• ベストアンサー

国民年金保険料の追納について

皆さんにお聞きします。 平成10年9月から11年3月まで全額免除、平成12年4月から14年3月まで学生納付特例制度を利用していました。 この保険料を追納しようと思っているのですが、手続きの仕方もよく分かりません。 また追納できる期間が10年ということで、平成10年9月から11年3月までの分はまだ追納可能でしょうか? 可能でしたら、いつまでに追納したら良いのでしょうか? 合計金額は約65万円くらいです。分納は可能でしょうか? いくつも質問しましたが、できるだけ詳しく教えていただける方のご回答をお待ちしています。

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
回答No.2

■ 10年以内ならば追納が可能、という意味は? 例:平成20年4月分 ‥‥ 平成30年4月末までなら追納が可能 質問者さんの場合 ○ 全額免除分  平成10年9月分 ‥‥ 平成20年9月末までなら追納が可能(以下、1か月ずつ見て下さい)  平成11年3月分 ‥‥ 平成21年3月末までなら追納が可能  平成10年9月分 ~ 平成11年3月分 ‥‥ 平成20年9月末までに追納を済ませることをおすすめします ○ 学生納付特例制度分  平成12年4月分 ‥‥ 平成22年4月末までなら追納が可能(以下、1か月ずつ見て下さい)  平成14年3月分 ‥‥ 平成24年3月末までなら追納が可能  平成12年4月分 ~ 平成14年3月分 ‥‥ 平成22年4月末までに追納を済ませることをおすすめします ■ 当時の保険料額に経過期間に応じた加算額が上乗せされます 加算額あり = いまから3年度以上前のもの したがって、平成20年度中に追納する場合は、平成19・18年度の各月分には加算額がありませんが、それ以外には加算額が付きます。 平成20年度中に追納する場合は、「当時の保険料額+加算額」として、以下の額(1か月あたりの額)を追納する必要があります。 質問者さんの場合 ※ 加算額を含んだ合計額(1か月あたり)  平成10年度の各月分 ‥‥ 16,590 円  平成12年度の各月分 ‥‥ 15,320 円  平成13年度の各月分 ‥‥ 14,740 円 平成10年9月分 ~ 平成11年3月分 = 16,590 円 × 7か月 = 116,130 円 平成12年4月分 ~ 平成13年3月分 = 15,320 円 × 12か月 = 183,840 円 平成13年4月分 ~ 平成14年3月分 = 14,740 円 × 12か月 = 176,880 円 追納額 計 476,850 円 ■ 手続きはどうするの? 当時の納付書は使用できません。 特別の納付書が必要です。 基礎年金番号がわかるもの(年金手帳等)と顔写真付きで身分を証明できるもの(住民基本台帳カードや運転免許証等)、印鑑(認印で可)を添え、現在の住所地を管轄している社会保険事務所で申し込みをして(直接出向かないと受け付けてもらえません)、納付書を発行してもらって下さい。 分納を希望する場合には、その際に申し出て下さい。但し、常に分納が認められるとは限りませんので、社会保険事務所の指示にしたがって下さい。 その納付書を使って、金融機関の窓口で納付します。

参考URL:
http://www.sia.go.jp/top/gozonji/gozonji02.htm
choco0908
質問者

お礼

詳しいご回答ありがとうございます。 早速、近いうちに社会保険事務所へ行って申し込みしたいと思います。 すみません。平成11年4月から平成12年3月までの追納額も 教えていただけると嬉しいです・・・。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

その他の回答 (2)

回答No.3

ANo.2へのお礼を拝見しました。 平成11年4月から平成12年3月についても追納を考えている、ということですよね。 以下のとおりです。 ※ 加算額を含んだ合計額  平成11年度の各月分 ‥‥ 15,950 円 平成11年4月分 ~ 平成12年3月分 = 15,950 円 × 12か月 = 191,400 円 結果的に、既にお伝えした 476,850 円と合算して、計 668,250 円が全追納額となります。 詳しくは、ANo.2で記した参考URLをごらん下さい。

choco0908
質問者

お礼

ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。
  • zorro
  • ベストアンサー率25% (12261/49027)
回答No.1
choco0908
質問者

お礼

ありがとうございました。

全文を見る
すると、全ての回答が全文表示されます。

関連するQ&A

  • 国民年金保険料の追納は得?

    社会保険事務所から国民年金保険料の 学生納付特例分の追納を勧めるはがきが届きました。 免除期間は平成12年2月、3月の2ヶ月間。 額は2ヶ月で\31,120です これは追納したほうが得なのでしょうか?

