• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

電力増幅アンプ

オーディオ用アンプは普通電圧増幅ですが、電流も増幅するアンプを所有したいので回路図をご存知の方、または電圧電流共増幅するアンプをご存知の方教えてください。その他何か手がかりになるものなんでも結構ですので情報をお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数1030
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • JT190
  • ベストアンサー率47% (453/960)

> 目的は電圧電流各々の増幅比を変えたかっただけなんです。 これはちょっと不可能です。 というのは、負荷インピーダンスが決まれば「電圧と電流の比」が決まってしまいますから、負荷の変更なしに「電圧電流各々の増幅比を独立に変える」ことは出来ません。 (一方を変えれば他方も比例して変化するから、比は常に一定で変わらない→各々を独立には変えられない) アンプの変更によって可能なのは、「負荷インピーダンスが変動したとき」に  (1)電圧一定で電流を変化させる  (2)電流一定で電圧を変化させる  (3)一方が上がって他方が下がるようにする のいずれかを選ぶことだけです。 > 具体的にはどんな回路になっているのでしょう。 負荷(スピーカー)と直列に低抵抗を入れ、その抵抗の両端に生じる電圧で帰還を掛けます。 負荷に電流が流れるほど帰還電圧も増えるので、この電圧を入力に足し算すれば電流正帰還、引き算すれば電流負帰還になります。 で、この低抵抗の値を可変にすればDFCになりますが、それだけでは帰還量が増えて動作が不安定となったり、逆に帰還量が減って特性が悪化するので、別に通常の電圧帰還も掛けて、そちらも抵抗値を可変にして、電圧・電流帰還を同時に変化させているのが普通のDFCです。 > 結局は「三極管の無帰還の真空管アンプ」ということですか、アンプの進歩に関して複雑な気持ちです。 Trアンプでも、コレクタ出力で低帰還のアンプを作ればZo≒RL(DF=1)とすることは可能ですし、エミッタ出力でも電流帰還を掛けることは一応可能です。 オーディオ自作誌の「無線と実験」や「ラジオ技術」にも、数年に1回くらいはそういったアンプの製作記事が紹介されますが、読者の関心は薄いようです。 (現在のスピーカーは過制動=オーダーダンピング駆動を前提に音作りがされているので、臨界制動や不足制動のアンプは必要とされていない、ということもあります)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

大変詳しい説明をしていただきありがとうございました。 勉強になりました。

質問者からの補足

再度の回答ありがとうございました。 スピーカーの負荷インピーダンスが変わっても電圧電流の増幅率を比例させることは不可能ということですね?

関連するQ&A

  • 電力増幅回路を使いたいのですが opアンプ

    オシレータから1kHzで発振させた信号を全波整流を行った後にコンデンサで平滑化させ、直流とした後にマブチモータのFA-130 単三乾電池使用時) (限界電圧 1.5~3.0V 適正電圧 1.5V 適正負荷 0.39mN-m (4.0g-cm) 回転数* 6,400r/min 消費電流* 500mA に繋いで回したいのですが、全く動きませんでした。電流が足りていないので電力増幅回路を使用すれば良いとのことなのですが、凡用のopアンプとダイオードしかない為か上手く回路が動作しません。そこでモータ用のパワーopアンプがあるようなのでこちらを使おうと思っているのですが、どのような型番のものを購入すればよいのでしょうか?電源電圧は±15Vを使用しています。 又、モータを回すのに電力増幅回路を使う以外で何らかの方法がありましたら教えて頂きたいです。

  • フォトダイオードからの電流増幅

    現在フォトダイオードからの電流を増幅する回路として電流ー電圧変換回路を考えています。(数百kHz程度の信号電流) ダイオードから出力される電流が数十nAなので、増幅する際ノイズ等の影響が問題となるはずです。そこで (1)電流ー電圧変換回路は反転増幅器で出力が負となるので、電源電  圧もそれを考慮して両電源にすべきなのでしょうか? (2)このような条件にあったOPアンプを探す場合、OPアンプのどうい  った項目に注意する必要があるのでしょうか?(入力バイアス電流  等) (3)グラウンドからの電源等による外部ノイズを軽減するためにはど  のような対策をとったらよろしいのでしょうか? 回答のほうよろしくお願いします!

