください。

  • 競馬競輪競艇オートレースのBigレース賞金額は?

    競馬の全G1の賞金が高い順 1位:ジャパンカップ:3億円 1位:有馬記念:3億円 3位:日本ダービー:2億円 4位:天皇賞・春:1億5000万円 4位:宝塚記念:1億5000万円 4位:天皇賞・秋:1億5000万円 7位:大阪杯:1億2000万円 8位:菊花賞:1億1500万円 9位:安田記念:1億1300万円 9位:マイルチャンピオンシップ:1億1300万円 例えば有馬記念で優勝した「池添 謙一」騎手は賞金3億円の5%、 1500万円が分配されることになります。 世界の競馬の賞金ランキング 1位:ドバイワールドカップ:7億9200万円 2位:ジ・エベレスト:4億8000万円 3位:ペガサスワールドカップ:4億4000万円 4位:ドバイシーマクラシック:3億9600万円 5位:ドバイターフ:3億9600万円 6位:凱旋門賞:3億7141万円 7位:BCクラシック:3億6300万円 8位:ザ・ゴールデンイーグル:3億2800万円 9位:メルボルンカップ:3億2000万円 10位:ジャパンカップ:3億円 11位:有馬記念:3億円 競馬のビッグレースはこのような賞金になっているようです。 競艇、競輪、オートレースのSBレースやG1レースの賞金額は幾らぐらいになるのでしょうか? また、海外の競馬以外の公営ギャンブルレースで賞金が高いモノの額も知りたいです 教えてくださいよろしくお願いします。 (・´з`・)

  • 東京芝2400mでの歴代最強馬は!?

    皆さんの歴代最強馬と思う馬を教えてください! なお、競馬場、距離適正などが個々の馬で違うと思うので、 今回はホースマン誰もが目指す日本ダービーと同じ東京芝2400mでのレースで、 その馬の全盛期で出走できることとします。 ちなみに、私はエルコンドルパサーです!

  • 牡馬三冠1600,2000,2400にしたら?

    こんばんは。 今やチャンピョンシップディスタンスは1600~2000でしょうか。 有馬の2400が少し長く感じます。(春天3200、菊3000、うーん・・・・) 3才牡馬にとってダービー、菊の戦いは過酷でしょう。 そこで表題の通り距離短縮としては? もちろん現在の短距離レース体系との関連も出てきますし、ステイヤー血統も残したいし。 でも単に牡馬三冠だけを考えれば今の時代に則しているかと思います。 ご意見お聞かせ下さい。

  • 海外の競馬事情について教えてください。

    ここ数年、海外の競馬について情報が入ってくる様になり、私のようなオヤジの間でもダービーや凱旋門賞のレース内容が話題になるようになりました。 しかし、実際に海外の競馬は体験した事が無いので色々分からないことがあります。 そこで、何点か教えてください。 (1)G1レースの数について 最近は日本でも統一G1も出来て、G1レースの数も増えましたが、海外の場合は頻繁にG1レースが行われていますね。 特に北米では(BCは別にしても)週に何回も行われているように記憶しております。 しかし、数が多ければそのレベルも低くなるのは当然の帰結で、北米のG1レースの中には賞金が日本の条件戦並みというのもあります。 実際、G1レースの数の割合やレースの重みは日本と比べてどうなのでしょうか。 (2)競馬主催団体について 日本では、JRAとNAR(と各地方競馬)に分かれて競馬が施行されていますが、海外ではそんなことが無いと聞いたことがあります。 海外では競馬はどうのような団体(官・民の別)が施行しているのでしょうか。 (3)世間の「目」について 日本では、今でも「競馬」=「ギャンプル」=「楽して設けようとする不道徳な連中」=「悪」という図式を抱いてい方々が少なからずいらっしゃいますが、海外ではどうなのでしょう。 英国ではダービーに王室が観戦するなど「貴族のスポーツ」と認識されているとの報道もありますが(これも真偽は不明です)、他の国ではどうでしょうか。 テレビドラマや映画に競馬が登場するのはそんなに多くないと思います(「スティング」には出てきますが、主な舞台は馬券売り場だったと記憶しています)ので普段の市民生活と、どのように関わっているのか分かりません。 大変長くなって申し訳ありませんが、御暇のときにでもご回答願います。

  • ダート馬の有馬記念が在ってもいいのでは・・?

