• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

定期保険特約付終身保険 

定期保険特約付終身保険に加入しています。 死亡・高度障害/3,000万 内訳 終身 100万 定期保険特約 1,900万 特定疾病保障定期特約 1,000万(がん、脳卒中、急性心筋梗塞) これは死亡保障3000万とありますが、 がん、脳卒中、急性心筋梗塞以外では2000万という事でしょうか? 来週にも保険会社の方と会うのですが、その前に確認したかったのでお聞きしました。宜しくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数177
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • mn1040
  • ベストアンサー率53% (72/134)

特定疾病の給付金を受け取ることなく、普通死亡・高度障害状態になった場合の保険金は3000万円です。 ガン・脳卒中・心筋梗塞で約款に定める状態になった場合には、1000万円の給付金を受け取れますが、それを受け取ったあとに、普通死亡・高度障害状態になった場合は保険金は2000万円です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり申し訳ありません! 分かりやすく教えていただいて恐縮です。 ありがとうございました!

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • mn1040
  • ベストアンサー率53% (72/134)

特定疾病保障定期保険特約は、「定期保険特約」に「特定疾病保障」というオプションが付いた特約です。 ですから、普通死亡・高度障害の時には、保険金が支払われるのはもちろん、ガン・脳卒中・心筋梗塞で約款に定める状態になったときには、同額の生存給付金が支払われます。 生存給付金として受け取った場合には、この特約は消滅しますので、その後に亡くなった場合は、この特約以外の部分の保険金が支払われることになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

度々すみません。 >普通死亡・高度障害の時には、保険金が支払われる 3000万ですか?2000万ですか? >ガン・脳卒中・心筋梗塞で約款に定める状態になったときには、同額の生存給付金が支払われます。 同額とは1000万ですか?

関連するQ&A

  • 定期保険特約つき普通終身保険の更新にあたり

    平成1年11月に契約年齢19歳(女性)で千代田生命の新医療保険付幸福の保険「リベラルメディカプラン」(新医療保険:主契約・入院給付日額5000円、死亡保険金額50万、特約・通院給付3000円、がん5000円、長期入院あり、毎期払込保険料6952円)(普通養老保険:主契約・満期100万、特約・定期保険900万+傷害500万、毎期払込保険料4590円)に30年払込・30年満期で契約してましたが、千代田生命の破綻により、エイアイジー・スター生命に保険が引き継がれ、平成7年2月に同社との保険契約を次のように結びました。 【現在】契約年齢24歳(転換前契約からの振替、充当額191618円) リビング・ニーズ特約付 新医療付生涯保障プラン プリEX Hiメディカル クラブデビュー(特定疾病保障定期保険)(新医療保険) (普通終身保険) 主契約(終身/60歳払込) 死亡保険金額1,999,991円(内・転換部分 521400円) 特約(平成22年1月31日保険期間満了日/15年払込) 定期保険 19,999,409円(内・平準払部分14,785,909円+転換部分5,213,500円    傷害 500万円 (特定疾病保障定期保険) 保険金額 300万円 (新医療保険) 主契約 入院給付金日額 5000円、看護給付日額 5000円、手術給付 あり、死亡保険金額 50万円 特約 入院初期給付 3万円、女性疾病 日額5000円、長期入院あり、通院給付 日額3000円、高度先進医療(10年満期)500万円 毎期払込保険料 普通終身保険5199円+特定疾病保障定期保険1056円+新医療保険3547円=合計9802円 【更新案】 同額更新モデル 病気による死亡・高度障害のとき 2374万円 災害による死亡・高度障害のとき 2874万円 更新後の保障内容 保険期間  保険金額(日額) 保険料 主契約      終身    941797円  1401円 定期保険特約(平準払)15年  1930万円  6446円 傷害特約     56年     500万円   220円 三大疾病定期保険 15年     300万円  2130円 新型医療保険(新医療保険から)15年5000円 2410円 新型通院特約   15年     3000円   816円 新型女性疾病特約 15年     5000円  1160円 長期入院特約   15年     5000円   265円 新型入院初期給付特約15年   30000円   315円 ★更新後保険料 15163円 ※定期保険特約(平準払)15年を500万円に減額更新すると10387円(他は同条件) 更新にあたり同額モデル等では保険料が1.5倍に跳ね上がってしまうので、医療保険は手厚いまま、独身なので死亡保険料は下げたいと考えています。独身で仕事も派遣ということで少しでも貯蓄に回したいので保険の無駄は極力排除したいです。また、エイアイジー・スター生命も経営的に厳しそうなので、他の保険会社も検討したいと思いますが、20年以上入っていた保険なので他社に乗り換えるのもどうかと思い、皆様からアドバイスをいただければと思います。 よろしくお願いします。