  • 増幅回路の増幅率

    OPアンプを用いて増幅回路を作り、増幅度を測定したのですが、 +-0.5V電圧で10倍の増幅率のなるはずの増幅回路では約9倍ほどの 増幅率が得られました。 ところが増幅率が100倍になるはずの回路で電圧+-50mVにして 増幅率を測定した場合、増幅率は約17倍ほどしか得られませんでした。 なぜ実際に計測した増幅率が理想の増幅率と、ここまで違いが出てしまうかが 判りません。どなたか判るかた教えてください。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

少し見る観点を変えては。 全ての増幅素子は、電力増幅と考える事が出来ます。 この増幅素子の負荷は何かと云う事が重要です。 増幅素子(トランジスタや真空管)の負荷が増幅素子の場合は、 次段の増幅素子の入力インピーダンスが負荷となるので、 スピーカの場合よりはそのインピーダンスは遥に高いですよね。 つまり、与えられる電圧が同じであれば、電流は少なくてすみます。 電圧増幅とは言ってますが、本当は電力増幅動作です。 トランジスタアンプの最終段の前段。 ドライバの素子は、小パワーアンプの設計(素子選び)ですよね。 要は、負荷にどんなインピーダンスがぶら下がるかによって、 考える要素が変わるかだけです。 真空管は入力インピーダンスが高いので余り意識はしませんが、 トランジスタの場合は、次段のトランジスタの入力インピーダンスが 効いてきますので、電力増幅的な設計は必要です。 プリアンプの最終段のトランジスタは損失電力が大きな素子を 使います。 最近の素子には疎いのですが、今は万能の素子が出てるのですかね。 負荷が低いほど、電力は増えます。 負荷インピーダンスが半分になれば、電力は倍になります。 当然、最終段の素子も、電源もそれに耐えなければなりませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

理論的にはおっしゃるとおりですね。 もう一度古いものから整理して、もう少し近代のテクノロジーを勉強する必要が出てきたように思いました。 ちょっと実践をしてから(実際に回路を起こして組んでみて、聞いてみて)理論的な物に入りなおしたいと思います。 ありがとうございました。

  • 回答No.4
  • JT190
  • ベストアンサー率47% (453/960)

念のため確認しますが、 「電圧増幅アンプ=負荷変動によらず一定電圧を出力(しようと)するアンプ」 という意味ですよね? (もちろん、出力は入力電圧に比例するとして) でしたら「電圧増幅アンプ」と書くよりも「(定)電圧出力アンプ」と書いた方が正確です。 通常のパワーアンプは「電圧出力」アンプですが、「電流増幅」「電力増幅」もしていますから、「電圧増幅アンプ」「電流増幅アンプ」では質問の意味不明になってしまいます。 で「(定)電流出力アンプ」ですが・・・要するに「出力インピーダンス(Zo)=無限大」のアンプということになります。 回路としては、通常アンプでは電圧負帰還のみ掛けるところを、電流負帰還+電圧正帰還とすることで、トータル帰還量を同じにしながらZoを非常に大きくすることが出来ます。 更に、電圧帰還と電流帰還の比を変えることによって、Zoも変化させることが出来るので、これをDFC回路(ダンピングファクタ・コントロール)として最初から組み込んでいる製品もあります。 DFCを組み込んでいるアンプ ・マランツ#2、テクニクス40A、山水BA303等 さすがにZo=∞(DF=0)まで調整できる物はないと思いますが、これらの回路の「DFを減少(Zoを増加)させる側」の定数をもっと極端にとれば、ちゃんとZo=∞のアンプも製作可能です。 (逆に、電流正帰還+電圧負帰還の組み合わせにすれば、Zo=0や、Zoがマイナスのアンプも製作可能です) 次に「電力出力アンプ」・・・というか「電圧出力と電流出力の中間のアンプ」ですが、これは「出力インピーダンス=負荷インピーダンス(4~16Ω)」とすることで可能です。 この場合、わざわざ電圧・電流帰還を組み合わせて新たなアンプを作らなくても、「三極管の無帰還の真空管アンプ」でほぼ目的が達せられます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 わけのわからない質問に回り込んで的確に答えていただき感謝します。 目的は電圧電流各々の増幅比を変えたかっただけなんです。 DFCを組み入れたアンプがあったのですね。具体的にはどんな回路になっているのでしょう。 結局は「三極管の無帰還の真空管アンプ」ということですか、アンプの進歩に関して複雑な気持ちです。

