• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

この映画のタイトルを教えてください

以前見た洋画のタイトルが思い出せません。 (あらすじ) ある考古学者が行方不明になった。 そして、彼が発掘中だった遺跡から、彼の眼鏡(だったかな?)とSOSのメッセージが出土するが、それは明らかに100年以上経っているものだった。 調査の結果、彼は何処かの機関が偶然発明したタイムマシンに乗って英仏百年戦争の時代へタイムスリップして、何らかの原因で戻って来れなくなった事が分かった。 そして、彼の弟子達と主人公がその時代へ救助に向かい百年戦争に巻き込まれる。 こんな感じの話だったと思います。 ちょっと思い出したら気になってしまいました。 たしか、2年ぐらい前にWOWOWで放送したのを見たような気がします。 お分かりの方がいらしたら教えて頂けませんか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 洋画
  • 回答数1
  • 閲覧数78
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#192240
noname#192240
参考URL:
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=318531

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

そうです、これです。 すっきりしました。ありがとうございました。

関連するQ&A

  • この映画のタイトルを教えてください。

    ずいぶん昔にテレビで見たものなのですが、タイトルがわかりません。 映画だと思いますが、もしかしたらドラマかも・・。それくらい曖昧です。 舞台は欧米のようなかんじでした。(時代やファッションがドラマ「フルハウス」のような雰囲気) 少年が未来へタイムスリップする。そこにはタイムスリップした年月分歳をとった家族がいる。(家族は父・母・兄)家族になんらかの不満があって未来に来たのだが、家族が、過去に少年がいなくなったことをずっと悲しんでいる(タイムスリップしたため少年は行方不明になったことになってる)ことを知り、過去に帰ることにする。過去に帰ることは困難で死の危険もあるが、もとに戻りたいと言って決行。ラストはタイムスリップが成功してハッピーエンド。 というようなあらすじだったと思います。これもかなり曖昧。 あと、タイムスリップについて指導する小さなロボットみたいなものがいたような・・? この映画を見たときなぜか浦島太郎のようだと思った記憶があります。 今調査していることの参考になりそうなので是非もう一度しっかり見たいです。ご存知の方、お心当たりのある方は教えてください。よろしくお願いします。

  • ビノスガイの生態について

    ビノスガイがもっとも大きく成長する時期(季節)は、いつですか? 私は考古学を学んでいる者ですが、北海道のある縄文時代の遺跡からビノスガイで作られた装飾品が大量に出土しました。しかしその発掘調査の報告書(北海道礼文町教育委員会『礼文町船泊遺跡発掘調査報告書-平成10年度発掘調査の報告』2000年刊)には、ビノスガイの生息域について記述が見られるものの、成長過程については言及していません。形が定型的であること、決まった場所(作業場)で作り、決まった道具を使っていたらしいこと、などを考慮すれば、その遺跡に暮らしていた人々は、おそらくビノスガイの貝殻が最も加工しやすい大きさに達する時期(季節)になってから集約的に採取していた可能性があると考えているのですが…。

  • 漫才師が戦争時代へタイムスリップする映画のタイトルを教えて下さい

    こんにちは。 先日、「零のかなたに」を観て思い出したのですが、 売れない(?)漫才師がひょんな事から戦争時代へ タイムスリップする映画があったのを思い出しました。 たしか1995年位の映画だったような気がします。 お分かりになられる方、お願いいたします。 一応、「君を忘れない」ではないです。

  • 土地を購入して、発掘調査をする場合

    友人から聞いた話ですが。 土地を購入して、その土地に遺跡やその他考古学的に価値のあるものが埋まっていた場合です。 当然それを調査、発掘することになるのですが、 その調査発掘にかかる費用は全額、土地の所有者が負担して(アルバイト等の人件費も含める)、 そこで出土したものは価値に関係なく国のものになり、持っていかれるそうです。 これが本当なら、もともと調査なんてやる気も起きなくなるよな、 とか話してたんですが… これは本当のところ、どういうふうになっているのでしょうか。 出土したものが国のものになるのは仕方ないにしても、 費用が全額負担というのはにわかに信じがたいです。

