• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

チベット天空列車に乗ります。

世界の僻地と言われる、チベット天空列車 西寧からラサまでの超高地を酸素ボンベを使いながら の旅らしいです。 いろんな情報アドバイスお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数10
  • 閲覧数288
  • ありがとう数9

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
noname#58692
noname#58692

こんばんわ。20年前にゴルムド~ラサをバスで抜けました。 当時が手頃な酸素ボンベがなかったので、同行の香港人グループに両脇を 抱えられて、意識朦朧としたままバスに乗せてもらったことがあります。 今となってはいい思い出ですが。 天空列車。いいですね。うらやましい。 ツアーで行かれるなら、アドバイスというほどのものもないのですが、 高度に慣れるまでは急に動かない、走らない、考え方ものんびりにする。です。 しんどくなったら、酸素を吸いましょう。 ポタラ宮くらいはいくでしょうし、シガツェ、ガンツェなどにも いくのでしょうか。 天葬場にもいけるんですかね。 今は状況が変わっているかもしれませんが、当時は妙に馴れ馴れしい野良犬が多数いましたが、 ときたま狂犬病が混じっていました。野良犬がいても、手を出さない。 目をあわさずにあとずさりすることです。 できれば、破傷風の予防接種をどうぞ。 あとは、河口えかいの「西蔵旅行記」くらいは読んでいきましょう。 ブラッドピット主演の「セブンイヤーズインチベット」も見てから行かれることをお勧めしますね。 川喜多次郎先生の「鳥葬の国」も入手できれば読んでみてください。 それと、高所独特の超乾燥地帯ですので、のどあめ、マスクなどを携行されたほうがいいです。 お気をつけて。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%B3%E5%8F%A3%E6%85%A7%E6%B5%B7 http://www.furugosho.com/asia/asia_3.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ツアーは、私の体質にどうしても合わないので 一人で冒険旅行に行きます。 一人ですのでなんでも自分自身で解決する秘訣は 情報力だと思います。 やはり高山病が一番の心配ですね。 それと後進国の中国のことだから酸素ボンベをつんでいても 必要な時にすぐに使えるとは限りませんし、使えたとしても 不完全な物の可能性も大きいと経験則から十分にかんがえられます。 私が列車内で倒れていても反日意識にコントロールされた 中国人が助けてくれる事をあてには出来ません。 その意味でも未開の地に行く時には 情報が大切です。

その他の回答 (9)

  • 回答No.10

そうですね、でも4回乗ると違いがわかり使い勝手がちがいます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.9
  • dayuan
  • ベストアンサー率55% (277/500)

どうでもいい話ですが、北京西発と上海/広州発はカナダ製でなく、カナダのボンバルディア社と中国の四方機車車両の合弁会社BSPで作られたものです。 工場は西寧/蘭州発と成都/重慶発の車両を作った四方機車車両の工場の隣にあります。(青島にあります)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いま、話題のボンバルディアですね(^^ゞ 元々は、列車作りが生業だったのでしょうね。 経営が現場の作業システムと遊離しているのだろうか? 中国は、先進国との合弁にして技術を物まねして 自分の物とする戦略ですね。 ありがとうございました。

  • 回答No.8

シーニンからの乗車客のほとんどがツアーの人たちで一等寝台に乗ります、このけんは経験していないので分かりませんが、車両の気圧は高高度を飛んでいる旅客機と同じとうたっています?! 上海や北京発の列車はカナダ製ですがシーニン発は中国製客車です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 先進国の製品であろうが その使い方に懸念があります。 でも、後進国を旅行するには 当たって砕けろ!くらいの覚悟がないと 未開の地は旅行できませんね。

  • 回答No.7
  • KVJ
  • ベストアンサー率70% (355/505)