  • 回答No.3

質問者のスキルが判らないので、 答えがまとまりません。 失礼を承知で、低レベルの回答(もしくはヒント)。 多数、間違いや語弊を含みますから、 このまま鵜呑みにせず、 イメージとして捕らえてヒントにしてください。 ちゃんとした知識は、然るべき文献で学習してください。 電圧、電流、電力、抵抗などの基本的な意味合いを、 イメージできる知識がありますか? もう、半歩踏み込んで、理解を深めれば判ります。 電力は、通常、世の中では、「消費電力」とか「動作電力」とかになります。 従って、既出のように、どんなアンプだろうが、 スピーカをつなげば、(音がするか否かは別にして) 「スピーカを動作させる電力」、もしくは「スピーカで消費される電力」を 供給していることになります。 これはまさしく『電力増幅』です。 スピーカの代わりに、抵抗(ヒーター)をつなげば、 音に変わる代わりに熱になります。 電球をつなげば、出るはずの音の大きさに応じて、 暗く明るく、明滅するはずです。 これらも、『電力増幅』です。 オーディオの場合、 例えが古くて申し訳ないですが、 PHONOカートリッジから、プリアンプ、メインアンプ、 それからスピーカですね。 質問者の意図が、プリアンプとメインアンプの違いであれば、 ざっくり言って、電源が前者は小さく後者は大きいです。 また、プリの出力、すなわち、メインの入力の インピーダンスはとても大きいですから、 あまり、プリからメインに電流は流れないため、 プリの出力はそれほど大きな電力増幅にはなりません。 逆に、メインの出力、すなわち、スピーカの インピーダンスは、とても低いので、 たくさん電流が流れ、動作としては、 所謂『電力増幅』そのものになります。 これらより、意地悪い(?)厳格な表現としては、 スピーカ(負荷)を接続したメインアンプの動作が、 電力増幅になりますから、 メインアンプ単体では、電力増幅器にはなりません。 (^o^)丿 そして今までに書いたことから判ると思いますが、 電流のみを増幅することは出来ません。 そういう回路はありません。 電圧を増幅し、負荷(スピーカ)に流すのに、 十分な電流供給源(でかい電源)を持った場合、 結果として、電力増幅(電圧増幅×電流増幅)ができます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 スキルレベルは低の中くらいかと思います。 質問の書き方が悪く意図が伝得られなくてすいませんでした。 PHONOカートリッジの電流値とスピーカーに入る電流値が同じわけ無いですから、質問の仕方が間違っていることは間違いないです。

  • 回答No.2
  • precog
  • ベストアンサー率22% (966/4313)

普通は最終段が電力増幅です。 電力増幅されてない信号をスピーカーに入れても鳴るはずないですよね?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 質問の書き方が悪く意図が伝えられなくてすいませんでした。

  • 回答No.1
  • tetsumyi
  • ベストアンサー率27% (1482/5333)

オーディオ用アンプは電圧増幅ですが出力端子に抵抗を接続すれば電流増幅アンプとなります。 何がしたいのか不明なのですが、これで回答になっているでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございました。 質問の書き方が悪く意図が伝得られなくてすいませんでした。

関連するQ&A

  • OPアンプの構成について

    OPアンプについて質問なのですが OPアンプは差動増幅器、定電流回路、電流レベルシフト回路、出力回路から構成されている と書かれていたのですが電流レベルシフト回路、出力回路というものがどのような動作をするのかが分かりません。だれか分かる方は教えてください。 回路図についても知りたいので参考URLも教えてください。

  • アンプで電流を増幅したいのですが・・・

    少しカテゴリ違いかもしれませんが教えてください☆ ちなみにアンプに関してはずぶの素人です☆ 実験でアンプを使って電流を増幅して出力しなければならないのですが パワーアンプの出力は電力(ワット)で表されています☆ これはパワーアンプのツマミをひねると出力電力が変化するということですか?? そして(電流)=(電力)/(電圧)で計算すれば出力電流は求まるのでしょうか?

