• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

アナログビデオをパソコンで編集するには

  • 質問No.300450
  • 閲覧数147
  • ありがとう数2
  • 回答数4

お礼率 31% (19/61)

 先日ノートパソコンを入手いたしました。映像の編集ができるというので、10年前から撮り貯めているアナログの8ミリビデオを素材に遊んでみようかと考えたのですが、基本的にアナログビデオをパソコンに取り込むというのは、ちょっとケーブルをつなぐだけでは無理な話なのでしょうか?高額なメディアコンバーターとかいうのが必要だとか言う話も…
 おそらく、多くの方が古い8ミリビデオをDVDに残しておこうぐらいの発想はお持ちかと思うのですが、いかがでしょうか。
 

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 36% (2604/7183)

方法としてはいくつかありますね。
1.PCカードタイプのビデオキャプチャーを買って、取り込む。
http://www.iodata.jp/products/video/pccap/index.htm

2.USBタイプのビデオキャプチャーを買って、取り込む。
http://www.iodata.jp/products/usb/usbmpg.htm
3.IEEE1394コネクタがついている機種であれば、メディアコンバーターを買って、取り込む。
http://www.canopus.co.jp/catalog/advc/advc100_index.htm

4.IEEE1394がついてない場合は、PCカードタイプのIEEE1394カードとメディアコンバーターを買って、取り込む。
http://www.iodata.jp/products/ieee1394/cb1394.htm

この4つが、私の思いつく方法ですね。

値段的には1≒2<3≒4で、画質的にも同じ感じです。
お勧めとしては、少々値が張りますが、3か4が一番いいと思います。

ただ、画質が増す分、マシンパワーを消費します。この辺は、お使いのマシンによりますね

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.4
キャプチャの仕方はもう回答が出ているので他の事を書きます、
DV-AVIキャプチャには5分で1GBの容量になり、
内蔵HDDでは容量不足になりますので、
高速なインターフェース(IEEE1394やUSB2など)の外付けHDDが必要になります、
またFATでは2GB、FAT32では4GBでクリップしますので、
OSをWin2000やXPにしHDDをNTFSにしなければ面倒です、

直接DVD用のMPEG2ファイルとしてエンコードしながらキャプチャできるPCカードは無いようですので、
レートを下げたMPEG2やMPEG1で圧縮した状態で取り込む場合には、
直接MPEGムービーを編集するにはかなりのCPUパワー(1GHzとか、自分のはAthlonDual1.2GHzですがこれでも不満です)が必要になります、

またDVD用のMPEG2ファイル(740x480、フレームレート29.97/sec)に変換するにもCPUパワーが必要になりますし、
DVD-Video書き込みのためにイメージファイルを保存するHDDの空きも必要になります(約4.5GB)、

だいたいの流れはロジテックのDVDコラムを参考にして下さい。
  • 回答No.2

ベストアンサー率 27% (194/717)

基本的にはVIDEOキャプチャーという物がなくては、画像の取り込みはできません。
DVDに残すといっても、圧縮が大きすぎておすすめではありません、あまり良い方式とはいえません。
アナログをデジタルに変換するものといえば、データコンバーターですね
sonyなどもだしていましたね
35000位でしたよ、かなり安価だともいます
こちらにもありました
http://www.sknet-web.co.jp/sknet/goods/indexdac100.htm

カノープスが国内外で安価で良いVIDEOキャプチャーを出しています
http://www.canopus.co.jp/index_j.htm

基本的には、aviファイルにしてCDROMに保存するのが一番いいです。
そこから、見るためにはDVDに、焼くなりする方法がいいとおもいます。
  • 回答No.1

ベストアンサー率 23% (510/2209)

残念ながら、ケーブルを繋ごうにも多分アナログ入力の端子はついていないと思いますよ。PCでアナログ入力が出来るのはSONYバイオのRXシリーズだけだと思います。
外付けのビデオキャプチャーでも有ればと思いましたが、今のところアナログ出力は出来ても、入力できる物が見当たりません。
関連するQ&A
ページ先頭へ