こんにちは。 6月に父と乗ってきました。 私の場合は西寧から日本語のできる中国人ガイドさんが ラサまで一緒乗ってくれたので言葉にも困らなく、楽しかったです。 酸素供給のお話が出ていますが、ちょっと違います。 圧縮された普通の空気だと思ってください。 酸素の濃度が高めってこともなく、効率よく空気を吸えるってだけです。 本当に酸素が必要になってしまったら、全然ダメです(父がそうでした)。 この空気、ちょっとスパイシーな香りがしましたが 吸引して倒れたとか病気になった人はいないとのことですし 使用するチューブも個包装の使い捨てタイプでちゃんとキレイでしたし 衛生的には大丈夫なんじゃないかと思います。 また、車内は気圧の調整がされているという情報も耳にすることがありますが 気温が保たれているだけですので(常時23℃くらいでした)、 気をつけていないと高山病にかかります。 停車してもドアの開かない駅がいくつもありますが 服務員さんにお願いすれば、それなりの時間があればですが、 手動で開けて外に出してくれます。 降りる人のいない駅でまでイチイチ全部開けないだけだそうです。 ただ、発車のベルとかないので、置き去りに注意です・・・。 個人的にはビーチサンダルの持参をおすすめします。 案の定、トイレの床がいつでもびしょびしょだからです。 靴とズボンの裾がかなり汚れます。 乗車前に泊まるホテルにスリッパがあれば調達していくのもアリですが 薄いのは意味がないし、だいたいしみ込んでくるのでイヤ~な気分になります。 列車を降りる時に捨てても惜しくない程度の物でしたが、 持って乗ってイチバン役立ったアイテムです。 それと当然のように茶葉・紙コップの販売がありません、必要なら持参です。 客車は毎度同じ型というわけではないそうで、事情もいろいろです。 コンセントの差込口があっても 通電している時とそうでない時があるから 充電するものはしてから乗車したほうが安心だとか。 サービスのお湯も走り出さないと沸かない場合があったり。 たったヒトツの洋式トイレが使えたり使えなかったり。 座席の下に荷物を置く人が多いですが トランクなら厚み26cm以下であれば どのタイプの車両にあたっても置けると習いました。 ちなみに。 よい時間に食堂車を占領しているのは日本からのツアー客です。 私が乗った時も日本人ばかり20人の団体2組に朝・昼・晩すべて占領され なんというか・・・中国っぽくない空間になっていました。 そして乗車中、ヒトリで何度も車内をアタマからシッポまでウロウロ歩きまわりましたが、 私も反日的な態度をあらわにする人には全く会いませんでした。 むしろ友好的でしたよ。 どの内容も、私が乗った日だけこんなんなのかな~とも思いましたが ガイドさんが「1週間に2回か3回乗るけど、いつもこんなんです」と言っていたので なにも変わっていなければ、こんな感じだと思います。 長々とゴメンナサイ、参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 衝撃的事実に呆然としました♪ やっぱり酸素供給は、形ばかりのものだったのですね(^^ゞ 生命に関することだけにいただけませんね。 でも、おおむね心配する事もないとは 思いますが、万が一の場合を想定すると やはり中国では信頼は出来ない部分はあります。 1泊程度なので食堂車は、一食分だけ利用して 他は、いつもしているようにカップラーメンで 飢えをしのぐようにします。

  • 回答No.6

補足 停車駅はゴルムド~ラサ間で一駅だけで単線のため後の駅停車は上り下り列車の退避停車です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

酸素は車両の各所にある噴出口から大量に出てきます、服務員もよく教育されていて中国列車の中では最高です。中国人も比較的にマナーが良く直ぐ打ち解けて、旅は道連れ・・・の雰囲気でラサ到着です(反日を態度に表す人は皆無ですご安心を)。今日上海に帰ってきたものより

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

このルートは運賃も高いし物事を広くみれるインテリ階層が 多そうなので少し安心しました。 酸素も形ばかりの対応でないのがわかり 安心です。 ありがとうございます。

  • 回答No.4

チベット高原列車に3月と今回9月都合4回乗りました、酸素供給区間はゴルムドラサ間です。停車駅は一駅で1~2分ほどホームに出られます、デラックス車両でゆったりした列車の旅が楽しめます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

目に見えるものが何もかも不完全な中国という事で心配です。 酸素も本当に有効に機能しているのだろうか? 衛生面での心配はないのだろうか? 生命と健康に関わる事だけにみすごせません。 ホームに出たときに出来るだけゆっくりと動いた方が いいのでしょうね。 ありがとうございました。