  • opアンプのオフセットと増幅について

    センサの出力電圧にオフセットを加え、増幅することを考えています。 いい加減にに設計したところ、なぜかオフセットが加えられません。適当な回路を教えていただけないでしょうか。 使用したいopアンプはLM2904 5Vの単電源で動作させたいと思います。 センサはopアンプのバッファ(非反転 増幅度1)を通しています。 この状態で、センサを動作させると20mVから500mVほどの出力が得られます。 20mVを0V付近までオフセットを加えてから増幅したいと思います。 汎用性を持たせたいので、適当な電圧範囲にある信号を0Vから電源電圧付近までの信号に増幅するような回路としたいと思います。 以前にトラ技で回路を見かけたような気がするのですがバックナンバーを繰っても見つけられません。 よろしくお願いします。

  • 反転増幅回路の電圧増幅度について

    反転増幅回路の電圧増幅度について いま学校で反転増幅回路とオペアンプについて勉強しており、 添付ファイルの回路図と回路図から得られる(1)式をもとに (1)、(2)、(3)の式を導出しようとしているのですが、 途中の計算過程でわからなくなってしまったため、 導出過程を教えて頂きたいです。

  • 増幅回路

    はじめまして。電子回路を学校で勉強しはじめたのですが 逆相増幅回路、正相増幅回路でどのように電流が流れているのかわかりません。 それぞれ、電源が二つついていますが、そこから電圧、電流が供給されて 考えるのでしょうか?? 初歩的な質問、意味不明ですみません。 どなたかご教授お願いします。

  • 増幅、OPアンプについて

    増幅、OPアンプについて 今私は圧電素子に衝撃を与えその電圧を増幅させようとしています。 具体的には文化祭でパンチングマシーンに圧電素子を使い電圧を増幅させ表示させるといったことを計画しています。 私は増幅に関しては全く知識がないのですが、増幅はどのようにすれば良いのですか? OPアンプなどを使うのでしょうか? 比較的簡単な方法を教えて頂けたら幸いです。 アドバイスよろしくお願いします。

  • オペアンプの反転増幅回路の増幅の仕組み

    http://www.natural-science.or.jp/activities/research/electricalCircuit/1-1.gif 上のサイトに載っているような、オペアンプの反転増幅回路について調べています。 この回路だとオペアンプには電流が流れずに、電圧が増幅されるということですが 電圧はどのような経緯(流れ?)で増幅されるのでしょうか? 電流も電圧も全て抵抗R0にかかるのであれば、オペアンプがなくても増幅が可能ということになると思うのですが オペアンプを無くして、回路を短絡させたままではいけないのでしょうか? 困っています。教えてください。よろしくお願いします。

  • オペアンプの反転増幅回路の増幅の仕組み

    http://www.natural-science.or.jp/activities/research/electricalCircuit/1-1.gif 上のサイトに載っているような、オペアンプの反転増幅回路について調べています。 この回路だとオペアンプには電流が流れずに、電圧が増幅されるということですが 電圧はどのような経緯(流れ?)で増幅されるのでしょうか? 電流も電圧も全て抵抗R0にかかるのであれば、オペアンプがなくても増幅が可能ということになると思うのですが オペアンプを無くして、回路を短絡させたままではいけないのでしょうか? 困っています。教えてください。よろしくお願いします。

  • 日本製のアンプ

    日本製のアンプは、英国等の外国製に比べると電圧増幅でスピーカーを駆動する回路が主になっているので一言で言うと音が悪い(対外国製アンプ)。外国製は、電流増幅なのでスピーカーの駆動力が高く音が良い(対日本製アンプ)こんな記事を目にしたことが有ります。専門家さんの技術に裏付けされた意見をお願いします。

  • アンプのプロテクト回路の回路図が欲しいのですが

    趣味でオーディオアンプの修理の勉強をしたいと考えています。 手始めにジャンク品などを分解してと思うのですが、参考資料の回路図が無いと全くの手探り状態です。 仕事で電気の関係の知識はいくらか有るので、回路図でも有れば希望が見えるのですが。 今所有しているソニーのアンプの回路図をメーカーのサービスにお願いしたのですが、公表をしていないとの事でした。 違うメーカーの回路図でも参考になると思うのですが、特にプロテクト回路に興味が有るのですが。 著作権の関係で、無理なのでしょうか。