  • マンガのタイトルを知りたい

    15年ぐらい前に見たマンガなのですが、 短編集で、うる覚えではありますが、 その中にアムンゼンの南極隊の話(南極点から基地に帰る時、 凍傷で隊が全滅してしまう話)とか、トロイの木馬の話とか (考古学者が遺跡の発掘現場でトロイの木馬を発掘する話)とか あったように思います。 それぞれは別のマンガかもしれませんが。 画は、ジョジョッのタッチを少しスマートにした感じの雰囲気です。 これぐらいしか覚えてないのですが、 よろしくお願いします。

  • タイムスリップ系の小説・漫画・映画など

    テレビで「信長協奏曲」見て思ったのですが、同じ時代の人複数人が一緒にタイムスリップするというのは見た覚えあるのですが、別の時代の人が同じ時代にタイムスリップして出会う(西田敏行は1972年から1516年?にタイムスリップして生活し、小栗旬は2014年?から1556年にタイムスリップして二人は出会った)というのには初めて見ました。 例えば明治大正昭和平成のそれぞれ4人が過去乃至未来にタイムスリップして出会って何かするというような、小説・漫画・映画等はありますか? 海外のものでも構いません。

  • 遺跡はなぜ埋もれているのでしょうか

    考古学については、学校で習ったくらいの知識しかなく、まったくの素人です。中学生くらいのとき(30年ほど前)に、社会科の時間にさまざまな遺跡の発掘の話を聞いてから、ずっとわからずにいることがあります。 遺跡の発掘というのがおこなわれていますが、なぜ、遺跡は埋もれているのでしょうか? 教科書のどこを読んでも載っていなかったように思うのです。 つまり、ある建物や集落があって、たとえば、(イタリアのポンペイのように)火山灰で埋もれてしまうとか、風で砂漠の砂が移動して埋もれるとか、あるいは、洪水で土砂が流れ込んで埋もれてしまう、ということであれば、よくわかります。 でも、そういった場合以外は、なぜ、埋もれてしまうのでしょうか? 新たに建物を立てる人が、土をかぶせるのでしょうか? 変な質問ですみませんが、教えていただければと思います。

  • タイトルだけが思い出せない・・

    いつもお世話になってます。 漫画のタイトルだけが思い出せません。 一度そのコミックを1巻だけ読んでその続きが最近きになりはじめました。 はっきりと覚えているのは、 ・なんか前作があったみたいです。前作では現代の発掘博士みたいな人がタイムスリップして、チンギス・ハーンのいるモンゴルにいきます。 ・実はそのチンギス・ハーンは源義経で隣には弁慶がいました。(時代背景がモンゴルの時点で「龍狼伝」ではないみたいです。 ・主人公がチンギス・ハーン(義経)を倒します。弁慶を仲間にします。 ・なぜか、主人公の彼女もタイムスリップしてきます。そして主人公との間に子供ができます。(私が見たいのはその子供が主役になったコミックです)。 たしか前作の主人公の名前は「伊達」という名前だったと思います。なんかこれだけヒントが揃っているのに、喉にひっかかった状態でムヤムヤしてきました。どうか回答をお願いします。

  • タイトルがわかりません

    確か10年位前にTVで2時間位の長さで放送していたものなのですがタイトルがわかりません。 小さかったので内容もうろ覚えですが、何となく印象に残っていてもう一度見たいんです。 内容 (1)高校生くらいの女の子が近所の男の子(幼稚園生位)を連れて歩いている (2)ガスタンクの近くを通った時にガスタンクが爆発してしまう (3)爆発の影響でタイムスリップしてしまう (4)女の子がタイムスリップした先は戦国時代(?)の農村 (5)男の子がいない為、探しつづけていると男の子が着ていた服をみつける (6)幾ら探しても男の子は見つからず、やがて村の青年に惹かれていく (7)青年が女の子が来た時代より少し前にタイムスリップしてしまった近所の男の子だと判明 (8)女の子は現代には帰らず青年とこの時代で結婚する 細かい所は全然覚えてないんですけど、たぶん大体の筋はこんな感じだったと思います。 あと、DVDの有無もわかれば教えてください。

  • 森山未来さんのドラマか映画で戦争時代の海軍特攻隊時代にタイムスリップす

    森山未来さんのドラマか映画で戦争時代の海軍特攻隊時代にタイムスリップするストーリーの題名がわからなくてこまっています。ご存知の方ぜひお教え願います。宜しくお願いします。