  • 国民年金 学生時代未納付追納について

    平成22年の9月から国民年金の学生納付特例制度を受けていたものです。 先日、国民年金の学生納付特例制度を受けていた頃、免除されていた保険料を追納しなくてはいけないと言う話を聞いたのですが本当ですか?気になっていろんな人に聞いてみたところ、「そんなことしなくていい」という人と、「払わなくて大損をした、後で滞納金もつけられて合計50万円支払わされた」という人がいてどっちが本当か分かりません。 インターネットでも調べてみたのですが、私の求める答えが見つからなくて困っています。来月には21歳になってしまうので、払わなくてはいけないのであれば早めに支払ってしまいたいです。 また、支払わなければいけない場合は、年金手帳を持って管轄の日本年金機構に行けばいいのでしょうか? 詳しい方教えてください、よろしくお願いいたします。

  • 国民年金保険料の追納 あなたならどうします?

    国民年金保険料の追納のご案内というのが届きました。 平成13年の8か月分(122800円)・平成14年は12か月分(177120円)です。 この期間は学生特例でした。 その後の国民年金保険料は欠けることなく全額納付しています。 他の年金には加入していません。 現在、払おうと思えば払えるだけの貯金はあります。 ただ、今後の年金制度を考えると、 本当に将来満額もらえるのかとか、逆に払い損になるのではないかとか、 追納を躊躇しているところです。 追納が可能なのは10年以内ということで、 平成13年分に関しては今年がタイムリミットかと。 そこで、お聞きします。 あなたなら私のようなケースの場合、いかがされますか? 理由とともにお考えをお聞きできると大変有難いです。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 国民年金 免除分を追納したほうがいいのでしょうか?

    現在29歳サラリーマンです。 私は20歳~23歳までの間に、3年間は全額免除を受け、1年間は学生納付特例制度を受けており、いずれも許可が出たので保険料を支払っていません。 いずれの場合も保険納付期間には含まれますが、年金額は全額免除の期間は3分の1で計算され、学生特例制度の期間は年金額に反映されないというのは承知しております。 さてここで私は追納するべきなのでしょうか?一部あるいは全額? どれくらい追納したらどれくらいのメリット(あるいはデメリット?)が将来の年金額に反映されるのかが、難しい計算になってしまい分からないのです。 また追納せず、今必要なものにお金を使うという選択肢も有力なのでしょうか?よりベターな選択肢は何なのか・・。 皆様、アドバイスよろしくお願いいたします。

  • 国民年金保険料の追納について

    平成14年に8ヶ月間国民年金の全額免除をしてもらっており、 その期間の分は年金保険料を支払っておりません。 先日追納の案内が届きました。 今年度中に免除期間中の保険料を追納すれば 「老齢基礎年金の受取額を満額に近づけることができます」 との記載がありました。 免除された金額は合計で¥118,080です。 インターネットで調べてもみたのですが、払ったほうがいいのか、 払わないと、受取額がどのようになるのかさっぱり分かりませんでした。 ちなみに免除していた期間は学生ではなく、就職後、いったん会社を退職していた 無職(アルバイト)の期間でした。 詳しい方、どうすればいいでしょうか?教えてください。

  • 学生の頃の年金について

    先日国民年金追納勧奨状が届きました。 私は平成11年9月に20歳になったのですが、 その勧奨状の免除状況の欄を見ると、平成11年度9月~3月は申請免除(全額)、平成12年度4月~平成13年度3月までの間は学生納付特例となっています。私は平成10年度4月から13年度3月までの間の4年間、親元を離れ一人暮らしをしながら大学に通っておりました。 質問なのですが、全額免除の期間の分は、追納しなくても国庫負担分の3分の1は受け取れると聞きました。学生納付特例になっている期間を、全額免除に今更ながら変更することは出来るのでしょうか? また、この4月から、年金に新制度が出来、それを利用して学生納付特例の期間の年金を免除してもらえるかもしれないのではないかという話を知り合いから聞いたのですが・・・。その点についてもご存知の方いらしたら教えていただきたく思います。 宜しくお願いいたします。