  • 定期保険特約付終身保険

    定期保険特約付終身保険ですが、60歳で払い済みになります。 その後、80歳まで特約を続ける場合、20年一括か年払いで特約保険料を支払うわけですが、これは、全期前納払いとなるのでしょうか、 それとも一時払いとなるのでしょうか? 全期前納なら、払った保険料は死亡した場合、戻ってくるはずですが、 一時払いの場合は戻らないですよね。 又、どうして、月払いはできないのでしょうか? よろしくお願いします。

  • 終身保険と定期保険

    終身保険1000万と入院特約5日目から一日7000円で、月35000円程払っています。最終的に1000万円返ってくると考えると、終身保険とは貯金と考えて良いのでしょうか? 定期保険の掛け捨てで死亡保障を多くするべきかどうしようか迷っているのですが、終身保険は解約するともったいないような気もします。 加入して7年目で60歳で払い込み終了です。 段々保険料が安くなる、定減保険で一番安い保険料をご存じの方がおられたら、会社名を教えて下さい。 よろしくお願いいたします。

  • 定期保険特約付・終身保険の更新について

     主人の保険のことで悩んでます。  10年前に入ってるので、保険利率はまだよいときのために、そのまま更新した方がよいかなと考えたり、転換もしくは、他社で新しく契約した方がよいのか?保険内容は以下のとおりです。また、現在ギリギリまで貸し付けをして、配当金もひきだしてます。  主人は40才(3月で41才) 会社員  妻  38才 専業主婦  子ども二人 8才と6才  持ち家(ローン残り9年)  保険 主契約 180万円 終身     特約 定期保険特約 43,200,000円        家族定期保険特約(妻型)基準100万円                  死亡時 300万円     傷害特約(本人・妻型)500万円     災害入院特約( 〃 ) 5,000円     疾病特約 ( 〃  ) 5,000円     成人病特約       5,000円     長期入院特約      5,000円        65才払い済み     保険料     現在   更新後     終身保険   1,362円→ 1,771円     定期保険特約 10,501円→18,144円     その他の特約 4,086円→ 4,948円     合計    15,949円→24,863円 

  • 特約定期保険の減額

    特約定期保険付き終身保険に入っています(定期3,000万・終身500万) 今回終身をそのままにして定期を3,000万→1,000万に減額しようと思っています。 その時定期保険の保険料は1/3になると考えていいのでしょうか。

  • 定期特約付終身保険の転換について

    生命保険の契約転換について質問させて頂きます。 保険外交員より下記のような内容で契約転換の提案を受けています。 当方、35歳会社員(年収税込360万円)、家族構成は妻30歳(主婦)、子供2人(1歳、来年出産予定)です。持ち家購入等の予定はありません。 【現在の契約】21歳(平成7年)契約 定期付終身保険  主契約(終身保険) 120万円(払込期間61歳) 特約(定期保険) 2,880万円(20年更新、61歳払込満了 以下同じ) 特約(災害割増) 1,500万円 特約(傷害) 500万円 特約(通院) 5日以上継続入院後の通院 日額3,000円 特約(災害入院) 入院5日目から日額5,000円 特約(入院医療) 入院5日目から日額5,000円 ○保険料 現 在(21~40歳) 11,500円/月      更新後(41~61歳) 21,062円/月 【転換提案】35歳契約 主契約(終身保険) 100万円(終身にわたり払込) 特約(定期保険) 1,900万円(15年毎更新 以下同じ) 特約(三大疾病保障定期保険) 500万円 特約(介護保障定期保険) 500万円 特約(災害割増) 1,500万円 特約(傷害) 500万円 特約(総合医療) 入院1日目から日額10,000円 特約(がん入院) 入院1日目から日額10,000円 ○保険料 (35~49歳) 15,200円/月      (50~65歳) 40,643円/月 子供が大学を卒業すると仮定して22年後、57歳まで3,000万円の死亡保障があれば十分かと考えています。提案されている医療特約には惹かれますが、更新後の保険料については支払いできるのか不安も残ります。外交員は転換のメリットを強調するばかりで、このまま転換しない方がよいのか?転換して新しい保険に入った方がいいのか?または他にお勧めの方法などございましたらアドバイスをお願いいたします。