  • 回答No.3
noname#58692
noname#58692

No1です。カラコルムハイウエー経験者なら一般的な中国国内旅行での注意点は必要ないですね。 ツアーなら酸素ボンベくらいガイドがもっているでしょうし、列車にも積んでいるでしょうが、 自前のやつをもっていったらと思ったんだけど、個人旅行ならもっていっても持っていかなくても どちらでもいいと思います。ラサが標高3600m弱くらいで、他の地域はそれ以上が続きますので、 時間があるなら、現地で高所順応に時間を費やしてください。 当時でも公共バスがシガツェまで走ってましたので、周辺観光には問題はないと思います。 冒険旅行というなら、是非、カイラス山ツアーにでも参加してみてください。当時でもありましたから、 今ならもっとお安くポピュラーになっていると思います。 私は、そこからネパールまでヒッチハイクで抜けましたが、ツアーバスも出てましたので、そちら方面も楽しいかもしれません。 裏から見るエベレストは貧弱ですが、ネパール側から見るヒマラヤとは 一味違う風景は楽しめます。 ラサには個人旅行者向きのホテルがたくさんありますので、最新情報はそちらで仕入れた方が確実だとは思います。 カラコルム方面での中国人は印象が悪かったですか?私はあちこちでいろんな中国人・香港人に 友好的かつ好意的に助けられたので、地域性や時期があるのかもしれまませんね。まっ、ひどい目にもあわされましたが。 最終非常食としてカロリーメイトの類を持っていきましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 個人旅行なので高度順応の時間は、調整したいと思います。 エベレストの裏側は、貧弱だと初めてしりました。 ネパールのポカラからは、みた事があるので 裏からみるエベレストなんて考えた事もなかったので 新鮮です。 列車に乗る前には、カップラーメンにパンを買いこんで 乗り込みます。 中国人民との列車での戦いが年を取るに連れて 辛くなってきています。 カラコルムの中国人というかウイグルの人たちは おおむね良いのですが漢民族(一口に言ってもまちまちですが) の厚かましさや世知辛さにウンザリさせられています。 ガイドブックやカメラを盗まれた事もありますし。 事あらば、なにかを旅行者からむしりとろおうと する人も多いのも経験から事実です。 その反対もありますが、事実は事実として・・・ カロリーメイトと言えば、私が初めてインドに バングラデシュ経由で行った時に カバンに入れていたカロリーメイトが カルカッタでカバンをあけるとありませんでした<笑) でもカバンの鍵は、元通りかけられていたのが 今にすれば可笑しいです。

  • 回答No.2
  • C62-2
  • ベストアンサー率31% (186/590)

「青海チベット鉄道」ですね。いいなぁ・・・ 以下はNHKでやった特集番組からの情報です。 *西寧を20時7分に出て、ラサへは翌日の22時30分に到着。 全行程1,956キロの旅で、26時間かけて走ります。車内には給湯器と酸素吸入設備があり、お湯と酸素が供給され車内販売でカップ麺も買えます。 *翌朝7時に最初の停車駅ゴルムドに到着。ここで標高2,800m。 20分停車のあいだに、アメリカ製の高地専用ディーゼル機関車NJ2型に交換されます。 *ゴルムドから崑崙(コンロン)山脈に入り、全長1,686mの崑崙山トンネルで標高4,686mの峠をこえます。 *峠を下ると「ココシリ自然保護区」で、いろいろな野生動物がいます。 チベットノロバ、チベットガゼル、オオカミ、チルー(カモシカの仲間で北京オリンピックのマスコット)などです。 *ゴルムドから5時間ほどでトト河(長江の源流の1つ)を渡り、昼食タイム。食堂車は定員45名で、混んでいるので要予約。スープや魚など20種類ほどのメニュー。 *唐古拉(タングラ)峠の標高は5,072mで、鉄道の世界最高地点の石碑があります。唐古拉駅(標高5,068m)で停車し、チベットからの上り列車の通過待ち。ただし、下車はできません。 *峠を下ると、チベット自治区で平原にヤクや羊が放牧されています。

参考URL:
http://www1.vecceed.ne.jp/~watagi/page013.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 私もカラコルムハイウエー越えを経験しているので 高山での行動の辛さは少しは分かります。 このルートにかんする大よそのガイダンスは 分かりました。 どうせ中国人と欧米人がいい時間に食堂車を占拠してしまうだろうから 中国貧乏旅行の定番のカップラーメンを三個持ち込んで 耐え忍びます。 もしも、列車が止まったり、または人気の無い駅で取り残されたら 恐ろしいと思いました。 それでも、今が旬の観光資源だし、元がまだ安いうちに 中国大陸を駆け巡りたいと思いました。 今は丁度、昭和45年頃のアメリカ人が日本に来たような 物価水準の為替だと思います。