    1月になりますと1年の競馬スケジュールが解りますよね ところで芝の馬にはグランプリRが年2回在りますね でもJCダートが出来たのにダート有馬は在りませんよね どうせなら前日に「ダート有馬記念」など出来たら面白いのですが・・ 何故ダートは盛り上がらないのでしょうか? 勝負には変わりないと思いませんか? ダート冷遇についてご意見などください

  • もう外国馬用無し超豪華JC、今問われる有馬記念の位

    こんにちは。 ともかく今年のJCは凄いメンツが揃いそうです。(日本馬に限ってですが) 世界ランク1位、勝てば3連覇、春天連覇馬、に加え直前秋天圧勝馬、エピとデニム。 に更に加え3歳タイトルホースが3騎。 恐らく外国馬は掲示板に上がるのも難しいでしょう。国際GIだから外国馬無しでは 本末転倒ですが、ともかく今年の全日本選手権のような意味合いのレースとなりました。 ちょっと近年の外国馬参加状況が気になる所ですがもっと気になるのが有馬記念です。 約1か月後、恐らくメンバーは同様、コースは違う。 これまでこのレースの特徴は、(ファン投票により出走馬を選定するのも楽しいですが)、 古馬と3歳の一線級が初めてぶつかるGIと言う事、今年も終わり・節目・引退レース (感動のラストラン)、一方で秋連戦の最後、見えない疲労、荒れるGIと言う事。 一番の魅力だった古馬と3歳の対決がJCに移行して行くような気がする。 現在の番組編成の通りであればこの傾向は定着するものと想われ秋クラシック馬の参戦など。 元々レースの格としてはJCが上、賞金も上、且つ国際評価の対象ともなる。 一流馬にどっちに出る?と聞けば普通でJCと言う答えが返ってくるはずです。 無理してこの2レースとも使う意味はあるのか? (古馬3歳メンバー同じ、外国馬参戦しても弱い、だから違いはコースだけ) 私の懸念はJC後に休養に入る一流馬が増えるのではないかと、一流馬ほど敬遠する、 ファン投票上位馬はほとんど出ない、と言う有馬記念になるのでは?と言う事です。 そうすると年の瀬にあともう一稼ぎみたいに出て来る、連れて弱い馬も出て来れる。 競馬の紅白歌合戦、もちろん馬主さんの自由ですが。 多かれ少なかれレベルダウンは免れそうにもありませんが、 有馬記念の新しい位置付け、新しい魅力、見方はありますか? 私は有馬記念のレース後のあの何とも言えない競馬ファンにしか解らない終わった感、 もの悲しげな、寂しさに西日が相まって、馬券も取れてないですから余計に、 あの感じが好きでして、あの感じがあればいいんじゃないかって気もするのですが。 (その前に馬家どもの歓声、怒号、悲鳴が無いとこの感じは出せない) では宜しくお願い致します。

このQ&Aのポイント
  • ブラザー製プリンターDCP-J582Nを使用している際に、印刷した画像が緑っぽくなる問題が発生しました。また、印刷チェックをするとマゼンダが青に印刷されていることが確認されました。この問題を改善する方法を教えてください。
  • ブラザー製のプリンターDCP-J582Nを使用していると、印刷した画像が意図せず緑色になってしまうという問題が発生しています。さらに、印刷チェックをすると、マゼンダ(赤紫色)が青に印刷されていることが確認されました。この問題の改善方法についてアドバイスをいただけないでしょうか。
  • ブラザー製のプリンターDCP-J582Nを使用していますが、印刷した画像が予期しない緑色になってしまうという問題が起きています。さらに、印刷チェックをするとマゼンダ(赤紫色)が青に印刷されていることが判明しました。この問題の改善方法を教えてください。
回答を見る