  • 現在の生命保険の内容が不安です

    自分は現在32歳で、25歳の時に知人の保険の営業の方の勧めで下記の生命保険に加入しました。 明治安田生命のNewグランドスラムEタイプ(特定疾病保障定期特約、定期保険特約付き5年ごと利差配当付き新・終身保険) 内容は 災害にとる死亡・高度障害 6209万円 死亡・高度障害のとき(災害以外)5209万円 がん・急性心筋梗塞・脳卒中 500万 (入院) 災害(5日目から)日額5000円 病気(同上)   同上 5大成人病(5日以上継続入院)日額5000円 がん(同上) 日額10000円 平成25年に自動更新です。 保険払い満了は45年で、終身部分は160万円です。 保険満了後に死亡した場合、160万円しか下りないのと、若く無知な時に加入した保険なゆえに、現在の保険が妥当かが不安になって来ました。 まだ結婚はしていませんが、将来自分で家庭を持ち、 もし自分が死亡した時に、残った家族が最低限生活出来る保障が欲しいと思っています。 場合によっては、保険の内容を変えたいと思っていますが、あまりにも知識が乏しいので、詳しい方にアドバイスを頂ければ幸いです。

  • 終身保険の代用で90歳満期の定期保険ってどう?

    生命保険金の保障ですが、 終身保険の代用で90歳満期の定期保険ってどう思いますか? 男性で子供のいない43歳で妻は47歳です。 国民年金の4分の3免除ですし、事情で低所得のため老後の貯蓄もあまり見込めません。 高齢になってから死亡した時の妻の生活の足しに 数百万を保険で残したいのですが、 終身保険は保険料がたかいので、 90歳満期の定期保険で代用できるかと思いました。 寿命など考えてです。 こういうやり方もありでしょうか? もう少し若い時期の死亡保障はちゃんと別口で入る予定です。 あくまで大きめの定期保険の期間が終わった後の、 高齢者になってからの必要分です。 普通の人なら終身保険で残す部分です。

  • 定期保険と終身保険について

    お世話になっております。 結婚して、夫婦の生命保険の見直しをしております。 ほぼ、決まったのですが、私は独身時、担当者に医療、癌保険は定期保険を薦められ加入しておりました。 偶然主人も同じ保険会社の加入者なのですが、主人は終身保険に入っており、今回の見直しで私のも終身に変えることになりました。 定期の場合、1泊2日から入院給付金が出る。終身は8日以上の入院に限ると言うデメリットはあったものの。定期保険は更新があり、値段が上がるデメリットがあります。一生涯安心と固定価格をと考えた末終身に決めました。 ただ、最近、資料やテレビなどで、定期を強く薦めるように感じています。 保険の担当者曰く、終身の方が担当者にとってはいいそうですが、今の世の中と将来性を考えると定期を薦めると言われています。でも、その説明がいまいちわからないのです。この場をお借りして、どなたか簡潔に教えて頂けないでしょうか?よろしくお願い致します。

  • 定期保険特約を継続?新たに定期保険に加入?

    昭和62年に加入した定期保険特約付き終身保険の見直しを考えていて 終身部分は継続、医療部分は解約して新たに医療保険に加入しようと考えています。 定期保険は2300万、特約保険料は7,130円(60歳まで)(現在39歳) となっています。 この金額は下げたくないのでこのまま継続しても良いのですが、通販の定期保険で2300万、20年の設定にすると 6000円強の保険料だったりしますので、保険料を節約するならこの特約を解約または大幅減額して 他の定期保険に入り直した方がいいのかと考えたりします。 健康状態としては特に問題ないと思いますが、掛け捨て定期保険は金額で決めても問題ないでしょうか。