関連するQ&A

  • チベットに鉄道で。でもいまいちルールがわからない・・。

    チベットについて教えて下さい。 これまでも一人で様々な国を旅してきましたので、一人旅の知識はあります。 ですが、チベットは行った事がありません。というのも、簡単に調べた限りでは入境するのが難しい。(お金がえらくかかる。ツアーじゃないと入れない)のような規定があるようで・・。 本を読んでもイマイチよくわからないので、質問してみました。 いろいろ調べてみると、青蔵鉄道というのがラサまで走っているのはわかり、ネットで調べるとチケット代行&入境許可証の手配をしてくれる業者がある。という事はわかりました。 そこで、そこからの基本的な知識を教えてもらいたいのですが、 まず、 この鉄道で許可証も手配してもらえたなら、ツアーを組まなくてもチベットを観光できるのでしょうか?? 次に、 列車は西寧からラサまでで手配予定なのですが、この「西寧」自体がすでにチベット区で、スタート時点が間違っているのでしょうか?(笑) 鉄道を利用の場合、成都からがメインのようですが、西寧からではなく、成都からにすべきなのでしょうか?? (しかし航空券を検索すると日本から西寧までの手配があるようなので西寧からの列車搭乗も問題ないのでしょうか?) 最後に、そもそもチベットって地球の歩き方をみても「簡単に入れない」みたいに書いていますが、だとしたらこの鉄道ってなんなのでしょうか?チケットを入手できれば簡単に入れるのでしたら、「簡単に入れない」という意味が矛盾しているように思えるのですが・・。それにツアーでバカ高い値段を使う事はしたくないので、できれば安く個人で行くたいと思っています。 福岡(地元)~西寧(成都)航空機往復で80,000円 西寧(成都)~ラサ 鉄道往復で2,0000~3,0000円 くらいが理想です。航空券はおおよそ見当がつくのですが、この鉄道料金が許可証と代行料金を合わせていくらくらいになるのか、ちょっと見当がつきません。 これまで、この青蔵鉄道を利用して、個人で手配をしてチベットに行かれた方、いろいろ教えて下さい!なんともぶしつけな質問で申し訳ないのですが、この問題が解決できたらぜひチベットに行きたいと考えています。回答をよろしくお願い致します。

  • 青蔵鉄道(チベット天空列車)のチケットを買いたい

    西寧からラサまで「青蔵鉄道」を利用して一人旅をしようと思っています。社会人なもので、1週間~10日の短期のたびの予定です。 これまでも十数ヶ国旅してきましたので基本的な事は問題ないのですが、この青蔵鉄道を利用しようとした場合、時間的な問題もあって、日本で予約してでの出発になると思っています。 ネットでいろいろ検索するのですが、ツアーはバカ高い・・。 僕は「青蔵鉄道のチケットと入境許可証」の代行手配だけしてくれる業者を探しているのですが、そんな業者は探し出せていません。 必ず「チベットでのツアー」もセットになっていて、結果金額が跳ね上がってしまします。 そこで質問です。「青蔵鉄道のチケットと入境許可証」のみでも受け付けてくれる業者(国内外問いません)を知っている方はいませんでしょうか? 本当は行き当たりばったりで成都とかでダフ屋からチケット購入して・・なども考えたいのですが、今回は時間が限られた旅のため、そんな冒険ができません。 とにかく安く「青倉鉄道の乗車権利」が欲しい。というのが正直なところです。 どなたか、日本にいながら予約できる業者さんなどえを知っている方がいましたら教えて下さい。 ちなみに旅をするのはちょっと先で、来年の8月の予定です。それまで締め切らずに回答を待ちます。よろしくお願い致します。

  • チベット鉄道(青海鉄道・青蔵鉄道)経験者さん。感想は?

    これまで世界各国を一人旅してきました。近いうちにチベット鉄道に乗り、鉄道で宿泊してチベットのラサに行ってみたいと思っています。 そこで、この鉄道を利用した事のある方に質問です。 どうでしたか?? やはり素晴らしいものでしたか? 酸欠になって困った事はありましたか?他にも、鉄道の料理や景色や部屋の感想など、どんな事でも構いません。経験者の話が聞ければと思っています。 鉄道で5000メートルの高さを越えてラサで見るポタラ宮・・。すごく憧れます。天空列車の感想を教えて下さい。

  • チベット、ブータン、ミャンマー

    こんにちは。 少しお聞きしたいことがあります。 今年の夏(8月下旬)に2週間ほどアジアを女2人で旅したいと考えています。国は、上記のとおり、チベット、ブータン、ミャンマーあたりを考えています。 しかし、私が調べたところでは、ミャンマー、ブータンはタイ経由(空路)を入国する方法が一般的(ほぼそれしかない)で、チベットは中国の西寧や成都などから列車に乗って行くのが一般的みたいです。 ミャンマー、ブータンはタイ(バンコク)経由でそれぞれ行くしかなさそうなんですが、チベットへは上以外の方法ではどういう経路で行くことが出来ますか?列車以外にも空路と言う方法があるみたいですけど、いまいち分からない部分が多くて困ってます。 2週間という期間を考えれば、行く国を絞ったほうが良いということは分かっているのですが、もし可能ならば行きたいのです!! ミャンマー、ブータンはそれぞれ空路で行くとして、どうすればチベットから繋げることが出来ますか?? 話がまとまっていなくてすみません。 アドバイスを頂けると嬉しいです。 よろしくお願いします。