  • 学生納付特例制度で猶予された国民年金保険料の追納

    学生納付特例制度で猶予された国民年金保険料は、追納した方がいいのでしょうか。 社会保険庁のホームページを見ると「学生納付特例期間については、10年以内(例えば、平成20年4月分は平成30年4月末まで)であれば保険料をさかのぼって納めること(追納)ができます。将来受け取る年金額を増額するためにも、追納することをお勧めします。」とあります。 たいした増額が見込めないのであれば追納をしない方向で考えているのですが・・・。 「どうせあなたが高齢者になったときに年金なんかほとんどもらえないんだから追納は不要。」などという荒唐無稽な回答ではなく、回答とその根拠をセットにして答えてくださるとありがたいです。

  • 年金保険料を追納したい

    こんにちは。 今年の3月に大学を卒業し、4月から就職予定の4回生です。 現在、国民年金の学生納付特例を受けているのですが、就職後、特例期間中の年金保険料を追納したいと考えています。 生年月日は1985年4月1日で、特例は平成17年3月~平成19年3月の期間承認をいただいています。 そこで質問したいことですが、 1. 特例期間中の年金保険料を1度に納めるのは大変なので、できれば分割して払いたい(ex. 夏のボーナスで平成16・17年度分を、冬のボーナスで平成18年度分を払う)のですが、可能ですか。 2. 2年以上たってから追納すると、その当時の保険料額に一定率乗じた額を払わなければならないと聞いたことがあるのですが、仮に、今年の10月に特例期間分全額を支払ったとしたら、いつからいつまでの分をどれくらい加算して支払わなければなりませんか。 3. 追納を希望するときは社会保険事務所へ連絡すればいいと聞いたのですが、電話一本で納付書を郵送してもらえるのですか。 どなたかお知りの方がいらっしゃいましたら、回答よろしくお願いします。

  • 国民年金制度について教えてください

    現在、25歳、女性、会社員のものです。最近、インターネットの年金照会をして学生納付特例制度(全額免除)をしていたことを思い出したものです。皆さんのご意見をお願いいたします。 質問は、ズバリ、「学生納付特例制度(全額免除)期間の年金を納めるべきかどうか?」です。 私は、浪人して大学に入りましたので、3年間、免除を受けておりました。平成14年2月~平成17年 3月までです。その後は、会社の厚生年金に入っております。 先日、社会保険事務所に電話で問い合わせたところ、追納するなら、約50万円を収めることになる、収めると現在の試算で将来年間約6万円の上乗せになる。もし、三ヵ年分の追納金の元を取ろうとしたら約8年(年齢にして78歳まで)受給を受けることが必用という話を聞きました。私は、払わなくても三分の一は年金がもらえると思っていたのですが、どうも制度改正後の年に入るらしく、もらうか、もらわないかの二択になってしまうそうなんですね。将来的に、追納のお知らせは届くものの支払うのは個人の自由という話も伺いました。(認識はあっているでしょうか???) 以上のことを受け、迷っています。さすがに三年分ともなると金額も高額です。分割して支払いが出来るとはいえ、少子高齢化が進む中、今のままの金額比率だとは思えないし、(今後、元を取ろうとすると、10年以上かかりますよと言われるようになるかもしれませんから)自分がいつまで生きているかもわからないですしね。 将来のことは誰もわからないので考えても仕方ないですが、やはり50万ともなると・・・悩んでしまいます。 実は、二年後を目処に、結婚も考えておる状況ですので、なかなか大きなお金を動かすのがキツイ状況なんですね。 以上のことを踏まえたうえで、皆さんのご意見はどうですか?やはり、払うべきなのでしょうか?

  • 全額免除期間と学生納付特例月数期間の追納

    学生時代に国民年金を免除してもらってました。 今回送られてきたねんきん特別便を見ると、 全額免除37ヶ月、学生納付特例月数12ヶ月となってました。 調べてみると2000年から学生納付特例制度ができたということで、 私の学生最後の年の一年が学生納付特例期間、それ以前の3年間が全額免除期間に当たっていると理解しました。 現在私は31歳ですが、これまで国民年金の追納を行っていません。 調べると免除期間から10年以内は追納できるとのことですが、 もう20歳の頃のは追納できないということでしょうか?(質問1) またこれから追納するとして、全額免除期間は追納せずに学生特例納付期間のみ追納することは可能なのでしょうか?(質問2) (全額免除期間は1/3は支給されるならば、このまま払わずにおこうかと思っています。学生特例納付期間は0支給なので、払ったほうがいいのかなという考えです。) また、どちらの免除期間についても、早めに払ったほうが支払い額は少なくすむものなのでしょうか?(質問3) すいませんが、ご教授ください。