  • トレッキングとチベット鉄道

    先の話ですが、3年後位に (それまでチベットの治安が安定していたら) 日本発~カトマンズ(現地のトレッキングツアーに参加希望) カトマンズ~ラサ(飛行機) ラサから、青海チベット鉄道に乗って西寧 ~飛行機で成都~ 飛行機で日本まで帰りたいのですが・・ 旅費は概算でいくら位用意したらいいでしょうか? 日程は2週間以内と考えています。 お勧めのツアー会社などもありましたら教えて頂きたいのですが。 よろしくお願いします。

  • 青蔵鉄道

    中国の西寧~チベットラサに走る青蔵鉄道に乗ってみたいと思います。この電車のチケットは日本国内でとれるのでしょうか?料金はいくらぐらいになるのでしょうか?あと、中国の西寧に行くには日本から飛行機でどの空港に行けばいいのでしょうか?

  • 西藏鉄道でチベット旅行

    いま、北京に留学している大学生です。 この夏に友人と西藏鉄道でラサへ行きたいと思っていますが、なかなか列車のチケットが取れないと聞きました。(ダフ屋まで横行しているとか…) 時間だけはたっぷりあるのですが、お金はあまりありません。 安く・確実に・楽しく北京からのチベット旅行を楽しむ方法を知っている方がいらっしゃれば、お力添えください。

  • 2007年以降の西チベット旅行に関して。

    2007年以降の西チベット旅行に関して。 春にラサ~カイラス~アリ~カシュガルという旅程で、西チベットへの旅行を企画しています。 ただ、2007年度以降チベットへの入域許可証の発行が厳しくなったようで、ガイドが全行程ついて往復でのみ手配可能だとか、(http://gogosc.com/jply_tibet_explanation.asp)片道でもやたら高い金額になってしまう(http://www.tabichina.com/ssbus/ssbus_0.htm)といった情報しかネットでは見あたりません。 旅程の関係上、往復の予約になってしまったり、現地で自由に移動できないのは困るのですが、このような場合だと闇ルートで入るしか現状としては方法がないのでしょうか?それとも、現地/ネットでもうちょっと安く片道ラサ+パーミットで発行してくれる旅行代理店などはあるのでしょうか? 2007年度までの情報はたくさんあるのですが、近年の情報がなかなか見あたらないので質問させていただきました。また、もし西チベットに近年行かれた方がいたら、外国人に対する規制の現状も教えていただけたらと思います。 よろしくお願い致します。

  • チベット展のこと

     先日、友人と上野の森美術館、聖地チベット━ポタラ宮と天空の至宝を見てきました。  チベットの地は魔女の上に国土を敷いているといいます。  その魔女の呼称(名前)と魔女について知りたいのです。   1. 魔女はなんという名前でしたか。   2. チベットのこの魔女には、どんないわれがあるのでしょうか?    どんな情報でも欲しいのでどうかよろしくお願い申しあげます。

  • 香港からチベットへの旅行

    まだ計画の段階ですが、チベット(ラサ)ヘ旅行をしたいと考えています。 中国には1年留学もしており旅行・出張も何度かしていますが、沿海部中心で、沿海以外はせいぜい内モンゴルぐらいしか行ったことがありません。言葉は北京語と英語は話せます。 列車・飛行機とも多く使って一人で移動もしたので中国を旅行する基本的な知識はあるつもりですが、ラサとなると事情が違うという事も理解してます。 また、時間の関係で空路を使いたい希望があり、また、成都発の情報はいろいろ集まるのですが、私の場合、香港in、北京outの国際線を持っているため、香港の旅行会社でチベット旅行を手配してくれるところが無いかを探しています。成都を経由するにしても泊まらずトランジットだけでラサにいけるのが理想なのですが。 パッケージツアーではなくできれば個人で回りたいので、permissionとチケットだけが入手できればよいと思っています。(名目上のツアーに参加というのが現実的かと思います)仕事の合間に行くのでできるだけ香港から短時間でラサに、(帰りもラサから北京へ)行きたいと思ってます。ラサには3-4日くらいの滞在になりそうです。 どなたか、香港発のチベット旅行について知識お持ちの方、手配をしてくれそうな会社の情報等を教えてください。 よろしくお願いします。